こんにちは。
今日は、アメリカが脱退を決めたりして何かと話題のユネスコにまつわるこちらのネタをご紹介します。


では元ネタからご紹介します。
「10月13日午前、日本の官房副長官、野上浩太郎氏はアメリカが再びユネスコを脱退する件を受けて、今後もアメリカと協力していく考えを述べた。今年、日本がユネスコの分担金を支払っていない件については、日本政府は継続してユネスコの体制改革に注視し、分担金の支払いに関しては時期と情勢を見て総合的に判断すると述べた」ということですが、ではこれについて、中国人ネットユーザーのコメントをご紹介します。


「ユネスコなんてそもそも解散すべき、烏合の衆が集まっていったい何をしてるんだ?」


「協力と言うよりアメリカ親分に付き従う犬のようにしか見えないな」


「アメリカや日本の出方を見て、中国も税金を他国に支払うようなこんなマネを続けるかどうか決めるべき」


「国連の機関なんて図体ばかりデカくて中身はソ連よりもひどいよ。ユネスコだって解散すればいい」


「アメリカと日本の2か国で分担金の3分の1なんだけど、、、これで逃げ出さないのはバカだよ」


「アメリカも日本も支払わないってさ、じゃあ中国が支払えばいいんじゃない?」


「西欧諸国がロシア人の牛耳る組織を脱退し始めてるね。これは国連が解体される予兆なのかも」


「世界の流れってことだね。国連だって改革が必要」


「中国のメディアは表面的なことしか報じないね。この脱退や未払いの背景には何があるのかをきちんと報道してくれ」


「国連の終焉は第二次大戦後にアメリカが作り上げた世界秩序の崩壊を意味する。この後には世界の変化が待っているかもね」


「アメリカと日本がいないんじゃ、給料が支払えない。遅かれ早かれ”倒産”だよ」


「みんな脱退すればいい、俺たち大中国様がいるんだから何も心配ないだろ」


「ヤクザどもを追放して組織を再編すればいいだけ」


「さすがに日本は中国よりもお金を多く出してるんだね」


「アメリカにはユネスコと言わず国連そのものをとっとと脱退してほしいね」


「国連も今や中国の組織と化しているしな」


「秋田犬はやっぱり忠犬だな、それに比べて世界遺産に申請しまくってる棒子は脱退なんて無理だろうなぁ」


「日本が世界に向けて、自分たちはアメリカの犬です、と発信してるかのようだな。。。」


「最終的に国連の本部が中国に引っ越して来そう、、、」


「アメリカと日本で3分の1を負担していたのが中国に来たらそれはそれで嫌だな。。。。」


「個人的には中国にも続いてほしい」


※ここからはアメリカの脱退に関して
「さすがにトランプは商人だから大事なのはアメリカの金だけなんだな」


「ユネスコを脱退するのは勝手だが、金は払ってから出て行ってくれ」


「アメリカは大国としての責任を放棄して大国としての威厳を失った感じだね」


「ユネスコと言わず地球から出て行ってくれて構わないぞ」


「アメリカがますます自分勝手になっていき、それに伴い中国の負担がますます増えていくね」


「なんだかこれでトランプが大統領に再選されたらそれはそれでかなりびっくりする」


ということで、この手のネタでは必ず殺到するコメントである「日本はアメリカの犬」というのがここでも殺到していましたね。個人的には世界遺産に代表されるようにユネスコのこのところの基準みたいなものは非常にあいまいというか特定の国の意図が反映されているようにも見えますし、それが日本の国益を損なう部分も多々あるため、日本人の税金をこのような組織には使ってもらいたくないな、というのはあります。割と日本はバカにされているような決定もされている模様ですが(詳しくないのでここでは書きません)、それなのに全体の2番目にお金を払っている、しかも1番払っているアメリカが脱退するという状況で、日本が積極的にこの組織にお金を払う理由はないように見えます。中国人は自分たちが払うようになるのでは?と心配してもいるみたいですが、中国の思惑通りに進むことも最近は多いですし、自分たちで負担すればいいのでは?と思ってしまいます。


最後のほうにアメリカに対するコメントも載せたんですが、これはあまりここで書いていなかった内容かもしれません。中国人はアメリカに対しては日本とはまたちょっと違う印象がありますが、基本的には嫌いですので、コメントも日本に対するもの以上に辛辣になることがあります。中国人にとってアメリカは世界を征服するのに最大の障害となっておりますが、そういうこともあってか、かなりコメントも対抗心むき出しのようなものが多いように思います。中国人のアメリカに対するコメントを読んでいると、中国人は日本のことは何だかんだ結構好きなところもあるな、っていうのを思います。この辺はまた機会があればアメリカ関連のトピックスを作ってみようかと思います。ユネスコの件については、アメリカが脱退して日本も追随するかも、ということで、一抹の不安を覚える中国人も多くいたり、また強がってアメリカと日本をけなすようなコメントをしたりと、いつもの右往左往する中国人でした。


今日はこの辺で。
また書きます。
スポンサーサイト
こんにちは。
今日は、日本でも大変な話題となっておりますこちらのネタが微博でもかなりホットトピックスとなっておりますので、今日はこちらをご紹介したいと思います。


では元ネタからご紹介します。
「先日、日本の三大鉄鋼企業の一つである神戸製鋼がデータ改ざんを認め、不正品を顧客に提供していたことを認めた。問題の製品はトヨタ、三菱、日産等の日本の大手企業にとどまらず、欧米企業にも販売されたという。この一連の騒動に世界中のネットユーザーが激怒、1社の行いが日本企業全体への批判へとつながっている。神戸製鋼のデータ改ざんが日本の製造業の名声を汚した形となった」ということですが、ではこれについて、中国人ネットユーザーのコメントをご紹介します。


「世界中の製造業で行われていることでは?中国ではいたって普通の出来事だしね」


「日本の企業からこういう話が出てくるっていうことは、世界中の常識なのだと思ったほうがいい」


「目くそ鼻くそを笑う、ってヤツだ」


「国内の製造業もチェックしたほうがいい。最初に見た時、てっきり中国企業の話かと思った」


「人のことをとやかく言える立場か?日本の二流品にだって及ばないのが中国の製造業だよ」


「日本ではこういう輩が少数の悪と言えるが、中国ではこういうことをしない連中が少数の良心だな」


「何が起ころうとも、個人的に最も信頼できるのは日本とドイツ製品、これは変わらない」


「ここのコメントがひどすぎ。。日本のデータ改ざんなのになぜ中国を貶めるコメントがこれほど多いんだ?」


「中国に他国の製造業を笑う資格がどこにあるんだ?」


「日本の製造業が長年頼りにしてきたものはメイドインジャパンへの信頼と名声だ。これがここ数年、崩れてきているように見えるね」


「メイドインジャパン神話が崩壊しているようだが、中国はこれをよしとせず、同じ轍を踏まないよう、常に自身を省みるべき」


「中国なんて、検査表の多くが偽物というひどい状況だ、人のことをとやかく言っている場合ではない」


「さすが日本人は大ウソつきだな。普段から日本を褒め称える親日の連中はどこに行った?」


「日本人の顧客に対する忠誠心は犬のようだと思っていたけど、どうやら犬にも及ばないようだな」


「中国の製造業はこの機会を逃してはならない」


「彼らも謝っているんだし、もういいのでは?偽物でもこんなに真面目に作るとは、やはり日本人の匠の精神はすごいな」


「日本人は偽物を作って世界中に売り捌くが中国人は偽物を作っても同胞にしか売らない、やはり日本人のほうが賢いね」


「全世界に向けて公表するというその勇気だけで敬服する」


「福島の核汚染だって恐れもなく平気な顔をしてるようなヤツらがこんな程度のことを気にすると思うか?」


「日本人はそれでもこうやって謝ることができる。中国人はどうだ?これについてあれこれ言う資格は中国人にはないよ」


「利益のためには他人の生命を危険にさらすこともいとわないというのは恐ろしいね」


「まるで中国ではこんなことはない、みたいな物言いのヤツらが多いが、食品ですら偽造する祖国をどう思ってるんだ?」


「日本の製品が1番安心と言っていたのに!」


「なるほど、どうりで日本の車は軽いわけだな」


「日本の製造業の末路だな。売れなくなって利益が薄くなると質が低下するという、、、」


「飛行機にも使われていたとなると何百人もの命を危険にさらすことになるのだから恐ろしいことだよ」


「素材系でこのようなことがあると影響は多岐に渡るだろうからこの後が大変だね」


ということで、もっとあれこれ罵るようなコメントばかりなのかと思いきや、さすがは中国人、斜め上を行ってくれます(笑)。なぜか中国製造業への批判で持ち切りでした。結構多かった意見として、それでも公表して謝罪ができるのだから中国よりはるかにマシ、とかそういうコメントが多く、ああ、中国人から見たらそうなるのか、と逆に驚きますね。とにかく、こういうことがあったとしても、認めて謝罪ができるだけ日本のほうが信用できるということで、少なくとも中国に限って言えばこの一件が日本全体のイメージに対して深刻なダメージを与えるとかそういう雰囲気ではないですね、今のところは、ですが。正直、中国という国は常に日本のあらを探しているようなところがあって、これは格好のネタかな、と思ったのですが、中国がそれをはるかに超越するクズっぷりでそれどころではないし、大々的に日本を批判するような空気にもなかなかなりにくい部分があるようです。


神戸製鋼に関して言えば、これはかなり厳しい状況かと思いますし、中国のメディアが報じているように世界中で激怒されていることかはわかりませんが、製品の素材に関する部分に間違いがあればこれは影響が多大ですし、強度に関する改ざんであれば会社の危機となるかもしれません。私は知り合いや親類に神戸製鋼の社員はおりませんが、仕事柄、想像ができます。メイドインジャパンへの信頼云々のくだりは中国人の言う通りの部分もあるし、これまで日本人が血と汗で築き上げたメイドインジャパンへの信頼を揺るがすようなことを一企業の一職員がしてしまう体制には疑問を覚えます。日本全体へのマイナスが計り知れない事態に発展しかねないことを日本人1人1人が自覚して、日ごろから注意していくべきなのかな、と思います。私は製造には携わりませんが、それでも自分でできることをしていきたいと思います。


今日はこの辺で。
また書きます。
こんにちは。
今日は、少し前のネタではありますが、日本でもヤフーニュースなどで取り上げられておりましたこちらをご紹介したいと思います。


では元ネタからご紹介します。
「日本の多くのメディアが報じたところによると、卓球の世界最高峰のリーグである中国スーパーリーグが日本選手の加入を今後は認めない方針だという。10月4日、中国側が日本卓球協会に試合への参加を認めない意向を通達した。これまで参加してきた平野美宇選手、石川佳純選手などが今年は参加できないことになる。今のところ、中国卓球協会や管理機構はこの件についてのコメントはしていない」ということですが、ではこれについて、中国人ネットユーザーのコメントをご紹介します。


「面倒だから、オリンピックから卓球種目をなくせばいいよ」


「他国を締め出してひっそり国内で、とか何の冗談だ?」


「一国の一強のスポーツは本当につまらない」


「これはダメだろ、、、自己満足で終わる。NBAだって外国人の締め出しなんてしてないぞ?」


「これが本当だとしたら、大国としての威厳を損なうだろうね」


「どんな職業だって、まずは市場を拡大する努力をして規模を拡大するもの。こんなことは中国の恥さらし」


「こんなことをしているようではオリンピック種目から外される日も近いな」


「こんなやり方には賛同できないね。卓球のグローバル化を目指すべきなのに」


「あまりにも器の小さいやり方で大国の威厳を損なった例」


「中国がこんなやり方をするなら、NBAも中国人選手を締め出してみてくれ」


「そこまでして負けられないのかよ、、、自分たちだけでやって何が楽しいんだ?」


「まだ中国側からの正式発表がない段階では真偽が不明なのに騒ぎすぎ」


「ドイツのブンデスリーガが外国人選手を完全に締め出すのを想像してみてくれ、、、」


「中国卓球協会がここまで恥知らずだったとは、、、」


「じゃあ、2020年に日本が卓球中国代表にビザを発行しない、などの対抗措置を取ってほしい」


「サッカーならイングランドのプレミアリーグなんてどこもかしこも外国人だらけなのにね」


「中国人は卓球の才能に恵まれていると思っていたが、どうやら協会に守られているだけのようだ」


「これはきっと、外国人の締め出しではなく、日本人だけなのでは?」


「なぜこれほど批判コメントばかりなのかわからない。卓球リーグも日本人に侵略されたいのか?」


「実に中国らしいニュースだな。数年後には卓球そのものがなくなっているかも」


「それほど他国に追い抜かれるのが恐ろしいのか?スポーツ精神のかけらもないな」


「ここのコメントを見てると、いまだに中国には日本の犬が大量に生息しているのがわかる」


「これは必要ないだろうな。卓球協会は商業的な面も考えて行動してほしい」


「もう少し威厳を持ってほしい。これでは他国に笑われるだけ」


「卓球の鎖国か?プロ意識がまるでないな」


「もしこれで日本に負けたら立場がなさすぎる、、、、」


「なぜこういうネタが中国より日本のメディアに先に報道されるのか、、、」


ということで、中国人もご立腹の様子でしたね。私はこの報道を見た時には実に中国人らしい決定だな、と思いました。誰か1人の中国人の思い付きで決まったのかもしれませんが、中国の恐ろしいところは、上層部の人間1人がそれを決めたらあっという間に決まってしまうところですね。日本では誰か1人がおかしな思い付きをしたとしても、必ずそれを止める仕組みがありますが、中国ではそういうのがなかなかないような気がします。この件に関してはどのような経緯でそういうことになったのかは知りませんが、コメントにも大量に湧いていた「ケチ」という言葉のままに、実に小者感満載の決定だな、と思います。中国は日本などがとても及ばないほどに卓球は強いのだから、こんなことをする必要などないと思います。なので、コメントにも多くありましたが、国際的な恥さらしと言えると思います。


正直、国民の卓球への親しみという点では中国は日本など全く及ばないほどで、街中でも老若男女問わず、実に多くの人が屋外の卓球台で卓球を楽しむ姿を頻繁に見ることができます。そういった中で、才能のある子供は小さいうちから見出されて卓球の選手になっていくのかな?と想像しています。日本にも才能ある人はたくさんいるはずですが、おそらくそんなに小さい頃から卓球をするってなかなかないと思います。ですので、日本と中国の間には絶対に埋められない環境の差があります。そんな国に日本の選手が数名乗り込んだとしてもできることは限られるのに、締め出すとは、、、、不要なことで中国人が最も大事にするメンツを失った形なのかな?と思います。ただし、コメントにもありましたが、これで日本の選手に負けたらそれこそ赤っ恥ですので、日本の選手には何とか頑張って中国人選手を打ち負かしてほしいな、とひそかに思っています。難しいですが、逆境に負けず、頑張ってほしいと思います。


今日はこの辺で。
また書きます。
こんにちは。
今日は、中国の微博でものすごくホットトピックスとなっておりますこちらをご紹介したいと思います。


では元ネタからご紹介します。
「島田考治さんが武漢に定住して今年で8年になる。この日本人のおじいさんは武漢でカフェを経営していて、無償で学生に日本語を教えている。彼は、今の武漢は高度経済成長期の日本ととてもよく似ていて、ここにいると若いころに帰ったように思えて、これからも武漢で暮らしたい、と言った」ということですが、ではこれについて、中国人ネットユーザーのコメントをご紹介します。


「国籍は関係なく、他人をよく助ける素晴らしい人だね。とても感動する話だ」


「こういう日本人には敬意を表したい。中国を愛してくれてありがとう」


「どんな国にも必ず善人はいるものだ。この方がこれからも中国で幸せに暮らしてくれることを願う」


「世界中にこんな人がもっとたくさんいれば世界はもっと美しいものになるのに」


「日本語を無償で教えるとか、まるでスパイだな」


「日本でカフェを開いて遺産を日本人のスタッフに残すって話でも感動すると思うのに、中国でとは、、、」


「日本の孤独な老人が中国で自身の存在意義を見出したってことか。これは他の老人も参考にすべき」


「中国人にもなれそうな人。来世では誇りある中国人に生まれてくるべき」


「このカフェの住所を誰か教えてくれ」


「日本に家族はいないってことだよね。その意味ではかわいそうな老人だな」


「日本の漫画に出てくるような仙人みたいな老人を地で行ってるね」


「島田さんの健康と長寿をお祈りします」


「このカフェに行ったことがあるよ!島田さんはとてもいい人で、カフェの食事は本当においしい」


「中国によくしてくれた日本人は80年~90年代は本当にたくさんいたよ。最近は中国が発展著しいので日本人の態度も硬化したけど」


「ちょうど日本語を勉強したいと思っていたので、この人に習いたいな」


「こんな人がもっと増えれば無料で日本語も学べるのに」


「生存する価値か、、、すごくいい言葉だね」


「それでも日本人を私はどうしても信用できない」


「日本軍が中国を侵略したことへの贖罪の意味もあるのか?」


「武漢に住んでいる。とても心が温まる話なので、ぜひ時間を見つけてこのカフェに行ってみたい」


「日本は中国を侵略した国だからどうしても嫌いだけど、こういう老人は本当に感動する。幸せに長生きしてほしい」


「このような善良な日本人は中国人だって敵視しない。いつの日か日本人がみな、このように中国に友好的になって本当の意味での中日友好を達成してほしい」


「でもこの人はすごく孤独だね」


「人の存在意義はその人の最大の価値を発揮できるかだと思う。この人はそれを成し遂げ、自分も周囲の人も幸せにした例だね」


「老人に対しては不思議と恨みも憎しみも湧かないな」


「こういうのを見ると、また日本に行きたくなる」


「実際には中国人は基本的には寛容だからね。でなければこのおじいさんも中国を選ばなかったはず」


ということでほんの一部の反日コメントをのぞいて、中国人が一斉にこの方を称賛していました。。こういう話、中国人は大好きですので。武漢でカフェを営む高齢の日本人男性が中国人に日本語などを教えたりして、死後はその遺産を中国人のスタッフに分け与えるということのようで、日本ではそこそこありそうな話でもありますが、中国では珍しいのか、大変感動している模様です。といことで、このお店にはこれから中国人が殺到することが見込まれますので、とても絶大な効果を持った宣伝となったかな、と思います。おいくつなのかは出てきませんでしたが、武漢は空気もなかなか悪くてご高齢の方には厳しい環境ではあると思いますので、ご健康には注意して過ごされることをお祈りしたいと思います。私もこういうことを少ししてみたい気もするので(でもやはり、中国人よりは日本人の利になることがしたいですが)、羨ましい気もします。


遺産は従業員に分け与えるということですので、今後、就労希望者が続出しないかとやや心配です(笑)。前にも書いたことがありますが、日本と違って中国の場合はカフェや飲食店の従業員も基本的には正規採用された日本で言うところの正社員です。もちろん、普通の会社と比べると社会保障など様々な面で落ち度がものすごいですが。そして、こういうところには大学に進めなかったりして、一般企業などに就職ができない中国人が集まります。いうなれば社会の底辺の人間がつく職業というイメージがあります。今は少し様子が異なっているかもしれません。私にも中国人のウエイトレスの友人がいますが、彼女は働きながら勉強をして、転職をするのが夢だと言っていました。そういう社会事情もありますので、私よりも中国にはお詳しいとは思いますが、騙されたりすることなく、平和で楽しく暮らしていっていただけたら嬉しいな、と見知らぬ方ではありますが、応援したいです。


今日はこの辺で。
また書きます。
こんにちは。
今日は、抽象的ではありますが、コメントがたくさんついていましたので、こちらをご紹介したいと思います。


では元ネタからご紹介します。
「もしあなたが日本の印象を尋ねられたらなんと答えますか?アニメ?釣魚島?それとも家電?私たちは北京の五道口、南锣鼓巷、三里屯で20名の中国人の若者に聴きました。彼らは営業、貿易、デザイン、システム管理など、職業は様々な若者たちです。脚本も演出もなく、中国人の日本に対する見方をご紹介します」とのことで、動画が添付されているんですが、内容は割と日本に対して肯定的です。一部抜粋しますと、
①アジアで最も行ってみたい国
②アニメ
③礼儀の国
④国自体がとてもキレイ
⑤放射能が怖い
⑥侵略されたことがあり、友好を感じるのは難しい
⑦今の中日関係がしばらくは続くと思う
⑧もっと国民どうしが交流を深めてお互いを理解し合えればいいと思う
などです。ではこれについて、中国人ネットユーザーのコメントをご紹介します。


「小さな礼儀を守り大義を守らない国」


「日本人の大部分は友好的で国もキレイ。しかし欠点だってあるよ」


「それでも韓国よりはずっといいと思う」


「日本はまた軍国主義思想に傾いているというのに友好とかないだろ。心が広すぎる」


「中日関係が中国の国内的な矛盾を解決するのに最善の方法なのだから長期的に見て中日関係は今のまま進むだろうね」


「日本に大量に押し寄せている不法移民の中国人どもに中国に帰りたいか聞いてみればよくわかるのでは?」


「この動画がすごくキモイと思ったのは俺だけではないはず」


「日本の印象なんてAV以外に何かあるのか?」


「中国が強大でなければ日本はとっくに中国を併合していたというのに、日本が好きとか行ってみたいとか言うヤツらの気がしれない」


「日本のせいで死んでいった数千万の同胞のことを考えると日本を許そうなんて気にはとてもなれない」


「子孫がどれほど礼儀正しくても、先祖の獣の血は受け継がれているのだからやはり好きにはなれない」


「まずは日本が歴史を認めなければ、中国人として日本と友好どうのこうのなんて話はできない」


「日本人が礼儀正しく街はきれいで食べ物もおいしいことはよく知っているが、どうしても過去の歴史を思うと好きにはなれない」


「自分が何をされたわけでもないし、日本人の友人もいるけど、日本のことを好きになることは一生ないと思う」


「日本に行きたいという人間がなぜこれほど多いのか、いつも不思議に思っている」


「私は95年後生まれだけど、日本が好きではないし行きたいとも思わない。年齢とは関係がないと思う」


「彼氏が家族全員で突然日本に移住してからと言うもの、日本に対しての感情はとても複雑」


「日本での生活はすごく素晴らしいけど、日本政府は大嫌い」


「本で見たり人づてに聞いたものではなく、自分で見聞きすれば真実がわかると思うよ」


「俺も95年後だけど、日本は大嫌い。でも日本のアニメが大好き」


「日本の景色とか建物、伝統工芸とかそういうものは大好きだな、でも政治が嫌い」


「国や国民が発展していくうえで歴史を忘れてはいけないと思うが、反日のこの感情を次の世代まで引き継がないでほしい」


「これだけ多くの日本を罵るコメントにも関わらず中国からは毎年多くの人間が日本に旅行に行っているというのはいったいどういうわけなんだ?」


「俺は90後だけど、1番嫌いなのは日本と台湾だな」


「俺が個人でできることと言えば、日本製品不買くらい」


「日本という国に対しての感情は非常に複雑だね」


「善良な日本人を嫌うつもりはないが、日本と言う国に好感は持てない」


ということで、ここのコメントをしている中国人はどちらかと言うと反日の人ばかりでしたね。日本は大嫌いだそうです。しかしそうは言っても日本が大好きな人もいるし、コメントにも大量にありましたが、日本は嫌いなのになぜか日本のアニメは大好きな人もとても多いですね(笑)。そして日本に来る人もとても多いです。ですので、中国人はやはり人口が何しろ多いですので、いろいろな人がいるということですね。私は日本人ですので、日本が比較的好き、または日本に対して悪い印象をあまり持っていない中国人ばかりと付き合ってきたと思いますが、中には日本がとても好きと言う中国人もたくさんいますし、また日本人の女性は中国人の男性にとってはある種の憧れみたいなものがありますので、ここでコメントされているような印象は少なくとも私はないですね。。。。


ネットは顔が見えませんので、割と好き放題書いたり思っている以上のことを書くというのは日本でも中国でも変わらないし、中国人も意外かもしれませんが最近は昔と比べると面と向かって強いことは言わなくなってきているような印象があります。少しおとなしくなったような。。。日本人も変化してきていますが、中国人はすごい速さで変化しているような印象を受けています。少しですが、洗練されてきてスマートになったかもしれません。日本人も昔は粗野な感じだったと思いますが、国が発展して様々な変化が訪れたように、中国人も今まさにそういう過渡期なのかもしれませんね。しかし根底に流れる国民性がありますので、大筋は変化しないと思いますが、それでも、将来的にはもう少し日本人と中国人が会話がしやすくなっているかもしれません。今回のネタとはだいぶずれましたが、そういう意味で期待もしたいと思いますが恐ろしい気もしています(中国人がスマートで洗練されたら世界はどうなるんだろうか?という気はしています)。いずれにしても、私が生きている間は無理かもしれませんが。


今日はこの辺で。
また書きます。

プロフィール

megumi1128

Author:megumi1128
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR