こんにちは。
今日は、こちらのネタがいろいろと考えさせられるので、今日はこちらをご紹介したいと思います。


では元ネタからご紹介します。
「2017年7月、中国は世界に向けて、今後廃プラスチック材、廃紙など24種類の固形廃棄物の輸入を禁止すると宣告した。2018年1月より実行されているが、わずか数か月でゴミ危機がアメリカ、ドイツ、イギリス、韓国、日本、オーストラリアなどの各国の新聞をにぎわせている。ゴミはいったいどこに行けばいいのか、、環境保護に携わる者としてはこれは重要な課題であり、全世界が直面し、中国自身も解決していくべき課題である」ということですが、ではこれについて、中国人ネットユーザーのコメントをご紹介します。


「これまでの中国はこのゴミの山からあらゆる科学技術を学んできたということを知らないヤツが多い」


「つまりそれだけのゴミを中国一国がこれまで処理し続けてきたということだな」


「今回は貿易戦争に端を発するものだと思うが、これで中国もリサイクル材を使えないということだから、コストが高くなるのは避けられないだろうね」


「ここ数十年の国際社会における中国の地位はゴミ以下だったということ?」


「今まで中国でゴミをリサイクルしてた会社は欧米で子会社を作ってそこでまた処理すればいい」


「中国の今の地位はこれまで誰もやりたがらなかったことを引き受けて一歩ずつ進んできた成果ということだね」


「中国もこれらのゴミを輸入することで多くの資源を節約できたし、環境汚染を制御することもできてたはずだが?」


「確かにゴミだっただろうが、ここでゴミみたいなコメントしてる連中と違って使えるゴミだったことは確か」


「他国のゴミに頼らなければ生きていけなかった状況から自分たちだけで生きていけるようになったということだから誇らしい」


「中国が長年受け入れてきた欧米のゴミが自国民の健康を害していたということ?」


「中国は国内のゴミの処理だけでも忙しい、もう2度と外国のゴミは受け入れないでほしい」


「レアアースも輸出禁止にしてほしい。当時結んでしまった条約も不公平なものばかりだからね」


「長年にわたってゴミを輸入してたとか、国を誇らしいとか言えなくなるわ、、、」


「今更健康に害を与えかねないとか、、、これだけ長年輸入しておきながら遅すぎるだろ!」


「いいことのように聞こえるけど、これで職を失う人間も少なくないと思う」


「外国のゴミに生かされていたとは、、、今知ったよ」


「金もなく貧しく、食べるのにも窮していた時代にゴミを受け入れ始めた。当時としては仕方のなかったことだろう」


「もしまたゴミを受け入れることがあれば、次回からはゴミ処理費用を徴収してくれ」


「アメリカからたくさんのプラスチックごみを回収して、それをおもちゃにしてアメリカに再輸出していた」


「貿易戦争云々に関わらず、中国は今後一切ゴミの受け入れをするべきではない」


「ここで中国を罵るヤツらがいるが、自国に自信を持てないことほど悲しいことはないな」


「欧米人にとってはゴミでも、中国人にとっては資源だったというだけ」


「ここのコメントを見てると、社会の出来事をちゃんと勉強して正しい知識を持とうと思うよ」


「ついに欧米のゴミ捨て場の地位から脱却できるのか」


「それでもまだ害より利益のほうが大きければ輸入停止措置にはならないだろうが」


「昔から大量のごみを輸入していたんだろうが、そんなこと少しも報道されなかったのに今になってこの騒ぎ、、、笑える」


「それでもリサイクルは必要だ。中国も環境保護のために必死で取り組むべき」


ということで、中国が自国の利益にならないことをすることはないですので、このゴミ輸入も中国にとっては意味のあることだったはずです。コメントにもありますように、主な目的は資源の確保だったんでしょうが、このゴミから技術を取り込んでいったのも事実でしょうし、中国が底辺を這いずり回りながら少しずつ発展していった感じがしてリアリティのある内容でした。昔の中国は文革などの影響で世界で後れを取りましたから、確かに発展途上国という立場でした。国は貧しく、国民は食うのに精いっぱいという時代だったと思います。その時代を覚えている人も中国ではまだまだ比較的若かったりしますので(日本ではもうさすがにお年の方ばかりですが)、日本とは数十年の開きがあります。その数十年の間にいわゆる先進国は先に発展を遂げましたが、中国にも利益があったとはいえ、ゴミを押し付けていたとも言えるわけですので、各国が考えなければならないところに来ていると思います。しかし欧米諸国はいい考えが思い浮かばないので中国に引き続きゴミを受け入れしてくれるよう、説得しているようですね。少し呆れます、、、


中国では「ゴミが金になる!」時代が続いたんでしょうが、その間、国の環境は大いに汚染され、国民の健康を損なってきたはずです。そうした中国人の健康被害の上に成り立っているシステムでありましたが、結局のところ、受け入れたのは中国自身ですので、いきなりやめるというのも、それは世界中に迷惑をかけるだろうとは思います。しかし本来他国に押し付けるべきものでもないと思います。ちなみに、日本に生まれて中国で暮らすと、ゴミの分別などの社会的なシステムはまだまだ全然なってないことがよくわかります。ゴミは一緒くたに捨てられますし、、、ただしペットボトルだけは回収するとお金になるのでホームレスみたいな人がペットボトルを常に狙って目を光らせていますので、ポイ捨てしようにも、3秒で回収されます(笑)。この回収スピードは日本の比ではありません。他もこれくらい徹底できればもっと環境にもいいんでしょうが、、、まだそのレベルにまで到達するには時間がかかりそうかな?と思います。


今日はこの辺で。
また書きます。
スポンサーサイト
こんにちは。
今日は、なぜか論調が変化してきておりますこちらをご紹介したいと思います。


では早速元ネタからご紹介します。
「貿易戦争にせよ実際の戦争にせよ、ほとんどの場合において勝敗が決する。たとえば第二次世界大戦はそもそも貿易戦争に端を発し、結果的には激戦に発展した。そして結果、イギリスは世界の覇権を失い、ドイツ、日本は敗戦によって骨抜きにされ、アメリカが西側諸国の覇者となる歩みを初め、ソ連が東方諸国の覇者への道を歩み始めたのだ」ということですけど、ではこれについて、中国人ネットユーザーのコメントをご紹介します。


「もし今回、中国が勝てば世界経済における地位はアメリカと肩を並べることになるだろうが、決心した以上必死で戦おうじゃないか!」


「一党独裁の中国をなめるな。必ず勝つよ」


「中国は団結さえすれば成し遂げられないことは何も無いことは歴史が証明している」


「中国はここ5年、徹底的にアメリカを攻め込めば世界最強国になれると思う」


「今のところ、今回の件は単なる貿易摩擦の域だけど、売国奴をあぶりだせている点は既に効果があると言える」


「中国には5000年の歴史がある、たかだか数百年の国には負けられない」


「第二次大戦が貿易戦争から起こったとか、、、、領土問題からだろ」


「つまり中国も今回の貿易戦争に勝ったら世界の覇権を握れるということ?」


「貿易戦争は世界に中国の実力を示すまたとない機会だ。勝てば中国の傘下に加わる国も増えるだろう」


「ヨーロッパ、日本、韓国なんかがどっちについてるかを見れば中米のどちらが勝つかなんてわかりそうなものなのに」


「トランプがもっともっとアメリカをずたずたにしてほしい」


「今こそ中国は売国奴をあぶりだして叩きのめし、国を浄化するとき」


「アメリカは1日も早く崩壊してほしい、そうすれば中国の外的圧力も大きく減少する」


「どちらの国も自国の利益は譲れないのだから戦争は避けられないだろうね」


「話し合いで解決したいと思っていても周囲の雑音が大きくなるばかりだね。穏便に解決してほしい」


「売国奴どもは中国政府が一刻も早くアメリカに投降し、奴隷化するのを願ってるだろうね」


「中国が世界の覇権を失って久しい。もしかしてトランプがそろそろ中国にとお膳立てしてくれてるのでは?」


「アメリカは国内の矛盾をただ中国に押し付けようとしているようにしか見えない」


「もうケンタッキーは食べない」


「戦争に勝者がない例だってあるぞ、第三国が漁夫の利を得る可能性だってある」


「戦争に犠牲はつきものだ。戦争を始めて無傷ではいられないと肝に銘じよう」


「アメリカの傘下にいるほうが、自由と平等が謳歌できると思うんだが、、、」


「トランプが継続してアメリカ大統領であれば、本気で戦争になるかもね」


「もし今回の貿易戦争で負けたら中国は世界での立ち居地を失う」


「お互いに尊重する気持ちがあればこんな風に戦争を仕掛けてくることもないだろう」


「いずれにせよ、中国は弱腰な姿勢を見せることはできない」


「中国のGDPに対する影響は0.1%程度らしいけどね」


ということで、いろいろと議論していますが、久々の戦争(ただし死人は出ない)で血が騒いでいるのか何なのか知りませんが、中国では盛り上がりを見せているこの議論、いったい中国人は戦争がしたいのか何なのか、よくわかりません。とにかく中国というのは1国(北朝鮮もかもしれませんが)で20世紀を生きている感じでいまだに国民の中には中華思想が色濃く残っておりますので、世界を制覇しなければ気がすまないというのが中国人の本質ではあります。しかし当の本人たちはいざとなると及び腰になりますので、本当は戦争には向かない民族なんでは?と思いますけど、今回みたいな貿易戦争、いうなれば金の力がものを言う、みたいなのはやってやろうじゃん!って 感じになってる模様ですね。まあ、中国人らしいといえばらしいです。


コメントにもあったんですが、中国という国は統計をごまかしたり粉飾したりするのが常なところがあるので、統計が国の事情をよくあらわしているというわけでもないのがなかなかに難しいですけど、こと経済に関しては「日本を抜いた!」と息巻いておりますし、自信も持っております。なので結構今回の貿易戦争は自信あり!てことのようです。どうでもいいですが、とにかく周辺国に迷惑だけはかけないでほしいです。中国の輸出するものは中国でなくてもいいものがほとんどなのが痛いところではあるでしょうが、他国に迷惑をかけず、なるべく穏便に済ませてほしいものです。この件については、中国国内でもいろいろと議論がされていて割りと右往左往しているイメ ージですが、経済強国を自称するならもう少しどっしりとしててもらいたいなとも思います。。。


今日はこの辺で。
また書きます。
こんにちは。
今日は、本当は24年ぶりの親子再開ネタを探そうかと思ったんですが、コメントが恐ろしいほどに想像がついて面白くもなさそうだったので、今日はこちらをご紹介します。


では早速元ネタからご紹介します。
「日本の東京には多くの独身女性が一人暮らしをしているが、彼女たちは犯罪者の獲物になる恐れがある。悲劇の発生を防ぐため、とある会社がカーテン越しの彼氏を発売した。外から見るとまるで誰かが寄り添ってくれているように見え、一人暮らしの印象を抱かせないため、犯罪者の対象から外されるのが狙いだ。孤独を理解し、少し温まる商品だと思う」ということですが、ではこれについて、中国人ネットユーザーのコメントをご紹介します。


「1階の部屋の男のシルエットがみんな同じだったら犯罪者はいったいどう理解するんだ???」


「今時の悪人はこんな仕掛けは一瞬で見破ると思うが?」


「危なすぎるだろ、、犯罪者からすれば女性の一人暮らしですよ、ってアピールされてるようなもの」


「こんな風に公開したら、消費者と同じく犯罪者にも一斉に仕掛けが知れ渡るという、、、」


「この男はいったい何人の彼女がいるんだ???って考える天然の犯罪者もいるかも」


「これぞAV国家の国のレベルだよな。社会が健全でない。こんな消費もムダの一言」


「同じ動きばかりじゃすぐにバレるからいろんな動きができるように研究を続けてほしいね」


「地元を離れて一人暮らしをする女性は孤独だよね、自分の身は自分で守ってほしい」


「治安をよくするのが1番大事なことなのでは?」


「どれほど犯罪抑止効果があるのかは少し気になる」


「一人で家にいて、窓辺に男の影が映し出されるとか、、、ホラーなんだけど」


「こんなもの買ったら余計に孤独が身に堪えそう」


「すごいね!科学技術が生活そのものを変えていくようで」


「やっぱり低層階は怖いね。高層階に住めば済む話」


「アイデアはいいと思うけど、、、いろんなパターンがないとすぐダメになりそう」


「犯罪者に人がいると思わせる前に自分が死ぬほど驚きそう。。。」


「おかしな仕組みだなぁと思うばかりで暖かい気持ちになどなるはずもない設備なんだけど、、」


「一人暮らしでなくなるための努力をするほうが大事では???」


「こんな風に宣伝してこれを使えば多くの人に彼氏がいませんと宣伝するようなもの」


「男が一晩中姿勢も変えずにカーテン越しに居座るとか、、、おかしすぎるだろ!」


「夜中にこれをつけっぱなしで寝落ちしたら起きたときに死ぬほど驚くことになりそう」


「こんな風に日本国外にまで独身女性の一人暮らしと知れ渡ることになったよ」


「自分の好みのタイプを選べるとかなら楽しそうではある」


「警察が見回りを強化するとか、他にやることがいくらでもありそうなんだけど、、、」


「正直な話、日本の民間企業ってこういうのを本当によく作ってると思って割と尊敬してる。罵らないでもらいたいが」


「このアイデア自体はすごいと思うんだけど、、、これを使ってると思うと少しかわいそうになる」


「そもそもなんだが、、、日本ってそんなに治安が悪いんだっけ???」


ということで、いろいろと盛り上がってましたね。この商品自体は本当に日本で発売された(?)もののようですので、虚偽ではないですね。日本って割とこの手のアイデア商品みたいなのが出てくることが多いんですが、実は中国の微博で中国人は手ぐすね引いて待ってます。そして日本で面白い商品が発売や発表されるとこうして微博にUPしてあれこれ議論します。彼らの感想としては、日本は創造性豊かであらゆる商品が民間から出てくるので面白いそうです。中国人の創造力はかつては日本など目じゃなかったはずですが、歴史的にその辺の創造性ははく奪されておりますので、日本のこのようないろいろな分野でのとりあえず的な商品も非常にうらやましく映るみたいです。本当に正直な話、中国人がかつての創造力をそのまま維持していたら現代においていったいどれだけ面白い商品を世に送り出すんだろうかと考えたりします。その点では中国が創造力を失ったことは実は世界的な損失だと思います。


といっても、このカーテン彼氏は正直うーんと思いますね。日本も治安が悪くなる一方ですので、女性の一人暮らしは危険な側面も確かにあります。民間からこのような商品がチャレンジ的に出てくることはいいことだと思いますけど、根本的な解決にはならないですよね。中国では、スリ、置き引き、爆発の類のニュースは連日ネタに困らないほどですが、凶悪事件的なものは日本のほうが多く報道されている印象です。実際には中国は報道されないだけで凶悪事件も多々起こっているし、特にここ数年は急増しているようです。また女性の一人暮らしも日本同様、中国でも急増している世帯形態ではあります。なので他人事ではないかもしれませんね。ここ数十年(特にここ数年)で社会構造とかいろいろな面が日本と似てきた中国では、そういう社会的な部分も日本に大変注目をしています。けっして悪口ばかりではなく、自分たちの生活にいかに取り入れるか、など、実に勉強熱心な部分もありますので、侮れないなと思います。日本もあまり恥ずかしいものは出せないなとは思いますが、社会に有益な商品はたくさん出てきてほしいな、と思います。


今日はこの辺で。
また書きます。
こんにちは。
今日は、日本でも大変な騒ぎになっておりますこちらのネタがやはり中国でもかなりのホットトピックスになっておりますので、今日はこちらをご紹介したいと思います。


では早速元ネタからご紹介します。
「昨日、日本相撲協会の真鶴市での公演中、真鶴市長が土俵上での演説中に突然倒れ、客席にいた看護師の資格を持つ女性が急ぎ救護のため土俵上に上がった。女性が土俵に上がることは日本の相撲においては禁忌であるため、現場アナウンスでは「女性は土俵から下りてください」と流れ、しまいには係員が土俵に大量の塩を蒔き付けるのを見た観客もいた。通常の試合でも力士が塩をまくシーンはたびたび目にすることができるが、これは衛生上の理由以外にいわゆるお清めという意味合いを持つ。しかし女性が土俵に上がった後に大量の塩をまいたことに対しては、世論の批判が噴出している。相撲協会はこれを受けて謝意を表明、人命が関わっている状況においては不適切な行動だったと述べた。相撲協会の八角理事長は現場で応急処置の対応を取ってくださった女性には感謝したいと述べた」とのことですが、ではこれについて、中国人ネットユーザーのコメントをご紹介します。


「精日の連中は必ず、伝統の保持は日本のほうが上とか言い出す」


「市長は替えることができるが、伝統は替えが利かないからなぁ」


「これぞ女性蔑視だね。人間は皆女性から生まれてくるというのに」


「最も恐ろしいことは、日本の新聞やニュースがこぞって、人命より伝統を重んじたとして相撲協会を真っ向から批判していることだね」


「日本には女性の人権がないのかな?中国の女性の人権は国際標準だと思ってたけど違うのか?」


「男の尊厳や男の天下、すべては日本で体感できるぞ!」


「タイで看護婦のスカートがセクシーすぎると批判を受けたのと同じような感じだな。大事なのは伝統なのか人命なのか」


「日本ほど裏表の激しい国もない。先進国と言いながら、実態は矛盾だらけの男社会だよ」


「そんなに女性を蔑視するのなら、女性から生れ出たことを恥じて切腹でもして死んでくれ」


「伝統を忘れず、道徳が法律に生かされている。女性蔑視社会ではあるが悪いことばかりでもないと思う」


「日本の男尊女卑はひどいレベルだと思う」


「よくわからないんだが、、、日本人はみんな、女性は汚いと思ってるのか?」


「土俵から下りろとか、、、市長に死ねと言ってるようなものだな」


「中国人の男がまたやらかしたかと思ったら日本人だった、よかった」


「日本の女性の地位はこれ以上ないほど低い。特定の業界では特にそれを感じる」


「これぞ民主主義!」


「日本ってこういうイメージあんまりないのにね」


「伝統の前では市長なんて何者でもないってことか」


「ここで、日本は小さな礼儀を重んじて大義を軽視する国というのがあるけどまさにその通りだと思う」


「現代人の仮面をかぶっていても、中身は時代遅れの愚か者だということだね」


「女性は土俵に上がるなとか言うならそもそも女性の観覧禁止にでもしとけよ」


「今の時代にまだこんな女性蔑視の国があるんだね。時代遅れもいいとこ」


「民主主義国家っていうのは女性を蔑視する国なの?」


「日本人は歴史を精査、研究するのが好きではない。なぜなら自分たちが気に入らない結果が出るのが嫌だから」


「まあ別にいいんじゃない?日本人が伝統を守りたいっていうならそうさせてあげれば」


「古代から現代にいたるまで一貫して女性蔑視の国で、自分の母親でさえも女性ということで蔑視する、滑稽な国」


「日本映画で見るような日本社会のイメージと違うね」


ということで、このニュースは中国のみならず世界中で配信されているようで、日本は先進国と言いながらもいまだに女性を蔑視する国という一種の悪評みたいなものが世界に拡散されているようですね。私は日本人の女性ですが、今回の一件は女性蔑視がどうのこうのという論点ではなく、伝統や文化に縛られて人命が軽視されたことに対する批判だと思いますが、やはり中国人というのは日本人の想像のはるか斜め上の視点でものを見ます(笑)ので、伝統文化をこよなく守っているのは素晴らしいこと、というコメントも実は結構ありました。中国人自身が持つあの素晴らしい伝統文化をうまく継承できていないという自覚がある中での発言なのですが、私は中国はそこそこ自国の文化を良くも悪くも守っていると思いますがね。。。しかしやはりもちろん1番多かった意見は他国と同様に女性蔑視の国、というものでしたね。


女性は確かに日本では生きにくい部分もありますが(中国帰りの私には特にそう感じます、それだけ中国の女性は日本の女性より恵まれているというか優遇されているというか、、差別的なシーンが圧倒的に少ないのは事実です。ですので、私個人は女性としては日本人相手より中国人相手のほうがずっと仕事はしやすいです)、今の日本は二極化していると思います。確かに女性が性差別を受けていると感じる分野も多々あります。でもそうでもない分野も多くあります。この点を外国では理解されていないと思います。そして、女性蔑視と言いますが、特に仕事など経済の面で女性が男性とまったくの対等に扱われることは決してメリットばかりではないと思います。ですので、これは非常にデリケートな問題ですが、最近、世界では日本がこの1点で批判を受けているような印象があります。日本の悪いところを血眼になって探している中国にも格好のネタかもしれませんね。ですので、この件は大変盛り上がっていました。他の多くの分野で日本に後れを取っている中国にいわれたくないかな、とも思いますが、、、


今日はこの辺で。
また書きます。
こんにちは。
今日は、先日NHKの特集で中国人が医療保険に不法に加入して日本で治療を受けまくっているというニュースを見たので、ネットではどの程度語られているのかを確認したくてこちらを検索してみたんですが、あまり語られていないようで安心したんですが、代わりにこちらを見かけましたので1年前なんですが、ご紹介したいと思います。


では元ネタからご紹介します。
「日本メディアの報道によると、日本の生命保険会社が中国の富裕層をターゲットにした医療保険の発売を開始したという。特徴としては、保険加入者が万が一ガンにかかった際、追加費用なしで、日本で治療が受けられる内容ということである。中国では、がん患者の増加に伴い、日本での治療を希望する人がますます増えている」ということですが、ではこれについて、中国人ネットユーザーのコメントをご紹介します。


「中国では不治の病でも日本では一発で治ったりするしな、、、仕方ない」


「医療の方面では日本が中国よりずっと進んでいるのは事実だからな。病気になった時に日本が~韓国が~なんて言ってられない」


「中国を相手にすればかなり大きな市場規模なことは間違いないね。簡単な腫瘍の切除手術の技術だって中国と日本じゃ大きな差があるし」


「技術云々というより、最先端医療を受けられるか否かは金のあるなしが大きなポイントだな」


「俺は富裕層でも何でもないが、この保険には入りたいな」


「まるで日本の医者ならどんな病気でも治せます!みたいな口ぶりだな」


「日本の医療水準は中国の何倍も高くて単純に羨ましい」


「ガンに関連して中国にまで触手を伸ばして金儲けとは、、、自国の癌患者をいかに治すかをまずは考えてくれ」


「この保険に興味がある、いつどうやって加入できるか教えてほしい」


「まるで中国政府を罵ってるかのような保険だな(笑)」


「日本は中国の環境汚染の程度を甘く見すぎ。こんな保険を出したら倒産するぞ!」


「ガンの予防には大差ないだろうね、実際にはガンを発症した後の治療内容は金がどれだけあるかで大きく異なる」


「中国人を馬鹿にしてるのか、はたまた中国を侮辱しているのか、、、」


「つまり中国の最先端医療のレベルがまだまだ全然ダメってことを言いたいのか?」


「しかし残念なことに俺は富裕層じゃない」


「日本は放射能にやられているというのに、そんな日本に行って治療を受けたいと思うのか??」


「中国の不健全な社会医療制度が日本の保険会社に金儲けの機会を与えているという、、、本当に悲しい」


「必要ない、中国には漢方がある」


「これがアメリカなら加入を本気で考えたかもしれないが、日本は信用ならないから加入することはないかな」


「あまりに高すぎて庶民には手が出ない保険だろうね。多くの人間はガンになれば中国国内で死を待つだけ」


「炊飯器やウォシュレットトイレを買いに行って散々罵られたのに今度は保険を買いに行くのか???」


「中国国内の医療レベルも上がってきているよ。もちろん大都市の一流病院に限られるけど」


「中国の癌患者が増え続けている理由を中国政府は真剣に考えてほしい」


「こんな保険は騙されそうで怖いな」


「こんな保険が日本から中国人に向けて発売される時点で中国を侮辱している」


「日本に治療に行ってそのまま帰ってこないヤツも出てきそう」


「愛国云々は置いといて、これを機に中国国内の保険も悪いものを駆逐してくれたらうれしい」


ということで、日本生命で本当に出している保険みたいですね。中国の「長生人寿」という、私もお世話になった保険会社が窓口で発売されているようです。売れ行きのほどはわかりませんが。お金がある中国人には魅力的に映るかもしれませんね。なお、私が先日見たニュースの特集では、中国人が日本に暮らす家族の保養に一時的に入り日本の健康保険証を入手、そこから日本の高額医療費制度を悪用して8万円程度の負担でひどい人では400万円ほどの医療を受けているとか、そういう話です。日本での医療が終われば帰国するらしいです。本当に悪質だし、その費用を負担しているのは私たち日本人です。中国人はこういう一種の法律の抜け穴的なものを探すのは実にうまいです。なのでこれは中国人の恥知らずな図々しさを責めるよりはむしろ、そんな制度を許している日本の行政の問題だと思いますね。本気で早急に対策してほしいです。いいようにやられていますのでね。


そんな風にして、日本人の血税が中国人の医療に使われたりしているのだから、こういうところではきっちり中国人相手に金を荒稼ぎしてほしいという思いもあります。中国の難しい医療のお世話になったことはないですけど、正直中国で手術は中国を知り尽くしている私でも嫌ですね。中国人だって同じだと思います。なので病気になれば何とかして日本に来て安く治療を受けられる道を探すわけです。今は中国ではそれを可能にする仲介業者なんかもいたりするみたいですが、それで日本人の治療が遅れたり、日本の医療制度が破たんしたりすれば本末転倒だと思います。なのであくまでも日本人を優先してほしいです、ここは日本なのだから。私は正直、中国人をよく知っているし、いいところも知っているので中国人に甘いところもあります。その私でもこういう感情を覚えるのだから、一般的な日本人はもっとだと思います。今の政治はモリカケで忙しそうですけど、こんな問題も実際は山積みなのでもっと日本人に有益になる仕事をお願いしたいです、本気でそう思ってます。


今日はこの辺で。
また書きます。

プロフィール

megumi1128

Author:megumi1128
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR