こんにちは。
今日は微博を徘徊していて、新幹線ネタを見かけましたので、今日はこちらをご紹介したいと思います。お題は「日本の新幹線に乗ることの幸せ」です。


まずは元ネタをご紹介します。
「日本で新幹線に乗ると幸せを感じる。きれいで、時間に正確で、しかも静か。出発の10分前に駅に着けば、2分で乗車券を買ってホームに到着できる。実名乗車制でもなく、身分証明書も必要がない。何より安全検査もない!日本の新幹線は世界で最も時間に正確というだけでなく、もっとも静かで、世界で最も安全な高速鉄道であり、営業を開始して50年の間、脱線はたったの3回でそのうち2回は地震によるものである。今現在まで、いまだに事故によって死傷者を1名も出していない安全神話は健在である」との内容ですね。
4_100313134257_1_lit.jpg

中国人にとっては「安全」は何よりうらやましいものだろうとは思いますが、これは少々褒めすぎなのかな?でも日本人は日本の新幹線に慣れてしまっていますので、特に中国人から見れば
このように映るのかもしれません。ではこれについて、中国人ネットユーザーのコメントをご紹介します。


「チャンスがあれば日本に行って新幹線に乗ってみよう。でなければこのトピックスに対して発言権はない」


「見た目はたいして違いがないのに、なぜ日本のはずっと素晴らしいとか言わなければならないの?」


「まあ、これが差だよ。日本は何でも中国を上回る、これで俺はいつも恥ずかしい気分になる」


「日本がこれほど優秀な国家であることを隣国はきちんと理解しているんだろうか?」


「乗ったことがある。4時間の乗車だったが、電話を取る人間がいない、大声で話す人間もいない、ものを食べる人間もいない。車両内部は1点の汚れも見当たらず、とても清掃が行き届いている。中国人として、これには心底驚いた」


「そうだね、新幹線に乗ればわかる。ずっと静かだし電話をする人間もいないし、話し続けるような人間もいない。それに車内販売員はカートを押して横を通り過ぎる時にも何も言わないんだ。そして車両を出る時にはわざわざ体をこちらに向け直して、乗客に向かって会釈するんだ」


「中国国内でこんな高速鉄道があることを想像できないよな」


「喫煙者専用車両もあるよね。これは本当に良心的だと思った」


「見た目本当に一緒なんだよな。なぜ当時、新幹線のコントロールシステムを買わなかったのか、、、」


「これまで乗った新幹線は1度も遅れたことがない。定刻より早く着くことはあったけどね。これが中国なら10回のうち9回は遅れるからな、、、」


「人口が少ないほうがいろいろといいんだろうね」


「自動券売機でチケットを買えばすぐに乗れるんだよ。いろいろと待つ必要がない」


「日本の高速鉄道っていうのはどれくらい遅れたら(たとえば10分とか?)、賠償を支払わなければならないとかじゃなかったっけ?」


「喫煙席もあって本当に良心設計だよ。事前にチケットを買ってホームに行けば、新幹線が網羅している場所ならどこでも自由に好きなところに行ける。本当に幸せなこと」


「文化の程度と実力が本当に高い国だ。もしアジアに日本がなければ、アジアは話題にすら上らないよ」


「日本の公共交通機関を使うが、時々繁忙期に交通費がちょっと高くなることをのぞけば本当にいいイメージしかない。これまでずっと不思議に思っているんだが、日本人はいったいどうやって、新幹線のみならずローカル列車に至るまで、あそこまで時間に正確に運行ができるんだろう?」


「中国の高速鉄道はこの新幹線のパクリなのにね」


「確かに小日本のものはいいものがある。でも日本製品不買は変えない!」


「物質上のものは同じでも使う人間が違うということだと思う。高速鉄道そのものは中国のものも日本のものもたいして差がないと思う」


「中国は質の改革が必要、さもなければこのような程度の文明を得ることは難しい」


「中国の高速鉄道だって発展してからかなりたつし、すでにかなり素晴らしいレベルに達していると思う。いつの日か各方面で日本を超えることを期待しているよ」


「日本の鉄道はまさに神」


「実際、中国の高速鉄道だってたいしたもんだよ。写真で比較したって大きな違いはにじゃないか」


「お前ら、日本に行ったことがあるのか?日本が本当に優っているのはハード面じゃない。本当に素晴らしいのは人を含めたソフト面だぞ」


「でも実際、新幹線と高速鉄道の速度にはたいした差はないだろう?中国人は多いから車両への負担も大きい。その辺を考慮しても、今の実績は素晴らしいと思うけど」


「まあ、日本は金があって人口が少ない、中国は金がなくて人口が多い。その差だろ」


などなど、中国人の鉄道に関する「勘違い」もいろいろとみられる面白いトピックスでした。中国で高速鉄道と言えば、速度がクローズアップされますので、速度「だけ」は速いですが、、、事故って車両ごと埋めるとか、、、そういうことがある国の高速鉄道にはちょっと乗りたくないですね。あと、日本の新幹線では誰も話をしていないとか、ものを食べてないとか、、、それはないでしょうが、中国の高速鉄道はあまりにも騒々しく、またずーっと何かしら食べていますので(カップラーメンとか食べるんで、車内におかしな匂いが蔓延します、、、)、それに慣れた中国人が日本の新幹線に乗るとそういう風に映るのかもですね。前ここで紹介した駅弁なんかも、日本の駅弁がかなり素晴らしいってことで中
国人の間で話題になってましたけど、そういった部分も含め、日本の鉄道文化は中国人には素晴らしく映るみたいです。


中国で高速鉄道に乗るには、何週間か前にチケットを買わなければなりません(でないと満席になって乗れません、空いていれば当日購入もOKですが、人気路線であったり、あとは春節みたいな人民大移動シーズンは当日購入はまず無理です)。そして何時間か前に駅について、待合室みたいな場所に入れられて、そこで出発を待ちます。チケットを買うには身分証明書が必要だし、また安全検査も大変厳しいです。さらに、さらに!私が最も驚いたことは、出発時刻の2分前くらいにいきなり出発したりします。。。。これさ、、、思いっきり大変な思いをして切符買って何時間も前に駅について、時間通りにホーム行ったらもう出発してたとか、、フツーにあるんですが。。。そりゃないだろう。
そんなわけで、人民はホームに行ける時刻(だいたい30分前)になると我先にホームに駆け込んで列車に乗り込みます。そんなサバイバルみたいな乗車が当たり前の中国人にとっては、確かに日本の新幹線は素晴らしく映るだろうな~と思います。私は北京から武漢まで鉄道に乗ったことがありますが(他は2時間程度の近距離しかありません、上海‐杭州とか)、これは南方の中国語(一切聞き取りできず)が飛び交うし、なんか中国を満喫できたことはできたので(トイレが壮絶汚いのでそこはかなりしんどかったですが)、機会があれば1度はチャレンジしてもいいのでは?と思います。2度目はいらんですが。。


また書きます!

スポンサーサイト
こんにちは!
今日はなんとなくたどり着いた福山雅治さんの微博からトピックスが立ち上がっていますので、今日はこちらをご紹介したいと思います。


福山雅治さんは日本では常に様々な好感度ランキングの上位にいらっしゃる方で、幅広い年代の女性から(男性も結構好きですよね)絶大な支持を集めている印象がありますが、私は世代的に、彼が出てきはじめた頃を覚えていますが、「こりゃえらいかっこいい人が出てきたな~」と思ったものです。。。その福山雅治さんが最近は台湾なんかにも行って、アジア圏で幅広く活動されていることは知っていましたし、微博にアカウント持っていることも知っていましたが、、、、まさかファンが200万人もいるとは知りませんでした。。。
中国の人口はけた違いではありますけど、、200万人と言えば、日本で言えば50人に1人が彼のツイッターをフォローしているようなもんです。すごいですね。。。。中国でも大変な人気を誇っています(ちなみに中国で絶大な人気を誇る蒼井そらは900万人らしいですが)。今日はその微博で福山雅治さんが番宣みたいなコメントをしていて、そこに中国人のコメントが大量についてますので、こちらをご紹介したいと思います。


では元ネタからご紹介します。
「みなさん、お待たせしました。昨年のカンヌ映画祭でも話題となった福山雅治の「そして父になる」がついに中国大陸でも放映されることになりました!これは日本映画としては初めて、中国のネット視聴サイトにて公式に放映されることになったものです。みなさん、これからも応援よろしくお願いします」みたいな内容ですね。これは誰が書いているのかは知りませんが。。。ではこれについて、中国人ネットユーザーのコメントをご紹介します。


「学校に行く途中でこの映画を見た。本当に温かくて、この映画はぜひとも映画館で上映してほしい作品。そしたら見に行きたい。ちなみに彼はスーツでなくてもとってもかっこいいね!」


「もう見たよ!ラストはすごい感動した!!!」


「今日は半分見たよ~、、、すごいかっこいい!!!」


「福山雅治さん。頑張れ」
※日本語で投稿されてますので原文まんま。韓流スターに日本人が頑張ってハングルで応援メッセージ書き込んでいたようなもんですかね。。。


「もうすでにYOUKUで見れるけど、、、」
※無料動画サイトでとっくにアップされてると思います、確かに。。。


「最後はかなり泣いてしまった。上海映画祭に来てほしい。。。」


「これはかなりおすすめの映画」


「なぜ映画館で放映してくれないんだろう」
※そういえば、中国で日本の映画が放映されるって見たことないかも。あるかもしれないけど、政治的理由でないかもしれません。


「ああ、これって最初の5分だけ見れて、残りは5元払って見れるヤツだね」
※そんなんあるんですね。私はYOUKU派なので完璧に無料かと思っていましたが。。しかし5元って、、安すぎ。


「私の中では日本人で1番のイケメン」


「もう見ました。本当に演技が素晴らしかったです。次回作も期待しています!」


「福山さん、少しやせたんじゃない?」


「父とは何か、子とは何か、これは深く考えるに値する問題だね。この映画では子役の子供たちがとってもよかった!」


「非公式ウェブサイトにてすでに見ました。。。」


「うーん、お金を払わなきゃ見れないのか。。。もうしばらく待とうかな」
※中国って言う国はこういうものにお金を払うことには抵抗がありますので。だって無料で見れるサイトがいくらでもあるし。。


「こんな優しい湯川さまは見慣れない~、でもそれでもすごくかっこいい!!!」


「おととい見ました。本当に感動的な映画でした。血のつながりはなくとも、心の絆は存在するんだな、って思いました」


「湯川教授は子どもが嫌いなんじゃなかったっけ???」


「1個聞きたいんですけど、、、どうしてあなたはいつまでも老いないんです?」


「釣魚島が中国のものだと認めないならば、中国から出て行ってくれ」
※突然の反日コメントにちょっと載せてしまいました。これ1個だけ。


「福山さん、頑張って!私はやはり湯川学シリーズの新作を期待してます!」


「ずっと待ってました!土豆で予告編を何度も何度も見て待ってました!!」


「もっと多くの日本映画が中国のネット視聴サイトで見れるようになることを期待して待ってます」


「最も感動したセリフ、会社にはほかの人間ができる仕事もあるが、父親は代わりになれる人間などいないってもの」


「昨日見て、涙が止まらな過ぎた。しばらくしてもまだ泣いてるので他の人がどうしたんだ?と心配してたらしい」


などなど、随分と応援されてました。このトピックスで初めて見たんですが、、、異常に日本語の投稿が多いです。でも日本人が書いたものではない、ということがまるわかりの文章がほとんどでしたので、本当に福山ファンが必死に日本語を覚えて投稿しているものと思われます。すっごいわ、、、福山雅治。


私はこの映画は実はまだ見てないんですが、コメントに「息子が撮った写真を見て泣く福山雅治の演技に泣いた」みたいなコメントが多かったので、ちょっと内容が分かってしまって残念でした。中国人にとって、もっとも涙腺を刺激するネタは圧倒的に「家族愛」ネタです。中国は儒教の国ですので、両親を本当に驚くほど大切にします。日本人ももちろん親を大切にする心は持ち合わせていますけど、中国人はちょっとものすごいです。春節のシーズンには必ず両親とともに過ごしたいため、1か月の休みを得るためにほかの月に週6回で働く中国人も知ってますし、また春節ごとに仕事を辞めて実家に帰るって人も本当に多いです。そういえば、数年前の春節とバレンタインデーがかぶったことがあり、中国人男子は超大真面目に悩んでいたみたいですね。両親に会いにいかなければならないが、彼女、どうしよう?みたいな・・・これ、大問題だったらしいです。
と、少しそれましたけど、それだけ中国人にとって「家族」は大事な存在ですので、中国人の涙腺をそれはそれは刺激する作品でしょうね。。。
私もここの翻訳で多少内容を知ってしまったとは言え、見てみたいと思います。


また書きます。
こんにちは。
今日は微博にて興味深いトピックスを見かけましたので、こちらをご紹介したいと思います。お題は「世界のトップ500企業に中国の会社は73社、いいことなのか?」です。


それではさっそく元ネタをご紹介します。
「世界のトップ500企業のうち、もっとも多いのはアメリカの132社、次いで中国の73社、3位は日本の68社である。中国人は世界で最も高いガソリンを使い、世界で最も高い電気代を支払い、世界で最も高い道路を走り、世界で最も高い電話をかけている。世界最大の預貸率差を受け入れて、中国の企業をランクインさせているわけだ。こういった企業が儲けを独占するのは果たしてチャイナドリームなのか、はたまた悪夢なのだろうか?」との内容ですね。いろいろとツッコミどころはありますが、、、まずは中国人ネットユーザーのコメントをご紹介します。


「悪夢に決まってるだろ」


「もっとも環境が悪くて時間も長いバイトをした時には、まるでアフリカのような待遇を受けた覚えがある」


「独占は企業にとってはチャイナドリーム、庶民にとっては悪夢」


「悲しくなるからこういう話題はやめてくれ」


「まあ、庶民が抵抗するしかない」


「何言ってんだ?これぞまさにチャイナドリームだろ?」


「中国の特色である。言葉もない」


「庶民が耐えてこういった企業をランクインさせているし、さらにはこういった企業の多数の上層部は庶民の血と汗を貪っている。さらにはあろうことか、こういったヤツらは庶民を軽蔑してるんだよな」


「下水油が明らかになってもなお、世界のトップ500入りできるとはすごいことだな」


「私が中学生の頃は世界トップ500企業に中国の企業はなく、いつかは必ず中国からトップ500企業を出すんだ!と息巻いたものだ。あれから20数年がたち、中国には多くの世界トップ500企業があるが、誇らしいという感覚は微塵もない。むしろ嫌悪感のみだ」


「こうした国営企業は汚職官僚の金庫に成り下がっているしな」


「チャイナドリーム、、、ため息しかでないよ」


「よく言った!とても現実的。悪しき封建社会」


「少数の人間が多数の庶民を安い労働力として買いあさり、富める者から富んだ結果」


「独占して私たちに高額なものを売りつけ、最悪のサービスを押し付けてる」


「庶民を食い物にする体制」


「まあ、こういった上層部の連中はすでに国外に脱出済みだしな。庶民とは違う」


「一部の人間が得をし、大多数が貪られるシステム」


「独占が問題なのではない、独占して、国民に低価格で高品質のサービスを提供できているのか?ってことだ」


「GDPは庶民にかかっているんだぞ。あと数年耐えれば、ヤツらも終わりだよ」


「これは中国の事情だ、中国全体がこのように来てしまったんだ。そして現状を打開できる人間などいないってことも問題」


「国が強くなることと国民が苦労することは必ずしも一体ではないはずなのに」


「欧米人から見れば、中国は中国人が思う朝鮮みたいに映っているだろうな」


「チャイナドリームは白昼夢のようなものである」


「庶民が高額費用を支払わされればされるほど企業は儲かる。そしてますます貧富の差は拡大していくわけだ」


「金融政策に頼る手もあるぞ。もっと関税を高くして国内企業を保護して、中国企業で独占してGDPを高めるんだ」
※ちょっと何言ってるかよくわかんないです、、、、


日本についてのコメントは1個もなし。隣に庶民がそれなりに幸せに暮らしている国のサンプルがあるっていうのに、、、中国人は本当にマゾですね。
最後のコメントは本当に意味不明でした。中国には最近、海外の企業を締め出して中国企業だけで中国市場を独占しよう的な空気があるんですが、それをやったら中国は終わりです。中国の企業に庶民を豊かにするような実力はまだまだ備わっていません。外資があるから国内の企業もそれなりの姿勢を求められてなんとかやっていってるのに、中国の企業だけになったら、中国の企業は消費者を顧みることはなくなりそうです。それくらい中国人というのは「利己主義」です。自分さえよければいい、という発想が庶民だけでなく会社にも存在します。相手がどう思うか、相手のためによいサービスを心がけよう、なんて会社はまだまだマイノリティです。そんな状態で中国企業だけになったりしたら、中国人にと
っては最大の不幸となるでしょうね。私は少なくともそんなところには行きたくありません。


あと、元ネタで「世界で最も高額な電気代」とかありましたが、あれは嘘ですね。中国はまだまだ公共料金の類は安いし、交通費もとっても安いです。ケータイとかも日本よりは安い印象があります。ガソリンは高いですけどね。この辺に、必要以上に自分たちが悲惨である、とアピールする姿勢を感じます。中国人はアピールする資格があるほどに搾取されているとは私も中国をよく知る外国人としては思いますが、ところどころ誇張があります。なので、中国人の話を100%鵜呑みにすることは危険です。話半分に聞いておきましょう。でも、搾取されているのは本当だし、これはもちろん中国の国民にとっては大変な不幸です。この問題は政府や企業の上層部から改善の機運が高まる可能性はないので(自分たち
は搾取している側ですから、自分の利益をわざわざ減らす真似はしないでしょう)、庶民が改善していけるよう働きかけるしかないわけですが、、、一党独裁の中国でそれをやるには少々手荒な手段しかないでしょうね。でも庶民の怒りが爆発したらどうなるかわかりません。中国人はああ見えて、結構腰が重いのでいつになるかはわかりませんが。。


また書きます!


こんにちは。
今日はサッカーのネタをご紹介します。
中国人のサッカー好きはここでもご紹介している通りですが、中国人は自国の代表が弱いので、どちらかというとヨーロッパのサッカーとかをよく見ています。でも中国代表も試合があればがんばって応援しています。弱いですがね・・
AFC・U-19選手権なんて、それほど中国人は興味ないかと思っていましたが、なんだかこの組み合わせが日中韓が同組とかいう、罰ゲームみたいな(どの国にとっても、、、)組み合わせになったことで話題になっています。


では元ネタからご紹介します。
「アジアサッカー協会はミャンマーでAFC・U-19選手権の組み合わせ抽選会を行った。結果、中国は死の組・C組に入ることになった。この組には連覇を狙う韓国、アジアの強豪、日本がいて、もう1か国はベトナムである。実際中日韓が同組になることは稀であり、この組を突破するのはかなり難易度が高い」
というものですね。U-19なんて中国がどういうチームなのかさっぱりわかりませんけども。。。ではこれについて、中国人ネットユーザーのコメントをご紹介します。


「難易度が高いだなんて客観的じゃないな。希望がない、、、だろ?」


「中国にとってはどこの組に入ろうが死の組なのに」


「そうだな、、、中国はアジアの弱小チームなんだからさ」


「これは、、、虐殺の予感しかない」


「中国はどこの組に入ったってその組のNo4だよ。珍しい組み合わせも何もあったもんじゃない」


「もうさ、試合を放棄したほうがいいんじゃない?旅費と水代を節約しろよ」


「日韓を恐れるな!何を怖がっているんだ???」


「試合が始まる前からすでに死んでいる。。。。」


「U-19中国代表の現実的な目標はゴールを1回は決める、勝ち点を1は取る、そしてあわよくば1勝すること、だな」


「自分自身の能力を高めて相手を恐れさせるようでなければならないよ」


「北朝鮮でなくベトナムだったのが唯一の救い」


「でもかえってこういうほうがよかったんじゃない?日韓とどのくらいの差があるかを確認できるからね」


「本当にそう思う。ここで一緒にならなきゃ、日韓と試合できるチャンスはないからな」


「せめてベトナムからは勝ち点をとって、この組の最下位にはならないでほしい」


「でもこれって、敗退しても何も言われないだろ?U-19中国代表にとってはリラックスできる条件かもよ」


「別に死の組でも何でもないじゃん、強豪2チームと弱小2チームのフツーの組に見えるが?」


「俺が常々思っていることは、日本とは少なくともサッカーの領域では共感しあえる部分が多いから、一緒に棒子を倒すために共闘すべきだと思う」


「中国にとっては死の組に見えても、日韓にとっては少しも死の組ではないと思う」


「個人的に、中国代表はベトナムに勝つのも難しいと思ってる」


「そうだな、中国代表がこの組を突破する難易度はかなり高い、ってのは間違いだな。問題はベトナムとゴール数でどれだけ差ができるか?に絞られるわ」


「もう慣れたよ。中国はアジアの3流チームだ」


「そうだな、突破どころかこの組の最下位を免れる難易度すらきわめて高いだろ」


「日韓との差が早くにわかるのはいいことだと思う。中国が弱いことを知らない人間はいないだろう?弱いと知っていて改善しないのは愚かなこと」


「なんだか毎回、日韓と同組になると自虐的になるヤツがすごい多いな。少しh前向きになれよ」


「ベトナムとの試合にすべてをかけろ!」


「ゆっくりでいいんだ。今の中国代表は国産車みたいなもんだ。あまりにも過大な期待をする必要はない。ゆっくりと成長してレベルアップしてくれればそれでいい」


などなど、サッカーとなると本当に呆れるほどに自虐コメントのオンパレードになるから不思議です。国産車と同じ、ってのにはウケました。過度な期待は禁物ってことらしいです。。。中国代表はもうずいぶんと前からアジアのトップになるだろうって言われてきて、一向にその気配がないですね。中国人とサッカーが性格的に絶望的に合わないと思いますが、なぜか見るのは大好きなんで、代表チームへの期待もなんだかんだ高いんですが、いつもダメなのでみんなとっても悲しんでいます。中国代表の試合の翌日、中国男子は本当に見ててかわいそうなくらいがっかり感が半端ないです。代表へのプレッシャーも相当なものだと思うんですがね、、、なかなか強豪になれません。
そういえば、習近平さんはサッカー好きらしいので、中国代表強化のため、何かするかもですね。中国人とサッカーの強化、これもまた徹底的に合わなそうなので、本当に強くなるかは知りませんが。。。。


圧倒的に多かったコメントは自虐的な「どこに入ったって死の組」ってものでしたが、割と多かった意見として「この時期に日韓と試合して、現時点での差が確認できるのはむしろ幸運」みたいなのがあって、前向きだな~と思いました。しかし、、、中国人というのは、たぶんここで差を確認しても、その後じゃあどうやって改善しようか?という話になかなかなりません。「のど元過ぎれば熱さを忘れる」性格がかなり色濃くて、そこが中国が世界でトップに立てない最大の要因でもあります。継続して努力する、とか目標に向かって必死で地味な努力を続けるということがきわめて苦手な民族なのです。この辺が改まってくると、この国はかなり発展すると思いますが、、、なかなか難しいですね。


今日はまたまた自虐コメント満載のトピックスをご紹介しました。
また書きます。
こんにちは。
今日は微博を徘徊していて、中国人が喜びそうなネタがあり、結構なホットトピックスになっていますので、今日はこちらをご紹介したいと思います。
お題は「日本の雑誌が調査、日本人女性が最も嫌いな男のトップに安倍首相!」です。


中国人(というか中国政府)が今現在、もっとも嫌いな日本人は安倍首相かと思います。安倍さんのせいで中日関係は崩壊したと本気で中国人は思っていますのでね。自分自身の行動を顧みろと言いたいですがね。私は尖閣問題で中国国内で暴動があった時の北京にいました。北京は政治の中心地ですので、それはそれはものものしい雰囲気でしたよ。上海は全然大丈夫と聞いていましたが、北京は街中のありとあらゆる「日」の文字が削り取られたり塗りつぶされる、「日本人お断り」の食堂(もともと日本人が行かないようなローカル食堂がほとんどで、実際に日本人が行くようなお店はそんなことはありませんでしたけども)が急増する、日本人というだけで襲われそうになる、等々、割と親中派の私ですら、本気で中国が嫌いになった瞬間でした。あんなことをされてまだ中国が好きだなんていう日本人ははっきり言って真正のマゾだと思います。。。私は正直、今は日本で中国人が大声で中国語で話しているのを聞くのも不愉快です。中国で日本人が大変な目にあったことを今でも忘れられないからです。
そんなことをしておいて、「中日関係を崩壊させたのは安倍だ!」みたいなことを言う中国人に対しては本当に不快感しかありません。


すみません、ちょっと大幅に話がそれました。
では元ネタからご紹介します。
「日本の女性雑誌(女性セブン)が80年以降生まれの女性500人に調査を実施、日本の女性が最も好きな男性と最も嫌いな男性を発表した。好きな男性ランキングでは俳優の福山雅治、高倉健、竹ノ内豊らが上位にランクインした一方、最も嫌いな男ラインキングでは安倍晋三首相がトップにランキングされた」
というものですね、、、うーん、このランキング、、、本当かな?なんだかいろいろとおかしい気がするんですけど。ただ、中国人には喜ばしい結果でしょうね。
※ちなみにこれ、日本では20代~80代の女性500人になっていますけど、中国では80年代以降生まれ、と変化してます、だからおかしいんですね。20代~80代ならまだ理解できますが、80年代以降生まれの女性だけでこのランキングはおかしいだろ、と思います。
では、これについて、中国人ネットユーザーのコメントをご紹介します。


「安倍は下品なヤツだからな」


「中国ではいったい誰が首脳陣を嫌いと発言できるのか?」


「安倍晋三は日本人の心をつかむことができなかったようだな、つかんだのは最も嫌いな男の称号。。」


「前に安倍がラーメンを食べに行った店がその後晋三レストランとして売り出さなかったのを見て不思議に思っていたが、もともと人気がないから、そんなことをしたら売上が減るんだろうと理解したわ」


「日本人はみんな安倍晋三が嫌いなんだよ。本当に嫌なヤツ!」


「この雑誌は日本でこの先やっていけるのか?」
※中国なら「処理」されるかもですね、、、、


「日本の女性は本当に見る目がある」


「マジか、、、高倉健はもう80過ぎだろ?なんで80年以降生まれの女性がそんなに彼を好きなんだ?」
※その元ネタが違ってるんですよ、、、80年以降生まれならランキングは全然違うはずですが。。。


「この雑誌、実は中国進出を狙ってこんなこと書いてるんじゃないか?」


「これは中国人を喜ばす接待記事」


「コメントがウケる、、、こんなこと中国で言えるのか?ってコメント出してる時点で中国ではこんなこと言えないってお前ら自身が思ってる」


「これはさすがに、、、、安倍の支持率は依然として高いのに」


「日本は民主主義だから、嫌いな人を嫌いと発言する権利がある。中国はどうなんだ?」


「中国の雑誌はいつになったら首脳陣を嫌いな人間ランキングに加えることができるだろう。そういう風になるのが最も価値があり喜ばしいこと」


「これを見て中国人は笑っていられるのか?日本は雑誌で首脳陣をコケにできる進歩した国ってことだぞ?中国でこんなことができるのか?」


「好きな男性はみんな俳優だね、それも演技がうまい俳優」


「高倉健はいまだにものすごい人気なんだね。本当に魅力が半端ない」


「日本は首相を決めるのに、国民にもっとも嫌われている人間を選ぶルールでもあるのか?」


「木村拓哉が好きランキングと嫌いランキングの両方にランクインしているのも興味深い」


「まあ、極端な右翼は民心を得られないってことだな」


「日本の福山雅治は本当にかっこいい」


「安倍の印象は数年前に突然病気かなんかで退任したくせに、いきなりまた出てきて今度は強硬路線でいってる、ってイメージ」


「福山雅治は微博にアカウント持ってるよ。見に行ってみて!」
※へ~、そうなんですね。。。最近は日本の芸能人も結構微博のアカウント持っていることが多いんですが、福山雅治もなんですね。。


「やはり日本の国民は悪くない」


「同じ80年以降生まれの女性として、このランキングは好き部門も嫌い部門も完全に同意」
※ウケました、、、、だから割と高齢の女性を狙ってるんですけど。。。


あまりにもおかしかったので「これは80年以降生まれの女性500人じゃなくて、20代から80代の女性を対象にしてますよ」と書き込んどきました。。。。
この調査は消費税が上がった直後にたぶん主婦らへんを徹底的に狙い撃ちした恣意的なランキングのようですね。はっきり言って安倍さんが1位というのはおかしいと思います。日本の歴代首相の中でもかなり好印象の部類に私個人は入っていますので、日本人も総じてそうなんじゃないかな?と思いますが(中にはもちろん同意できない人もいるでしょうが)、、、安倍さんを嫌い1位にどうしてもしたかったようなタイミングと対象ですので、女性セブンというのはあっち系の雑誌なんでしょうかね?中国人が異常に喜んでいますのでね、、、、中韓を喜ばす内容でしかないんですが、、、


最も多かった意見は実は「中国でなら首脳陣をこんな風にこき下ろすことはできない、これは中国の悲劇であるから、こんなことで喜んでいるのが意味不明」みたいな意見ですね。確かに、、、こんなこと中国の雑誌がやって、1番嫌いな男性は習近平なんてなったらその雑誌、、、存続不可かもですね。確実になんらかの形で処理されます。
安倍さんがどうのこうのよりも、こういった部分で冷静な中国人もまた多いのも事実です。このあたりは本当に侮れないですね。


また書きます。
こんにちは。
今日はちょっと驚きのネタがありましたので、こちらをご紹介したいと思います。お題は「日本人はカエルの活き造りを食べる変態である!」です。


では早速元ネタからご紹介します。
「変態すぎる!日本人はカエルの活き造りを食べるらしいぞ!まだ生きてて動いているカエルを食べるようだ。皮をとり肉を切って、それを女子がおいしそうに食べてるんだが、、、カエルのほうも自分自身が食べられてるの見て、どんな気分なんだろうか?」
とかいう内容ですが、、私も日本人ですが、カエルの活き造りとか、、、無理です。
ではこれについて、中国人ネットユーザーのコメントをご紹介します。


「まあ日本はもともとこういう変態国家だからな」


「これは、、ちょっと食べてみたいかも」


「カエルを食べた奴は次の来世はカエルだな」


「マジか?キモすぎるだろう」


「食べられているカエルを思うと、、、辛すぎて見られないわ」


「しかし残忍な食文化だな、活け造りってのは」


「ちょっと後で、日本人のクラスメイトにこの画像を見せてみるわ、なんて言うかな」


「中国だってこんなの結構あるじゃん。生の猫とか犬の肉食ってるところとか見たことないのか?」


「日本がこのような変態国家だということは知っているが、理解できたためしがない」


「キモイ!!生のカエルなんて表面は寄生虫でいっぱいなんじゃないの?」


「日本人はこんなことばかりして、きっと地獄に堕ちるぞ、マジで」


「残忍?殺してそのまま食べてるだけだろう?中国人は殺して煮て食べてるだけで、考えようによってはさらに残忍だわ」


「中国にだって生食文化はあるよ。日本だからと言って国で蔑視するとかよくない」


「道徳の観点とか言ってるヤツがいるが、じゃあ聞くが、たとえば養豚場とかで豚が殺されるのを見たら、お前は一生豚を食べないといえるのか?」


「中国は世界でももっとも食品摂取の方法という意味では残忍だと思うが」


「弱肉強食はいたって普通のことだよ。ただやり方が残忍な気はするが」


「別におかしくもなんともない、だって日本人じゃん」


「こんなもの直視できない!頼むからコメディドラマでも見せてくれよ」


「恐ろしすぎる、これはきっとそれ相応の応報を受けるぞ!」


「残忍かどうかの前に、寄生虫がいないかどうか、それが心配」


「食べる時にカエルの目がじっとこちらを見てるとか、、恐ろしすぎて食べられない」


「日本人はこういう民族、そのうち自分たちを活き造りして食べだすぞ!」


「生のカエルなんて寄生虫でいっぱいだろうから、寄生虫が日本人の脳を犯すまで待っていればよい」


「日本人は限界を突破しているな」


「中国も似たりよったりな気がする、、、、」


「日本にいったらこれは間違いなく試さないと!」


などなど、随分と変態扱いされていましたね。正直、カエルの活き造りなんて大部分の日本人がお断りでしょうけど、こういう珍味的なものまで本当に中国は注目してみていますね。しかもそれがさも、日本の伝統的食文化みたいな雰囲気で語られるのはちょっと心外ですね。大部分の日本人がさも大好き、みたいな思い込みをされているみたいでしたので。。。。


実は中国では割と普通に日本では考えられないものが食べられています。たとえば熊とかラクダとかですね。私はウサギを食べたことがありますが、、、あまりおいしいものではなかったです。カエルも生ではないですが、もちろん食べられています。中国人は日本人以上にいろいろな動物を食べますので、生か調理後かの違いだけで、結局食べてますね。なので変態とか言われるのは心外です。お前たちはもっといろんな動物食べてるよ!と言いたいですね。中国では衛生管理が日本より全然ダメですので、生食というのは基本的にNGです。基本的にというか、、、絶対NGかも。
中国にいたころ、日系のスーパーなどに行くと生食用のタマゴとか売られているんですが、きっちり衛生管理をされて、さらに賞味期限もかなり短かった記憶があります。えらく高かったですが、時々は贅沢してこの生食用卵を買って食べていました。日本にいるといつでも食べられるので、本当に贅沢だな~と帰国直後は思った記憶があります。。。
なので、刺身とかも中国人は基本恐ろしくて食べたいと思わないようです。最近はだいぶ和食も一般的になってきてスーパーなどでも売られるようになってきましたが(日系スーパーとかですね、数は少ないですが)、一般的にはあまり売られていません。ですので、日本人の生食文化は大変野蛮なことのように映るみたいです。おいしいのにね。。。
中華料理は本当においしいですが、このように食文化にもかなりの違いがありますので、そういう観点でも今日のこのネタはなかなかおもしろかったです。


また書きます!

こんにちは。
まず訂正。昨日の記事でジャスティン・ビーバーはアメリカ人と書きましたが、正確にはカナダ人でした。失礼しました。アメリカ人もカナダ人も、靖国に対しての認識は同じようなものではあるかと思いますが。。。。


では今日の記事に戻ります。
今日はヤフーのニュースでこのネタを見て、これは気になるな~と思っていたら案の定、微博でもなかなかのホットトピックスになっていましたので、今日はこちらをご紹介したいと思います。お題は「日本を語るパクリショップ~名創優品~」です。
u=1488604320,546052433fm=23gp=0



まず、私が中国に最初に行った頃にひどくびっくりしたことがあります。それは商品に日本語が書いてあるのがすっごく多いことです。中には日本でも見かけた商品もあります(肌研とかそういうのですね)が、怪しげな商品はとにかく日本語さえ書いとけば日本の商品みたいに見えるだろう、的にとにかく書きなぐっているものもあります。正直本当に中国人はいい加減なので、その日本語はかなり意味不明だったりします。カタカナのシとツが違ってたりとか。。。本当にこんなんでよく売れると思うよな、と逆に感心します。。。周囲の中国人には、これは本物、これは偽物、と教えてあげてました。
これで何が言えるかというと、、、、日本製品に対する圧倒的な信頼感です。日本のもの=品質がよい、という認識が中国人の中でスタンダードとなっていますので、日本語を書いて、なんとなく日本製品ぽく見せれば売り上げが伸びるとかいう発想で、日本人にははなはだ迷惑な話ですね。。。
これはその延長線上の話ですね。店丸ごと日本を語るみたいなことになってます。


では元ネタをご紹介します。
「最近、日本のメディアが日本の名をかたり中国人消費者をだましていた中国企業~名創優品~に関して報道した。広東にはすでに多くの支店があり、新華ネットニュースによれば、2014年には中国各地に300の支店をオープンさせる予定だそうだ。この会社と連絡をとったが、何ら回答は得られなかった。果たしてこの会社は中国の消費者をだましていたのか否か、自身で判断してほしい」との内容ですね。ではこれについて、中国人ネットユーザーのコメントをご紹介します。


「全く持って恥ずかしい、、、」


「無印良品のパクリだな。見た目は似てるが品質はかなり劣る」


「もう、パクリはみんな出て行ってくれよ」


「まあ少なくとも、東京でこんな店見たことないわ」


「名創なんて名前自体、無印良品のブランド精神とまったく真逆だもんな。表面上は似せることができても、中身は無理だったわけだな。中国のこのような土壌ではいくら待っても優れたブランドなど出てくるわけがない」


「言葉もない、、、私もいつかお店を持ちたいと思っているけど、無印良品みたいなきれいで居心地のいいお店がいいなって思ってる。でも決してこんな風に日本の名を語り日本の店をパクったようなこんな店ではない」


「慣れてしまえばどうってことない。この国ではいつも誰かが他人をだましているんだから」


「まあ確かに、この店のものはひどい。店に入っても買いたいな~ってものは一切ない」


「絶対に買いにいかない。完全にパクリで質が悪いってイメージしかない」


「パクリなんて問題じゃない。問題はこれはすでにパクリではなく詐欺では?」


「中国人が中国人をだましてるのかよ、最悪だよ」


「完全に詐欺!!!時間があったら襲撃に行くわ」


「渋谷区神社前、、、これがもう適当すぎる。。。」


「こういう話は別に珍しいことでもない。商品で言えばサプリメントとか化粧品、エコ商材なんかは多いよね」


「中国や香港の会社には日本を語って中国製の商品を売る会社がとっても多いよね」


「これほどに日本を嫌っているにも関わらず、なぜ常に日本ブランドと偽るんだろう。本来、日本を超える製品を生み出して世界に認められるよう努力すべきだろう?こんなことをしていたら心の中では日本を崇拝しているってことになる」


「いいコピーなんてないんだよ。無印は商品設計もとてもシンプルだけど、その設計にこそ特色があるんだし」


「なぜ日本の名を語ればそれほど商売に有利なんだろう」


「日本人がどう思おうとどうでもよい。しかし中国人が中国人をだますのはダメだ」


「すがすがしいまでにブラックだな」


「売っている商品がよければ別に何でもいいけど」


「詐欺師だな。日本に行ったことがある人間ならユニクロや無印が日本のものだってわかるが、こんな店は日本で見たことがない」


「中国人は矛盾しているよ。外国製品を恨みながら、一方では輸入品をできるだけ買いあさろうとするんだから」


「無印良品の品質と理念まではパクれなかったと見える」


「こんなの詐欺だろう?品質は確かに重要だが、こんな風に消費者を愚弄する行為は許されるべきではない」


などなど、散々に言われていますね。
こんなこと、日本で発生したなら、もうその場で倒産くらいのイキオイなんですが、、、中国人は優しいですね~結構な割合で「品質がよければパクリでもいい」とかいうコメントもありましたのでね。。
こんな消費者を馬鹿にした行動、自分さえ儲かればそれでいい、みたいな行動がある意味受け入れられてしまう社会にも大きな問題があります。


あと、地味に「無印良品」が人気なんだな~と思います。確かに北京でもたくさん見かけました。中国で無印が買えるので非常に便利だったんですが、日本と比べるとかなり高かったのであまり買いませんでしたが、、、中国人は大好きみたいですね。あと中国人はユニクロも大好きです。本当にコメントにもありましたが、日本が大嫌いといいながら日本の名をかたれば商売が繁盛とか、、、どこが「日本製品不買」ですか?中国人が「日本ブランド」と偽るありさまでは、中国が独自のブランドを持つ時代はまだまだまだまだ先と言わざるを得ないですね。。。。


また書きます。
こんにちは。
今日の微博はこのネタ及び「オバマが初めて尖閣は日本が管理と発言」のネタ、この2つに異常にコメントがついています。今日はジャスティン・ビーバーのトピックスをご紹介したいと思います。


中国人にとって「靖国」は「日本の侵略の象徴」みたいなところがありますので、中国人にとってこの「靖国」というのは非常にセンシティブなワードです。中国の反日にも大いに使われるワードですが、実際中国人は実は「靖国」がどういったものか、よくわかっていないことも多いです。ですが、世界的に有名な「ジャスティン・ビーバー」が靖国を参拝したってことで、中国のネットでは罵倒の嵐となっています。
・・・・・日中に無関係のアメリカ人が靖国行ってネットに投稿したくらいでアツくなるなよ、、、と思いますけども。それだけ中国人にとって「靖国」はセンシティブなネタということです。コメント数が半端ないので紹介しきれませんが、ピックアップしてご紹介します。


ではまず、元ネタからご紹介したいと思います。
「ジャスティン・ビーバーが数日前に日本に遊びに行ったようだ。ここ数日は特に何があったわけではないが、今日は靖国神社を参拝して大変な罵倒を浴びている。彼は参拝した写真を掲載し「あなたたちの祝福に感謝します」と書き込んでいる。現在、彼のインスタグラムは中国人によって集中攻撃されている。本来の人気は大幅に下降したようだ」との内容ですね。まあ、中韓にとっては神経を逆なでするかもしれませんね。他国の人間にとっては知りませんが。
ではこれについて、大量についている中国人ネットユーザーのコメントをご紹介したいと思います。


「頭がおかしいとしか思えない」


「お前ら、罵るんじゃない、、、やるんだ!!!!」


「単なる芸能人じゃないか、、、しかし中国のことが頭をよぎったりしなかったのかな」


「ジャスティン・ビーバーは大バカだ、二度とみることもないだろう」


「彼のインスタグラムはすでにものすごい数の罵倒が書き込まれてる。これは許されることじゃない!」


「ケータイに入れていたジャスティン・ビーバーの歌を削除した」


「もう1度学校に行って勉強しなおしたほうがいい」


「もう2度と好きになることはないな」


「インスタグラムの罵倒コメントがものすごいな、、、これに怒りを覚えない人間は中国人じゃない」


「こいつはだんだんとおかしくなっていってるな」


「中国と日本の間に歴史上何があったかを知らないんだろうとかいうヤツがいるが、、3歳の子供でも知っていることをもうすぐ20歳のこいつが知らないわけがないだろう」
※なんという中国人目線、、、アメリカ人にとって日中間の歴史的なことなんて無関心でしょうに、、、、本当に中国人というのは、中国中心に世界が回っていると思っていますね。


「こいつはもともと頭がおかしいから、好きじゃない」


「今になってもこいつのファンとか言う頭のおかしい中国人がいるんだろうか?」


「なぜ歌手1人をこんなにも嫌う必要がある?中国のファンも彼のことすごい好きだったじゃん。当事者以外に発言権はないし、自国の考え方で他人の行動を批判するのはどうかと思う。このような罵倒の数々は見るにたえない」


「インスタグラムが完全に炎上してるぞ」


「ジャスティン・ビーバーは好きではないが、だからと言ってこんなひどいことをしなくてもいいのに」


「彼はまだまだ子供なんだ、行動が実に軽率」


「アメリカ人にとってはどうでもいいことだろう。歴史観や価値観において、アメリカ人と日本人はよく似ている、どちらも汚い」


「個人的には彼は靖国の意味を理解していないんだと思う。もしかしたら単なる神社だと思っているのかも。でも彼のインスタグラムはのぞきにいってみるけどね」


「彼のことは好きじゃないけど、可愛いと思う。誰にでも青春期はあるし、子供の頃はきっととてもかわいかっただろうね。許してあげなよ、かわいそうだから」


「第2次大戦について勉強しよう!こいつのように無知になりたくなければな」


「神社だとは知っていて祝福をありがとうとなったんだろう。このバカが靖国の歴史的背景を知っていたということにはならないよ。どんな意図であの発言だったか聞きたいね」


「神社を参拝したからってなんなんだ?神社は祝福に感謝するところだろう?神社に祭られてる戦犯を参拝したと言ってるわけでもないのに」


「日本にはあんなにもたくさんの神社があるっていうのに、よりにもよってなぜ靖国を選んだ?」


「お前ら、第2次大戦を中日戦争のみだと思ってないか?だとしたら大学にも受からないぞ」


などなど、コメント、、全然拾いきれません。。。。
多くは罵倒していましたけど、私の思っている以上に「靖国」というのは中国人にとってはセンシティブな問題なんだと思います。これに関連して、ジャスティン・ビーバーのインスタグラムをちょっと覗いてみましたけど、少しだけコメント見たら中国人が英語で罵倒コメントを書き込んでいて(恥ずかしい、、、)、それについてほかの国の人たちが「少し歴史を勉強したほうがいいよ」とか「中国人にはとってもセンシティブだから」とか、そういうちょっと慰め的なコメントがたくさん書き込まれていておもしろかったです。中国人は比較的こういうことには寛大なんですけどね、今回は相当憤っていました。中国人でこれなんだから、韓国のネットなんて大変なことになっているんじゃないかな~と思いました。


それにしても、今回は本当に中国人が中国人目線でのみ語っていて、中華思想が炸裂していました。中国人が持つ歴史観というのは一種独特で、世界から見たら中国(と韓国もかな)でしか通用しないのに、それが世界の常識かのような書き込みが非常に目立ちました。これは本当にどうかと思います。そもそもアメリカ人の中で、靖国が中国人や韓国人にとってそれほどセンシティブなものであると認識している人間はそれほど多くないと思います。日中間の争いなんて所詮他人事で、興味もないってのが実際のところでしょう。そんなアメリカ人の若者を捕まえて「死んでしまえ」だの「2度と好きになることはない」だの、、、他国から見たらさぞかしおかしく映るでしょう。今回の件ではジャスティン・ビーバーがかなりかわいそうでした、自分で何をしたかすらよくわかっていないでしょうが、それについて罵倒コメントが止まらないのだから。。。。


また書きます!
こんにちは。
今日は微博を徘徊していたところ、CNN選出、世界の10大グルメという特集で盛り上がっているのを見かけましたので、こちらをご紹介したいと思います。


では早速元ネタからご紹介します。
「CNN選出、世界の10大グルメ、第1位:マサマンカレー(タイ)、第2位:ナポリタンピザ(イタリア)、第3位:チョコレート(メキシコ)、第4位:寿司(日本)、第5位:北京ダック(中国)、第6位:ハンバーガー(ドイツ)、第7位:ペナン・ラクサ(マレーシア)、第8位:トムヤムクン(タイ)、第9位:アイスクリーム(アメリカ)、第10位:チキンムアンバ(ガボン)」
85bdc80btw1efn2pp6ja7j20b408cwev.jpg

という内容ですね。なんだかいろいろとおかしいんですが、、、(チョコレートがメキシコとか、ハンバーガーがドイツとか、、、その他いろいろとツッコミどころ満載ですが、、)
ではこれについて、中国人ネットユーザーのコメントをご紹介します。


「中国のグルメは世界でも1,2を争う」
※これは間違ってないと思います。本当に中華はどこの国に行ってもおいしいですし。


「フランス料理を完全に無視してるな、、、」


「韓国棒子は自称グルメ大国なのに、どこに行ったんだ?」


「なんだって?北京ダックが寿司に及ばないだと?納得がいかない」


「CNNは本当においしいものを食べたことがないと見える」


「まあ、これって、結局アメリカ人が内輪で討論してるだけだろ?」


「個人的には中国が1位から10位まで占めてもおかしくないと思う」


「北京ダックがなぜ寿司よりも順位が低いんだ???」


「韓国のキムチが入っていなくてよかった、ありがとう!あれは本当に見たくないから」


「まあ、外国人の食の好みは理解不能」


「1つも好きなものが入ってない、、、どれもトマトと卵炒めにかなわないんだけど、、」
※中国人の大好きな庶民料理の定番、これは結構おいしいです。グルメかどうかは別として。。。


「まあ、こんなものに権威はないし。世界の美食を食べつくしてから再度ランキングしてほしいわ」


「中国のグルメを思い起こすにつけ、この結果は不公平だと思う!」


「チョコレートがメキシコってさ、、ベルギーが1番おいしいはずだよね?」


「カニ肉小籠包が入っていないのはおかしい!」


「このランキングを作成したヤツらは本当にかわいそうだよ」


「アメリカよ、見下しているわけじゃないんだ、ただ実際、食の分野ではお前ら欧米と中国とじゃ3000年の開きがあるんだよ」


「この結果を出してきたCNNのヤツらは世界を知らないんだな。中国には北京ダックよりうまいものが10個以上あるぞ」


「それを言うなら日本だって寿司だけじゃないだろう」


「チョコレートとかアイスとかさ、、、冗談はやめてくれよ」


「10大グルメとか言って、ピザとかアイスとかチョコレートとかハンバーガーとかさ、アメリカ人の好きなものばっかりじゃん。無知が世界の10大グルメとか言ってんな。本当の世界10大グルメを作ったら中華がトップ10を全部占めるよ」


「カレーが1位とはどういうことだ?」


「日本の寿司なんて米を握って上に生の魚のっけただけの食べ物なのにグルメとか、、」


「まあ、文化の差というのはこういう飲食にも表れるものだな」


「韓国のキムチが入ってない、韓国人がまた屈辱を受けたとか言い出すぞ!」


「中国のグルメ界は熱烈に不満を表明する!」


などなど、随分と不満のようでしたね。特に寿司の前に中華が1品も入っていないことは大変な不満だったみたいです。中華はおいしいですけどね。
中国人は日本人が和食を愛する以上に中華を愛してやみません。毎日中華食べてます、本当に。で、日本よりも経済発展が遅かったので、今の30代以上くらい(もう少し上かな)は、洋食にたいしてはかなり抵抗感があるようで、本当にほかの国の料理は食べません。和食や韓国料理くらいならいいみたいですけどね。テイストが近いので。
ですので、中国人の中華に対する愛は半端ではありません。中国文化の神髄でもありますし、また、庶民が食べるにあたり、中国では中華が一番安いのも影響しています。日本だと和食は1番高かったりしますのでね。


このランキングはアメリカ人(だと思います)が決めていますし、彼らの嗜好が大いに反映されていると思います。なのでピザが入ったりハンバーガーが入ったりして、アジア人から見れば「??」な部分もありますね。なので、世界10大グルメと思わず、アメリカ人の好きな食べ物ランキングくらいにとらえておけばいいのに、結構本気で怒ってました・・・それにしてもアメリカ人はタイ料理が好きなんですね。アメリカ人にとってアジアンフードと言えば和食が筆頭と聞いたことがありますが、かつて中華が和食に取って代わられたように、今度はタイ料理が和食を凌駕する人気を得ることもあるのかも。私個人はタイ料理は酸っぱ辛いのがちょっと苦手なんですが、欧米人は好きなんですね。
中国人にとってはもちろん、世界でもっともおいしいのは中華でしょうけど(日本人にとっても世界で1番おいしいのは和食だと思いますし)、その価値観で世界を見るのはいい加減やめれ、と思いますね。自分の価値観が通らなかったら本気で怒る、みたいな、ちょっと子供っぽいところが中国人にはありますのでね。このトピックスにも大変なコメントがついていて訳しきれないんですが、ほとんどは不満、て感じなので。。。。
まあ、中華のトップが北京ダックはないだろ、と外国人の私もそこは同意ですがね。


また書きます!
こんにちは。
今日はこのネタしかないでしょう、ということでこちらをご紹介します。
お題はもちろん「上海海事法院の商船三井の船舶差し押さえについて」です。
このニュース、日本でも大変な話題になっていますが、中国でも同様にこの件に関するトピックスに結構なコメントがついていますので、話題になっているようです。
そして、このトピックスをネタにするにあたり、事前にコメントも少々確認しましたけど、、先に言っておきますが、、、、かなり呆れる内容となってます。それでも、この温度差を体感していただくのもいいことだろうと思いますので、あえて今日はこれを書きます。


では元ネタからご紹介します。
「上海海事法院は第2次大戦時の損害補償の一環として、日本の28万トンの船舶を差し押さえた。すでに弁護士を通して日本の商船三井株式会社に通知をしている。これは威グループが第2次大戦時に受けた損害の賠償として差し押さえられ、これは中国の民事において初めて日本への賠償請求において勝訴した事案となり、賠償額は2億元にのぼる見通し」
とのことです。こんなことして、日本は黙っているんでしょうか?ここが日本人の最大の関心事だと思うんですが、、、、こんな国で、日本国の援助がなければ経済活動なんてしていられませんからね。もし本当にこんなことがまかり通るなら、日本企業はすべて撤退すべき。コメントを先に読んでいるので、この無知な中国人たちに少々強硬な手段を使ってでも理解させるべきだと思います。ODAも即刻廃止。それくらい、この案件はヤバイと思います。どちらかと言えば「親中」に属する私ですらこのように思うのだから、一般の日本人がどのように思うかなんて聞かなくてもわかります、、、
それでは、問題の(!)中国人ネットユーザーのコメントをご紹介します。


「三菱重工のほうはいつやるんだ?」


「当時、国民の賛成がなかったのに、なぜ賠償を放棄なんかしたんだ?」


「中国が威厳を発揮したのか?信じられないんだが、、、本当なのか?」


「2億元か~、どうやって使うんだろうね」


「日本は上訴を諦めたか???」


「これは連鎖差し押さえくるな、49年当時に接収できなかったものはすべて差し押さえろ!」


「上海!よくやった!」


「ついに重い腰を上げたのか????」


「本当なのか?このニュースは。だとしたら大事件じゃないか」


「差し押さえたとして、、、その金は民間のものなのか?それとも政府管理になるのか?」


「気勢があっていいことだが、、、、条約的には妥当ではないな」


「民間の日本に対する賠償請求活動を全面的に支持する」


「これは中国共産党が国際法を顧みず、外国企業の所有財産を差し押さえるという窃盗行為なんだが、、、」


「もっと早くにこうするべきだった。なぜ戦時中の対日訴訟が毎回日本でされていたのかって話だ。日本人は中国で治外法権でもあるのか?中国で起訴をし、日本人が訴訟のために中国に来る、こなければ裁判を欠席となるだけ」


「背後の政治的要因を見るに、これは一種のサインだろう。このような判決が出れば当然日系企業の撤退を招くだろうが、あえてこのような判決を下したということは中国政府がもはや日系企業の撤退を恐れないということの証明だろう」


「これは気分がよい」


「いいんじゃない?まだ賠償が受け取れるってことだもんね」


「いいじゃん!遅かったがやっと正義がやってきた!来ないよりずっとよい」


「日本は本当に恥知らず。今回の商船三井の船舶押収は国家が強大であれば国民も強大であることを意味する!この案件が今後どのように発展するかはわからないが」
※実に中国人らしいコメントですね。国家が強大だからこのような判決が出たとか、、、アホの度が突き抜けてます。。。。


「中国人民がついに立ち上がったんだなぁ」


「でもさ、、、第2次世界大戦時ってまだ中華人民共和国は建国されてないわけだが」


「よくやった!この報道を見たときに希望や正義、未来を感じたよ!」


「これはもうドラマ化されるべき」


「昔は日中友好のため対日訴訟に対して不支持を示していた中国政府が、今は手のひらを返して因縁をつけ始めた。これは外国人には中国は法を知らない異常国家と印象づけるだろう」


「一般的民事訴訟。確かに第2次大戦時のものだけど、それはたいして関係ないだろう。法律を学んだわけではないが、訴訟そのものに時効は存在しないと思うが?」


「大国は大国らしい気勢を持つものだ。金を支払わないから直接資産を押収するとは、上海法院はよくやったな!」


このような、日本人にはありえないコメントがたくさん投稿されていました。本当に後先考えず場当たり的な行動が目立つ(私の中国人像はこんな感じです、一緒に仕事とかしてて、本当に1番しっくりくる言葉「場当たり的」)中国人らしさがここでも炸裂しています。もっとも多かったコメントはもちろん「よくやった!」「希望が見える」とかそんな感じですが。希望が見えてるとしたら本当に終わってます、、、本当に中国人は(私は痛い程知っていますが)2歩先、3歩先のことがまったく考えられない、、、、これでは国はよくなりません。最近の共産党は特にそんな感じを受けます。胡錦濤さんの頃はもっとずっと「狡猾」で中国は侮れない国でしたけどね。今の習近平さんになってからの中国は本当にただの3流国家に見えます。これまでの政権がうまいこと隠してきた(時々見え隠れはしていても)中国人のマイナス部分をこれでもかと見せてくれます。中国の優秀な人材はいきなり枯渇したんでしょうかね、それとも何か国が大きく変革する前触れなのかも。


最も呆れるコメントは「大国らしさを見せた!」的意見です。こんなことに国の力量は関係ないのにね、別に小国だって出そうと思えば判決の1つくらいは出せるでしょうに。出した後を考えれば誰もこんな真似はしませんがね。中国が大国だからこのような判決を出せた、みたいな認識のようです。中国の覇権主義には本当に辟易します。。。中国は国土も人口もとても大きいので、その大きさで他国より強大!みたいな認識があるんですが、私はたくさんの中国人と接してきましたが、中国人そのものは、、、どちらかというと臆病で甘ったれが多いです。なので質より量を地で行っていますけど、実態はかなりもろいな、というのが私の個人的感想です。一部の人間しか知りませんので正しいかどうかは別ですが。このような判決に大勢で喜んでいる中国人を見ると、日本はそれなりの制裁をすべきだと思いますね。中国人は1度受けた傷はすぐに忘れますので、忘れられないほどガツンと1度やったほうがいいと思います。日本企業一斉撤退とか、それくらいのことしたほうがいいのかも。日本ももちろん変化が必要ですが、中国なしでもやっていける体制をコツコツと積み上げていくことも大事かもですね。特に食料とかその辺。中国をよく知る私には日本の子供が中国の野菜を食べて育つことには大変な危機感を持っていますので、これはいい機会なのかもしれません。かなり大きな変化が必要ですが。


ちょっと話が大きくなってきたので今日はこの辺でストップします。
また書きます。
こんにちは。
今日は少し重い&コメント自体はあまり多くないですが、微博でもこのようなネタが話題になるんだな、と思いましたので、今日はこちらをご紹介したいと思います。
お題は「国連が北朝鮮拉致問題の解決を目指す」です。


では早速元ネタをご紹介したいと思います。
「20万人を超える外国人が北朝鮮へ連れ去られたとみられる。日本はすでに19人が北朝鮮に拉致されたと実証しているが、他にも860名ほどの失踪者が北朝鮮に拉致された可能性を排除できないとしている。国連の北朝鮮問題特別報道官のダラスマンは北朝鮮の国際拉致問題及び失踪問題について解決を呼びかけた」
という内容です。ではこれについて中国人ネットユーザーのコメントをご紹介したいと思います。


「北朝鮮がだんだんとくそ化してるな」


「ヨーロッパの連中は何でもないことを捏造する。拉致についてはロシアに確認しろよ」


「その20万っていう数字はどこから出てきてるんだ?」


「そうだな、証拠を見せてみろ」


「中国政府に対して熱烈に朝鮮を飲み込むよう呼びかけてるな」


「国連はまったく、公平公正に物事を話すようにしてほしい」


「しかし国連も頭おかしいわ。日本人が19人+860人だろ?他は何人なんだ?中国人か?それともロシア人?」


「おかしな制度はいい人も悪人に変える。北朝鮮は現代の国際社会における1つの見本みたいなもの」


「しかしここのコメントを見ると、北朝鮮並みに頭がおかしいヤツが少なくないな」


「北朝鮮が20万人も拉致していったい何するって言うんだ?馬鹿なねつ造だからおかしな点が多い」


「もう北朝鮮がなくなればいいんじゃない?」


「証拠はあるのか?データの出どころはどこなんだ?こんな証拠もない数字で1つの国家とやりあうつもりなのか?北朝鮮をいじめて楽しいか?」


「独裁国家だからな、早く統一してしまえばいい」


「金王朝を崩壊させるべき」


「これはただ単に弱小国家をいじめてるだけ」


「20万人、、だから北朝鮮が食糧危機に陥ってるのか?」


「反人類的」


「ここのコメントで怒ってるヤツがいるが、もう少し詳細を確認してから怒ってくれ」


「しかし、朝鮮族ってのは何でもありだな」


「証拠って言うのはきっと脱北者からも出てきていると思うよ」


「中国にいる朝鮮族だって5万人くらいなんでしょ?」


「おかしいと思うのは、なんでアフガニスタンとかシリアとか、あっちの中東の話は出てこないのかってこと。あの辺だって制度が最悪だろうに。北朝鮮は経済制裁も受けているし、ましてやアメリカに戦争を仕掛けているわけでもない。国内には各種福利だってあるんだ。北朝鮮の現状をまったく知らずに話しているとしか思えない」


「これぞ、中国共産党の盟友だよ!」


「まるで監獄のような国家だよ。人は発言をしてはならず、ただただ賛美するだけ」


「世界に北朝鮮が存在することは、人類の発展史上における悲劇」


「パンギムンよ、最近ジョンウンとは会ったのか?お前らはともに偉大な高麗民族だろう?宇宙はすべてお前らのものなんだろう?」


などなど、中国人の北朝鮮に対する複雑な心情がよく表れていて興味深いトピックスでした。コメントの数々を見ていても、中国人が北朝鮮のことを「出来の悪い弟」みたいに考えているのかな?という雰囲気が伝わってきました。ちなみにこのネタで日本が出てきますが、中国人のコメントに日本に関連するコメントはほぼ皆無です。多かったのは「パンギムン」ですね。同じ朝鮮民族なのに何やってんだ?みたいな意見。
ただ、、、このようなネットのコメントとかトピックスには必ず韓国人が湧いてきます。今回のネタでは韓国人は日本人以上に拉致されていると聞いていますので(定かではないです)、どちらかといえば被害者ですから(同じ民族とはいえ)、このネタで北朝鮮を擁護する必要はないでしょうが、北朝鮮の人間が湧いて出てきている可能性はあります。私には北朝鮮人の知り合いはいませんのでよくわかりませんが。。


あと、このネタで1番多かったのは「証拠を出せ」というもの。1番引っかかったのが「20万人」という数字のようです。これで思い起こされるのは何といっても「南京大虐殺」ですね。あの30万人も数字の根拠は一切不明。これを中国人もよくわかっているので、それでこうしたコメントになってくるのかもしれません。国連が北朝鮮拉致被害者は20万人、と言っているのは、中国共産党が南京大虐殺の被害者は30万人と言っているのと同じように映っているみたいです。中国では何もかもがねつ造に見えてきてしまうので、こうしたデータの出どころとか証拠とか、そういったものを求める傾向がとっても強いように思います。これも一種の現代中国の傾向なのかな、と思いました。


また書きます!

こんにちは。
今日は日本でも大変な話題の「韓国で沈没した客船」について、中国人の反応を探していました。本当は「日本の支援を拒む韓国」の話題を探していましたが、残念ながらあまりいいコメントを見つけることができませんでした。この内容のネタは「韓国が人命よりメンツを取って」日本の支援を拒否したことについて(日本の救援技術があれば助かった命もあったはずと言われていますので)、これはかなりの確率で、もし同じことが中国で起こったなら、今現在の中国政府も同じ行動に出るだろうと思いますが、同じ反日国家の庶民として、いったいどういう感想を持つのかな、と興味が湧いたためです。でもあまりいいトピックスがありませんでした。
ちなみに、この事故そのものに対しては、かなりのコメントがついています。「韓国のために祈ろう」系が多いですけどね。


その代わりに見つけたトピックスを今日はご紹介したいと思います。
それではさっそく元ネタからご紹介します。
「韓国のメディアが事故を起こしたセウォル号は日本製であるとの報道を盛んにしているが、これは日本の造船技術を疑っているものではないものの、このような報道は日本にとっては少々「騒動の巻き添えを食らわされる」感覚を伴うものだろう。そのため、日本メディアは韓国側がこの船を勝手に改装した証拠写真をスクープして、潔白をにおわせた」
との内容ですね。ではこれについて、中国人ネットユーザーの反応をご紹介します。


「座礁したかどうかはわからないが、あんなに頭が重くなるような改装してなければ、たとえ座礁してたとしてもあんなに簡単には沈まなかっただろう」


「中日は言い争ってはいるが、日本と韓国を比較してしまうと、その誠実さや真面目さはもちろんのこと、日本の文化や尊厳を深く知っているので、日本製品には信用があるな」


「もしこの船が中国製だったなら、中国だって潔白を証明しようとするだろうよ。こんなことがマーケットにおいて影響を受けるのを望む企業などない。もちろんその質に問題がなければの話だが」


「何か問題が発生すると、ヤツらは必ず他者に原因を求めようとするよな」


「何でもかんでも悪いことが起こると日本のせいにするにいい加減にやめろ」


「この船はいったい何層追加してんだ?」


「改装後には重心がかなり高くなっちゃってるからな、こんなんで航海は危険」


「何と言おうと、これは座礁だろ?システムが故障したとかじゃないんだし」


「心から言いたいこと、こういうことをするのは間違いではないが、日本も器が小さいと思う」


「まあ、棒子なんで。。。」


「韓国は今、必死で不満を発散させる対象を探している。日本にしようとしたが、日本人は考察と詳細の塊だからね。棒子の指摘など跳ね返すわ。だから棒子は今回の責任を全力であの船長一人に押し付ける気だ。あの船長、自殺しちゃうんじゃないかな」


「日本は自分自身で使用期限ギリギリまで使っておいて、そのあとでまた他国に売ったりするんだろう」


「日本人はいいものは他国に売ったりせず、自分たちの手元に残すからね」


「日本のアニメと工業について、悪く言うことはできないわ」


「まあ、中国製じゃなくてよかったな。ヤツらは責任を他人に押し付けることが大好きだからな」


「この日本船は18年で使用期限を迎えたが、その後韓国に売られ、継続して使用されたものだ。こうしてみると、韓国も実際は第3世界の貧乏国家と同じだな」


「まあ、棒子は本当に恥知らずだな」


「これが中国製だったらヤツらは何と言ったんだろうな」


「バカらしい、かわいそうなのは乗り合わせた乗客だろう?」


「まあ韓国というのは本当に小者臭がするな。日本はこれと比べればずっといい」


「こういうのを見ると、韓国というのは未だに成熟した国家ではないんだな、と思う」


「大日本が棒子をやっつけた?」


「韓国人が最も得意とするのは、責任を他人に転嫁すること」


「自分で勝手に改造しまくっておいて、こういう事故が起こって後悔するとかマジでバカ」


「自称造船大国の棒子も結局ふたを開けてみれば他国の廃棄寸前の中古をこっそり買ってたってわけか」


「日本製品の質は世界中が認めているところだろ。日本人の祖先はきっとみんなおとめ座なんだ。製品に対する要求があまりにも厳しい」


なんだか、日本の韓国の言い争いみたいなネタでしたけど、中国人があまりにも日本の味方な意見が非常に多かったので、これはウェイボーをいつも見ている私には予想通りなんですけど、日本人の皆さんには少々意外でしょうか?
本当に多かった意見その①は「韓国人は何でもかんでも他人に責任転嫁する器の小さな民族」ってのとその②は「日本製品の質にケチをつけるなんてアホ」みたいな意見です。コメントの端々から、中国人が日本製品に対して絶大な信頼を置いているんだな、っていうのがよく伝わってきました。これはうれしいことですね。


韓国メディアが一斉に「船は日本製」報道をはじめたときには本当にびっくりしましたが(日本製ってだけで日本のせいにしようとしたんでしょうが、、、アホすぎます)、さすがにそれは無理があるし、中国人にもこんなふうに言われるってことは、世界中でどんなふうにいわれるかは聞く前からわかるというものです。日本の救援を断るだけでも正気の沙汰ではないと思うのに、沈没を日本船だったから、みたいな論調にもっていこうとしていたこと自体(継続中かもですけど)、ちょっと理解不能です。。。。
このネタで思ったこと、、、私は昔から中国に興味があって中国大陸に渡るなんていうなかなか大胆な真似をしましたが、興味の対象が中国でよかったな~ということです。中国も問題は多々ありますが、韓国のように理解不能ってことではないです。仲よくしようと思えば方法はあるだろうというのが個人的な意見です。でも韓国は、、、ちょっと難しいかな、、、こういう一連の流れなどを見ても。まあ私は韓国に対して興味を抱いたこともなく、韓国語も一切できませんので、まったく詳しくないので、もしかしたら誤解もあるのかもしれませんが。。。。
今日は異常に中国人が日本の味方的なコメントをたくさん投稿しているのを確認できて、さらには紹介もできましたので、よかったかな、と思います。まずまずよいネタでした。


また書きます!
こんにちは。
今日は一風変わって、中国女子が不潔、とのなかなか興味深いネタをご紹介したいと思います。コメントも元ネタもまだきっちり読んでいません。しかし、私は中国に長くいまして、たくさんの中国女子と接したり見たりしてきました。で、個人的な感想は、、、半分は当たっていて、半分は違うかな~と思います。
というのは、、日本ではありえないくらい衛生観念のない女子もいれば、日本人女子(世界最高レベルの衛生観念を持っていると私個人は思いますが)とたいして変わらない中国女子もいます。要は個人差が激しいです。でも、中国人というのは本当に節約しますんで、その節約の意味なのか何なのか知りませんけど、毎日風呂に入らない人が多く、そのために臭う人もいます。正直、バスとかはちょっと日本ではなかなか経験できないようなにおいがあります。。。。これに一時的とはいえ慣れていた自分も恐ろしいですが。。ちなみに中国人は日本人が毎日風呂に入るのは信じられないみたいです。でも不思議なことに、日本に来るとみんな毎日風呂に入るようになるので、清潔感が飛躍的にアップします。まあ、中国人も私たちが思っている以上に現地に溶け込む要素も持ち合わせているということです。そして、そういう人が中国に帰ると、、日本のクセが抜けず毎日風呂に入ります。なんで、日本帰りの中国人は割と清潔感のある人が多い印象がありますね。


と、前置きが長くなりましたが、元ネタをご紹介します。
「日本のメディアのとある記事。中国の女子はきれい好きでない。比較すると男子はまあまあ衛生的。とある日本人女性が某大都市のユースホステルに宿泊した時のこと、20歳過ぎの中国人女子が使った後のトイレや浴室は髪の毛やティッシュやタバコの吸い殻だらけで、排水口もゴミでいっぱいになっていた。そのようにひどい状況であっても、彼女たちは決して掃除しようなどとはしない」ってものですね。これ。。その通りかも。本当に中国人の後は大変な惨状ですのでね。こういうの、何とも思わないみたいです。
ではこれについて、中国人ネットユーザーのコメントをご紹介します。


「これは当たってるかもね。女子の部屋を何度か見たけど、男の部屋よりはるかにひどかった、、、まるで豚の巣のようだったよ」


「日本鬼子に中国人を語る資格はない」


「もし運が良ければマシな中国人に会えたのにね。こんなのは女子に限らず男子だって多いよ、中国人は」


「概ね事実である」


「自分の家はもしかしたら違うかもよ。公共の場というのはそういうことになりがち」
※これ、、実際そうです。公共の場の清掃は自分の仕事ではない、という意識がありますのでね、、、日本とは根本的に異なります。


「きれい好きでないのではない、きれい好き過ぎて自分の手が汚れることを異常に恐れているだけ」


「何ら間違っていないように思える、、、」


「男のほうがきれい好きって、、、男が女性化してきてるってことか?」


「私の周囲にはこんな女子は1人もいないよ!」
※結構いますよ、、、無意識なんですよ、あなたたち。


「まあ、反省すべきだと思うよ。中国人には公共意識が絶対的に不足してる」


「こういうのが存在するのも事実だね。豚の巣みたいなところに住んで、片付けなんてしたこともない。化粧にばかり時間をかけ、きれいに着飾ってこういう豚の巣から出かける」


「日本人は中国人の一面しか見ていない。日本にだって不潔なヤツは存在するはずだろ」


「そうなのかな?もしそうだとしても、これは中国人の内部の問題だよ。自分自身で改めればいいこと。日本のメディアにいわれる筋合いはない」


「まあ、、、、同意だな」


「これは単に一部分にすぎない。ほとんどの女子はきれい好きだよ!」


「男も女も変わらないよ。これまで多くのクラスメイトを見てきたが、みんなきれい好きでもなければ掃除なんてしなかったよ」


「心から、日本の可愛い女性と付き合って頂きたいんです。一緒に素晴らしい人生を創造してよろしいでしょうか? 」
※日本語で投稿されてますので、原文そのまま。キモイですが、、、


「二十歳過ぎの女性が何億人もいる中国女性を代表するのか?じゃあ、蒼井そらとか数人の日本人が日本女性を代表するってのと同じになるが?」


「まあ確かにこれはあるな。日本人は中国人と比べればはるかにきれい好きだし」


「今の若い子って確かにこんなの多いかも」


「女がきれい好きでなくなったら国家に前途はない」


「きれい好きでないのではない、ただ単に無頓着なだけ」


「傲慢と偏見」


「小日本は心が汚い、人のお面をかぶった鬼畜である」


「確かに女性トイレは一部、常に清掃員がいる場合をのぞいておそろしく汚い」


「今の女子は料理をしない、家事もしない、すべて男子が小さいころから学ぶんだ。家庭の環境も影響していると思う」


などなど、ちょっとおかしなコメントが多かったです。
内容とコメントを見ていて、ちょっと思ったのが、これはきれい好きとか衛生観念の問題ではなく、モラルの問題かな、と思います。
日本では自宅はともかくとして、公共の場(温泉とかそういうところですね)は他人も使うものなので、自分ん使った後はきれいにしようという心理が働くものですが、中国はまったくの逆です。公共の場は自分が清掃する必要はない、誰かがやるだろう、的な発想になります。ですので、中国人の使った後の洗面台とかは大変な惨状です。これはなので、日本人がこのような感想を持つことは非常に自然の流れだと思います。


最近は中国もだいぶよくなってきたかな、とは思いますが、それでもまだまだこのようなモラルが定着するのにはかなりの時間と労力が必要だと思います。私も一時期は中国人化しましたが、それでも中国人と温泉で鉢合わせたりするのはちょっと気がめいります。でも、中国人には至極普通のことなので、彼らは一切悪気がありません。意識の差ですので、少しずつでもそういったモラルの部分も高めていければいいな、と思います。
中国人は何しろ人口が多く、あっという間にその場のマジョリティーになってしまうので、これがある意味災いして、自分たちがスタンダード、みたいなことになりがちなのでなかなか難しいことではありますがね。。。。


また書きます。
こんにちは。
今日は私も注目しているニュースを探してみました。こちらをご紹介したいと思います。お題は「中国海軍が青島で予定されていた閲艦式を中止に」です。


こちらのニュースは日本をわざわざ外して各国に招待状を出したという話題の閲艦式ですね。その子供じみた対応に世界各国から非難が相次ぎ、アメリカは参加を辞退したとかなんとか言われていますね。そのいわくつきの閲艦式が中止になったようです。日本のニュースのコメントなんかでも「恥ずかしい」とか散々馬鹿にされていますけど、本当に中国という国は今の習近平さんになってから、なんというか、、、賢さとかずる賢さみたいなものが少し薄くなっている感じがあります。中国=狡猾みたいなイメージなのに、そういうのが薄まって、なんていうか「場当たり」的な悪い部分がにじみ出てきているような、、?


では早速元ネタからご紹介します。
「中国海軍のウェブサイトの4月15日の報道によれば、海軍スポークスマンの梁陽は本日記者に対して、マレーシア航空失踪事件がいまだに原因不明であり、長時間の捜索を続けているがいまだに成果がなく、乗客の家族に対して大きな遺憾を残していることから、諸外国に向けて実施の閲艦式を中止すると発表した」
という、まあ事実のみを淡々と告げた内容ですね。ではこれについて、中国人はどう思っているのか、コメントをご紹介したいと思います。


「ふーん、、理由としてはまあまあじゃん」
※皮肉を込めて書いてる感じです。


「マジで笑える」


「もう少しマシな言い訳は思いつかなかったのか?」


「これって実際はアメリカ海軍が来ないからだよな?」


「2日前くらいに日本は呼ばないとかなんとか言ってたアレだよね?」


「まさかほかの国にもこぞって断られたとかじゃないよな?」


「この星で最強のアメリカ海軍が弟分の日本の海上自衛隊を呼ばないんなら行かねー、って言ってたからな」


「なんという恥ずかしい言い訳。。。。」


「他国に断られ、メンツ丸つぶれで、無理やり理由を探してきた感じだな」


「背景は中国が日本の参加を拒否して招待しなかったから、アメリカが不参加を決定したからだよ」


「なんなんだよ、たくさんの中国人が期待していたのに」


「実際、こんなイベント必要ないだろ。海軍なら海軍らしく日々精進して実力を高めていればよい」


「実際、こんなイベントはどうでもいい。反対か賛成かを言う権利もない。でもこの理由はないだろうよ。どうやったら閲艦式とマレーシア航空の失踪が結びつくんだよ」


「まったく、アメリカ1国が抵抗して不参加を表明したからと言って中国海軍のメンツは丸つぶれなのかよ。アメリカの影響力はいまだに中国に対してそれだけ大きいってことか」


「こんなわけのわからない言い訳を出してきたところを見ると、他にも不参加を伝えてきた国がかなりあるんだろう」


「アメリカよ、、、こんなことをしてると中国はロシアに近づくことになるぞ、いいのか?」


「日本人は喜び、アメリカ人は笑ってるだろうよ。中国人はまた痛めつけられただけ」


「日米の批判が原因って聞いてるけど、それにしてもこんな理由じゃ逆にメンツ丸つぶれだわ」


「韓国は派遣したって聞いたけどな」


「日本の軍艦が突如現れるのを恐れて中止したんじゃないか?」


「毎年天文学的金額の軍費を投入して、あんなにもたくさんの新型の軍艦を買っているくせに、閲艦式すらできないとは」


「中止でよかったじゃないか。今は閲艦式なんてやっている時ではない。ますます複雑化する周辺環境に対峙しなければならないのだから、よく訓練をして海上の複雑な局面に対応するのが正道だよ」


「金がないんじゃないのか?」


「でも実際、アメリカと日本が陰で笑っているかと思うと悲しくなる」


「世界の海上では協力関係は必須だ。マレーシア航空の失踪事件を見ても明らかだろう。それなのに中国が武力をもって南海や東海の覇権を目指せば四面楚歌となった中国がどうなるかはわかるだろう。中国包囲網がますますきつくなるだけだ」


日本と対して変わらないようなコメントが満ち溢れていましたね。特に「世界最強のアメリカ海軍が不参加を表明してメンツ丸つぶれ」って意見と「マレーシア航空の失踪が原因とは、いくらなんでもお粗末すぎる」みたいな意見がとっても多かったです。


あとは、割と冷静な意見がとっても多くてびっくりしました。コメントの内容があまり日本と変わらない感じもしました。最後のコメントの「中国が武力で覇を唱えても、中国包囲網が厳しくなるだけ」という意見はとっても客観的だな、と思いました。中国人は日本人が思っている以上に現実的で現状も理解しているし、自分たちが武力で他国を威圧していることも理解しています。ここまでならいいんですが、、、中国人の根底には「中華思想」がありますので、中華民族が世界を征服すべきという考え方が根底に存在します。これは現代においてはとっても危険な思想だし、世界中を敵に回しかねませんので、中国人には改めてもらいたい部分ですが、、、歴史的に育まれてきた自尊心(いい悪いは置いといて
)ですのでこれをいきなり改善することは難しいでしょう。
今回は「日本を招待しない中国」に世界中から非難が集中して結局この式典自体が取り消し、とかいう中国にはちょっと恥ずかしい事態になりましたが、中国人にとっても「メンツ丸つぶれ」の恥ずかしい出来事との認識があるのがよくわかる良トピックスでした。


また書きます。

こんにちは。
今日はとある日本人の投稿に結構コメントがついていますので、こちらをご紹介したいと思います。お題は「日本人はなぜ、中国を嫌いつつも敬服するのか?」です。


このトピックスの投稿者は日本人です。日本人のお名前でアカウントを取得されていて、かなり頻繁に投稿されているのか、フォロワーが150万人とかついてる驚異的な方です。。。まあ、私のアカウントは一切投稿もなにもなくても、フォロワー100人ついてますので、日本のツイッターとは規模が違いますけど
※調べてみたら、この方、中国で1番有名な日本人とかって出てきますね、めちゃくちゃお若いですけどね。。。。ひとまず元ネタからご紹介します。
「日本人はなぜ中国を嫌いつつも、敬服しているのか?日本人の心の中には常に国と人を分けて考えるものの見方が存在する。国家は利益を追求するが、人間性に国境はない」とかいう、つぶやきみたいなもんですね。
ではこれについて、中国人ネットユーザーのコメントをご紹介します。


「まず、あなたは1人の人間である。その次にどこの国の人間か?となる」


「そうだな。でも中国人は日本人が嫌いだぞ」


「日本人が嫌いなのは今の中国人だろう?49年前には中国人に対して敬服していた。中国人はみんなこういう風に理解しているよ」


「私は日本の政治家が大嫌いだけど、でもだからと言って私の中で日本に対する印象に影響はしていない」


「日本が敬服しているのはきっと、唐や宋の時代の中国だろう」


「中国ではまったく逆だな」


「中国人が日本を毛嫌いしていても、日本人を嫌いではないのと一緒だな」


「そうだね、中国人が中国そのものなんだから、中国のことを好きで敬服してくれるならOKだ。嫌いになるべきは中国人も嫌いな腐敗した共産党だよ。中国人が日本の右翼政権を嫌いなようにね」


「日本人が中国のことを7割理解してくれているとしたら、中国人は日本のことを2割程度しか理解していないと思う。さらに言うと、この2割以外の人間は生まれたときから染みついてる10割の恨みでできている」


「俺個人としても、日本政府は嫌い、日本人に対しては敬服している」


「実際、中国に対して敵意などなく、ただひたすら自分の仕事に努力する日本人なら、中国人だって敬服するし好きになるよ。たとえば宮崎駿とか矢野浩二とかね」
※この矢野浩二さんて方はコメントにもよく出てくるんですが、調べると中国で活躍する日本人俳優のようです、たぶん相当な有名人です、あちらでは。


「中国も似たようなもんだよ。中国人は日本政府も日本人も嫌いだけど、でも日本の景色とかグルメ、それにアニメなんかも大好きだしね」


「日本政府は大嫌いだけど、でも日本の村上春樹、夏目漱石、川端康成、松尾芭蕉、芥川龍之介などの作家の本を読むのはとっても好き。極端な民族からは芸術が生まれやすいが、でも哲学者は生まれないね。これは日本の限界かもしれないね。もちろん中国にだって、解決すべき問題は山積みだけどね」
※このコメントはちょっと奥が深いかな、とも思いました。確かに外国人から見れば日本人ってある意味極端なところありますし、確かに哲学的な思想ってあまり出てこないかもですね。詳しくないですが。


「これは中国に置き換えても言えること。すなわちなぜ中国人は日本を嫌いつつも日本に対して敬服するか。日本の若者たちが中国人にどういう態度をとるか知ってるか?今ちょうど俺は交換留学生としてアジア中の学生交流の場にいる。でも日本の若者っていうのは積極的に中国人に近づこうとはしないよ。たいていは欧米の学生か現地の学生と交流しようとしてる。これをどう解説する?」
※こういう傾向、あるかもしれませんね。日本人は。。。


「まあ、中国人というのは日本について何一つ理解していない」


「実際には多くの日本人が中国人を嫌いだろう?地下鉄で電話したり、お店で喧嘩したり、好き勝手に写真撮るし、、、日本に限らず、中国人が旅行で海外に行けば、必ず無礼で悪いイメージを持たれる」


「俺はかつて中国を侵略した日本を死ぬほど嫌いだし、今の歴史を直視しようとしない日本人が嫌いだ。でも歴史を直視しようと努める日本人は好きだし、平和を望む日本人も好きだよ。こんな投稿したら罵る人間もいるだろうに、立派だな」


「中国人は日本も一部の日本人も好きだよ」


「俺は日本が好きだし、日本文化も真面目な日本人も好きだよ。でも中国の歴史教育には多大に恨みが込められていることも知っているだろう?洗脳された人間にはわからないだろうが、他国のいい部分をこのように黒眼鏡で隠すことは、本当に残念なことだ」


「私は日本が嫌い。なぜ過去を反省しようとしないのか?勇気をもって過去の過ちを認めてほしい」


「日本の製品が好きだ、ただし日本人も日本という国家も嫌い」


「中国人の中には日本に偏見を持つものも多いが、それでも日本人の謙虚で勤勉で礼儀正しいところはきちんと認めている。でも私たちの周囲にあまりにも日本人が少ない。少なすぎる。だから理解している部分というのはとても小さいのだと思う」


「完全なる島国根性だな。表面上はきれいに繕っているが、中身はそんな風には全然考えていないだろう」


「アメリカの犬のくせに。日本は欧米諸国じゃなかったのか?」


「中国人は口では日本に対して責任を追及したりしているが、実際には好きな気持ちと恨みが交錯している」


とまあ、複雑な日本への意識が表面化したコメントが実に多かったです。中国人は日本人が中国を大変に嫌っていると思っています。これは実際は正しいかもしれません。外国で日本人留学生が中国人と交流したがらない、みたいなコメントがありましたけど、これもそうかもな、と思います。今は日本人の中で中国に対するイメージが非常に悪いです。確かに自業自得なところがあるし、そして、今の中国で起こっている問題というのが、日本人が最も毛嫌いする理由で発生しているのも難点です(つまり拝金主義)。これに対して中国人は心の中では日本のいいところをたくさん知っていて、それを好ましく思う気持ちも多大にありますので、中国がこの拝金主義及び中華思想を改め(難しいですけど)、そして日本人も中国のいい部分を知るようになると、日中関係というのは改善されるのではないかな?と思います。


ちなみに、コメントなどを読んでいると、中国人は日本人に嫌われていることをよく理解していて(これは日本人に限らず、世界中でたとえば中国人旅行者がかなり嫌われるとか、そういうのも含みます)、これについて悲しく思っているのもよくわかります。
中国人をよく知る私からすれば、まず、どこでも構わず大声でしゃべるのやめたらいいと思いますね。私は中国語がわかりますので、日本で大声でしゃべっている中国人が何を話しているのかはわかるんですが、実は「昨日食べたあれがおいしかった」とか「地下鉄乗り継いでどこまで行けば目的地に着くよ」とか、そんなたわいもないことを話しているんですが、これもいちいちけんか腰に聞こえるので日本人には不愉快だろうな~と思います。こういうのを少し改めるとちょっと違うんですけどね、、、まあ簡単なようでいてもっとも難しいことかもですが。


また書きます!
こんにちは。
今日はちょっと興味深いネタを見かけましたので、今日はこちらをご紹介します。お題は「大気汚染のせいで外国人が続々と中国から脱出しているらしい」です。


では早速元ネタをご紹介します。
「中国に滞在している外国人はこのスモッグを世紀末の天気と呼び、中国を離れる選択をする外国人は増加している。盲目的にGDPの発展を追求した結果であり、中国人は繰り返しこの言いようのない状況に身をおくしかない。富豪や中産階級は投資をして移民となり、卓越した人材は技術をもって移民をする。汚職官僚の移民も年々増加しており、現在の環境破壊は外国人に長く中国にとどまらせない。経済成長の速度は鈍化し、利益は縮小し、市場競争の激化は外資系企業の撤退を加速するだろう」
76ba774fjw1eey3h4uw1tj20b40dnjsl.jpg

との内容ですね。中国の末期的な現状を言い表していますね。最大の被害者は庶民となります。本来国をよくするはずの「先に富を得たもの」がこぞって国を脱出しているわけですので。ではこれについて中国人ネットユーザーのコメントをご紹介します。


「13億の庶民がこのスモッグを吸い取ってきれいにしちゃえばいいってことか?」


「悲惨なのは中国の庶民だよ」


「10数年前に東京の街中でも防毒マスクをつけてるのがいたな。大都市の空気汚染に抵抗してたんだろう」
※見たことないんですが、、、あったとしても一部マニアのファッションでは?


「富豪たちは空を奪い、汚染された環境を残した。このような苦難を受けるのはいつだって庶民なんだ」


「これって、このままいけば中国は無産階級だけの純粋な社会主義国家になるってことなんじゃないの?」


「脱出したいヤツはとっとと脱出すればいい」


「金も技術もない一般庶民だけが中国の吸引機になるってわけだな」
※呼吸で汚染された空気を浄化するって論法がわりとみられますので、その絡みのコメントですかね。


「GDPなんかのために環境を犠牲にするなんておかしい」


「もう中国は傷だらけですな」


「白人が去って、官僚どもが焦ってるんだな」


「行きたいやつは行けばいい、こんなところに残って何をするっていうんだ?」


「経済成長がもたらす害悪だね。同僚が言うには、日本も何十年か前はそんな感じだったって。でも今は青空も戻っているというし、大丈夫、きっと過ぎ去ること」
※そんな楽観視できる状況じゃないんですよ、中国は。。。日本みたいにガラッと変わって環境対策できるとは思えないですがね、中国の場合は。。。


「経済発展の速度が速すぎた」


「経済発展中の国家においてはスモッグなんてどこも似たり寄ったりだ。国家も管理を始めたというのにまだ微博では政府を逆恨みする連中が多い。。。経済発展の恩恵を受けておきながら、発展の代償について政府に責任を押し付ける、、、本当に毎日騒げるお前らはすごいよ、、、、」
※これは政府の工作員では?と思う書き込みですね。中国は確かに経済発展をしましたが、その恩恵を庶民はほとんど受けていません。環境は悪化し、物価ばかりが上昇の一途をたどっている割に庶民の給料は上がらないわけですからね。。得をしているのは一部の富豪と上層部だけですので。


「この国で生きていくうえで、安心感など感じることはできない」


「経済成長のせいじゃないだろう。お前たちは何十年前のつらい暮らしを思い出すことはないのか?もし経済成長が遅ければ、それはそれで文句をいうヤツが出てくるだろう。一部の人間は何においても満足しないんだ」
※これも工作員かもというくらい、庶民目線とはかけ離れた書き込みですね。


「中国を離れているのは別に外国人だけじゃないだろ」


「俺は貧しいから高校を卒業と同時にバイトに行くしかなかった。でも自分の息子には将来生活というものを楽しんでもらいたい。今の俺のような死の循環では人生を楽しむなんてことは望めないんだ。貧しければ多くのものは望めない。金はいくらあっても十分ということはないんだ。金を稼ぎまくって、一生そういう暮らしなんだよ」


「技術のある外国人をとどめることなんてできないだろう、彼らは金を稼ぎに来てる。でももうとどまる必要もないんじゃないかな。だって国内には技術のある中国人なんていくらでもいるんだから」


「清朝の頃に金のために国外に国宝を売り払ったが、今、何百倍、何千倍という金を出して買い戻している。この数十年、金のために環境を売り払い、将来、何千倍、何万倍という費用を出してまた買い戻すのだろう。今まで中国人の行ってきたことはなんと愚かなことだろう」


「まさか経済発展の時代に環境がいいままでいられると思ってる?50年~60年ごろの日本の大気汚染を調べてみなよ」


「中国で室内の空気浄化システムを開発したら億万長者になれるな」


「はは、みんないなくなれ!そして、、、行く時には俺を連れて行ってくれ!」


「中国経済がまだ成長中とか、誰が吹聴してるんだよ。目が腐ってるんじゃないか?政治と法律の体系改革がなければ、さらなる経済成長など夢でしかないよ。低層からの革命がないと難しいと思ってる」


「中国市場から外資が撤退するなんてありえない。日本はすでに中国に職員を派遣して環境対策を実施する企業も出てきているじゃないか」
※へ~、そんなことあったんですかね。でも戦時強制連行の例の案件の判決次第じゃわかりませんけどね。。


「中国各地では今、世紀末が演じられている」


などなど、外国人が中国から続々と帰国とのネタだったのですが、内容はほとんど外国人には触れられず、中国の大気汚染とあとは移民に励む富裕層への皮肉に満ち溢れていました。久々に環境ネタのトピックスを見たんですが、「日本も50年くらい前はひどかった、日本も通った道なんだから、中国もきっと大丈夫!」みたいな意味不明の楽観論がかなり増殖していて非常に心配になりました。どこぞかの工作員がネットでこのように吹聴しているのかもしれませんね。日本もこんなにひどかったけど、今は青空も戻ってきていて空気もきれいだ、とかなんとか。驚愕です。。。
日本と中国の最大の違いは国民性にあります。日本人は基本的に世界でも類を見ない「利他主義」な考え方をします。「他人に迷惑をかけてはならない」「人様のために努力しよう」、こういう中国人ではありえない発想をしますのでね、、環境がヤバイとなってからの日本がいかに努力したかを中国人は知りません。猛烈な「利己主義」の中国人にとって、中国がどうなろうと、移民してしまえばどうでもよいこと、と考える人間も多く、しかも移民できるのは先に豊かになった富豪と一部の特権階級のみとか、、なんか近現代みたいなことをいまだにやっている国ですのでね。。いったい誰が莫大な投資をして国の環境を改善しようとするんでしょうね。このあたりを中国人は見落としています。さらには50年前
の日本の環境汚染と今の中国の環境汚染ではレベルが違うらしいです。私は中国にいた最後の頃は咳が止まらず、このままでは死ぬ、と思いました。私は外国人なんで中国を離れればそれで解決しますが、中国人はそうは言ってられませんのでね、本当に悲惨です。あの環境汚染はちょっとヤバイです。体感でわかるってのは尋常ではないと思います。


それと、最後のほうに「中国市場を捨てられる外資なんてない。特に日本」とかいうコメントがありましたが、これも中国人が真面目に思っている事柄です。日本は金が大事だし、中国市場を捨てられるわけがない、と半ば舐められている感じです。いきなり撤退は中国では難しいはずですので(簡単には出してもらえないですからね)、縮小傾向ではあるようですが、気付かれずにそっと縮小しているかもしれませんね。経済成長がストップした時が中国の改革の時だと思いますが、それはそう遠くない将来にやってくるかもしれませんね。手遅れにならないうちに(特に環境面)やってもらいたいですね。


また書きます。
こんにちは。
今日は私自身興味があるネタでしたので、迷わずこれを選びたいと思います。お題は「日本がアメリカに対してリニア技術の無償提供を計画」です。


興味を持った理由はもちろん、「新幹線技術の無償提供(ではないかもしれませんが)によって、中国にすっかりパクられた新幹線技術の二の舞にならないか」とっても心配だからです。相手がアメリカなのでアレですが、アメリカ経由で中韓に至らないかと、ちょっと心配します。日本は技術をもっと厳重管理というか、もっと大事にすべきなのではないかな、と個人的に思いますので、、、それで中国人はどういう風に考えて、いったいどんなコメント残してるかな?と個人的にもとっても興味が湧いたので、今日はこのネタにしてみました。


では早速元ネタをご紹介したいと思います。
「共同社の報道によれば、日本政府は基本的にアメリカに対して無償でリニアの技術を無償提供すると決定した。さらにアメリカに対して5000億円の借款を提供する用意があることをアメリカに対して伝達し、24日、オバマ大統領の訪日に際して公表するようだ。日本としては市場開拓を目的とし、また日米同盟の象徴としたい考えのようだ」
との内容です。ではこれについて、中国人ネットユーザーのコメントをご紹介します。


「へ~、アメリカって借款が必要なんだ?笑える」


「アメリカってリニアの技術ないの?」


「これはいわゆる朝貢である」


「そしてアメリカがこの技術を世界中で売りまくるってわけだな」


「ご主人様に上納いたします、、、」


「安倍がアメリカに媚を売ってるわ、キモイ」


「軍事保障費用としてお支払するわけだな」


「成熟した技術を持つ国は世界でも日本とドイツだけ」


「これは明らかにアメリカ兄貴への賄賂ってことだ」


「実際はリニアには前途がないってことがすでに証明されているのに」


「犬がご主人様が投げた骨をくわえて戻ってくるかのようだ、本当に忠犬だわ」


「日本人っていつもこう。自分より弱い者を蔑視して、自分より強い者を崇拝する」


「本当にわからない。自国に原爆を落とした国とどうしてこうも近しくなれるのか?」


「これでわかることは、、、日本は本当に金があるな、ってことだけ」


「日本は技術を輸出し、中国は労働力を売っている。みんなこうやって儲けているんだ」


「日本は自分自身もいっぱいいっぱいなのに、アメリカに借款を提供するとか、、、自殺でもしたいのか?」


「アメリカは高速鉄道もダメなのに、リニアなんてどうするつもりなんだ?リニアは比較的短距離向きだし、それにすごいコストもかかるのに」


「この保障費は決して高くないと思うわ」


「安倍政権は完全に日本の傀儡だわ。単なる売国奴」


「アメリカはラッキーだな、非常にしつけの行き届いた犬を飼ってる」


「日本は技術を輸出し、中国は労働力を輸出してる。日本は自動車を輸出し、中国はスリッパを輸出。日本は不法労働者を取り締まり、中国は不法移民を輸出中」


「アメリカは金があるなら早く中国に返済しろ」


「アメリカ人には日本のリニアの技術は使いこなせないだろう」


「日本人はきっと笑ってるな、これではどちらが主人でどちらが犬だかわからない」


「アメリカ経済は疲弊し、今やウクライナ危機もコントロールできない。ついにはウクライナの主導権をロシアに譲ってしまうありさまだし」


このネタには日本人としても非常に興味があってピックアップしましたけど、、、アメリカを小ばかにしたようなコメントばかりでちょっと予想と違って残念でした。日本はアメリカの犬だな、みたいな意見がとっても多かったですが、同じくらいにアメリカは金もないし技術もない。みたいなバカにした意見がとても多かったです。


それと多かったのが「アメリカの高速鉄道の技術はイケてない」みたいな意見でしたけどね、、、、あんたたちの高速鉄道技術は日本から丸パクリしたもんでしょうが!と思いました。まあ、走行技術はパクりましたけど、管理技術がパクれなかったんでしょうね。なので安全面で多大な不安があります。トルコが中国から高速鉄道を輸入みたいなニュースがありましたが、、、、これはかなり不安ですね。日本の新幹線技術で最も素晴らしいのがその管理能力だと思うのですが、これがそっくり抜けているわけですからね。。中国人は勘違いも甚だしいのが「世界最速=世界最高」と思ってるところですね。いくら早くても「危険」が伴えば意味がないわけで。。。。日本は速度だけでやろうと思えば中国なんて目じゃないんでしょうが、やはり安全に運行できないならば意味がないでしょう。このあたりの観点からも「日本人でよかったな~」と思います。
それにしても、この技術の無償提供はいったいどういうことなんでしょうね。日本にとってメリットはあるんでしょうか?中国人のコメントでも「軍事的な保障の対価」みたいなコメントが多かったですけど、そういう感じなんでしょうか。。。日本人の努力の結晶である技術をあまりたやすく他国に譲ったりしてほしくないので、これについてはもっと説明がほしいところですね。このニュースについては、今後も少し注目してみたいと思います。


また書きます。
こんにちは。
今日は久々に尖閣関連のネタを取り上げたいと思います。久々ですね。最近はマンゴーなんかで癒されていましたし。。。。


では早速、元ネタからご紹介したいと思います。
「もし仮に、中国人民解放軍が釣魚島に対して軍事行動に出たなら、アメリカ海軍や陸軍は釣魚島に上陸することもなく、釣魚島を奪回する能力が十分に備わっている。これはアメリカ軍の高級司令官が初めて公の場で公表したもので、米軍は中国の人民解放軍が釣魚島を軍事的に占領したなら、直接軍事行動をもって介入し、釣魚島の奪回のため日本を助けることを表明したものである」との内容です。これにはとってもたくさんのコメントがついています。まだきちんと内容見ていませんが、、
では早速、中国人ネットユーザーのコメントをご紹介したいと思います。


「なら中国はアメリカを平定すればよい」


「アメリカの法律では、司令官にそのような決定権はないのでは?」


「来いよ!アメリカ!返り討ちにしてやるから」


「あ~、怖い怖い」


「中国はやはりロシアと結託するべき。中国単体では危なっかしい」


「日本に駐在してる司令官なんて、中国で言う団長みたいなもんだろ?」


「こいつは日系アメリカ人だろ?真面目に受け取とるな。鬼子はこういうご主人様の豪語に頼って生きてるようなもんだ。解放軍はもしかすると釣魚島を守り切れないかもしれない。やはり中国も強くならないといけない」


「アメリカを滅ぼそう」


「アメリカにある、中国高官の隠し財産を公表すれば、それだけで中国は大混乱だ。どこに釣魚島を奪還するような能力があると?」


「気分は悪いが、アメリカにはその能力があるってことは認めないわけにはいかないよな」


「プーチンに学べ。利益を得るために侵攻するにはまず核兵器を使え。中国人は死をも恐れないというのに、いったい何を恐れるって言うんだ?」
※いや、、ビビりまくるだろうに、その場になれば。


「アメリカ人は中国が釣魚島に対して攻撃を仕掛けるわけがないと知っている。だからこんなこと言うんだろう」


「中国を馬鹿にしてるとしか、、、誰が釣魚島に上陸なんてするんだよ」


「中国政府高官の子弟や財産はみんな欧米にあるんだから、実際は釣魚島に侵攻しようなんてヤツがいるわけない」


「重症だわ、、、確かに人民解放軍の能力には限界があるが、それはやや言い過ぎだろう」


「釣魚島を爆破して沈没させてしまったらどうだろう。そしたら世界は平和になるのでは?」


「こんなの、真面目に受け取ったら負けだ。小日本をだましてるだけだよ」


「何を言っているんだろう。釣魚島はもともと中国のものなのに」


「アメリカが日本についちゃったら、中国はいったいどうすれば????」


「考えすぎですよ、私たちは和やかな国家です。武力を利用することなどないことを保証しますよ」


「中国国民は大変不快だ、これは侵略だろう?」


「なんだかアメリカっていうのはだんだんと自信がなくなっていってる感じがするな。イラクを攻撃する前はこんなおかしなことを言ったことはないのに」


「直接日本を滅ぼせばよい」


「もしアメリカが参戦してくれば、中国が釣魚島を奪回するのは難しくなるだろう。だから釣魚島と小日本をこの地球上から消滅させたほうがよい」


「中日が開戦したら、最初に出てくるのは間違いなくアメリカ軍だろうな」


「アメリカは中日が開戦することを望んでいて、それでいつも小日本を鼓舞しているにすぎない」


などなど、ちょっとビビってる感じのコメントと、「来るなら来い」みたいな勇ましいコメントと、様々に入り乱れていました。このトピックスには大変なコメントがついていますので、全部はとても紹介しきれませんが、「中国は武力なんて使いませんよ」とか「今はまだ取り戻すべき時ではない」など、様々な意見で揺れる人民の様子が見て取れる内容でした。割と「来るなら来いよ!」みたいな勇ましめのコメントもあったんですが、、、中国人ってけっこうこういう勇ましいこと言う割に、いざとなると一気に及び腰になったりするちょっと情けないところが結構あります。特に80後の若者なんて、かなりの甘ったれなので(日本人も結構甘ったれが多いですが、日本人などはまるで比較にならないほどに大変な甘ったれが多いです)、戦争なんて無理だろうな~とは思います。中国が誇れるのは数ですが、、、質がちょっと問題あるかな、と思います。


あと、割と多かった意見。「中国の政府高官の子弟や財産はみんな欧米にあるんだから、中国がかなうわけない。そもそも戦争なんて考えもしないだろう」ってものですね。これはそうでしょうね。海外に蓄財した財産を凍結でもされたら大変ですからね。中国人のコメントもこれをかなり皮肉った内容でした。
中国は尖閣に攻め入ったりなんかしたら世界中を敵に回しますので、、、(ロシアと組め!みたいな意見もありましたね)、そこまで中国はバカではないと思いますし、コメントを見ていると、国民もそれを望んでいませんが、、、くれぐれも軍部の暴走には注意してほしいですね。


また書きます。
こんにちは。
今日は日本でも有名な宮崎県産マンゴー「太陽のタマゴ」をご紹介するトピックスで中国人が盛り上がっていましたので、今日はこちらをご紹介したいと思います。


早速元ネタからご紹介します。
「日本のNHKが4月10日に報道したところによると、宮崎県産の完熟マンゴー「太陽のタマゴ」の競売が10日に始まった。宮崎市の市場では、歴代最高額を付けた。1箱(2個入り)で30万円(人民元換算で約18300元)という高額で競り落とされている」
61e04755jw1efat6aufvyj20ao0603yw.jpg

というものです。日本ではマンゴーは中国で買うよりは高いんですが、、、これは人民も衝撃の価格でしょうね。。。。ちなみに日本のコメとか中国で買うと高いですが。
ではこれについて、中国人ネットユーザーのコメントをご紹介します。


「これも放射能汚染されてるのかな」


「頭がおかしいとしか、、、」


「自分たちで作って自分たちで買う、、、ねつ造じゃないの?」


「こんなに高いマンゴー、本当に食べるの?」


「1年の給料でもこのマンゴー2個を買えないんですが、、、」
※確かにそうかも、、この値段は給料の少ない中国人だと年収に届かないかも。。


「倭国の商品は絶対に買わないから別にどうでもいい」


「食べたら不老長寿にでもなるのか?」


「こんな金額でこんなものを買っていったい何の意味があるんだ?」


「なぜこんなに高いんだ?ただの果物だろ?もう普通のマンゴーにシロップでもかけておけばいいんじゃない?はるかに安くて済むぞ」


「ただのタマゴ2個にこの値段とは、、、」


「こんな値段のフルーツは恐ろしくてとても食べられない」


「このような緯度の場所でマンゴーを生産するのは簡単ではない。これは正常だと思う」


「中国人が買わなければ別にいいんじゃない?日本人が買うんだろうし」


「まさかマンゴーに書かれている文字のために高いってことはないよな?もしそうなら中国に来い、中国にはこういう技術はたくさんあるぞ」
※たしかに文字入りのフルーツ多いかもです。リンゴとかよく文字が入ってますね。


「こんな値段のマンゴーを食べるなんて、、ぜいたくとしか言えない」


「これって本当にただのマンゴーなのか?」


「一生日本の商品を買うことはない。頭おかしいんじゃないのか?こんなのねつ造だろう?」


「今日マンゴーを買った。1個30元ちょっと。それでも十分高額だと思ったのに」


「プロポーズにでも使うんじゃないかな?」


「貯金をしなければ買えないマンゴーだよ、、、」


「これは食べてみたい」


「こんなに高いんじゃ、日本人はマンゴーなんて食べられないんだな」


「きっと食べたら飛べるようになるマンゴーなんだ」


「日本製品は不買!なぜ日本の製品の宣伝をしてるんだ?すぐにこんな記事は削除しろ!」


「いいよいいよ、日本人が食べればいいじゃん。中国人には買えないから」


「何といったらいいのか、、、中国では車が買える値段だが、、、」


などなど、中国人にはちょっと信じられない高額なマンゴーでしたので「ねつ造」みたいなコメントする人もいました。中国ではマンゴーが日本よりは安いイメージがあります。スーパーでも割と普通に売られていますね。ただし、日本でみるマンゴーよりは小さいです。味はまあ、普通にマンゴーの味ですね。


中国人と日本人と言うのは金銭感覚が本当に違うな、と思います。日本人は割とこうしたマンゴーにお金をかけるのには中国人ほどは抵抗がない感じがします(私は買いませんけどね)。中国人は外見にかかわるもの(車とかファッションとか、若者では最近はスマホとかです)にはドーンとお金をかけます。アイフォーンなんて、月収以上の値段ですが、中国人は若者も含め、みんな頑張ってこれを買い求めます。アイフォーンを持っていることがステータスなんでしょう。車も同じです。ドイツ車や日本車に乗っていることは一種のステータスです。なので中国人は日本に出稼ぎとかに来て、日本で頑張って貯金してためたお金を中国に持ち帰り、日本車を買ったりします。中国からくる留学生のほとんどが寝る
間も惜しんでバイトに勤しみますが、これも本国に帰った後に家や車を買うために貯金するとか、そういう人が多いです。勉強に来てるというよりバイトに来てる感じですね。。。
それに対して、内面にかかわるもの(食とかですね)にはあまりお金をかけません。よく外国旅行に行って本国から持参したカップラーメン食べてる中国人を見かけますが、こういうのがいい例です。日本人は海外に出かけたら現地のおいしいものを食べようと思いますが、中国人は安く済ませようと思うのか、あまり食事には気を使わない人が多いです。日本人的に見れば、これは大変もったいないことだな~と思いますが、これが中国人の価値観なのだろうと思います。全部が全部ではないですが、そういう傾向はあります。ですので余計にマンゴーで30万とか、中国人にはありえないんだろうと思います。
※まあ、日本人にとっても驚きのお値段ではありますけどね。。。


また書きます!


こんにちは。
今日は微博を徘徊していて、私自身もちょっと興味が湧いたネタを見かけましたので、今日はこちらをご紹介したいと思います。
お題は「中国の自動車メーカーは外国メーカーの加工工場に成り果てた」です。


では早速元ネタからご紹介します。
「ニューヨークタイムズ紙によると、中国政府は中国市場に参入する外国の自動車メーカーに対し、中国国内で合弁企業を立ち上げることを要求しており、これにより共同で自動車を開発することにより、外国企業の技術を手に入れることを期待している。しかし中国の自動車メーカーは現実には次の「ホンダ」にはなれず、外国企業のフォックスコンになっている(※フォックスコン=富士康、台湾の電子機器の生産を請け負う企業)。欧米は中国の自動車メーカーが日本の自動車メーカーのように欧米の市場を席巻することを恐れているが、今のところ、そのような心配は皆無のようである、、、」
という内容ですね。ではこれについて中国人ネットユーザーのコメントをご紹介したいと思います。


「国営企業には何を求めてもムダ。民間企業にこそ潜在能力があると思う」
※中国の民間企業は生き残るのがかなり難しいのでね、、体力付く前にたいてい淘汰されて、生き残るのは賄賂をふんだんに使った会社だけですね・・・・


「まあ待っていろ、いつの日が必ず芽が出る」


「こういう合弁企業も結局は技術も学べず、経営も学べず、企業責任すら学べず、結局中国人からいかに金を巻き上げるかしか知らない」


「中国人はメンツを気にして、車を買うってことが自分の立ち位置を証明するための手段になってるからな」


「愛国心がないわけではないが、、、国産車はいけてない」


「いったいいつまで待てば、国産メーカーが完全に自分たちだけで開発ができるようになるんだろうか」


「本当にいけてないんだから仕方ない」


「まあ待ってろよ、中国企業の実力はお前らの想像できるものではない」


「中国車はまず、第三世界の市場を独占するところから始めるのがよい」


「こういう中国企業って、高くて常に壊れる車を売り出して、愛国者たちに買わせるんだよね」


「外国の技術を学ぶ?内部に至るまで自分たちで作ったもので作れるとでも?冗談はやめてくれ。ただ金を稼ぐしか能がないのに。中国の自動車メーカーは遅かれ早かれ徹底的に木端微塵にされるよ」


「競争力が絶望的に足りてない」


「国内企業がただ単に努力が足りてないだけなのに、、、保護すればするほどダメになるぞ」


「30年前に代理工場だったものが今も変わらず加工工場。悲しい」


「中国の悲劇。この点でも日本には遠く及ばない」


「外国人がアホみたいにただ開発技術を教えるとでも思ってるのか?中国市場への参入は利益のためだろう?技術を中国人にすべて教えてしまったら、自分たちはどうやって稼ぐんだよ・・・企業の技術というのは苦労して開発したものなのに、どうして中国の企業は自分たちで苦労して技術を開発しようとしないのか」


「中国企業は短期的な利益でしか物事を考えないからな。10年かかる研究のために研究者を雇うなんてこと、中国のどこにそんなことをする企業がある?企業は国や国民のことなんて何も考えてない、ただ自分たちが儲かればそれでいい」


「前途多難だよ。中国人はただ真似しかできないんだから。これでは技術的に相手を超越することはできない」


「自動車は製造業のサッカーだな」


「確かに前途多難。中国人は技術を学ばず、ひたすら金儲けを学ぶ」


「外国が100年がかりで蓄積してきた技術を10年た20年で開発できるとでも思っているのか?」


「中国は技術はあるよ、ただ体制が問題なだけ」


「そうでもないだろう。以前の中国自動車産業は本当に悲惨だった。今はずっとよくなってる。ただ中国人が国産車を欲しがらないってだけで、、、」


「家電やパソコンだって昔はただの加工工場だったよ、でも今はレノボも中国企業だ。自動車産業もこの過程をたどっているだけなのでは?」


「悲しいが概ね事実だな」


「中国人が作る自動車が悪いってことじゃない。多くの中国人が中国人の作る車を信用していないってだけ」


などなど、いろいろと今日も討論されています。。。
中国の国産メーカーというのは圧倒的に中国人に信用されていないのが本当に痛いですね。中国の企業というのはとにかく「拝金主義」で、金を稼ぐためなら何をしてもよい、っていう姿勢がまるわかりなんで、中国人も中国企業を絶対的に信用していません。結果として中国では外国製のものがよく売れて、日本でも輸入商品は高いですが、日本人が国産と比べて高いな~と思うのとは比較にならないくらい輸入品は中国では恐ろしく高価ですが(関税も高いですしね)、それでも輸入品というのはよく売れます。中国人は豊かであればあるほど、国産からはなるべく逃れたいと考えますので、、、これでは国内の企業が成長していくはずもないですね。これは中国人の自業自得ともいえます。


ですが、中国企業もコメントにもありましたが、家電メーカーなどは少しずつ国産のものも受け入れられ始めています。日本人でも知ってるメーカーだと「ハイアール」とかでしょうか。あと中国では「美的」というメーカーもよく売れています。私も加湿器とかはこのメーカーのものを使っていました。あまり難しくない家電とかなら中国のメーカーでもまあいいですね。安ければね。
最近は中国では「拝金主義」を見直し、「顧客第一主義」を徹底するような企業も出ていています。遅いですが、、、そして、こういった企業が業績を順調に伸ばしているようですね。実は今は、日本企業のやり方が中国で受け入れられ始めてくる時代かと思いますので、日本企業は今は特大チャンスだと思います。ただし、、、チャイナリスクがあまりにも恐ろしいので、今はまだダメですね。この辺はとっても難しいです。サービスを売りにするような業態は実は今、中国人にも需要があるものと思います。中国に「サービスを重視する」という概念が芽生えだしているからです。日本人は世界的にも「サービス」の分野ではトップレベルだと思いますので、これを生かすこともできると思いますが、、、、チャイナリスクが足かせですね。。。本当に残念です。


また書きます。
こんにちは。
今日は微博でえらく盛り上がっていたトピックスがありましたので、今日はこちらをご紹介したいと思います。お題は「上海に遷都したらどうだろう?」です。


中国の北京と上海は日本で言う東京と大阪にたとえられることが多いです。しかし、日本で言えば政治や経済の中心は東京に集中していますが(これはこれで問題なんですが、、、)、中国ではきっちりすみわけがされていて、北京は政治の中心、上海は経済の中心となっています。実際、私は北京にいましたが、たまに上海に行くと何とも日本的な資本主義的な空気を感じました。北京はものすごい赤いイメージなもので、、、なんでこの2つの都市は全く異なる空気感があります。そして、北京人と上海人というのはとっても仲が悪いです・・・北京の人は上海の悪口をよくいいますし、上海の人は北京の悪口をよくいいます。私は北京にいましたので北京人のいいところもいっぱい知っていますので北京人が好き
ですが、あの仲の悪さはちょっと気持ち悪いほどです。
で、今、北京は様々な問題を抱えています。ですので、遷都論なども盛んに議論されているわけですが、その遷都先が上海なのはどうなの?と思いますが、今日はこれについて取り上げてみたいと思います。


ではさっそく元ネタからご紹介したいと思います。
「首都機能の上海移転、あなたは賛成ですか?北京では大気汚染による濃霧がひどく、今年の会議でも代表や委員らが北京から首都機能を移転させる提案をした。専門家らは上海は中国の新首都としてはさらに適していると分析している。理由は①上海は国際的な大都市であり、国際的な地位も高い、②上海は基本的なインフラが整っている、③上海には大気汚染に伴う濃霧が発生していない、④上海市民が上海への首都機能移転を歓迎している、という点である」
とのものですね。北京人が見たら怒りそうですが、、、、
では中国人ネットユーザーのコメントをご紹介します。


「上海は人が多すぎるし乱雑。北京のように中国の歴史的史跡なんかもあるわけではなし、何をもって首都にふさわしいとか言ってるんだろう。さらに言うと、発展していない都市を首都計画をたてて首都に形成していくのが望ましい」


「釣魚島に遷都したらいい」


「そんなことになったら、早朝に出勤して下手すると退勤の時間になってもまだ渋滞にハマってるかもね」


「武漢とか洛陽とかもいいんじゃない?どうかな?」


「上海はやめてくれ、やるなら上海のそばの小都市に首都をつくることだね」


「西に向かうべき、さもないと西部がいつまでたっても発展しない」


「北京市民としては、、、完全に同意」
※意外ですね、北京人は反対すると思っていましたが、、本当に北京人でしょうか?


「交通部は武漢、軍部は蘭州、文化部は西安、経済部門は上海、中国共産党はそのまま北京でいいじゃん」


「上海には紫禁城がない」


「上海に首都機能を移すなんてできない、なぜなら北京は歴代王朝の首都であったが、上海は違うからだ。風水上も上海は北京に劣る。歴史上も北京が首都であった時間は長い。だから新中国建国時にも毛沢東ら革命家は風水を考慮してやはり北京を首都に定めたのだから」


「ダメだ、上海にそんな重荷を背負う能力はない。しかし、上海の地下鉄はいつになったら北京を見習うんだ?2元で乗り放題なのはいいな」


「ありえない、、、故宮は?天安門は???普通語も話さない地域なのに」
※上海語ははっきり言ってまったく何言ってるかわかりません。でも普通語も通じますけどね、もちろん。


「濃霧のために遷都???だったら雲南に来ればいい。雲南の空は青いし、季節は常に春のようだよ」


「こんな提案をするのは間違いなく上海人ではないな。上海はすでに人が多すぎるし、こんなの誰も喜ばない」


「いいか悪いかではなく、やるかやらないか」


「同意できない。北京は霧もすごいし渋滞もひどいけど、、、やっぱり北京が好きだから」


「本音を言うと、今の北京は首都であること以外に何一ついいところはない」


「頭おかしい、何百年にもわたり首都だった場所からどうしてほかの場所に遷都しようなんて考えるのか?」


「政治的中心と経済的中心を同じ場所に集中させるのは危ない」


「もうさ、アメリカに遷都しちゃえば?高官の子息たちもみんなアメリカなんだろ?便利じゃないか」


「上海の環境もだんだん悪くなってきてる。さらに言うと上海には歴史がない」


「俺は北京人だが、、これには同意。できれば早く行ってほしい。青い空を返してくれ」


「もう今後は1年に1回遷都したらいいんじゃないか?」


「意味がない。首都がどこになろうと、そこは霧でやられる」


などなど、遷都論がだいぶ盛り上がっていました。
でも多かった意見が「上海には歴史がないからダメ」ってのですね。中国人は首都に歴史的なものを求めるんだな~と思ってみていました。私は北京にいましたが、北京というのは本当に中国の悠久の歴史を体感できる場所ですし、そこに中国の赤い共産党の色が合わさって、一種独特の雰囲気を醸し出す不思議な場所です。私は今でも北京が大好きです。空気が悪くなければもっと長くいたと思います。
そんな北京に首都があることに誇りをもっている中国人が割と多いこと、そしてさらに驚きなのが、この案について、実は唯一同意していたのが北京人であることです。北京の人は皆、北京を愛していますが、首都であるために人が多く渋滞もひどい、さらには大気汚染もひどくなる一方だと思っていて、そのために遷都大賛成!って感じでした。ですが、、北京は首都であるがために優遇されていることがとても多いです。たとえば水質、これもちらっと耳にしたことがある程度なのでどこまで本当かはわかりませんが、北京の水質はほかの都市と比べて格段によいそうです。確かに北京で暮らしていて、時々上海にいったりすると水が臭って歯も磨けなかった記憶があります。そこへ行くと北京の水質は格段にい
いです。


そして、これに1番反対していたのが上海人です。これ以上人が増えては困る、ってことらしいです。あとは日本はこの状態なんですが、「政治と経済の中心が同じ場所にあるのはまずい」って意見も多かったです。これはそうだと思いますね。
中国では今、遷都論はかなりのホットトピックスで、このトピックスにも大変な分量のコメントがついています。今後どのようになっていくのか、静かに見守りたいと思います。


また書きます!



こんにちは。
今日は微博を徘徊していて、何とも中国らしいネタを見かけましたので、今日はこちらをご紹介したいと思います。お題は「食品に含まれる薬品に問題を見つけたら電話してください」です。


中国では大気汚染、水質汚染と並び、食品安全問題は大変大きな問題です。中国人は大気、水、食品と、生きていくうえで欠かすことのできないこれらのもの、すべてにおいて問題を抱えています。呼吸をしても体に悪い、何かを食べたらもしかしたら健康に甚大な影響を及ぼす薬品を大量に使っているかもしれない、、などなど、何ともサバイバルな暮らしを強いられています。私が結構よく見ている「未来世紀ジパング」でやっていましたが、今、中国のご家庭では「もやし栽培機」なるものがあるそうです。もやしには大量の薬品(もやしを白くしたり、根っこが生えないようにする薬品でもちろん人体に悪影響を及ぼします)が使用されていて、安心して食べられないからです。しかもこういったもやしが学校の給食に使われるそうです。1番の被害者は子供かもしれません、、、
しかしこれらの問題の多くは「人災」であります。大気汚染や水汚染は一部の権力者のために多くの人間が犠牲になっているものですし、食の安全は一部の悪徳業者が儲けのためにやっていることです。一部ではないかも。すべては中国人の異常なまでの「拝金主義」に起因している問題です。これに多くの国民が犠牲になっているのだから、何とも前現代的な国家ですね、中国は。かくいう私もしばらく中国にいましたので、外国人にも関わらず少なからず被害を受けたかもですが。。。


では早速元ネタからご紹介したいと思います。
「現在、国家食薬総局と各省の食薬監督部門はすでに12331電話を開通し、もし食品薬品において質に問題を見かけたときや違法行為を発見したら12331に電話して報告を呼びかけている。今年の年末には全国に開通をする予定である」とかいうものです。中国はこういう、、、なんていうか、、見てくれ的なもの、とりあえずやってますよ、的なポーズが大好きですね。あれだけ蝕まれた社会で、こんな電話に何の意味があるのか?
ではこれについて、中国人ネットユーザーのコメントをご紹介します。


「かけてみた。誰も出ないんだが、、、、」


「これって意味ある?」


「学校には売店なんかもたくさんあるから、学校はこれを徹底すべき」


「こういうのはあってもいいかもね」


「これで根本的に解決できるのか?まあ、表面的な仕事はよくやってるよ」


「中国ではすでにあまりにも多くの食品がすでに食べられないんだが」


「電話して意味あるのか?テレビでもあれだけたくさんのニセ薬品のCMがあるってのに、規制されたためしがないじゃん」


「まあ、まずは覚えておこう、ただし過度の期待は禁物」


「どうせ長いこと話し中か、もしくは誰も出ないかのどちらか」


「これはいいニュース」


「何かあれば、心の中で1人で怒ってないで、電話しようよ!」


「いやいや、問題ってさ、、多すぎるだろ。調べたら調べただけ問題が見つかるぞ」


「俺は海南で遺伝子組み換え管理の部門で働いてる。食品安全への影響はかなり甚大だ」


「もう2度とこのような危険な商品が出てこないといいのに。メイドインチャイナを安心して買える日が来てくれるといいね」


「ならまずは、遺伝子組み換え食品の問題を解決しろ」


「食の安全問題はやはり政府と関係部門に任せるしかないのか。問題の深層は根深く、解決するすべはない」


「通話料のムダだね」


「こういうサービスの電話は本当に信用ならないんだよ。仕事が終わったら即刻通じなくなるし、通じたとしてもかなり感じが悪い。めんどくさそうに話すし。。。こんなことに税金を使わないでほしいわ」


「この電話が本当に効果があるといいね。庶民が安心してモノが食べられる社会にしてほしい。期待してる」


「こういった食品安全の報告制度って効果あるのかね。他の報告制度はどうなった?」


「この電話番号はたぶんずっと通話中だと容易に想像がつく、、、」


「食品安全問題がなにしろ多すぎる、、、きっと無意味」


「効果がどれほどのものか、見てみたらいいと思うけど、個人的には電話しないかな。電話代のムダ」


「もうすでに薬品を食べまくっているのに、今更電話して何の意味がある?なぜ生産者を取り締まらないんだ?なぜ庶民が忙しいのに電話なんてしなきゃならないんだ?」


「これを使わないことを望むよ」


などなど、あまり中国人も期待していない様子がよく伝わりました。中にはキレ気味で「なんで庶民が報告しなきゃならないんだ?政府が生産者を取り締まればいい話だろ!」的な意見もありましたね。これができれば苦労はないですけども。。。中国という国はどうしてか、本当に前近代的なことをしています。中国の社会は賄賂でできています。どんなに悪いことをしていても、賄賂さえしっかり渡していればお咎めなし。そして賄賂を受け取る側は賄賂御殿を中国中に建てていますね。今は海外でしょうかね。悪徳業者にとっても多少の賄賂を渡しても儲けのほうが大きければ迷いはないです。「他人を気にしない」中国人の悪いところが一気に噴き出しているのが今の中国という国です。「他人を気にしない」っていうのはいいところももちろんあります。お互いに干渉しないので、自由な部分が多いな~と日本人的には感じる部分も多いです、実は。ですが、今の中国は悪いところばかりが際立って悪影響を及ぼしていて、国そのものの存続が危ぶまれるほどのレベルに達しています。このままで持つはずがないとは思いますが。


中国政府は本当にこういう表面的なことばかりしていて、根本的な問題解決のための政策は何一つ打ち出せていない印象です。このままでは国民の不満は高まるばかりだと思いますので、さすがに身を切る覚悟が必要かと思います。そのうち必要に迫られて改革するかもしれませんね。それくらい中国は切羽詰まってます・・・・


また書きます!
こんにちは。
今日は少し軽いですが、中国の若者の恋愛模様が少し垣間見れるネタがありましたので、今日はこちらをご紹介したいと思います。
なんか、少し昔の日本人みたいでとってもかわいいです、今でも若い女の子はこんな感じなのかな~とか、ちょっと甘酢っぱく思ってしまいました、、、、年とったかな。。。


ではさっそく元ネタをご紹介します。
「恋愛のプロの方、いたら教えてください!知り合って1年になる日本人のイケメン男の子が突然私に彼女がいるって言ってきました(本当はいないみたい)。これってどういう意味でしょう?」ってのですね。ではこれについて、中国人ネットユーザーのアドバイス(?)をご紹介します。


「心が痛む、、、」


「あなたを焦らせようとしているんじゃないかな」


「本当はいないみたいって、、、なんでわかる?」


「彼はあなたが彼のことを好きだって思っているんでしょうね。彼が本当に彼女がいるかどうかはともかく、、、、まああまり歓迎されてないってことでしょう」


「告白の前兆かも!」


「きっと君から逃げたいんだと、、、、、」


「もしちょっと曖昧な関係なら、、、①あなたの反応を見てる。②男の浅はかな見せびらかし。他人に自分はこんなにモテるんだぞっていうアピール、のどちらか」


「君の反応を見てるんだと思うよ。緊張しているかどうか」


「あなたが彼に気があるかどうか見ていると思う」


「あなたの気を引いてるんだと思う」


「①彼はあなたが彼を好きなことを知っていて、距離を置きたいと思っている。②彼があなたを好きで、あなたの反応を見ている、③彼がおかしくなって幻覚を見てる、④もしかしてエイプリルフールじゃなかった?」


「それって彼には本当に彼女がいて、あなたが気付いていないだけじゃない?」


「彼も自分自身をイケメンって思ってるんだろうね~」


「彼はあなたが彼を好きなことに気付いていて、あまり深入りされたくないんじゃないかな」


「あなたは彼が好きなんだね」


「意味って、、、、彼が傲慢なだけかと」


「それよりも、彼に彼女がいないってあなたがどうやって知ったかにもっと興味がある」


「彼と話してみたらどうかな。もちろん、あなたが彼に対して興味がなければ必要のないおとだけど」


「彼はあなたが彼のことを好きになっては困るってことじゃないかな。彼はあなたのことを好きではないのでしょう。長い間の2人の関係に影響するのが嫌なんじゃないかな」


「彼が考えすぎか、もしくはあなたが考えすぎかのどちらかだね」


「別に何の意味もないよ」


「彼はすでにあなたが彼に好意を持っていることに気付いていて、それとなく拒絶しているように見える」


「中国女子は嫌いなんじゃないの?日本男子は」


「あなたの思いを絶とうとしているのでは?」


「あなたとのあいまいな雰囲気をあまりよく思っていないのでは?」


「意味?これを見てる限り、唯一言えるのは、あなたが彼を好きだってこと」


このあたりの会話はあまり国境はないな~と思います。なんだか中学生くらいの「彼がこんなこと言ってた、これってどういう意味????」みたいな時代を思い出しました。中国人は若いころ(10代くらいですかね)は基本的に恋には奥手な感じがします。これが20代くらいになると、何がぶっ壊れるのか、街中でめちゃくちゃいちゃついてます。。。地下鉄とか結構ものすごいです。。。。日本人はそこへ行くと10代は逆に早熟な感じがしますが、年を食うとだんだんと節操が芽生えておとなしくなる感じがします。このあたり、全く違う性格が出ていておもしろいです。たぶん、これを相談しているのは大学生くらいの子だと思いますが、日本の大学生だとここまで、なんていうか、幼いことはないかな~と思います。


中国男子にとって、日本女子と付き合うのは一種のステータスですが、逆はちょっとわかりません。私には日本に留学中のイケメン中国男子の友人がたくさんいますが、彼らのうち、実に半数くらいが日本人の彼女がいます。でもこういう子たちの特徴は、、、彼女との会話で日本語を覚えるようで、日本語がどことなく女子的です。。。
中国でも日本女子はえらくモテますが、日本男子もめちゃくちゃ中国女子にモテていましたね。「先進国の男=金がある」みたいな認識もあります、たぶん。中国女子の中には日本人でもなかなか見かけないくらい情に厚く性格のいい子もたくさんいますので、もし中国人に触れる機会があれば偏見を持たずに接してみてほしいな、と思います。ただ、中国人にとっては家族がもっとも大事ですので、結婚は慎重に、、、、家族総出で日本に来るかも。。。。


また書きます。
こんにちは。
今日は内容がやばくてコメントが少ないですが、すごいトピックスを見かけましたので、こちらをご紹介します。
お題は「日本はなぜ、南京大虐殺を認めないのか?」です。


では、早速驚きの中身をご紹介します。
「日本はなぜ、南京大虐殺を認めないのか知っていますか?簡単なことです。日本人は中国が証拠を出せないことを知っているからです。なぜ証拠が出せないのか?これも簡単なことです。抗日戦争の真実を物語る資料はこの数十年の間にほとんど処分されてしまったからです。なぜこういった資料は処分されてしまったのか?歴史を改ざんするのには都合の悪い資料だからです」
いや~、こんな微博のようなネットとはいえ公共の場でこんなことを書くなんて恐ろしいですね。。。共産党に「処理」されかねません。こんな(事実ですが)過激な内容なので、コメントは少ないんですが、実は共感を示す「親指」マークがめちゃくちゃ押されてます。あとは勇気を振り絞って転送したものも多数。数少ないコメントを少しご紹介します。


「本当は数百人だそうだね。日本人が言ってた。信じる信じないは勝手だが」


「あなたのその勇気に心から敬服するよ」


「バカかよ。南京大虐殺について、直接関与してる人間以外日本人は知らないだろう。戦時中は国内でもそのような報道はされていないはずだし。軍隊間はさらに強固な管制が敷かれていたはずだ。何でもかんでも悪いのは中国っていうその発想はいい加減にしてもらいたい」


「君はバカか?」


「工作員に消されないように注意してね!」


「勇気ある投稿が出てきたな」


「証拠がない?妻が妊娠させられたり、無数の武器や文書が出てきてるぞ」


「間違ったことは1個も言ってないな」


「中国は戸籍の管理すらままならず、毎年何人の中国人が死んでるかすらわからないっていうのに、何が30万だよ、なぜそこだけ具体的に言えるんだ?」


「お前キモイな、日本人かよ?」


「誰が歴史の改ざんをしてるんだ?」


「中国では少しも言論の自由はないんだ、気を付けろ」


「こういう主張をする人たちってさ、いったい何が目的なのかさっぱりわからない」


「日本が認めていないのはその人数だろ?殺害自体は認めてる。ポイントは中国がその30万って数字の根拠を示せないだけで」


「たわごとが過ぎる」


「そうだね、自分自身でねつ造しちゃってるから、他国のねつ造を覆すこともできない」


「南京大虐殺記念館に行ったことないだろ?証拠がない?日本は例え南京大虐殺の現場にいたとしても認めないよ。証拠なんて必要ないんだよ」


「歴史というのは常に成功者のためのものだからな」


「お前らは南京に行ってみろよ。資料なんてみんな残ってるぞ」


「なぜ日本が認めないかだって?まだ日本が何も言っていないうちから、お前のような中国人が証拠がないと言い出す。証拠なんていくらでもあるのに、どこから証拠がないなんて考えになった?最大の原因はまだ中国が確固たる強力なものではないからだ。そしてお前たちのような逆民族主義者の存在」
※こういう発想を本当にしますね、中国人は。まだ国力が十分強くないから自分たちの主張が通らない、みたいな、、、論点が最初からずれていて話になりません。


「お前らの子孫が断絶すればいい。まだ人としての良心が残っているなら、南京大虐殺記念館に行って切腹して謝罪しろ!」


「1つ間違ってるぞ。日本は証拠がないから認めないんじゃない。国内の強力な右翼勢力の支持を取りつけるために認めないだけだ。証拠が必要なら、南京大虐殺紀念館の資料はみんな鉄壁の証拠だよ」


「賠償を放棄しなければよかったのにね」


「まあ、中国は一貫して歴史と向き合ってこなかったからな」


「自分自身がねつ造を垂れ流しているってのに、他国といい関係を築くなんて無理」


などなど、肯定的なコメントと否定的なコメントが半々ってところでした。コメントにたくさん出てきた「南京大虐殺紀念館」について調べてみたら、ものすごいことがわかりました。この紀念館、実は日本の寄付で建てられたそうです。日本社会党の当時の委員長が建設を勧めたが、当時共産党は資金がないとして建設に消極的だったため、建設費用として3,000万円を寄付、実際にかかった費用は870万円で、残りのお金は共産党員で山分け(出展、ウィキペディア)とかなんとか、、もうむちゃくちゃですね。こういうのを見ると、次の選挙では媚中、媚韓系の政党には死んでも投票しないぞと強く思っちゃいますね。何しろ今の中国人の南京大虐殺へのよりどころ、というか証拠は日本が援助して建てた「南京大
虐殺記念館」なんですから。。。日本はどこまでお人よしなのか????ちなみにこの紀念館は開館が1985年だそうで、戦後40年もたってのことでした。今は中国の愛国主義教育基地だそうです。


中国人はこの30万人という数字自体はねつ造であると知っています。でもネットでこのようなことを言うのは大変勇気のいることです。日本とは根本的に感覚が違います。一党独裁の国ではあまりにも国民1人1人が弱すぎます。ちょっとでも国の意向に沿わない発言をしたり報道なんてしようものなら、たちまち拘束されます。最近は中国も遅ればせながら近代化してきましたので、最近は少しいいようですが、昔はよく街中で共産党員が道行く人民の話を聞いていたみたいですよ。中国人はこの時の記憶が今でも大変なトラウマとなっているらしく、外で共産党の悪口を発言することは極力控えます。最近は若者なんかは結構言ってますけどね。国に対する悪口。
女子がよく言ってるのが「中国は自分の国だから生活はしやすいけど、この国で子育てだけはしたくない」って言います。今は国外逃亡が何よりの贅沢。私は日本人で本当によかったな、と心から思います。。。


ちょっとそれました。
また書きます。

こんにちは。
今日は日本でもニュースになっていた女子サッカーU17ワールドカップで日本が優勝したというネタについての中国人のコメントをご紹介したいと思います。


まずは早速元ネタからご紹介します。
「日本代表は女子サッカーU17ワールドカップ決勝でスペイン代表を2-0で下し完勝、6戦全勝、23得点、失点は1という成績で優勝。2010年の3位という過去最高成績を超えた。2011年以降、日本の男子サッカーの各世代はアジア杯を制しているし、女子サッカー代表はワールドカップ等の大会で優勝している。U17ワールドカップも制した。この4年で5度目の優勝である。日本サッカーのこの驚くべき戦績は、私たちにいったい何を教えてくれるのだろうか?」
とのネタですね。では、これについて中国人ネットユーザーのコメントをご紹介します。


「これは注目に値する」


「日本の学校のサッカー場は広いから、、、」


「日本は正しい道を進んでいる気がする、我々は、、、道を見落としてる、、、」


「日本人のような変態民族に関して、いったい何を学べというのか」


「日本は確かに鬼子だが、、、それ以外にいったい中国はどこで日本を上回っているといえるんだ?謙虚になって学ぶべきところは学ぶべき」


「小さい子供たちがみんなサッカーをできるような体制になってから比較しよう」


「お前らメディアは毎日スヌーカー(ビリヤードの一種)ばかり放送してるっているのに、どこにサッカーやりたい!って思うような子供がいるっていうんだ?」
※確かに中国のテレビってやたらとビリヤードの中継が多かった気が。。。


「日本と中国の差は小さくないな」


「まあまあ、中国は卓球では世界一だし!」


「中国では貧乏人の子供はサッカーできないしな」


「球場を増やして政府機関の建物を減らせ!運動の時間を増やして、家に持ち帰る宿題の量を減らすべき」


「日本は何年か前に20年以内にワールドカップで優勝すると豪語したが、これが若干現実味を帯びてきてる、、、、」


「これぞ本物の嫉妬・羨望・恨!」
※この「嫉妬・羨望・恨」というのは本当によく出てくるワードです。


「もうこうなったら日本に勝負を挑もう!・・・・卓球で!」


「日本サッカーは中国サッカーのはるかはるかはるか遠いところに行ってしまった。。」


「男子サッカーのワールドカップに関していえば、アジアって観点では、認めたくはないが今回のワールドカップにおけるアジアの躍進は日本にかかっている。次のワールドカップは韓国かもしれない。中国は、、、ちょっと先が見えない。いったいどこに向かっているのか。。。」


「言葉もない、、、サッカーがこれ以上体制の影響を受けてほしくない」


「女子サッカーなんてたいして影響力ないだろ?」


「日本は中国より土地も人口も少ないんだぞ。これで日本に劣るとか、、、」


「本当にお金を若者に使ってほしいよ。特定の人間のポケットに収まってる分をさ」


「原因なんてすでに分かっているだろ。この特殊な制度を早くやめてくれよ」


「何が教えだよ。自分たちが変わらなければ、日本が100かい優勝したって何の関係もないだろ」


「日本サッカー協会の人間でも呼ぶつもりか?」


「清朝末期以降、我々は周辺の隣国が1つ、また1つと我々中国という大国を超えてゆくことにすでに慣れてしまっている」


「3大球技はすべて日本の後塵を拝してしまったな。唯一バレーボールが隠れ蓑になってるか?でもこれもすぐに破られそうな雰囲気だがな」


「原因は結局、庶民が貧しいってことだよな」


なんだかおかしな意見がたくさん出てきていましたね。最大の???な意見は「貧しいから」ってものでした。日本は金があるからサッカーできる環境が整ってる的なおかしな意見が本当に多かったです。世界最大のサッカー大国ブラジルは、貧しさから抜け出すために多くの子供たちがサッカースターを夢見て幼いころから裸足でサッカーを練習してるって聞いてますがね。サッカーのワールドスターにでもなれば恐るべき収入が得られますのでね。アフリカなんかもそうですよね。確か。
それと最も多かった意見は「体制の問題」ってのですね。中国では確かに子供が外でサッカーとかして遊んでいる姿をほとんど見かけません。私個人は空気が悪いのが大きいかな?とも思うんですが、それ以上に少数のスポーツエリートに認定された一部の子供以外は将来職業としてスポーツをすることが難しいため、あとは真面目に勉強してエリートになる以外に成り上がる術がない、ってことですね。なので、中国の子供たちは学校が終わるとまっすぐ家に帰ってきて、必死に勉強しているようです。最近は中国の(特に上海)子供たちの学力は世界一だそうです。結果として、、、中国の子供は勉強はできるかもしれませんが、デブです・・・・それと一人っ子なのでみんな堪え性がなく甘えん坊です。これはいいこととは決して思えませんけども・・・・


今日は日本のU17女子サッカーがワールドカップで圧勝だったそうなので、今日はそんなコメントを期待したんですが、中国の子供たちのスポーツ環境とか、そっち系に話が進んで若干微妙でした。


また書きます!
こんにちは。
今日は微博でおもしろいトピックスを見かけましたので、今日はこちらをご紹介したいと思います。お題は「台湾人は中国本土にどういうイメージを持っているか?」です。


では早速、元ネタからご紹介します。
「台湾人の中国本土に対するイメージ。①大陸の女はバッグなど見たことがないが、金のことは知っている。②最も美人が多いのは台湾である。③大陸のゴビ砂漠は馬が草を食い尽くしたのでできた。④大陸のGDPは5月の天演奏会次第で変わる流動的なものである。⑤大陸人が洗濯機を買うのは服を洗濯するためではなく野菜を洗うためである。⑥河北と河南はもっとも貧しいエリアで、冷凍水餃子ですらめちゃくちゃ高い。⑦大陸人は煮玉子すら買えない、インスタントラーメンを食べてたら人に囲まれる。」というもので、これは台湾のテレビ番組の内容みたいですね、これに中国人が噛みついたようです。ではこれについて、中国人ネットユーザーのコメントをご紹介します。


「全部間違ってるな」


「この番組に出演した台湾人の名前を教えろ」


「これって本当に台湾人が言ってるのか?韓国人じゃなくて?」


「ふん、同じ祖先で同じように進化した同族だろうに」


「台湾人っていうのは本当にいつまでたっても井の中の蛙だな」


「こんなのほんの一部の人間のことなのに、、、大陸に来たことのある人ならみんな分かってくれる」


「井の中の蛙どもが湧いて出てきたな。最近はこういう偏見に満ちた言動がすごく多いけど、俺は台湾を理解するために台湾に行ってもいい。お前らも大陸に来てみたらどうなんだ?」


「大陸は貧富の差が激しいだけなのに、、、」


「なんか煮玉子食べたくなったわ、、、」


「こんなのは一部分を強調しているだけで、ほとんどの台湾人はいたってまともだよ」


「吐血した」


「俺は台湾人だが、こんな風に思っている人間はいないよ」


「大陸と台湾の交流が少なすぎるよ」


「こんな低能なのは台湾人でも一部だと思う。実際俺の周囲の台湾人はすごいフレンドリー。中台の政治問題については一切口にしないし、大陸人はああだこうだとは言わないし。蔑視しているように感じたこともないな」


「台湾人はユーモラスだな」


「台湾に美人が多い?誰だよ、リン・チーリン?もう40歳のおばさんなのに、いまだにあれが台湾一の美人だろ?」


「洗濯機って野菜も洗えるの?」


「台湾には美人が多い?化粧がうまいだけでしょ!化粧を落としたらきっとびっくりするんだから」


「これはただのお笑いのネタみたいなもんだろ、本気にとったらその時点で負け」


「お前らを解放はしないよ。台湾は北朝鮮みたいなもの」


「台湾は二度と中国に戻らなくていい。ずっと自分たちの間抜けな世界のなかで生きていたらいい」


「なんだか時々、台湾がすごい遠くに感じる時がある」


「台湾人はもともと自分たちを中国人だなんて思ってないよ」


「そうだな、俺たちは非常に貧しい、貧しいが、ヴィトンやグッチがみんなやってきて開店してるぞ」


「台湾っていうのはいったいどこからこの優越感が生まれるんだろう」


「台湾人、、、、かわいい」


などなど、複雑な台湾人への心理が表れていたかな、と思います。中国人は日本人に対しては「恨」、韓国人に対しては「嫌」と、その感情が比較的はっきりしているんですが、台湾人には微妙な感じなんですね。中国人が台湾のことを悪く言ってるのを実際あまり見たことがありません。というのも、彼らは台湾を中国の一部と思っているからだろうと思います。でも台湾人は自分たちのことを中国人とは思っていません。ここらへんに微妙な温度差があるんだろうと思います。でも、私は北京で中国語を勉強して、その後も北京で仕事をしていましたので、私の中国語は完全に大陸の中国語ですが、台湾に仕事で行ったときにも、大陸の中国語で困ることは一切なかったです。中国の南方の中国人よりもよっぽど
わかりやすい大陸の標準語を話します。少し田舎に行ったときには若干高齢の方が台湾語訛りで聞き取りにくかったですが、コミュニケーションできないことはなかったですし。なので大陸と台湾の少なくとも文化とか言語的な融合は進んできている感じを受けました。台湾の芸能人は大陸でも活動していますし、台湾は中国の大陸人にとっても身近な存在になっているようです。台湾旅行も大人気ですね。


このテレビ番組の一種のおふざけに対して、1個だけ正しいかな、と思うのは「台湾は美人が多い」ってヤツです。私は北京でもたくさんの台湾人に会いましたが、台湾の女性は本当に美人が多い感じがします。コメントでも中国大陸の女子が反論してましたけど、台湾の美人が多いというか、美人率が高いです。あの人もこの人もみんな美人さんね、ってことが結構多いです。もちろん自分を美しく見せる努力も大陸の女性よりはるかにしている感じがあります。それにしても、台湾の漢民族を見るにつけ、今の中国の現状が悲しくなります。本当は台湾人のように明るく性格もよい民族のはずなのですが、、国の体制によって民族もこのように変わるんだな、という恐るべき見本です。でも個人の中国人はよい人も
多いのが救いですが。


また書きます。

こんにちは。
今日は日本企業が中国の日本人駐在員にスモッグ手当を出すらしいが中国人職員は対象外、とのトピックスに対して中国人があれこれ討論していますので、今日はこちらをご紹介したいと思います。


では早速元ネタからご紹介します。
「日系企業が日本人駐在員に対してスモッグ手当を支給するらしいが、これは中国人職員は対象外らしい。ニュースによると、日本の一大家電メーカー、パナソニックは中国に派遣された日本人職員に向けて、汚染手当なるものを支給するらしいが、中国人職員は保障の対象外のようだ。それは明らかな差別じゃないか?政府筋が日本ときっちり交渉して、中国人職員にも支給するようにすべきだと思う。このようなあからさまな差別は許してはならない!」
とか言う、、、、もう驚くべき主張なんですが、、、
では、これについて、中国人ネットユーザーのコメントをご紹介します。


「これはひどい」


「もうみんな日系企業に行けよ」


「このようなあからさまな差別は許してはならない!」


「こういうことは大きな問題じゃないだろ。汚染をできる限り少なくすることが、全中国人に対する最大の手当だろうに」


「ここはお前らの国で、お前らはこの国の人間なんだ。日本人は派遣されて外国に来なきゃならないんだ。扱いが違うのは当然だろ。別に何もおかしなことはない」


「自分たちの国の政府ですら国民を人間扱いしてないっていうのに、日本企業がお前らを重視するはずがないだろ」


「スモッグは中国に限ったことじゃないだろうに。なら日本にいる中国人職員に放射能手当を出せ」


「中国政府に出てもらって、日本と外交面で交渉してほしい。中国人の職員も日本人と同等の待遇を受けられるようにしなければならない!」


「こういう悪質な企業は国外退去に処してほしい」


「大気汚染に対する補償は本来自国で行うものだろ。外国人がすることを気にしてどうするんだ?」


「日本人職員は中国に来て働かなければならないためにこのようなスモッグに遭遇しているわけだ。でも中国人は別に仕事でなくたってこのスモッグとは離れられない。中国人が申請できないのは別におかしなことではない」


「日本人は人間で、中国人は人間じゃないってことか?小日本は人を馬鹿にするのもいい加減にしろ!」


「じゃあ聞くが、もし中国政府が国民に対してこのような補償を実施したら、中国で働く外国人にも同じように補償すると思うか?」


「日本人は環境の良い国から仕事のためにこのような環境の場所に住まなければならないんだぞ。補償するのは当然のことだ。中国人はもともとがこのような環境の悪い国で生まれたわけだから環境には何ら変化ないだろ?どこに補償の必要があるんだ?」


「そうだな、別に自然だと思うわ。悲しいけど」


「中国人を差別するのは許せない!中国人も日本人と同じ給料を要求すべき」


「中国の外交力は本当に低いよな」


「もう日本製品を不買しよう!」


「自分たちで環境をこんなに破壊しておいて、外国企業に対して自分たちを補償しろと要求するとか、、、強盗みたいなもんだな」


「なぜ自分たちの国に対して補償を要求しないんだよ」


「中国企業が中国人に対して補償しないことのほうがよっぽど差別だと思う」


「日本人を補償するのは、日本人の命に価値があるからだ。大陸の環境が日本人の健康を阻害し命を削るのなら補償するのは当然のこと。中国なんてまだ一人っ子政策なんてやってるんだ。人命に価値がなく汚染で人が死ねば人口抑制にもプラスになる」


「もういいよ、そんなうまくいくはずない。中国政府が国民のために話すなんてことはありえないよ」


「これってつまり、俺たち日本人はここにきたから汚染にやられるが、お前ら中国人はもともと汚染されてるだろ?ってこと?」


「これのどこがおかしいっていうんだ?大気汚染は日本が作ったものでもないのに」


「日本人はきっと、中国人はもはやあらゆるウイルスに対して抗体を持ってると思いこんでいる、だから補償もないんだよ」


などなど、様々に討論していました。最初のお題でかなり驚いたんですが、「日本企業に対して補償を求めるなんておかしい」みたいな意見のほうがどちらかというと主流なので安心しました。中には「パナソニックは中国の環境汚染に対してかなり保護の面で貢献している企業なのだからパナソニックを責めるのはおかしい」みたいな意見もありました。パナソニックが中国進出の英断を下したからこそ今の中国があると言っても過言ではないくらいパナソニックは初期の段階で中国に進出していますので、そのような企業に対してこの物言いはちょっとびっくりしました・・・パナソニックの職員の方は本当に中国にもたくさんいらっしゃいましたけど、大変な環境で働かなければならないので、補償などは当然と思います。中国にいた私なので余計にそう思います。あの環境は、、、下手をすると命にかかわります、真面目に。。。


私は好き好んでいきましたし、環境のせいで健康を害するな、と思って帰国しましたが、駐在員であればそのようなことも言っていられません。しかも私が帰ってきた頃は日中関係が大変に悪化し、中国の日本人に対する新規就労ビザの発給が滞っていたようです。なので、次の駐在員が来れば帰れるはずの日本人がたくさん「任期延長」していたのを見ました、、、あれはかわいそうでしたね。中国も子供みたいなあーいうことをしましたので、日系企業も日本人削減の方向に向かって行ったかな、とも思います。
それとコメントで気に入らないならみんなで辞めよう!みたいなコメントありましたけど、、、あれだけ就職難の中国で比較的待遇のよい日系企業(日系企業の福利厚生は中国の中でも抜群にいいです、実は欧米企業のほうが給料は高いですが、日系企業の福利がかなりいいため、日系企業は就職先として大変人気があります)を辞めることなど、もったいなくてできないはずです。できるなら逆にものすごい能力のある人間ってことかと思うので、それはそれでやってみてもらいたいですね。
今日はあまりにも驚くべきタイトル(というかつぶやき)でしたが、冷静な中国人が多かったです。こういうところは中国の侮れないところですね。まあ、当たり前の意見ですが。


また書きます。
こんにちは。
今日は微博を徘徊していて、ワールドカップネタでまたまた中国人が盛り上がっていましたので(自分たちは出場しないんですけどね、、)、今日はこちらをご紹介したいと思います。お題は「日本が2022年ワールドカップの会場になるかもしれない」です。


それではさっそく元ネタからご紹介します。
「カタールが2022年のワールドカップ招致の段階で多額の賄賂を使った疑いがあることや、またメディアで報道された通り、100名以上の外国人出稼ぎ労働者がスタジアムの建設現場で死亡したり病気になったりしており、ワールドカップの開催権をはく奪される恐れが出てきた。これは可能性があるかもしれない。現在、カタールの代替地としてワールドカップ開催の受け入れを表明している国は1つだけである・・・・・日本のみ。」という内容です。ではこれについて、中国人ネットユーザーのコメントをご紹介します。


「日本が1番いい選択肢じゃん。中国は無理」


「小日本はいいな、時差も少ないし、ってことで支持」


「中国はとっとと日本での開催を支持表明しろ」


「しかしFIFAも金のためなら何でもする汚い組織だよな」


「我々中国も喜んで受け入れるんだが」


「毎回中国でやってくれたっていい。1年に1回くらいやってもらいたいくらいだ。中国には金とサッカー人気があるぞ」


「中国代表にも芽が出てきたな。ワールドカップを開催するのは難しいことじゃない、でもアジア予選を勝ち上がるのはかなり難しいからな」


「日本での開催を支持する!時差も1時間だし、徹夜してワールドカップを観戦せずにすむ。でも1番いいのは中国で実施」


「20年にオリンピックで22年にワールドカップ、2年の間隔しかないな。でもブラジルもそうだしな、ありえる」


「日本でやってくれ!そしたら中国代表のアジア予選突破の可能性が上がる」
※日本が開催国枠になればアジア枠が1個増える感覚なんでしょうね。


「これは何だ?エイプリルフールの記事か?」


「中国ももちろんOKだぞ!こんなまたとない機会を見過ごすな!」


「日本はいいが、韓国は絶対にダメだ!さもなければまたもやワールドカップが見るも無残なことになるからな」


「なんか、日韓ワールドカップの惨劇が思い出されるわけなんだが」


「中国も早く受け入れ表明しろ!中国代表の持久力を見せつけるんだ!シュートしない、90分間、本当に1回もシュートしないがな」


「私たち中国はこのような形でしかワールドカップに参加できません。開催権を中国にください」


「そうだそうだ!一刻も早く受け入れ表明しろ!中国代表をワールドカップ出場に導け!」


「どこでやっても別にいいや、韓国でなければ」


「ていうか、100人以上の外国人労働者が死亡とかさ、いったいどうやったらそんなに死ぬの?」


「うーん、また日韓ワールドカップを再現てのもいいかも。そしたら今度はあの惨劇を現地観戦したいわ」


「日本での開催なら安心だが、カタールってのは、、、もしかすると韓国以上に悲惨なことになるかもしれない」


「実際、中国代表にとっては日本が開催国枠に入ってくれたほうがいいよな」


「建築現場の人間にとっても、もろもろ含め日本というのはいい選択肢」


「時差が云々はやめよう。その理論なら韓国もOKってことになるからな。また韓国なんてことになったら、22年ワールドカップの優勝争いにまた入ってくるぞ」


「中国はダメだろう、納税者が同意しない。金の無駄遣いとか騒ぐ奴が絶対にでてくる」


「日本でいいじゃないか、そのころには日本はもしかしたら中国に復帰してるかもよ、そしたら中国で開催と同じことじゃん」


などなど、本当かどうか知りませんが、このようなネタに対して、意外にも日本への好印象が伝わるコメントがとても多かったです。スポーツの国際大会を開催する国としての日本の評価は中国人にすらとても高いことがうかがえました。本当に多かったコメントは「日本はいいけど韓国はダメ」ってヤツですね。2002年のワールドカップのような惨劇はもうみたくない、みたいな意見が多かったです。日本なら時差がないから大歓迎、ってのが多かったですね。あと日本を支持する原因として、日本が開催国枠に行ってくれればそれだけ中国代表にチャンスが増える、ってものですね。これも一種の自虐ネタと言っていいかもですね。日本がアジア予選にいたら1枠は絶対に埋まってしまうので、それがなくなるだけ
でもかなり中国のチャンスが増える、って意見ですね。日本代表をいかに中国人が評価しているかがよくわかるコメントでした。
それと、実は最も多かったのは「中国も開催受け入れ表明しろ!」って意見。これについてはもっとも多かった理由として「中国は開催国枠でなければワールドカップに出場できない、これはまたとないチャンス」という、ちょっと泣ける理由でした・・・確かに中国はアジアの最終予選にも残れないことが多いですから、開催国枠でなければなかなか出られないかもしれません。FIFAも中国には「経済的な意味で」出場してほしいでしょうから、そのうち中国開催は真面目にあるかと思っていますが、今はあの大気汚染ですしね、ちょっと選手がかわいそうな気もします・・・・


私は2002年のワールドカップを覚えていますが、日本中が盛り上がった記憶があります。2020年に東京オリンピックなので間隔が小さすぎて大変な気もしますが。日本はインフラは抜群にそろっていますし、問題はないようにも思えます。ただ、2002年にやって2022年にもまたやるとか、、、ちょっと現実的でない感じもあります。しかも、まだカタールがどうなるかもわからない状態ですし、中国のネットでのネタなので話半分で聞いておきたいと思います・・・・


また書きます!

こんにちは。
今日はあまり中国と関係ないですが、世界各国の国旗をその国の特産品で表現したオーストラリアの広告会社のポスターが話題になってますので、そちらをご紹介したいと思います。どの国の国旗もおもしろいので、画像が4枚になってしまったので、早速元ネタと画像を載せます。


「オーストラリアの広告会社が世界グルメフェスのポスターをデザインしたものを紹介します。それぞれの国の特徴をよく表す特産品を選び、キレイな国旗をデザインしている。ブラジルはトロピカルフルーツ、ギリシャはチーズとオリーブ、日本は刺身、中国はスターフルーツとドラゴンフルーツを使っている」
4e8b648cjw1eesq5o34knj20go0go0u7.jpg

4e8b648cjw1eesq5mcoyhj20go0gognq.jpg

4e8b648cjw1eesq5kzhgzj20go0go75r.jpg

4e8b648cjw1eesq5lfzvbj20go0go40g.jpg

※上からイタリア、日本、中国、スペイン、韓国、フランス、タイ、アメリカの国旗です。


というものですね。ではこれについて、中国人ネットユーザーのコメントをご紹介します。


「このグルメ広告はかなり創造性があるな!」


「これはおもしろいね」


「韓国と日本のはひどいな」


「ドラゴンフルーツ?それならサンザシでしょうよ~」
※そうですね、ドラゴンフルーツは確かにどこのスーパーでも見かけますが、消費量としては圧倒的にサンザシのほうが多そう。美容にもよいので女子が好んで摂取します。


「あ、ドラゴンフルーツなのか。俺はてっきりポークハムだと思ったわ」
※中国人はハムも好きですね、確かに。でも特産品ではないかも。。。


「ていうか、ドラゴンフルーツって中国特産か?どこから来たものか知らないわ」


「アメリカもすごいな、、、ホットドッグだらけなんだが、、」


「スターフルーツとドラゴンフルーツは特産品?なんかおかしいな、いろいろ」


「中国のはきっと豚の角煮だろう」


「おかしいよ!なんで四川料理じゃないの?ジャージャー麺とかもっといいものあるでしょう?」


「小日本のが1番シンプルだな」
※日の丸っていつもこんな感じですよね、国旗としてシンプルすぎるので仕方ないですがね。。。


「一口ずつ国家を食っていく感覚だな、、、」


「いいね、こういった遊び心は生活を楽しくするね」


「見てたらおなかすいた、山に入って野菜とってくるわ」


「でも特産とはいえ、国旗になった食品を食べるのは勇気いるな、、」


「これはすごい」


「なぜ中国の遺伝子組み換え食品を使わない?」


などなど、中国人も楽しんでいたようですね。
それにしても日の丸、、、これは毎回ですが、梅干しだけとか刺身だけとか、、、まあ仕方ないですね、シンプルな国旗ですしね。
中国がスターフルーツとドラゴンフルーツとは中国人もイマイチ???でしょうね。確かに中国ではよく見かけるフルーツですが、サンザシやナツメなどのほうがよほど消費されているし、それにドラゴンフルーツもスターフルーツも中国の特産ってことではなさそうな気がします。


こういった遊び心は中国人は大好きです。どこから見つけてくるのか、こういうネタをよく見つけてきては楽しく討論しています。中国人は仕事で日本人ほどは残業しませんし、また、仕事帰りに飲みにいったりもあまりしません。なので夜がヒマなんです。。。北京のような大都市でさえ、終電がめちゃくちゃ早いです。なので、ネット依存は日本の比ではないです、たぶん。それにネットで無料動画とかもいろいろと見れますし、中国人は今やネットなしでは生きていけないのではないでしょうか。電車やバスなどでも日本みたいにスマホをいじりまくる若者をよく見かけます。
ですので、ネットにはこのような遊びネタもたくさん存在しています。それにどうでもいいようなコメントを残していく。微博は中国版ツイッターとよく言われますが、私は中国版の2ちゃんねるに近いと思っています。あまりにも中国人が自由気ままにコメントをしていくので。。。まったく関係ない中国のネット事情の話になってしまいました、あまりにも今日のネタにコメントが浮かばな過ぎて、、、、、


また書きます。

こんにちは。
今日は、先日ヤフーニュースで「韓国が浅田真央選手に対して批判的な報道を続けていることについて、中国人ネットユーザーの怒りが爆発」みたいなニュースを見かけて、以前ここで書いた「広州恒大に対する韓国の悪質な報道に対して日本人が激怒」の記事で紹介した中国人の反応と日本人ネットユーザーのコメントが酷似していて面白いな~と思って微博で真央ちゃんネタを探していたんですが、こちらのほうがホットトピックスになっていたので、今日はこちらをご紹介します。お題は「キムヨナへの不公平な採点を批判する韓国人に対する中国人の反応」です。


私も毎日微博で中国人の様々なトピックスを観察していますが、日本と同じで、韓国の特にこのフィギュアネタとサッカー関連では韓国人の言動は中国でも大変な嘲笑の的になっています。特にフィギュアは、外国人目線で見れば、彼女はほかの女子選手ではとうてい太刀打ちできないような男子並みの得点を与えられたりと(しかも技術面ではなく出来栄え点とかいう項目なのが非常に怪しい)、かなり優遇されているように見えますけど、それでも金メダルでなかったからと言ってオリンピックが終わってなお、あのように国を挙げて騒ぐとは、、、なんとも見苦しいな、と思います。そういう感覚は中国人もフツーに持っていますし、しかも中国人は容赦なくたたきますので、微博でも散々な言われようをしています。ちなみに中国でも人気は圧倒的に浅田真央選手のほうが上です。彼女は本当に中国で大変な人気がありますので、中国のアイスショーもずっと呼ばれているようですね。中国人にこれほどに人気のある日本人もちょっと珍しいです。うれしいことですね。
※余談ですが、今回の世界選手権のエキシビジョンで羽生選手と真央選手がペアで滑ったようですが、これの画像がかなり微博でも話題になっていて、トピックスもたくさんたってます。「私の1番好きな男子の選手と女子の選手が金メダル取ってペアで滑ってくれるなんてうれしい!」みたいなまるで日本人なコメントも散見されております・・・本当に、、フィギュアスケートの選手たちは日中友好の大きな懸け橋になるのではないかとすら思います。スポーツの力はものすごいです。


では早速元ネタをご紹介します。
「日本で行われたフィギュアスケート世界選手権のSPで浅田真央がキムヨナの持つ歴代最高得点を更新した。試合後、韓国のメディアがこぞってキムヨナへの不当採点疑惑を報道したが、ISU会長はそれなら証拠を出すべきとの認識を示した。意見を述べるのは皆さんの自由だが、証拠がないのなら、採点の公平性を疑うべきではない、と述べた」
との内容です。
ではこれについて、中国人ネットユーザーのコメントをご紹介します。


「この2人は本来大変実力のあるアスリートなんだと思う。でも棒子メディアのせいで俺にとってこの2人の印象がまったく違ってきてる。今回も棒子メディアはやっぱり期待を裏切らないな」


「棒子は実力もないのに金メダルが取れないと採点が不当とか言う」


「もうお前らは自分たちで大会を開いて全部韓国人優勝にすればいいじゃん」


「韓国メディアの自己愛がキモイ」


「韓国メディアの負け惜しみがひどいな。これがキムヨナのイメージを悪くしているのに」


「韓国人こそが最強!これこそがヤツらにとっての公平な審判」


「韓国は本当に笑えるな、お前らが2002年のワールドカップで何をやらかしたか忘れたのか?」


「冬季オリンピックの韓国チームの中には2つの結果しかない、1個は優勝。もう1個は実質優勝」


「棒子は、、、、本当に馬鹿だな」


「キムヨナは本当に素晴らしいアスリートなのに、、、なんで韓国なんかで生まれたのか」


「韓国人というのは本当に自分を卑下する民族だな」


「別にいつもの韓国メディアの平常運転だと思うが」


「本当に卑屈だよ。ヤツらの恥知らずっぷりには際限がない」


「棒子はイタリアやスペインの人がどう思ってるか聞いたことあるのか?こんなことを続けていたら、韓国が世界中の笑いものになるまでそう時間はかからないと思うぞ」
※サッカー2002ワールドカップでの審判買収疑惑についてです。イタリアやスペインに勝った試合があまりにも審判がおかしく、後日その審判が不正を暴露しましたのでね、たしか。。


「棒子は被害妄想症がひどいから仕方ない」


「また来たな、実質金メダル」


「金メダルが韓国人でなければ、ヤツらにとっては審判が不公平ってことになる」


「なんかコメント見てると、韓国が好きっていう人間は皆無のようだね」


「韓国は本当に負けず嫌いの塊」


「韓国が負ければ審判が不公平、韓国が勝てばすべてはクリーン。2002年のワールドカップをご参照ください」


「これぞ棒子国の世界観」


「もうさ、棒子は他国人のいない世界に行けよ」


「それにしても棒子のこの自尊心の高さはいったい何なんだ?」


「キムヨナが滑っているのをみると無理やり滑らされている感じがするが、浅田真央が滑っている時は心からフィギュアスケートを愛している感じがするよね」


「ISUは確かにロシアのあの金メダルはミスだったと思うよ、でもキムヨナではないな」


などなど、コメントが100%韓国を嘲笑するような内容でした。まあ、日本人だってバンクーバーの時は採点がおかしいって思った人もいたかもですが、こんな風に声高に国を挙げて主張するなんてことはなかったですし、これは国の恥でもありますね。
コメントで1番多かったのが「棒子は虚栄心の塊」みたいな意見でしたけど、あと「優勝でなければ気が済まない」とかですかね。うれしいコメントは「浅田真央はスケートを心から愛しているのが伝わる滑り」ってものですね。滑りで愛される真央ちゃんは本当に素晴らしいスケーターだな~と思います。日本のみならず世界中で今季もっとも評価をあげたのは実は彼女かもしれませんね。この競技自体は正直不透明な採点競技だし、引退してプロスケーターとして世界中のファンを魅了し続けるというのも彼女にとっては幸せなことなのかもしれませんね。韓国の目の敵にされていますし、何より次のオリンピックはその韓国ですし。。。。。


このようなネタは日本関係では絶対にないですが、何か日本が同じように中国人の嘲笑をかうようなことがあった場合でも、ある一定数は必ず「擁護派」というものが存在します。日本はこういった部分が素晴らしいから見習うべきところは見習わねば、みたいな意見ですね。ところが韓国絡みのこのようなネタにはそういうコメントは皆無で100%嘲笑コメントが続きます。この辺が日本と韓国の最大の違いです。今の中国で韓国が好きなのは一部の韓流ファンだと思いますが、それもそんなに多くはないですし、本当に韓国は今のままのスタイルでいくと誰かのコメントにもありましたけど、世界の嘲笑の的になるかもですね。。。国の内部からこのような意見が上がってこないことが不思議でなりません。(あるけど伝わってこないだけかも、、、)


また書きます!

プロフィール

megumi1128

Author:megumi1128
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR