こんにちは。
今日もまたまたアジア大会ネタになってしまってすみません。本当に中国の微博はこのネタ一色なもので。。。すごい注目度ですね~。日本はそれほどでもないように思いますが、中国はおもしろいようにメダルを取っていくので、見ていて爽快なのかもですね。ちなみに、今日の1番多いネタは、いまだに、、、水泳の男子4×100mリレーで僅差で中国が日本を破った!ってヤツ。これ、トピックスが乱立していてかつ、ものすごいコメント数です。中身見てないのですが、水泳の男子は日本にやられまくっていましたので、これがうれしかったのかもですね。そんな中、今日のネタは日本の競泳選手がカメラを盗んだ!という、中国人は興味深々だろうな~と思うネタです。


では早速元ネタをご紹介します。
「日本の競泳選手、富田尚弥はアジア大会中に韓国の記者のカメラを盗み、日本選手団をクビになった。富田尚弥はカメラを見た瞬間、頭がクラっとし、すごく欲しくなった、と話している。日本人の面目丸つぶれである」って内容ですが、、、、この件では反論は一切できないですね。ではこれについて、日ごろから日本の民度はとても高い、見習わなくては!と言っている中国人のコメントをご紹介したいと思います。


「日本人がいかに教養があるか、って日頃言ってるヤツら、コメントしてみろよ」


「いつも思うが、日本人って言うのはどうも嘘くさいんだよ」


「選手たちは国を代表して海外に行ってる。こんなことしたらそりゃクビにもなるわ」


「日本チームは仁川アジア大会でカメラをゲット!よかったな!」


「日本選手っていうのは収入はどれくらいあるんだろう。国内の援助はどのくらいなんだ?このような盗みを働いた原因はいったい何なんだ?それが知りたい」


「アスリートである前に、人として立派であることを学べよ」
※先日の萩野選手のコメントを皮肉ってますね、こんなことを言われるのも仕方のない事件ですが、、、


「日本の戦績:金30、銀42、銅35、カメラ1」


「大きいところでは海や島、小さなところではカメラと、日本人はあちこちで盗みまくってるな」


「みじめだな、日本ってのは報奨金が少ないのか?カメラを盗むなんてありえないだろ。中国選手の報奨金は家や車が余裕で買えるくらいなのに」


「カメラ盗むとか、、、日本ってそんなに貧しかったかよ」


「これでもまだ孫楊に人としていかにあるべきか、とか言うつもりか?お前らがまず人としていかにあるべきか学べよ、負け犬が」


「競泳のトップアスリートがカメラも買えないのか?盗むとか、、、恥さらしもいいとこ」


「優秀なアスリートである前に、立派な人でありたい:萩野がお前のために心から言ってるぞ!」


「何なんだ?絶対に見られたくない写真でもとられたか?」


「試合が終わって、韓国から無事に日本に帰れるだけで素晴らしいことなのに、なぜカメラなんて盗むんだ?」


「これについて、日本人がどう思っているのか、それが気になる、、、」


「これは、、、韓国人の陰謀なんじゃないのか?そうに違いない」


「別におかしくもなんともない。日本人はもともと、他人のものを見れば盗む。盗めなければ奪う、これは天性のもんだ」


「まあしかし、日本チームにも良心はあるんだな。クビにするんだから」


「でも、こういう馬鹿を見るのは嫌いじゃないな」


「こいつは北朝鮮に洗脳でもされたんじゃないのか?こんなバカなことをしでかして」


「バカかよ。日本にはソニーとかいいメーカーたくさんあるのに、棒子のカメラになんか見とれるとか、、これはもう因果応報」


「日本のスポーツ選手っていうのは、それほど待遇がよくないんだろうな」


「このニュース見たときは本当に驚いた!いったい何が目的だったんだ?」


「日本の武士道精神にのっとって切腹しろ」


「こいつは日本人としてはふさわしくない」


「これはどこかのカメラメーカーの広告なのでは?」


などなど、、、これはなかなか反論できないですが、、、日本の民度云々ってより、この事件をネタに好き勝手言って楽しんでいるみたいでしたね。実はもっともっと、日頃から日本は民度が高いだのなんだの言う中国人が多いので、もっとそういった中国人が攻められたり、日本人はたいして民度が高くないとか、そういうコメントで満ち溢れるかと思いきや、もちろんそういうコメントもありますけど、結構あるのが、「こいつは日本人らしくない」とか「韓国にハメられた」とか、そんなコメントが結構多くて意外でした。、私が思っている以上に、中国人の中での日本の評価というのは高いのかもしれません。韓国ではここぞとばかりに散々叩かれているようですが。


それと、結構多かったのが、中国人が本気で不思議がっていたんですが、「なぜトップアスリートなのに自分で買わない?」ってもの。中国ではスポーツエリートはたぶん日本よりはるかに手厚い待遇を受けるのだと思います。日本だと、一部のアスリートを除き、結構大変な生活を強いられると聞きますし、ここは結構貧富の差が激しいのは日本なのかもですね。一部、CMなどに出たり世界で活躍するようなトップアスリートになれば別かもですが、そんな選手は本当に一握りで、ほとんどの選手がそれほど手厚い待遇は受けられず、努力しているのだろうと思います。それを思うと、日本の選手は本当に頑張っているな、って思います。特にマイナー競技は中韓と日本では大きな差があるのではないでしょうかね。この辺は中国とは事情が異なるので、本当に不思議だったみたいです。まあ、収入がいくらかを問わず、国を代表して国際大会に出場している選手がしていいことではないですが、、


今日はこの辺で。
また書きます。
スポンサーサイト
こんにちは。
今日もまたアジア大会ネタなんですが、、最近の日本関連の微博は本当にこのアジア大会絡みがとっても多く、またちょっとおもしろいネタも多いので、今日もこのアジア大会から、今日は日本でも大変な話題になっている「バドミントンの試合における風問題」について書きたいと思います。


バドミントンは日本も最近は強いみたいですが、世界のトップは何といっても中国です。ちなみに、中国に行けばバドミントンが世界一なのも納得の光景にたくさん出会います。というのも、中国人は庶民レベルでバドミントンとか卓球がとっても大好きで、街中でも中国人がよく遊んでやってます。私も中国人にバドミントンに誘われたことがありますが、なんか、、、庶民でも日本の部活くらいのレベルにありそうなので丁重にお断りしました。。。
では元ネタをご紹介します。
「アジア大会の男子団体において、日本は韓国に2-3で敗れた。報道によれば、日本の田児選手は第1セットをとったものの、第2セットでは館内の空調から突然強風が吹き始め、田児選手は逆風によってセットを落とす。第3セットに入り、コートチェンジをした後、風が突如風向きを変え、田児選手はまたも逆風にあおられ結局この試合に負けてしまった。同じように逆風によって敗戦したインドネシアの選手も同じように述べており、風向きは常に調整がされていたと述べている。日本のネットユーザーは声高に褒め称えている、さすがは韓国!と」という内容ですが、、、この男子団体は確か決勝で中国も韓国に負けていたように思いますが、、、、ではこれについて、中国人ネットユーザ ーのコメントをご紹介します。


「ウケる、、、、さすがは韓国とか。。。」


「棒子の汚さはまったく変わらないな、こんな小国のこの民度じゃ、棒子は絶対に大国にはなれないな」


「大韓、、、、そんなに負けたくないのか?」


「まあ、、これはきっと風の起源は韓国と言いたかったんじゃないか?」


「孫楊の件も朴泰煥が戦術かなんか使っただろう(報道のことかと思います)。結局は日本の萩野に負けてざまみろ、なんだが」


「日本人が言ってるぞ、自分たち以上に恥知らずな国家が存在した!ってな」


「世界一の恥知らず国家だよ、本当に。これはさすがの日本もかなわない」


「これこそまさに、神風特攻隊だ」


「韓国は本当に、中日友好の懸け橋となるべく、本当に頑張ってくれている」


「02年のW杯を思い出すわ。あの時も韓国はポルトガル、スペイン、イタリアを陥れ、4強に進出した。あの時もおかしなレッドカードが出まくり、ゴールは無効にされ、おかしなアディッショナルタイムが追加され、全世界のサッカーファンを大いに怒らせた」
※でも、この後、韓国人は特にセリエAに進出できなくなったみたいですね。スペインにはちょっとはいるようですけど。


「こんなことは初めてなんだが、、、日本チームに同情したわ」


「金メダルなんてどうでもいい。安全にだけは注意してくれ」


「もう慣れたわ。勝てないとなったら卑劣な手段に出るのはいつものこと」


「こういったことは韓国の一貫したやり方なんだから。中国との決勝でも絶対に同じことをしてくるから、心の準備をしておけ!」


「はは、棒子が日本を勝たせるわけないだろ?どんな手も使ってくるよ」


「アジア大会が開会して数日、心の中では常に棒子が次に何をするか、わくわくしている自分がいる。。。。」


「中国がこんなことしたわけじゃなくてよかった!自国がこんなことしたら恥ずかしすぎる。。。。」


「日本は嫌いだが、韓国はこれじゃ器が小さく恥知らずだな。スポーツ精神を学べよ」


「日本チームの進歩はすさまじく早く、トマス杯も優勝したよな?この田児っていうのは李宋偉に勝ったヤツじゃないのか?韓国はマジでキモイ」


「レーザー光線を使わなかっただけでも十分配慮しているスミダ」


「この前の冬季オリンピックのショートトラックでも韓国はインチキ行為を結構してたよな。もう本当に無事に帰ってきてくれればそれでいい。金メダルなんて体に比べれば重要なものじゃないんだから」
※日本と同じ反応で面白いですね。。。。


「韓国、、、、クズすぎる」


「韓国はとにかく負けが許されない。宇宙もすべて韓国のものだしね。負けるってことは何よりも恥ずかしいことなんだそうだ」


「02年に比べればずっとマシだよ。棒子がどんなもんかなんて、もう世界中の人が知ってるし」


「棒子ファンはおかしなファンタジードラマの見すぎなんだよ」


「韓国の低俗な民族主義がスポーツ精神を侮辱した。この国に国際大会の開催は無理だよ」


「世界でももっともゴミ国家。国民の民度も最底辺だわ」


「宿泊先も食事もひどいみたいだね。中国チームは安全に帰国してくれればそれでよい。金メダルは2の次で命が大事だよ。空腹で試合をして、エアコンはなし、食事の中に細菌がいるとか、、韓国は1番になるためなら何でもするよ」


このように、、なんだか日本と同じようなコメントが多かったです。中国はスポーツについては非常にまともですし、もちろん自国の選手を応援はしますが、他国の選手でも素晴らしい選手は褒めますし、認めます。この辺が韓国とは度量が違う感じですね。中国はそもそも強いですしね。韓国は負けてはならない、っていうのが本当に強いみたいで、勝つためならどんな手段をとってもとにかく結果が重要って考え方みたいなので、日本人からは想像もつかないこともしでかしますね。W杯は私はじっくり見てはいないですけど、本当にひどかったみたいで、今でもあれが原因で韓国人は嫌われているって聞きますので、当時ベスト4に入った(疑惑の)成績よりも、その後に失ったものの ほうがはるかに大きいような気がしますが、、、そういう考え方はしない模様。


韓国は自称資本主義、民主主義国家ですが、中国や北朝鮮みたいにスポーツを国威発揚に用いるあたりは共産主義国家みたいですね。日本が韓国のようにマイナー競技に大金を注ぎ込んでとにかく国際大会でメダルの数だけを追求すれば韓国よりも多くのメダルを獲得できるんでしょうが、日本はそういうことはしませんし、実は韓国よりはずっと、スポーツへの国家予算投入金額が少ないようです。それを考えると、日本の選手のように世界でも割とメジャーなスポーツで世界を相手に戦っていてすごいな~と思います。国を背負うっていう意識はその分日本より韓国の方がずっと重いでしょうし、プレッシャーも半端ないでしょうから、韓国の選手には同情もしますが、、、日本の選手 へのブーイングやこのような不正疑惑など、日本人の感覚ではちょっと考えられないようなことが多く起こっているのも事実なので、やっぱり韓国ではできれば国際大会はやめてほしいな、って思いました。中国人もこの辺は同じ意見ばかりですが。。。。


今日はこの辺で。
また書きます。
こんにちは。
中国に行っていまして、しばらくお休みしていましたが、帰国しましたのでまたこちらを書きたいと思います。
ただ、、、今は中国での起業を模索中なので、ちょっと休みがちになるかもです。
今日は、日本でも大変話題のこちらのネタをご紹介します。お題は「孫楊が「日本の国歌を聞くのは不快」と発言、アジア大会」です。


アジア大会は日本ではそこまで注目されていませんが(別の意味で注目されているんですかね、、、特に韓国のもろもろの酷い案件について)、中国はアジア大会ともなるとぶっちぎりで勝ちますので、中国では日本よりは注目度が高く、今日は久々に微博を見ましたが、アジア大会のネタでもちきりです。北京の地下鉄の車内でもアジア大会が放送されていましたね、スポーツニュースとして。中国人はスポーツ大好きですし、自分の国がとても強いので、見るのも楽しいみたいです。競泳については、日本と中国の一騎打ち的様相でしたので、日本に勝った~とか、日本に負けた、、、とか、そんなんで一喜一憂しています。。。
ではそんな中、日本でも大変な話題になっているこちらのネタについて、元ネタをご紹介します。
「24日、アジア大会競泳4×100m自由形リレーで中国代表が金メダルを獲得、日本代表は2位となったが、試合後、孫楊はこれで中国の国民にも喜んでもらえたかと思う。実際、日本の国歌は聞き苦しいし、とコメントした。その後、日本メディアは孫楊が問題のある選手であると報道。ライバルである日本の萩野選手はアスリートである前に人として立派な人になりたいとコメントしている」との内容ですね。この孫楊の発言には「难听」という中国語が使われていますが、これはちょっと訳が違うかな?という気がしなくもないです。この难听の反対語が好听ですが、これは「素敵な音楽で好きだな~」みたいな意味で使うことが多いですので。まあ、この难听という単語自体いろいろな意味がありますので、ご本人に聞いてみなければわかりませんが。。では、この件について、中国人ネットユーザーのコメントをご紹介します。


「バカなヤツだ、、、そんなことは心の中で思っていればいいことで、口に出す必要はないだろうに」


「でも別に間違ったことは言ってないぞ、確かに聞き苦しいし」


「これはまあ、やりすぎの感が否めないわ」


「確かに聞き苦しいのはあるんだが、公共の場で言うことではないな。誰だって、他国の人間が自国の悪口を言っていたらいい気はしないからな」


「確かに日本の国歌はレクイエムみたいで暗いし聞き苦しいな。でも公共の場で言うべきではない」
※あの荘厳な感じは私も子供の頃はよくわかりませんでしたが、今では日本らしくて好きですが。中国人にはわからないかもですが。もともとは中国からやってきた音楽を元に編成された雅楽に基づいてるって聞いてますが、、、中国人は昔の大陸の中華民族とは別民族なので心に響かないかもですね。。。


「日本の選手が中国国歌は聞き苦しいって発言したら、何を言われるかわかったもんじゃない」


「他国の国歌が聞き苦しいなんて発言をする前に、国歌が国にとってどんな意味を持つかを考えるべき。もし日本人が目の前で中国の国歌は聞き苦しいなんて言ったら、俺はおそらくその日本人をまず最初に殴ると思うわ」


「金メダルは取ったかもしれないが、これでは国際的な恥さらし」


「人として立派な人でありたいとか、、、まず自分の国の首相が人として立派かどうか、そこを確認してから来い」


「結局萩野の言ってることが正しいな。何事もまずは人として立派であることが大事だよ」


「なら日本は人としてどうか、って部分はどうなんだ?なぜ歴史を認めない?なぜ中国を侵略した?孫楊が国家が聞き苦しいって発言したら許せない?侮辱されたとか思ってんのか?なら靖国神社に参拝するときに、中国人の心情を考慮したことはあるのか?」
※必ず湧いて出る反日コメントのテンプレみたいなもんですね。必ず出てきます。歴史を認めないってヤツ。だんだん韓国に近くなってきてる気がします。。。


「孫楊はいろいろなところで見るが、自意識過剰なんだよな。。。」


「この発言を読むと。孫楊は自分が勝って、中国国歌を聞きたい、って意味に見えるんだけどな」


「日本人に対して好感を抱くことはできないのだから仕方がない」


「国歌を代表する選手として、水泳の技術は申し分がないものの、素養についてはかなり問題があるな」


「たしかにモラルがないが、彼を攻めることもできないな。彼はモラルなんて教わることはなかっただろう。ただの水泳バカなんだ。中国のアスリートはみんなこんなもんだよ」


「確かにこの発言は間違っていると思うが、それでも日本人の中には人として最低の人間もいるだろう。日本に孫楊をとやかく言う資格はない!」


「言論の自由だろ。日本は歴史を正視しないのだから、中国人から好かれようなどと思うな」


「事実ではあるが、、、そんなにあからさまに発言するなよ」


「中国人はみんな日本が嫌いだが、言っていいことと悪いことがある。孫楊はこのような国際的な場でこのような発言をするべきではなかった。恥ずかしい」


「日本の国歌を聞き苦しいって言うのは、中国の唐朝文化を否定することになるんだが?」


「日本人にいいたい、政治家である前に人として立派な人になってくれ」


「孫楊が個人的な考え方を述べただけで、なぜ中国人のモラルとか、中国の教育問題に発展するんだ?」


「相手は日本だ。他国ならモラルがないって言われても仕方ないが、日本はかつて中国を侵略した国なんだ。なぜ遠慮する必要がある?」
※中国を侵略した国はいつの間にか中国人の中で日本のみになってきている気がします、、、ロシアとかにはかなりやられているはずなんですが。愛国青年の中では日本がにくいという気持ちしかないので仕方ないですね。反日教育(洗脳)恐るべしです。


「でも、日本の選手がカメラ盗んでたよな、、、、何が人として立派に、だ。日本だってたかが知れてる」
※このネタ、実はこの孫楊以上のホットトピックスになっちゃってます、、、実際恥ずかしいですし、日本にもこういう人間はいるってことで大変話題になっているかと思うととても残念です。。。


「中国人が日本人を嫌うのはいたって正常なことだろう?思ったことを言っただけで、ここで叩いている連中はいったい何なんだ?聖人かよ」


「スポーツの試合に愛国主義を持ち込むべきではない。洗脳されてる愛国青年は洗い流して来いよ」


などなど、確かに「恥ずかしい」とか「こういう発言を公共の場ですべきではない」って意見がメインではあったんですけど、、、かなりの数の「反日コメント」も湧いていました。中国の反日は田舎とか貧しい人の間では成功していて、上流とか高学歴の人間ほど洗脳度合いは低いんですが、相変わらず洗脳された人間も多いんだな~というのが正直な感想です。特に「相手が日本なんだから何をしてもかまわない」的なコメントがちょっと見られましたので、ここら辺が一部の中国人の日本に対する感覚なんだろうとも思います。多くのコメントが「他人を尊重する姿勢を学べ」的な発言だったので、洗脳された人間ばかりではないですが。


日本人が同じようなことをこのような公共の場で発言したら(しないでしょうが、、、)、日本では散々に叩かれると思います。しかし、ないと思っていた「窃盗」が起きてしまいましたので、本当に何が起きるかわかりませんね。中国では孫楊のようなスポーツエリートは幼いころからスポーツばかりをさせられて育ちますので、モラルとかそういったものは期待しないでほしい、みたいな意見もりましたけど、それもあるかもですね。本当に一部の選抜されたスポーツエリートはそこからひたすら育成されますので。でもこうして公共の場で発言する機会も出てくるのだから、最低限のモラルみたいなものは身につける必要があるのでは?と思います。思いのほか中国人に叩かれましたので、その後謝罪コメントが出てましたが。。。。


今日はこの辺で。
また書きます。
こんにちは。
今日はこのネタは実は数日前からホットトピックスなんですが、ちょっと中身を読んで、え~そうなの?と思いまして、コメントに興味はあまりないんですが、ネタとしてお届けしたいと思います。


では元ネタからご紹介します。
「ニュースの報道によると、日本政府は近日中に外国人旅行者を呼び込むための一連の新政策を開始する予定で、たとえば、10月1日より、日本を訪れる外国人旅行者への免税の商品範囲が化粧品や食品等、一般の消耗品にも拡大、全商品免税を実現することになる。これによって最大の利益を受けるのは中国人旅行者で、旅行者の数で計算すると、1年で12億元もの税金を支払わなくて済む計算になる!」ってものですね。12億元って、、、マジなのか?それで旅行者が増えればOKなのかな?ではこれについて、中国人ネットユーザーのコメントをご紹介します。


「やはり小日本は中国のためを思ってくれているんだな」


「いかずに何も買わなければもっと節約できるだろうに」


「経済状態がよくなくて、日本も焦っているんだろう、、、、まあ、自業自得!」


「10億元の商品がさらに買えるってだけの話」


「わ~、行きたい!自分で稼いだお金を使うんだもの、安ければそれでOK!」


「外国ならどこの国でも行ってみたいけど、それでも日本だけはない」


「日本が謝らない限り、行くことはない」


「小さな利益のために、大義を失うとは、、、バカらしい」


「日本人は中国を敵視していて、中国への旅行者が大幅に減った!日本は釣魚島を奪ったが、今年中国人の訪日観光客は大幅に増えている。この2国の国民性を比較してみると中国は実にバカが多い」


「国辱を忘れるな!世界にはこれほど多くの美しい場所や免税店があるのに、なぜ好んで日本へ行き経済に貢献するんだ?税金だけで12億元だぞ!」


「このニュースはまるで日本を宣伝する広告のようだ、売国奴」


「あ~、こんなの見たら日本に行きたくなるわ~。おいしいものもいっぱいあるし、化粧品も免税だなんて。。。。」


「来年大学入試が終わったら絶対に日本の秋葉原に行くんだ!買いたいものがいっぱいある!」


「質のいい商品、安全な食べ物、きれいな環境。お金を出していく価値があるよ」


「マジで?国慶節(10月最初の1週間の中国の休暇です)で行きたいくらい」


「国慶節で行きたいけど、今からじゃビザが間に合わないよな」


「日本のものは質が良くて素晴らしいのに、それを買ったら売国奴か?バカが湧いているな」


「日本はついに今の経済的困難を解決する正しい方法を見つけ出したってことだな」


「冬休みに今度こそ北海道に行きたい!」


「こんなニュース見たら、すでに何を買おうかって考え始めてるわ、、、」


「東京はお買い物天国!」


「しかし、、、、行きたい!買いたい!ってヤツが多すぎる。。。俺が日本に行ける頃には日本中のものが品切れなんじゃないか?」


「これは中国人を非国民化させる悪いニュース」


「これもかえって中国人に金を使わせる一種の戦略だろうな」


「国辱を忘れるな!惑わされてはいけない!」


「9月18日、国辱のこの日によりによってこんなニュースを報道するとは、、、、、」


「9月18日にこのようなニュースをあえて報道して、それでも日本に行く中国人を見極めるんだろう」


「どれもこれも放射能に汚染されているんだろ?俺はいらない」


などなど、、、、9月18日の反日の日によりによって「日本に行くと免税になってお得ですよ~」みたいな記事が出ましたので、これに反発している人も若干いましたが、みんな総じて「行きたい~」ってコメントでした。日本はとにかく商品の質が良い、サービスが素晴らしい、環境がいい、ご飯がおいしい、などなど、いいイメージが定着していますので、反日ではあっても日本に行きたい人がとっても多いです。今は知りませんが、中国人が日本に来るにはある程度の貯蓄がなければならず、それを証明しなければ日本へのビザが発行されませんので、中国人で日本に来ている人というのはみんなそれなりに収入のある方です。そのような収入のない方はそもそも日本にはこれませんの で、「日本にいく人間は売国奴」みたいなコメントをしたりします。これだけ見ても相当な格差社会です。収入がなければ日本に来れないっていうのが、、日本ではなかなか想像できない状況ですね。


それにしても、ニュースを見ていなかったか、10月1日から外国人には多くの商品が免税になるってことをここで初めて知りました。日本人は間もなく10%の消費税納税を余儀なくされるというのに、、、、中国だけでも12億元の税収減だとは、、、まあ、これで日本に来る人が増えたりその分買い物が増えたりってのが狙いなのでしょうが、、、ちょっと日本人がかわいそうだな、っていう気もします。日本は観光資源がこれだけ豊富なのに、物価が高いからか(アメリカ人が昔そういってました。日本は素晴らしい国だけど、来ると金がかかると)、外国人旅行者の数は他国と比べて少ないな、と思います。私は東京出身ですが、日本でまだまだ行ききれていない場所がたくさんあります。 京都や金沢にはめちゃくちゃ行っていますが。それぞれの場所でそれぞれに素晴らしいところがあって、どこへ行っても素晴らしいです。これをもっとたくさんの外国の方にも知ってほしいな、と思いますが。免税なのかぁ・・・・うらやましいですな。


今日はこの辺で。
また書きます。

※明日からちょっと中国に行ってきますのでお休みします。また帰国しましたら更新しますので、よろしくお願いします!
こんにちは。
今日は日本でも話題ですが、ソフトバンクの孫正義社長が日本1の富豪になったっていうのが中国の微博でもホットトピックスになっていますので、今日はこちらをご紹介します。中国では孫正義さんは中国でも有数の企業、アリババの筆頭株主として大変有名なのですが、その孫さんが日本1の富豪になったということで「富豪」に敏感な中国人がどんな反応を見せているか、ちょっと興味があってこのネタにしました。


それではまず、元ネタをご紹介します。
「アリババがNY株式市場に上場したのを受け、その筆頭株主で日本のソフトバンクの創業者であり、現在の総裁兼CEOでもある孫正義が日本の富豪ランキングトップに躍り出た。ブルームバーグの世界長者番付によれば、孫正義の総資産は166億ドルで日本で第1位、第2位は柳井正で総資産は162億ドルであった」との内容です。ではこれについて、中国人ネットユーザーのコメントをご紹介します。


「アリババの筆頭株主は日本人だったんだっけか」


「この名前じゃ、、、、知らないヤツは中国人だと思うだろうな」


「また馬鹿なヤツらが売国奴論を展開する予感、、、、」


「ブルームバーグの長者番付では馬雲(アリババのトップ、中国では大変な立身出世の有名人)の総資産は218億ドルだそうだ。もうすぐ孫正義を抜くんじゃないか?」


「孫正義は祖先は中国人、その後朝鮮に渡り、その後に日本に移民した家系」


「本当に疑問なのは、なぜこれほど多くの中国企業の株主が日本企業なんだろう。別に俺は愛国青年でもなんでもないが」


「当初、アリババに資金が足りなかった時代、中国人がアリババに投資なんかしたか?今は稼いでいるけどな」


「昔、中国の企業は融資を受けることができず、また上場もできなかった。当時の環境では外国企業に投資を求める以外に道がなかった」


「日本ほどの資本主義国家でも富豪のトップが166億ドルとは、、、、」
※中国の富豪は13億の富をむさぼっていますからね、、、規模が違います。


「孫正義の戦略研究所の最大の課題は今後30年の世界経済の動向らしい、中国のように3~5年のことをあれこれ言っているのとはわけが違う、この差はとてつもなく大きい」


「孫正義の投資眼は恐ろしい。株で世界の富豪に躍り出たし、中国でもアリババ以外の多くの会社の株を所有しているようだ」


「当時の環境では、中国に投資の風潮はなかったし、アリババはソフトバンクからの2000万ドルの投資がなければ今はなかった」


「中国でもっとも希望の持てる産業ですら日本人の手の中にあるとは、、、中国人には何も言う資格はない。自身が発展している段階で、物事を見極める目もなく、今になって外国を恨むとか、、、」


「日本が最大の投資家なんだ、、、使いたくないな」


「当時、馬雲は国内の投資家を随分と探したそうだが、誰も投資をしたがらなかった。それで仕方なく日本に出向いた。孫正義は協議において、投資はするが、社長を罷免する権利は永遠に放棄したそうだ。こんなこと、中国人にできるか?」


「国内の投資家は今頃地団駄踏んで悔しがっているだろうな」


「在日韓国人だろ?」


「ちょっと聞きたい。孫正義って名前、これ日本人なのか?中華の末裔か?」


「アリババはもはや日本企業だよ、まったく」


「アリババは日本が育てた企業だよ、俺は京東を支持するわ」
※アリババはタオバオを運営、京東は360BUYというサイトを運営しています。この360BUY、タオバオに比べたら商品数は全く持って劣りますが、サービスはタオバオよりいいですね。


「アリババが日本企業とか言ってるヤツら、、、中国人はみんな日本のカメラ使ってるが、それはOKなのか?」
※これは本当にそうですね、、、中国人が使ってるカメラは本当にキャノン、ニコン、ソニーなどの日本企業のもの。他はほとんど見たことないです。


「それでも、中国最大のネットショッピング事業を牛耳っているのが日本人だなんて、、、悲しすぎる」


「中国人は本当に馬鹿だ。馬雲は中国で投資家を見つけることができなかったのは中国人に先を読む能力がないからだ。孫正義がアリババに投資したのは、その時点でアリババの未来が見えていたからだ。孫正義がいなければアリババもなかった」


「どうあれ、俺は日本人が嫌いだ。日本人は中国に対して野心が大きすぎる」


「どこの国にもいい人もゴミみたいな人間もいるってこと。当時、彼が助けなければ今の馬雲もなかった」


「日本国籍の朝鮮民族だろう?とにかく天に才能を与えられた人物」


「日本が中国に野心を持っているってのは、どこかのバカが作り出したウソだよ、今の日本は民主主義国家だし」


「これで日本を罵るなんてどうかしてる。罵るのではなく反省すべきなのに」


などなど、前にこのネタをご紹介したときには、中国で最大のショッピングモールであり、ものすごい売上規模を誇るタオバオを運営しているアリババがこっそり日本が筆頭株主だった、ってことで相当なショックを受けていた中国人ですが、時間が過ぎて、だいぶ落ち着いたんだか何だか知りませんが、今度は随分と孫さんを褒め称えるコメントが多くて驚きでした。。。コメントを鵜呑みにするならば、馬雲さんは中国では今や知らない人はいないほどの中国における現代の理想的な立身出世を成し遂げた偉人のごとき扱いなんですが、その馬さんが当初は中国の投資家に見向きもされず、仕方なく日本に行き孫さんに投資を求めた結果、孫さんは彼の数十分のスピーチを聞いただけで 即投資を決めたとかで、先見の明のある天才とか、いろいろと書かれていました。まあ、中国人には先を読む能力はありませんので(これは本当に残念なほどです、目先のことしか見えないようですね、中国人ていうのは、昔はしりませんが)、その先の発展が見えなかったようです。中国人にしてみれば、結果的においしいところを日本人に持ってかれている形なので、残念でしょうが、仕切りに反省ってコメントも出てきましたね。あと、実に多かったコメントが孫さんがいなければ今の馬雲はなかった、中国は彼に感謝すべきってのも大変多かったです。


それとおかしかったのが、孫さんが日本1で、それでも166億ドルでとっても少ないって意見。そりゃ、上層の数%の人間が国中の富を牛耳っている中国の富豪はスケールが違うでしょうが、、そんなんで自慢になりませんよ?と思います。日本は国民1億総中流階級、みたいな言葉も昔あったように、それなりに庶民にも富がいきわたっている国ですが(中国とかと比べればね)、中国は完全に大多数の国民が搾取されている国ですので、これは悲しいことと思うべきなんですがね。。。。ちょっと自慢げに「日本もたいしたことないな」的なコメントをしている中国人が結構いておかしかったです。あんたたちが受け取るはずの富で大富豪になってるんですよ、と言いたい。。。


今日はこの辺で。
また書きます。
こんにちは。
今日は、まあ、見慣れた内容ではありますが、日本に対する反日著しいこのシーズン(9月18日は中国国内を挙げての反日となります。この日は満州事変が勃発した日のため)に、日本人への感謝を述べた某航空会社のCAのトピックスがちょっとした(というかかなりの)ホットトピックスになっていますので、今日はこちらをご紹介します。


では元ネタからご紹介します。
「某CA、浦東(上海)は雷雨。こちらの画像はこのために7時間も閉じ込められた機内の画像。猛々しく叱責するでもなく、恨みがましく騒動を起こすでもなく、CAを呼び出すわけでもない。回収した食器類は新しいもののように整えられ、各人がサービス台まで自分でやってきて水やパンを持っていき、空いたコップを自分でCAに返し、お礼を言う。100人を超えるこの日本人の乗客たちに私は大変驚いた。ありがとうございます、本当にお疲れ様でした。今日という特別な日に(9月18日投稿、反日の日)、私たちは反省に値すると感じた」という内容ですが。。。。
4e22530etw1ekgfp090tzj20c80g9wf8.jpg

まあ、よくある日本人賞賛のネタですが。ではこれについて、中国人ネットユーザーのコメントをご紹介します。


「中国は多民族国家であり、貧富の差も大きい。教育の程度も差があり、総合的なモラルは低くなりがちだ。これを高めるには相当な時間が必要だろう」


「相手のよいところに学び、相手を超える努力をする、これこそ賢い者の選択」


「避けられない理由で遅延するならよい。しかし費用ばかり高く、いつもわけもなく中国の航空会社は遅延している。もし日本でも同じようにいつも遅延ばかりしていたら、果たして日本人はまだその忍耐力を維持できるのかな?」


「もしかしたら、日本語はどうせわからないと思って、日本語で文句言ってたかもよ?」


「中国人にとっては、確かに日本人に学ぶべきところは多々あると思う。本当に日本の教育を中国に輸入できたらいいのに」


「いつも日本人はモラルが高いとか言って、中国人はモラルが低いとか罵るヤツ、中国にはモラルの高い人間はいないって言うのか?歴史を正視できない民族はいくらモラルが高くても意味がない」


「中国人が7時間も閉じ込められたら、、飛行機をぶっ壊してるかもな」


「日本人が教えてくれること、実は政府などはそれほど重要ではない。現代の政治団体の執政能力がいいか悪いかは時間がたてばわかること」


「7時間?1,2時間ならモラルの問題ともいえるけど、さすがに7時間じゃ騒ぎ立てるのが正常なんじゃないかな?」


「中国人がなぜ日本を罵るだけで相手に学ぼうとしないのかがよくわかるな、、、そもそも学べないんだよ」


「もしもう1度日本と戦争になったりしても、中国は日本に勝てるとは思えない。。。。」


「日本人はかつてのファシズムの汚名と中国侵略の罪を背負ってはいるが、自分自身の行動で他国の尊重を得ている。これも一種の愛国だと思う。それに対して、他国を罵ることで愛国を表現する人間は他人に謝れと言う資格はないと思う。私は中国を愛しているが、日本を罵ったりしない、それよりこうした中国人を罵りたい」


「9月18日という日に上海が雷雨なのは、中国人民の怒りの雄たけびだろう。日本人が声を出せるとでも?」


「日本人が笑顔の中に刀を隠していることを、トピ主は知らないのか?」


「この100年の間、日本という小国がこの中国という数千キロの大地を駆け回って侵略したんだぞ?これは日本民族が優秀だと言わざるを得ない。中国はその先進性に学ばなければ歴史を繰り返すと思う」


「日本人のモラルが高いのは認めるが、日本人というのはどうもウソっぽいというか、、、裏表があるんだよな。外に出れば出るほど、日本人は自分を偽ることができるから、、」


「ていうか、、、7時間も待たせておいて発言できるのがすごいわ」


「北京に飛行機で行ったとき、隣の日本人の男が靴を脱いで前の椅子の背もたれに脚をかけやがった、、、あれはきつかったわ。。。。」


「ていうか、これって2012年のニュースじゃない?トピ主はわざと今日このニュースを掲載してるのでは?」


「918や南京大虐殺を見ても、日本は永遠に中国の敵だよ」


「このニュース自体はいいニュースだと思う。中国人は反省も必要だし。それでも今日である必要はない」


「時間があれば日本に行ってこの目で見てみたい」


「ていうか、、、中国の航空会社も同じようにモラルを高めてほしいわ」


「頭おかしい、、、こんな日にこんなトピックス立ち上げるなんて、、お前、日本人だろ?」


「今の中国はどんなネタでも必ず最後に[反省]が入ってくるな」


「随分とトピ主を罵るコメントが多くて安心だわ。洗脳したければあと500年待て」


「モラルが高ければ過ちを認めなくていいのか?こういうところにこの民族の二面性を見る思い」


「俺だったら、、、7時間も待たされたら狂うかも」


などなど、いつもは日本人のモラルの高さは学ぶべきみたいなコメントが圧倒的に多いんですが、9月18日だったからか、罵るようなコメントも多くみられました。まあ、7時間も閉じ込められたら中国人だったら何しでかすかわからないですね。日本人はいつまでたってもおとなしいかもしれませんけど。あと、中国は飛行機が遅れまくるから仕方ない、みたいな意見も多かったですね。余談ですが、日本みたいに時間に正確な国は他にありませんので、日本に来て最大に驚くのはこの交通機関の時間の正確性みたいですね。中国の新幹線に時々乗ったことがありますが、、、結構多かったのは、、、、時間より早く出発するってヤツです。ありえないよ。遅れるならまだしも、見切り発車す るとは。まあ数分なんですが。なので、中国人は新幹線の出発時刻は決まっているものの、いつ出るかわかったもんじゃないので電車のドアが開いたら我先に乗り込みます。ホームを走ったりしてるんです、実際。あれは日本では絶対にありえない光景ですね。


9月18日に関して、私が覚えているのは最後の年、2012年の9月18日。この日はちょうど日本政府が尖閣国有化を発表して間もない時で、なおかつ反日の象徴的な日でしたので、北京でも反日デモとかたくさんあって非常に物々しい雰囲気でした。日本人マンションが取り囲まれたり、街中に打倒小日本の旗をはためかせたバイクが走ったりと、かなり物騒で日本人は危なかったです。私がなぜ覚えているかというと、友人が日本から遊びに来ていたからです、、、何もこんな反日真っ盛りの中来なくてもよかったんですが、尖閣国有化も突然だったので予定が変更できませんでした。。。なかなか物騒ではありましたが、被害はありませんでした。なので、中国人にとってはこのように、国民総 出で日本への反感を強める日にこんなトピックス立てて、お前は日本人の手先だろう、みたいなコメントなんかもありました。本当にこういうのを見ると中国人の洗脳のすごさを思い知ります。日本が大好きな中国人もいるんですが、やはり日本ではこのような反日ばかりがクローズアップされて報道されますので、なかなか日中友好は前途多難ですね。日本へのあこがれと憎しみを同時に抱く中国人の複雑すぎる心境をなるべくたくさんの日本人にしってもらいたいな、とは思います。


今日はこの辺で。
また書きます。
こんにちは。
今日は日本でもニュースになっていた中国の駐アイルランド大使の拘束騒ぎについて書きたいと思います。これは日本でもヤフーニュースなどに出ていましたが、中国でも結構な話題になっています。中国っていう国はスパイなども現在進行形で暗躍中ですので、こういうキナ臭い騒ぎが多いですね。でも情報収集はどこの国でも必須のことだとは思いますが、、、


では元ネタからご紹介します。
「中国の駐アイルランド大使、馬継生が日本へ国家機密を漏えいした疑いで逮捕されました」
7061c249gw1ekfezm8wlnj20c50bswfl.jpg

とだけのシンプルすぎるニュースです。ではこれについて、中国人ネットユーザーのコメントをご紹介します。


「売国奴なのか?」


「すごい昔のことだよね、、、今更」


「アイルランドと日本ってさ、、、、すっごい遠いんだが」


「中国は大使も売国に走るような国、、、、」


「ホントに共産党の人材っていうのは、、、、もっとまともなのはいないのか?」


「口では愛国を唱えながら陰で売国に勤しむという、、、、」


「このような人間は逮捕なんて甘いことはするな、殺してしまえ」


「国を売って利益を得るとは、、、、死ぬだけじゃすまされないな」


「もし事実ならば、こいつは真正の売国奴、国賊である」


「中国の国籍をはく奪し、日本へ送ってしまえ」


「売国奴というのは本当に実在するってことなんだろうな、しかしこいつが最高位であるとは思わない」


「まずは国民の前に連れて行って謝罪させる、それから自害しろ」


「大使の売国奴とは、、、外交部は本当に売国部になってしまったな」


「国家機密はすでに漏えいしてしまったんだから仕方ない。どんな機密が漏えいしたかを確認してから処理しても遅くないだろう」


「悲劇。数十年前は中国人が日本の内部に潜入して情報を入手していたっていうのに、今はこんなことに、、、」


「なぜ漢奸(漢民族の裏切者、売国奴)という言葉はあるのに和奸という言葉はないんだ?これこそ日本が100年以上の長きに渡り中国を迫害してきた理由なんだろう」


「金のため?それとも情のため?それとも、、、、こういった売国奴の末路がどんなものか、想像もしたくないな」


「これは殺さなければ庶民の怒りが収まらないだろうな」


「大使にまでなったというのに、なぜスパイなんかして国を欺くんだ?完全に自暴自棄な行為。もしかして日本に弱みでも握られているのか?」


「酒でも大量に飲まされてうっかりしゃべっちゃったとか、そういう感じかもよ」


「世界を見渡しても、売国奴への対応は同じだ、、、殺すのみ」


「表面上は安倍や日本を罵っていても、陰ではこっそり日本に情報提供するなんて最低だな」


「小日本に尻尾を振るような愚か者」


「いったい中国の売国奴はどんなヤツかと思ったら、中国の共産党の優秀な党員たちだったのか。中国万歳」


「このような共産党員は共産党へ忠誠なんて少しも尽くしてない。売れるものがあれば何でも売るようなヤツらだよ」


「解放から65年が過ぎ、生活水準も大幅に向上した。それでも常に売国に走る人間がいるのはなぜなんだ?これは全国民が考えるに値する問題だと思う」


「庶民が愛国に忙しくしている間、上層部は売国に精を出すという、、、、」


「中国は世界のあらゆる国の中でも、もっとも売国奴の多い国だろう」


などなど、かなり罵られていますね。特に大使のような地位の高い人間がこういうことをしたということで、批判の矛先が共産党に向いているみたいです。日本のスパイってことらしいですが、あまり日本についてはコメントがありませんでした。日本向けスパイは他の国向けよりひどいとか、そういったコメントもほぼなかったですね。ただ、関心がとっても高いのは事実で、このトピックスはいくつか乱立していますが、このトピックスについても1000件以上のコメントがついています。多くは「共産党の高官の売国奴が多すぎる」とか「国民に謝罪しろ」とかですね。スパイというのは中国人の感覚では非常に身近な感じだと思いますので(だまし騙されるのが世の常の中国ならではの思想)、余計にリアルに想像もできるんだと思います。日本ではあるのかもしれませんけど、あまり身近な存在ではないですしね、スパイって。。。


あと、大使にもなっておきながら、スパイ活動なんてバカの極み、そのまま職務を全うしていれば豊かな余生が過ごせるのに、みたいなのもありました。中国人にとっては大使まで上り詰められる人間はごくわずかで、そのように成功した人間がスパイ活動をするなんてありえないから、きっと日本に弱みを握られているんだろう、みたいな論調でした。それはどうなんでしょうね。私は中国の拝金主義には辟易していますが、どんなに登りつめようとも、この拝金主義は消えないのでは、と思います。中国人の金銭に対する執着はちょっと異常の域ですが、これは日本でも留学にやってきて、1日20時間くらいバイトしてお金を貯めまくる中国人の学生を見ればよくわかります。彼らは日本語の習得のために来ていますが、日本にいるうちにたくさん稼いで、国に帰ってその金で家を買ったり車を買ったりすることだけを目標に頑張っています。その姿は本当に異常とも思います。中国人にとってお金は日本人では理解できないほどに愛しいものですので、大使だろうが何だろうが関係ないかな?とも思います。なので、このコメントはちょっとおかしいな、と思いました。


今日はこの辺で。
また書きます。
こんにちは。
今日は、なんだか中国でホットトピックスになっている、安倍さんが重病で退陣しそうだから、その前に中日関係を改善したいらしい、てデマに関するトピックスをご紹介します。
・・・・希望的観測?


では元ネタをご紹介します。
「日本の安倍首相は、難病の潰瘍性大腸炎を患っており、完治の見込みはないそうだ。日本の専門家いわく、潰瘍性大腸炎の悪化に伴い、ステロイド薬剤を多く服用することで、骨が溶け出す恐れがあるという。この骨の溶解はまず歯痛を招き、体の至る所で副作用をもたらすそうだ。そのため、安倍総理の体はもはや、首相の仕事という激務をこなす状態にはないようだ」との内容ですね、、、、安倍総理を鬼畜のごとく取り扱う中国人のコメントはまあ想像はしやすいですが、では中国人のコメントをご紹介します。


「中国に来て、漢方治療を受けてみてはどうだ?」
※何されるかわかったもんじゃない、、、、


「引退しろ、地元に帰って花を育て魚を釣るような暮らしでもしてればよい、それなら少しは長生きもできるだろ?」


「病気と闘っているっていう一面もあるんだね、かわいそうな政治家だ、強風にあおられて」


「平和を愛する心を持てば、きっと寿命も延びるぞ!」


「自業自得、悪いことをしすぎた」


「その人間がなにをしているかは、神様が見ているっていうことだね」


「このニュースソースはあてになるのか?テレビなんかで見る限り、病気の雰囲気は少しもないんだが、、、」


「安倍がついに退陣なんて、、、、こんなうれしいニュースがあるか?」


「かわいそうではあるが、、、中国にとってはいいニュース」


「これについて、毎日BSニュースを確認しているが、一切そんな話題はないんだが、、、」


「このニュースの真実性は保証がないが、もし安部が退陣するなら中日関係は一気に改善に向かうだろう」


「個人的には病気の回復を祈りたいが、政治的立場からは中国人が喜ぶのを許してほしい」


「これで通貨のレートも元に戻るんじゃないか????」


「お前ら、、、バカかよ。これ、前に首相をやってた時のニュースだよ。まあ、もう1度同じ病気をしてくれたらいいなとは思うが」


「病魔が1日でも早く安倍晋三に打ち勝つことを祈ってるよ」


「なぜ中日関係の改善を安倍が希望してるんだ?」


「安倍が退陣したら中日関係は改善されるだろうが、、、日韓関係も改善されて韓流スターどもが中国に来る機会が減るかもな、、、」


「これって本当のニュース?もし事実なら、世界にとっていいことだね」


「前に退陣した時のニュースじゃん、、、今日本のヤフー見てきたけど、そんなこと一切書いてないよ。ニュースを報道する人間は責任感を持ってやってくれ。中国人は安倍の退陣を期待しているのは事実だけど」


「悪いことを散々述べてきた口からやられるんじゃないか?」


「まさに、事実は小説より奇なり、ってヤツだな」


「これが本当なのかウソなのかはっきりしないうちから、ぬか喜びしても意味がないだろう」


「実際、安倍はすごいと思ってる。日本の男性として、中国ではAV女優くらいしかできないことをやってのけてるんだ。つまり中国中の男に注目を浴びてる」


「因果応報って言葉をはじめて実感したわ」


「こんな都合のいいことがいいタイミングで起こるなんて信じられない」


「俺は愛国主義者ではないが、、、それでもこのニュースはうれしい。中日関係を悪化させた筆頭人物だからな」


「日本経済も結局ダメっぽいし、病気を装って逃げるんだろう」


などなど、、、相変わらず安倍さんは中国では随分と嫌われていますね、、、それにしても、こんなニュースに踊らされて大変な喜びようの中国人が面白かったです。個人的には病気を治してほしいが、、、、国としては喜ばしいこと、とかそういうコメントが多かったです。それにしても、日本語ができるユーザーが日本のネットを確認すれば本当にそういうニュースがあるかどうかわかるのに、誰もそれをしないで、ただただ喜んでばかりでしたね。まあ、自分たちに都合がよい(と自分たちは思っている)ニュースの真偽はどうでもよく、お祭り騒ぎみたいに喜んでいればそれで満足なのでしょう。


中国では日本の安倍さんが大変な軍国主義でさらに右翼なので、このようなトップが日本にいるために、日本人の総意(中国と関係を改善したい)が政治に反映されないと真面目に報道されていますので、日中関係悪化の原因は100%安倍さんにあると信じ込まれています。日本人が中国との関係改善を真面目に希望しているとか(これは韓国にも言えることですけど)、どこをどうしたらそういう報道になるのかはよくわかりませんが、そういうことになってます。どちらかというと、中国との関係改善を世論が望まないので、なかなか中国との関係改善が進まないのが現実のように見えるんですが、、、日本では。これは韓国はその傾向が顕著でしょうが。なので、別に安倍さんが辞めて次 の人が総理になったところでたいして状況は変化しないと思いますが。。。私は政治はよくわかりませんが。なので、中国人は安倍さんが辞めさえすれば日中関係は改善すると本気で思い込んでいますが、甘いですね。
中国は特に、周辺諸国への侵略的な行為が日本人には最悪に映りますし、そのほかにも国内に日本人が毛嫌いしそうな問題が多すぎます。食の安全とか拝金主義とかいろいろいろいろ。。。なので、日本人がそもそも中国に対してかなり悪いイメージを抱いているってことを理解すべきなんですが、、、他人の気持ちとか考え方に思い至る人間が少なすぎて、、、まあ無理か。


今日はこの辺で。
また書きます。
こんにちは。
今日は、日本でも結構話題の「韓国のメッシ」とか言われている16歳のイ・スンウ選手に関してのネタです。
お題は「韓国のメッシが日本を破る!」です。


では早速元ネタからご紹介します。
「U-16アジア選手権において、韓国のメッシと言われているバルセロナのカンテラ所属のイ・スンウが2ゴールをあげる活躍を見せ、韓国U-16は日本U-16を2-0で破り、U-17ワールドカップの出場権を獲得した。彼は1週間3試合で4ゴールを決めている。自分で決めたものもあるし、さらには、自陣から60メートルをドリブルで突破して、最後はゴールキーパーも抜き去って決めたゴールもある。韓国のメッシの名にふさわしい実力である」との内容ですが、、、、ではこれについて、中国人ネットユーザーのコメントをご紹介します。


「やあ、こんにちは、俺は中国のCロナウドだよ」


「いったいいつになったら中国のメッシは現れるんだ?」


「どうりで韓国サッカー協会がFIFAにバルサを密告したわけだな」


「中国のクリロナやイブラは今頃はちょっと忙しいよ、期末テストが近いからね」


「俺は中国の香川真司が出てきてくれればそれで天に感謝するよ」


「メッシっていうよりカカって感じだけどな」


「韓国サッカーは8年後くらいに4強に入る可能性があるな」


「それにしても、、、メッシも忙しいな」


「確かにすごいな、、、ちょっと複雑な気分」


「次のワールドカップでは出場するかもしれないな」


「これを見たら、、、中国サッカーなど、幼稚園レベルだな。少しの希望も見当たらないわ」


「ラ・マシアの出身ではあっても、アジア人選手がバルサに入るところを見てみたい」
※ラ・マシアはバルサの下部組織の総称のようですね。


「すごいな、、、日韓は本当に人材を多く輩出しているようだが、中国サッカーとの差がますます広がっていくな。。。」


「なぜ韓国のメッシなんて呼んでいるんだ?メッシもお前らのものじゃなかったか?」


「バルサのカンテラは世界中から有望な子供を集めてるだろ。こいつはそのうちの1人ってだけ」


「20歳でどうなるかだな」


「どこの国の誰がすごいとか、正直どうでもいいわ。俺は中国のクリロナがどこにいるのかだけが知りたい!どこにいる?出てきてくれ!」


「サッカーは俺たちが発明したスミダ、とか言い出す日も近いな」


「いいんじゃない。この名前を覚えておこう。数年後にどうなるかだな」


「中国のメッシのお母さんは彼が勉強もせず、外で友達とサッカーをやるなんて許さないんだろう」


「なぜだろう、、、中国のA代表ですら、この韓国のU-16に負けそうな気がしてならない」


「素晴らしい技術だな。中国はサッカーをする人間がいないわけじゃない。プロになりたがらないだけ。こんな風に大成する人材も出てこないわ」


「前は日本のメッシがいたよな。今度は韓国のメッシかよ、、、次は中国のクリロナに間違いないな」


「韓国は恥知らずだと思うが、サッカーだけは尊敬に値する」


「そもそもこいつはカンテラのヤツだろ?ほかの子供と比べることは難しい」


「ただ速いだけじゃなく、ボールとの距離感が素晴らしい。常に体に近いところでボールをコントロールしてる。これは相当なセンスが必要」


ていうか、これ、韓国では大変な話題みたいですが、その中には日本が韓国のメッシを目の当たりにして戦々恐々、この世代では韓国には勝てない、とかいって絶望している、みたいな報道らしいですが、、、、そんな雰囲気でしたかね?まだ16歳じゃ先はわからないでしょうに。。。ちなみに今から6年くらい前のこの世代の世界1は日本の宇佐美選手とか言われていたこともあったみたいですが、、今はもちろんすごいサッカー選手でしょうが、メッシほどの活躍ではないでしょう。なので、韓国人はかなり浮かれているみたいですが、それはどうでしょうね?この試合は見ていませんが、ニュースだけ見ていて、そして韓国の異常な熱狂ぶりを見るとちょっとおかしいくらいですね。「日本を打ち負かした韓国のメッシ!」みたいにお祭り騒ぎですので。韓国では日本に勝つっていうのは優勝よりも価値のあることらしいですし、、、本当にうっとうしいわ、って思います。そこ行くと中国人は日本なんていい意味でも悪い意味でも眼中ないので、日本に勝って国中が熱狂的に盛り上がるってことあまりないです。中国人は日本に限らずどこの国よりも強くありたい、って感じなので。


このトピックスでもスポーツに関しては国籍関係なく平等な中国人の懐の深さ全開のコメントでした。「韓国の未来は明るい」とか「韓国にはこのような天才を生み出す土壌があってうらやましい」とか「サッカーにおいては韓国を尊敬する」とかそんなんですね。あとおもしろかった、そして1番多かった意見は「中国のメッシは今頃宿題やってる」ってヤツ。中国はとにかく子供のころは勉強勉強で、友達とサッカーやるなんて子供はあまり見かけないんで、それを皮肉って、そんなコメントが1番多かったです。子供も家でご飯やおやつをたくさん食べて勉強ばかりしていますので、どんどん太るし根暗になるし、、、あまり国全体としていいことではない気がしますが、、、中国はあれだけ人口が多いのだからきっとメッシやクリロナみたいな才能のある人間もあるんでしょうが、、、、あれでは出てこないですね、本当にもったいないことです。


今日はこの辺で。
また書きます。
こんにちは。
今日は日中の歴史に翻弄された李香蘭の死去に関して、このニュースはもちろん中国でも大変なホットトピックスになっていますので、今日はこちらをご紹介したいと思います。


では早速元ネタからご紹介します。
「日本メディアの報道によると、かつて、著名な芸能人であった李香蘭(本名・山口淑子)が9月7日午後、日本で亡くなった。享年94歳。李香蘭は撫順で生まれた日本人で、抗日戦争期における最も有名な芸能人の1人であったが、戦後に漢奸罪に問われたが、1946年に日本に帰国した。李香蘭の歌う「夜来香」や「何日君再来」などの歌は今でも歌われている」との内容です。ではこれについて、中国人ネットユーザーのコメントをご紹介します。


「彼女の出演する映画を何度も見た」


「来世では中国人として生まれてきてほしい」


「この人を見るといつも川島芳子を思い出す」


「この人がまだ生きていたことに驚く」


「歌がとても素晴らしかった。ご冥福をお祈りします。それにしても今まで生きていたとは、、、」


「しかし、、、日本人なんだろ?中国とは関係ないじゃないか」


「李香蘭は帰国後、ずっと中日友好事業の発展に尽力したそうだよ。こんな風にニュースを書いたら彼女を誤解する中国人がたくさん出てくると思う」


「だから夜来香は禁止歌になったのか、、、」
※一時期、この曲は日本の中国進出のプロパガンダとされ、聞くことも歌うことも禁止されたようです。


「この人はスパイだったんじゃないのか?なぜ死去の報道が必要なんだ?」


「日本人が漢奸罪で問われる、、、随分と奇妙な法廷だったろうな」


「李香蘭は中国人として活動していたが、後に日本人であることが証明されて罪を免れた。逆に川島芳子は日本人として活動していたが、後に清朝の王女であることがばれて罪に問われた」


「彼女が日本人であることを初めて知った。ずっと香港人だと思っていたから」


「中国にはいまだに彼女を売国奴と思っている人間がいるが、彼女はれっきとした日本人」


「当時の女性でこのような美貌と気質を持ち合わせるのは並大抵ではないはず」


「日本人だからなんだ?彼女は中日友好に多大な貢献をした人物だ。そういったことの報道はしてはいけないのか?」


「抗日戦争当時、もっとも人気のあった女性芸能人だよね、彼女は」


「心から平和を愛した人だよ。ここで日本人はみんな死ねとかコメントを見るとただ笑うしかない、、、」


「俺はずっと、李香蘭っていうのは映画の中の登場人物だと思ってた!」


「この方は戦争時に日本がしたことを謝罪する勇気を持っていた。また85歳という高齢になっても、小泉元首相の靖国参拝を非難したりもした。彼女は自分を育んだ母なる国、中国を忘れなかったのだろう。冥福を祈りたい」


「なんだ、日本人なのか、、、ならどうでもよい」


「彼女の父母は日本人で、彼女を生んだのは日本だが、中国で生まれ育ち、彼女を育んだのは中国だ」


「中国で生まれ、日本で死んだのか、、、、」


「彼女はいい人だ。日本人かもしれないが、中国の心を持っていた」


「私は70後世代だが、私の知識では彼女は売国奴だと思ってた」


「美しさに国境はない」


「かつての大美人がまた一人亡くなった、、、、寂しい」


「亡くなった人は戻らないが、美しいその歌は永遠に残る」


この方も激動の人生でしたが、中国人にはどのように思われているのかな、と思ってのぞいてみましたが、多くが美しいとか中日友好に多大な貢献をした人など、概ね好意的なコメントがとても多かったですね。李香蘭は歴史に翻弄された人物っていうイメージがありましたが、戦後日中友好に随分と奔走されたようですね。日本人はあまり知りませんが、中国人の多くがこのコメントをしているところからも、もしかするとこの方は日本人ではありますが、中国でのほうが有名で人気もあったのかもしれません。また、川島芳子がコメントでたくさん出てくるんですが、真逆の展開となりましたので、中国人にしてみればこの2人はセットで記憶に鮮明で、なおかつお互いに日中の歴史に翻弄されましたから、その波乱の人生も興味の対象なのかもしれません。川島芳子は日本人を装った中国人、李香蘭は中国人を装った日本人でしたので、お互いに通じるところもあったのかもしれません。戦争というキナ臭い時代に生まれてしまった方たちですが、その人生は本当に激動、と言えるもので、のらりくらりと生きている自分との違いに驚愕です・・・・・


李香蘭が日本人であることを初めて知った!というコメントもいくつか見られましたが、それでも反日コメントの類はあまりなかったです。むしろ日本人だというだけで罵るのはレベルが低い、みたいなコメントが多かったです。李香蘭は中国でも戦争終了までは大スターでしたから、中国でも今でも李香蘭に関連したミュージカルや映画などがあるようですね。それと詩的に「李香蘭は日本人だが中国で育まれた」とか「李香蘭は中国の心を持っている」みたいな一種の美化も見られました。戦後に日中友好にも貢献した方のようですし、また、やはり中国育ちということで、中国では大変な目にもあったようですが、それでも故郷のような気持ちだったのかもしれません。時代に翻弄された人生だったと思いますが、本当に歴史上の人物みたいなイメージ有りますけど、長生きされて本当によかったです(もう少しで危うく中国で処刑されるところだったそうですが)、ご冥福をお祈りします。


今日はこの辺で。
また書きます。
こんにちは。
今日は微博でかなりホットトピックスとなっている話題をご紹介します。お題は「上海の幼稚園が卒園式で日本の軍歌を流す!」です。


では早速元ネタをご紹介します。
「今年の6月27日、上海市の震旦外国語幼稚園にて卒園式の際にバックミュージックとして日本の軍艦マーチを使用した。これは主任が幼稚園児たちの太鼓の演奏のバックミュージックを探していて、携帯から探した音楽とのことだ。この音楽の歌詞は外国語で表示されたために、この教師は音楽の歌詞の意味やどこの音楽かをわからなかったようだ」とのものですが、、、これは中国人激怒でしょうね(異常なコメント数からも明らかですが)。。。。ではこれについて、中国人ネットユーザーのコメントをご紹介します。


「終わった、、、この教師は終わった」


「教養がないっていうのはマジで恐ろしいな」


「悪意のない間違いなんだから、別にどうでもよい」


「そんなに大ごとにする必要はない、知らなくてやってしまったことなんだし」


「本当だよ、理解できるレベル。文化大革命みたいな雰囲気を作るな」


「日本がこれを聞いたら笑い話になるだろうよ」


「ネットで検索して聞いてみたわ。この音楽いいじゃん。何か気分が高揚する感じがする音楽」


「教養がないのは恐ろしいとか言ってるヤツら、、お前ら日本の国歌聞いたことあんの?」


「このように教養がなくても教師になれるとは、、そこが恐ろしい」


「俺も聞いてみた。いいよね!感情移入しちゃう感じ」


「しかし、これは日本の軍歌だからなぁ。これを聞いたら中国人は傷つくよ」


「日本の幼稚園で中国の国歌が流れたらいったい日本人はどんな反応をするだろうな」


「音楽に国境はないんだから、目くじらを立てる必要はないだろ。まさか日本語を教えてる日本語教師も揃って売国奴とでも言うのか?」


「上海震旦は台湾震旦の子会社。また日本を父と崇める台湾だよ。これは偶然にしちゃ出来すぎてる」


「まさか、売国奴の育成もこのような幼少の頃からスタートさせているのか??」


「第2次大戦中に日本の軍歌が流れる中、国を守った人々の子孫が、70年の時を経て日本の軍歌が流れる中卒園式とか、、、何の笑い話なんだ?」


「この音楽をダウンロードできるサイトが何のお咎めもなしなら、この教師だって別に悪くないだろ」


「これが日本の軍歌だと知らなかったってことが何の罪になるんだ?彼女はいったい誰に害を与えたっていうんだ?」


「それなら全国民に日本の軍歌を知らしめろよ。それなら聞いて日本の軍歌だってわかるだろ」


「流しちゃったものは仕方ないだろ。毎日流してたわけでもあるまいし。こんな小さなことで人を罰していたら、それこそ忍耐力のかけらもないってことだ」


「ドイツを好きなら好きで構わないが、学校で教師や学生がナチスの敬礼をするのは絶対ダメだ。日本を好きなら好きで構わないが、中国の学校で教師が小さな子供に日本が中国を侵略していた時の日本の軍歌を教えるなんてことはあってはならない」


「こんな風になんでもかんでも大ごとにするのはやめてもらいたい」


「ここで盛んに反日を唱えてるヤツ、家の中の家電を全部確認してから話せよ」


「この教師は日本人なんじゃないか?」


「価値のない愛国主義。無恥で無能、無価値の代名詞。他人を傷つけることで自分の立場を確保しているだけ」


「騒いでいるヤツは頭がおかしい。ただの歌だろ?何なんだよ、文革の時代に戻りたいのか?」


「でも抗日ドラマの中で日本のアニメソングが流れたりしてるよな、それだっておかしくないか?」


などなど、ちょっと意外でしたが、そんなことで目くじらをたてるな、みたいな意見が結構多くてびっくりです、しかもコメントをざっと見た感じ、教養がないだの耐えられないと言った反日的コメント以上に多かった気がします。果ては、音楽に国境はないとか、この音楽はかなりいいとか、そんな意見まで出てきていてさらにびっくり。まあ、日本の軍艦マーチなんて中国人は知らないでしょうし、聞いて「日本の軍歌だ!」なんてわかったらそれこそものすごい反日ですけども、一般の中国人はそんなことわからないでしょう。しかし、日本の軍艦マーチはおそらく中国人にとっては戦時の日本軍の歌、って感じでとらえられるでしょうし、それを子供の卒園式で流すなんて国民感情が 許さない!って来るのかな~って思っていたんですが、、、何でもかんでも大ごとにする中国にはうんざり、みたいな冷静な意見がとても多く、そこが本当に驚きました。ちなみにこのトピックス、コメントが3000件を超えてます。ものすごい注目度ではあります。


これが尖閣の国有化の頃なら、日本憎しのコメントで埋まったんでしょうが、中国人は熱しやすく冷めやすいの極地ではあります。なのでもうすっかり反日気分が薄れたか(一部の愛国青年は除く)、もしかすると、中国政府の意向で、これ以上の反日感情の高まりはまずいと思ったか、情報統制されているかのどちらかかもですね。私はこのブログを書くのに毎日微博で日本関連のネタを探していますが、一時期の反日感情が高まった時と比べると、明らかに日本を持ち上げるネタや日本が好き、って感じのネタが増えましたし、コメントも日本寄りのものが多い気がします。顕著なのが香川真司選手関連のコメントで、尖閣国有化の頃は批判一色だったのが、今では一様にアジアの星的扱 いですのでね、これは本当に顕著です。しかし、、中国人のこの熱しやすく冷めやすい気質を目の当たりにすると、日本人もそのような感じかと思っていましたが、実は日本人ていうのは「根に持つ」タイプなんだな~と思います。根に持つというか、1度こうと決めたらなかなか変わりにくいって感じでしょうか。日本人の中国に対する一種の嫌悪感はそう簡単には消えそうもありませんので。中国人はいいところもあるので、それは日本の方には知ってほしいな、とは思いますが、、、いかんせんイメージの悪化がひどすぎる。。。。


ちょっとそれてきましたので今日はこの辺で。
また書きます。
こんにちは。
今日は日本でも別に最近、ってこともないでしょうが、子供入店拒否のレストランが増えているってことで中国でトピックスがたっていますので、今日はこちらをご紹介したいと思います。


まずは元ネタからご紹介します。
「最近になって、日本では小さな子供の入店を拒否するレストランが増えてきている。理由はもちろん、うるさくて他のお客様に影響してしまうからだが、この賛否両論のルール、みなさんはどう思いますか?」って内容ですね。
69fce6e5gw1ek9zbx8h2zj20dc0hsgnr.jpg

ではこれについて、中国人ネットユーザーのコメントをご紹介します。


「まあ、子供はうるさすぎ。中にはそこらじゅう走り回ってるのもいるし。子供をもったことのある人間だけが受け入れてかわいいって思えるだけ」


「いいじゃん、中国もそうするべき!」


「中国じゃ、大人だって公共の場所でめちゃくちゃうるさいし、他人への影響なんて気にしてないだろ?そういう基本的な教養ってのは子供の頃から植え付けるべき」


「昨日、同僚が子供を連れてレストランに行ったら12歳以下の子供はダメって言われてかなり怒ってたけど、外国でもあることなんだね」


「レストランだけじゃなくて、映画館もやってほしいわ」


「賛成!特に映画館。小さい子供を連れて映画見に来る人って、本当に映画に見たいのか、それとも社会への報復なのか、、、本当に不思議」


「これは、、、日本より中国に必要なルールだわ。中国の子供はさらに恐ろしい、、、うるさすぎ」


「中国ではいったいいつになったらこういうレストランが現れるだろうか、あったら絶対行くのに」


「レストランや映画館に行って、もっとも嫌なのは近くに子供が座ること、、、確かに」


「子供が遊べるような施設があるレストランとかがあればいいのにね」


「中国なら、中学生以下禁止に変更すべき」


「私も昔は本当に煩わしいと思っていたけど、自分の子どもができてからはまったく気にならなくなった」


「なぜ中国にはないんだろう、、、毎週ご飯を食べに行くと、必ずうるさい子供に遭遇して本当に死ぬほどウザい。。。」


「本当に子供は入店禁止にしてほしい、、、うるさいだけならまだしも、他人のテーブルに乗っかってきたりするし、親は子供をきちんと監視してろと言いたい!」


「でも、日本の子供なんて中国に比べたらたいしてうるさくなさそうなのにな」


「子供たちがかわいそう」


「仕方ない。子供ができて初めてわかるけど、子供なんてみんなうるさいもの。ちゃんとご飯を食べてくれるならそれでいい」


「高速鉄道でやってほしい、俺は夜行の高速鉄道で一晩中泣き続けた子供と遭遇したことがある。一晩中、泣き止まなかったんだぞ」


「子供の入店お断りか、、、、中国人お断りじゃなくてよかったな」


「子供ができて初めて大変さがわかるというもの。こんなルールはヨーロッパあたりじゃ徹底的に罵られるよ。あってはならないこと」


「いいじゃん。子供と一緒においしいものを食べたいなら、レストランで食べずに持ち帰って子供と一緒に食べればいい話」


「人間はだんだんと寛容さがなくなってきているし、自己中心的になっていっているのだと思う」


「少子化は本当に恐ろしいな。自分の子供を持たず、犬だけ飼ってるヤツらは主流になったら、普通の子供のいる家庭を迫害しだすんだろう。子供をもったこともなく、弟や妹もいないから、子供がそういうもんだってことがわからない。子供がうるさくないなんて、それは病気だ」


「日本でうるさく思うレベルと中国でうるさく思うレベルは完全に違う。そもそも中国じゃ、子供に限らずうるさすぎる」


「賛成してる人間だってもともとはそのうるさい子供だったのに、、、、これって本当にいいことなんだろうか?」


「レストランで最も許せないのは、子供が騒ぎながら他人のテーブルに駆け寄って行ってるのに、それをまったく気にしない親」
※同意。


「家では、子供は祖父母に溺愛され、両親にも大事にされ、食べたいものはなんても食べられ、したいことは何でもしていい。これじゃ子供のモラルは育たない。子供を産むだけ産んで、教育をしない親に責任があるだろ」


などなど、まあ、この件に関してのコメントは本当に日本と中国で似通っているな~という印象を受けました。コメントで1番多かったのは意外にも「賛成!」ってヤツで、私は中国という国は非常に子供を大事にする国なので、反対意見のほうが多いのかな、と思っていたので、これはちょっと意外でした。子供のいない人って言うのは日本でも中国でも同じくうっとうしく思っているんだな、とびっくりしました。中国では、コメントにもありますが、子供は祖父母や両親に宝物のように扱われ、本当にわがまま、好き放題です。なので、こういう子供が成長した姿は中国では主に80後世代に多くみられますが、正直目も当てられません。ですが、子供は社会の宝、として本当に丁重に扱われますので(電車やバスで子供に席を譲るなど)、実際に子供入店拒否のお店っていうのは、現実的には中国ではなかなか難しいのかなと思います。


しかし、日本人には意外かもしれませんが、中国の子供は日本の子供と比べ、外ではおとなしい印象を私個人は持っています。そもそも、子供ってあまり北京でも見かけないですが(みんな学校が終わるとまっすぐ家に帰って勉強しますので、外で遊んでいる子供って週末にちょっと見かけるくらいです、、、)、たまに見かけても本当に奥ゆかしくて静かなイメージを持ってます。日本の子供は外でも元気いっぱいだし、いたずらもいっぱいするし、正直レストランとか電車でもかなりうるさいイメージがあります。私は子供がいませんが、時々甥っ子を連れて出かけることがあって、彼が小さなころ、電車でベビーカーを押していたら若い女の子に舌打ちをされたことがあります。その時、子供を持つ方の苦労が本当によくわかりました。もう少しで声かけるところでした、その方にね。なので、コメントにも多くあった「子供を持ったことがない人間にはわからない」ってのも本当に同意です。子供がいる人間といない人間で立場が真逆なので、これはそうそう簡単に解決できることではないと思います。まあ、そもそも、中国はそんなささいな(?)問題以前に解決しなければならない問題が山積みなので、そっちに集中してください。


今日はこの辺で。
また書きます。
こんにちは。
今日は結構なホットトピックスになっている日本人逮捕のネタをご紹介します。これも結構トピックスが乱立していて、なおかつコメントも膨大な量になっているネタですが。。。


早速元ネタからご紹介します。
「とある日本人がレンタカーをして甘粛から泰嶺に測量し、宝鶏についたところで逮捕された。陕西測量地理情報局がこのほど公表した。陕西では最近、アメリカや日本など、多くの不法測量士を逮捕しており、観光旅行を装って入国するという。このような怪しい測量をしている人間を見かけたら通報してほしいと呼び掛けている」との内容です。ではこれについて、中国人ネットユーザーのコメントをご紹介します。


「これはスパイなのか?スパイだとしたら懲役何年だ?」


「なんとなく開戦の準備のように思える」


「写真の機械以外に何を見かければ測量と言えるのか教えてくれ」


「これは明らかにスパイ行為だろう。死刑にすべき」


「これは開戦の予兆だろ!30年代にも日本は同じことしてたらしいぞ!」


「不法なスパイ活動で我が国の情報を盗み出そうとしている、これを中国は許してはならない!」


「日本人は侵略を忘れることはないし、侵略を止めることもできないだろう」


「不法測量がどのような事態に発展するのかをメディアは紹介して、庶民にいかに危険なことかを知らしめて欲しい」


「宝鶏の要地を測量していなければ、こいつが逮捕されることはなかったんだろう?警察は警戒を強めてほしい」


「測量って何?彼らの目的はいったい何なの?」


「鬼子にレンタカーを貸した中国人、こいつらも売国罪に問われるんじゃないのか?」


「中国測量局のデータがあまりにも信用ならないから自分たちで測量しにきたんじゃないか?」


「測量している人たちなんていつも見かけるけど、何人かなんて見分け付かない」


「中国語を話さない、または中国語が下手な場合は全部通報しろ!」


「このニュースは広く知らせるべき。祖国を守らなければ!」


「世間全般にこうしたスパイの処理状況を逐一報告してもらいたい。中国人の教育のためにも」


「砂漠の汚水湖に直接沈めればよい」


「通報者に報酬を与えれば、庶民の積極性がぐっと増すぞ!」


「日本人が真面目に測量したいのなら、関連部門に申請をして測量すればよい。正当な手順を踏めばよい話」


「これは恐ろしい、、、反スパイ教育を一層強化すべきじゃないのか?」


「次はこうしたスパイは暗黙のうちに消してくれ、いちいち報告してくれなくていい」


「こうした行為には徹底的に反抗すべき!」


「こんなヤツは殺してしまえよ、生ぬるい」


「このように汚染のひどい地域も見逃さない、、、日本人は恐ろしい」


「考えれば考えるほど恐ろしい、中国人は国辱を忘れずに立ち上がるべき!多くの日本やアメリカ通の中国人を多く育てるべき」


「もう日本とは断交でいいんじゃないか?」


「中国人が日本やアメリカに測量になんていったら捕まって出てこられないだろう?彼らが中国で同じことをしても期間限定の強制送還と数万元の罰金だけ。日本人やアメリカ人は笑ってるだろうよ」


などなど、不法測量をしてたこの人の目的は知りませんが、中国人の中では完全にスパイ行為として映っているようです。そして、ここでもまた出てきましたが、日本は侵略への欲をすてたことはかつて1度もなく、これは次の侵略戦争の準備なのでは?というコメントがとても多かったです。これは中国人が結構真面目に思っていることです(反日中国人限定)。なので、日本がまた戦争の準備に入った!みたいな考えをして、結構本気でビビっているようでした。ありえないのに。それにしても、この方は何をしに行ったのかよく知りませんが、このニュースの注目度を考えると(微博でのコメント数がその注目度を表しています)、中国人に与えたインパクトはかなり大きかったようで す。


中国では日本は侵略を現在も本気で考える軍国主義国家という認識がありますが(なぜか)、日本の軍国主義を世界は許さないだろう、みたいなコメントをよく見かけます。これは洗脳を受けている中国人らしさ全開のコメントだな、といつも苦笑いの思いで見ています。なぜなら世界で現在も現在進行形で侵略行為(に近い行為)を繰り返しているのは当の中国であり、そのせいでアジアからも孤立し、中国包囲網なんてものを作られる始末なのに、中国人の中にはこの現実を理解している人もいますが、無知な愛国主義者などはそのような情報を得ることもなく、世界では日本が軍国主義で孤立しているといまだに思っています。中国の情報統制はものすごい徹底しているので、末端の庶 民には本当の情報が伝わらず、そのために国の現状も理解できない、これは長い目で見て中国にはマイナスなのではないかな?と思いますが、、、、


今日はこの辺で。
また書きます。
こんにちは。
今日は経済ネタをお届けします。お題は「中国の経済規模はすでに日本の2倍である!」です。


では早速元ネタからご紹介します。
「清華大学の李稲葵は夏季タボス会議にて次のように述べた。4年前、みなさんは覚えているかもしれませんが、中国は日本を超えて、世界第2位の経済大国に成長しました。現在の中国経済の規模はすでに日本の2倍に達する勢いなのです。今年ではないが来年にはそうなる可能性があります」との内容ですが。。。ではこれについて、中国人ネットユーザーのコメントをご紹介します。


「国民1人あたりの平均は?生活水準は?軍事力は?技術レベルは?強がらないと生きていけないのか?」


「中国の国土面積は日本の28倍、人口は9倍だ。そんなものを比べて何の意味があるんだ?」


「残念ながら、1人あたりの購買力は日本と比較したら悲惨な状況なんだが、、、」


「経済全体のデータに何の意味があるんだ?なぜ1人あたりのGDPを見ない?」


「汚染は日本の200倍、貧乏人は日本の20000倍だ!専門家はちゃんと分析しろよ」


「だったら給料を上げろ。感覚として、だんだん貧しくなっていってる気がする。日本の2倍だから何だっていうんだ?」
※物価ばかりが上がって給料が上がりませんからね、当然そうでしょう。。。


「だからどうした、中国の庶民は相変わらず貧しいままなんだが」


「データで飯が食えるとでも?」


「家の価格をあと数倍上げれば、それで一気に世界のトップに立てるぞ!」


「で、いったいいつになったら1人あたりの収入が日本人平均の半分に達するんだ?」


「学者とか官僚っていつも経済全体を持ち出して他国と比較するのが好きだが、それでいかに庶民が頭に来るかわかってるのか?」


「日本の10倍になったところでいったいなんだって言うんだ?」


「で、庶民の生活の質も日本の2倍なのか?」


「このバカは自分がいかにおかしなことを言ってるのかわかってないのか?強がらないと生きていけないんだろうな」


「中国の人口が日本の何倍かは一切触れないのか?」


「だから何だ?少しは家の値段を安くしてくれないか?」


「中国人の収入が日本人の倍になったら言ってくれ」


「上海から南京の高速鉄道の両側にある無数の建設途中のビルや高速道路なんかを見てると、こんなやり方でGDPを作り出すのなんて中国しかできないと思う。今後10年、今のやり方で行くのは無理だろう」


「隣国と比較して優っている点を見つけて優越感に浸っているだけ。そんなもの、下層の人間が死ぬほど働いて作り出しているに過ぎないのに」


「1人あたりの財産とか、幸福度合は日本よりはるかに劣るだろう」


「しかし、日本にはトヨタ、ソニー、ホンダ、パナソニック、東芝、シャープ、キャノン、ニコン、三菱、マツダがある。中国はどうだ?中国石油、中国移動、中国聯通、中国電信、、、、」
※国営企業ばかりが潤っているってことですかね。。。。


「中国経済はもしかすると日本を超えたかもしれないが、しかし現代文化において日本を超えることは絶対にないと言える。音楽、映画、文学、アニメ、ゲーム、ドラマ、果てはAVまで」
※まあありえないでしょうね、中国には独創性が決定的にかけています。共産主義の影響だと思いますが、、、


「自分の強みと他人の弱みを比べてりゃ、そりゃ永遠に勝者でいられるわな。。。」


「中国人の収入が日本人の半分に達したら強がってもいい」


「このような巨大経済の金の90%がたった1%の人間に集中している現実についての感想も述べろよ」


「前世期の日本並みになったら教えてくれよ、専門家」


「しかし日本の民度は中国の2倍どころではないんだが、、、」


などなど、怒り心頭のご様子でしたね。中国では新聞とかニュース、あとはこうした学者や官僚が必死に「中国は素晴らしい!!!」て感じで国民を煽るんですが、正直庶民にとっては物価ばかりが上がっていって給料は上がらない、そして何より家賃が異常に値上がりしていますので、生活は日に日に苦しくなるばかりで、そんな風に煽られてもとてもよさを実感できませんので、こんなものを見ると喜びよりも怒りが先行するみたいです。日本のバブル時代は、私は高校生くらいでしたので、全然味わっていませんが、あの当時の日本は少なくとも庶民にも給料の形で反映されていたと思いますし、国民がすごいいい思いをした時代だと聞いていますけど、中国ではいい思いをしているのはほんのわずかの人間(ただし半端ないという)だけであって、庶民には全くと言っていいほど反映されていませんのでね。。本当に中国人はかわいそうだと思います。


ほんのわずかな上層の人間に富が集中し、庶民は奴隷のごとくこき使われ、さらには拝金主義によって庶民が大気汚染や食の安全問題の被害を被る。これが中国の現実ですが、21世紀の今になっても一部の貴族(=共産党の人間他)が大多数の庶民を搾取している国なので、本当に中国だけは歴史を繰り返しているな~と思います。中国は歴史を繰り返してきていますので、もうすぐ庶民の発起があるのかもしれませんが、次の英雄がいつ現れるんでしょうかね。。。しかし、また同じことを繰り返すだけでは意味がないのですが。国民のことを第一に考え、本当の意味で中国をよくする人材が出てこないのは、国民の性質上、仕方ないのかもしれませんね。中国人は恐るべきレベルの「利己主義」な発想をしますので。自分さえよければ他人はどうでもいいっていうヤツですね。なので、国をよくするよりも、1%の上層部に入ることに全力を注ぎます。これでは国はよくならないでしょうね。本当に残念なことです。


今日はこの辺で。
また書きます。
こんにちは。
今日は日本でもニュースになっていました、iPhone6の話題をお届けします。お題は「iPhone6先行販売地域に中国大陸は含まれず」です。


では早速、元ネタからご紹介します。
「iPhone6の予約がすでに開始しているが、残念なことに先行で販売される国と地域はアメリカ、フランス、香港、カナダ、ドイツ、シンガポール、イギリス、オーストラリア、そして日本の9つの国と地域になり、中国大陸は含まれない。これは相当な悲劇である!3代通信キャリアはすでに事前予約販売を始めており、9月19日に販売開始と宣言していたが、、、これは」って内容ですが、、、ではこれについて、中国人ネットユーザーのコメントをご紹介します。


「これは気まずい、、、、」


「3代キャリアを不買する!フアウェイを使うキャリアを盛り立てよう!」


「横っ面をひっぱたかれた感覚」


「FDDを採用できないんだったら、中国大陸で販売しなくていいぞ」


「契約違反だろうが、、、倍にして返金しろ」


「iPhone6って言ったって、もうたいして魅力ないな。中国のスマホはそれに比べてまだ一定の魅力がある」


「もしかして生産が追い付かないから大陸では先に発売しないのかな?もし先行に大陸を入れて在庫がなくなったりしたら騒動になるしな」


「中国移動、中国聯通、中国電信、、、、みんなそろってバカすぎ」


「大陸ではパクリが出てくるからな、、、、アップルも気が進まないんだろう」


「アップル:お前ら、パクってみろ!もうお前らには売ってやらない」


「中国では希少価値がモノを言う。少なければ少ない程、お前らは欲しくなるだろ?戦略だ」


「香港にあればいいんじゃない?香港にも中国移動はあるだろ?在庫持ってこい」


「中国大陸はアップルのお得意様だろ?6000万台も製造してるんだし、そもそもアップルが先行から中国大陸を外したことはおかしい。電信は19日に販売するって宣言していたんだから、予約してたヤツらはクレームして来い」


「先行じゃないってだけだろ?今は中国のスマホも負けてない。アップルが崇められるようなものでもない」


「なぜ先行販売を取り消されたんだろう?企業間で協議も済んでいたんだろう?」


「まあ、そもそも中国大陸は他人の残飯を食って生きていく国」


「外交部はこれに対してちょっと遺憾の意を表明したりしないのか?」


「これは正規版より先にパクリ版が出てくる予感、、、、」


「なんなんだ?差別なのか?そういうことなら国産を使うわ」


「中国大陸は買わなくても生産してればいいって感じか」


「これは先行販売地域を変更すべき」


「俺の友達ですでに電信の6を使ってるヤツがいる、、、、いったいどういうことなんだ?」
※発売前にパクリが出てきてるってことでしょうか、、、、


「こんなの不買でいいだろ。客を馬鹿にするような会社は出て行ってくれ」


「アップルの傲慢な態度が気に入らない。世界の5分の1の販売数で貢献している国を先行から外すなんて、、、中国人の顔を殴っているようなもの」


「どうりでアップルが値下げしないわけだ」


「99ドルってさ、、笑える。単純にレートを計算しても意味がないとわかってはいるが、アメリカの往復航空券買ってiPhone6を買って帰国したって金額変わらないだろ、、、、」


「こういうのを見ると、やっぱり香港は中国じゃないんだな、と思ってしまう」


などなど、ちょっとびっくりですね、中国人には。中国人はスマホ大好きですし、iPhoneはステータスみたいなもんなので、中国の国産スマホに押され気味とはいえ、まだまだ中国での販売数は他国や地域に比べると相当デカいはず、、、、なのに中国を外すとは、、、、 中国人はいい気はしないでしょうね。。。。なので、結構なコメントが「不買」とか「もはやアップルに魅力はない」とかでした。これはしかし、日本でも「もはや以前ほど魅力的ではない」って意見も見られますね。そして中国では相当な数の国内企業がスマホを生産していて、いくつかは成功もしています。最たるものは「小米」で、今や世界のトップ5に入る(中国市場だけでトップ5に入ってしまうのだから、いかに中国のスマホ市場がデカイかがわかります)会社に成長しました。たしかここ5年くらいの話です。でもスマホももはや飽和してきているでしょうし、スマホだけで生き残る会社はなかなかないでしょうね。


あと、、、パクリ。iPhoneは中国大陸でも人気のスマホですが、やはりとっても高いので(高いからこそ、ステータスになるんですが)、偽物みたいなのも結構出回ります。中国のパクリ技術は本当にものすごいので、偽物使っている人もいるんだと思います。まあ、中国人はスマホ大好きなので、日本人では考えられないほど、スマホとかにお金使いますが、それだけ市場としては大きいと思います。それなのにアップルは今回、初回先行販売地域から中国を外しました。これは中国を重視しない、ってことなんでしょうかね。まあ、中国はすごく特殊で、国産の、しかもスマホだけを頼りにしているような企業が多く、そういった企業のスマホが結構支持されていますので、一種独特の雰囲気なんですが、そんなこんなでアップルは中国大陸を重点地域から外したんでしょうか?この辺は全然わかりませんが、、、、中国人にとってはちょっとショックな出来事だったようです、コメントを見る限り。


今日はこの辺で。
また書きます。
こんにちは。
今日は中国の反日を示す事件に関連したトピックスで、これが異常なホットトピックスになっていますので、今日はこちらをご紹介したいと思います。お題は「旭日旗のTシャツを着て泰山登山した男性が襲われてTシャツを破られる」です。


では早速元ネタからご紹介します。
「9月6日、第28回国際泰山登山祭で天津からやってきたと言う30歳前後の男性が、大日本帝国海軍とプリントされたTシャツを着て登山したところ、群衆に包囲され、怒った群衆にTシャツを破られる騒動があった。この男性は日本で生まれ育ったといい、他の場所でこのTシャツを着ても問題がなかったと言っている。現地の警察は事態の悪化を防ぐため、彼を連行していった。この騒動、あなたはどう思いますか?」って内容です。
a716fd45jw1ek3xo3174fj20d10fojse.jpg

ではこれについて、中国人ネットユーザーのコメントをご紹介します。


「日本で生まれ育って、そんなに日本を愛しているならなぜ中国に来るんだ?」


「これ、本当に中国人か?」


「歴史の恨みつらみとかは捨てて、明日は平和になってほしい」


「日本人なのか?それとも中国の変態か?」


「群衆は遠慮しすぎ、こんなやつは泰山の頂上から突き落とせばよい」


「南京や東北だったらこの程度では済まなかった。彼はまだ生きていることをありがたく思わないと、、、、」


「こんなやつは蔑視しても構わないが、それでも服を破るってのは野蛮だと思うが」


「しかし、、、中国の歴史教育はものすごい成功を納めているな」


「中国人のモラルが低すぎる、、、、、」


「中国には彼の居場所はない、、、、早く日本に帰った方がいい」


「他の国なら問題ないだろう、でも中国でこんな服を着るのはよくない、違法ではなくても中国国民の感情を考慮すべき」


「何を着るのも自由だが、公共の場所で日本の中国侵略の象徴の服を着るのはダメだろ、殺されなかっただけましと思え」


「他人を襲うのはよくないと思ってる。でも彼は、、、殺してやればよかったのに」


「お前は心が腐っているのか、それとも歴史を学んでいないのか?そんなに日本が好きなら日本で登山してろよ、バカ野郎」


「日本の国旗がプリントされてるだけならたいしたことない。でもこれは軍国旗だし、さらに誰もが見てわかるように漢字で表記されている。死にたいとしか思えない行為」


「日本で洗脳されたんだろう」


「中国人のこのような野蛮で無恥な行為を深く蔑視する。いつになったら本当の自信を持てるんだ?」


「民族主義者や愛国主義の集まりだったんだろう。日本車を襲う人間がいるのも納得。バカらしい。。。。」


「愛国青年が1番好むのは他人を襲うことだからな。他人を襲って喜びに浸ってる、、、マジでキモイんだが、、、、」


「警察はこいつについて、きっちり調査して、教育もしてもらいたい」


「もしこれが香港で起こったら、たぶん誰も彼を襲ったりしない。中国の愛国教育に反対しているからね」


「国家として着てはいけない服の法律などはないけど、でもそれぞれの地域で着てはいけないもの、してはいけないことのルールは存在している。中国でこんな服着るなんて1番やってはならないこと」


「無知で愚かなヤツだ。ここまで成長できたのが奇跡と言っていいくらい」


「中国にいて、中国人だというなら、中国人の感情は理解すべきだろ。こいつはバカなのか?」


「バカなヤツだ。お前は日本で育ったなら、親はお前が中国人であることを教えなかったか?中国に来て何してんだ?日本にいろよ。今の金持ちのお坊ちゃまは総じて親がバカすぎる」


「売国奴は日本人よりたちが悪い。特にこの平和な時代の売国奴は。こんなヤツはとっとと追い出して、二度と中国に入国させるな」


「殺されなかったところを見ると、愛国青年はこの登山祭には参加していなかったようだな」


などなど、、、、まだまだ中国の反日教育は健在ですね。。。歴史を勉強してないとかいうコメントもありましたが、中国の歴史教育はとても特殊ですのでね、、、あれを鵜呑みにしていれば日本が嫌いになって当然です。中国の歴史はあれほど素晴らしいのに、そのような素晴らしい歴史を手薄にしてでも、日中戦争の部分というのは詳細に、なおかつ誇張して記載されます。その歴史を学んだ中国人は当然日本人は悪と認識して育ちます。成長して本当の日本の姿を自分自身で知って日本を好きになる人も多いですが、そのような興味が湧かなければずっと日本が嫌いなままです。なので、中国人の中にはずっと日本を悪の象徴として嫌いなままの人ももちろんいます。田舎とか、年配の 方は日本が嫌いな傾向が強いそうです。あとは愛国青年。


中国人は日本人が思っているほど反日ではないですが、それでも反日シーズン(私の記憶が鮮明なのは尖閣諸島の国有化の時、あの時はひどかったです)には結構な人が反日にシフトします、そして数か月もすると忘れて何事もなかったのようになります。この点、中国の反日は本当に馬鹿らしいと思います。尖閣の国有化があった2012年8月ごろは、北京中の「日」という漢字が看板などから消されたり、土豆ネットのような動画サイトからも日本のドラマとか映画が消えたりと、結構大がかりな反日的雰囲気になっていました。もちろん日本人とわかると嫌がらせを受けたり、身の危険を感じる日本人も多かったと聞いています。日本人のマンションが包囲されたりもしていました。中国に在住して いる一般の日本人へのこうした嫌がらせや威嚇行為に対して、中国人の民度の低さを思い知り、それで中国がかなり嫌いになりましたが、当の中国人は「数か月もすれば落ち着いてまた中日関係は元に戻る」とか楽観的な予測を述べていましたけど、あれがきっかけで中国が嫌になった人も多いと思います。日本人は嫌になったら元に戻るのは難しいですからね。それが極めて簡単な中国人にはこの日本人の性質は理解できないだろうと思います。
この日本育ち(自称)の中国人は中国でこんなTシャツを着て、不要なトラブルに巻き込まれたわけですからバカとしか言いようがないですが、襲い掛かる群衆っていうところもまた中国らしさ全開だな、と思います。


今日はこの辺で。
また書きます。
こんにちは。
今日は微博でなかなかホットトピックスになっているネタをご紹介します。お題は「92歳の抗日老兵が69年前の日本人の恋人を探しています」です。


では早速、元ネタからご紹介します。
「周福康さん、92歳、1945年日本軍に投降し、その後日本人の小学校教師、辺見さんと出会い、恋人同士となった。その後、部隊は大陸へ帰還、2人も離れ離れとなった。69年もの間、彼は恋人を忘れることはなかった!現在は廃品回収で生計を立てているが、周さんは言う。彼女と過ごした時間を思い出せば、この一生はとても幸福だった」との内容です。
4ee36f05jw1ek4800ic7mj20ku0fnjtt.jpg

ではこれについて、中国人ネットユーザーのコメントをご紹介します。


「この方がかつての恋人を探し出すことができるといいね」


「まだ執着してんのか、、、と思わざるをえない」


「こういった老兵の現状が最も受け入れがたい現実」


「彼はこの一生をずっと思い出と頑なな愛で生きてきた。彼の余生が自分の望む幸せであることを祈る」


「真実の愛に戦争など関係ない」


「言いたいのは、美しい時代は当時だけだと思うよ」


「当時の恋人がまだ健在であればいいけど」


「国に命をささげた老兵への待遇がこのようなありさまである中国という国」


「抗日戦争を戦った老兵がこのような生活を送るべきではない、恋人の話ではなく」


「人間は、永遠に忘れることのできない人はいても、その人と一緒になれるわけではないっていうことだな」


「彼は本当にすごいね。この年でまだ日本語を覚えていてしかも書けるなんて」


「この時代の人たちはきっと純愛だったんだろうね」


「抗日戦争を戦った老兵がこのような生活におちぶれているのは納得がいかない、腐敗官僚と交換しろよ」


「政府の官僚が作り出したごみを抗日老兵が処理する、、、、、」


「彼を助ける人がいないものだろうか?まだこの恋人が生きていて、再び2人を会わせてあげたい。この方が遺憾を残したまま死んでほしくない」


「このように国家に命をささげた抗日軍人が、この年になってもまだ廃品回収で生計を立てなければならないとは、、、国は国家の恥辱は忘れるなと言うなら、先代の犠牲を忘れることなく、待遇を改善しろ。このようなニュースを見るたびに心が苦しくなる」


「このような戦争の時代には、一緒になれない運命の人も多かっただろうな」


「69年は長すぎる、、、このご老人には敬服する。そして1人の人間にこれほどの長い間思われた辺見さんという女性も幸せだと思う」


「老兵のこのような余生の過ごし方を見たら、志願して軍隊に行きたい人間なんていないだろうな」


「メディアが多く取り上げて、この女性を探し出すことができればいいと思う」


「これは、、、ドラマ化が決定する予感」


「このような愛情には胸が痛むが、さらに心が痛いのはこの老兵の現在の生活だ」


「もうこれは、映画化してメディアの関心を集めて協力させて、会わせてあげてほしい」


「国に忠誠を誓い、恋愛さえも犠牲にした。このような人間がなぜ幸せを得られないのだろうか」


「戦争は少数の人間が始めて、このように多くの人間を犠牲にする。人類はどうしてこの点をいつまでも理解しないんだろうか」


「当時、日本は敗戦後で貧しく、多くの日本人女性が中国人男性に嫁いだ。中日国交回復後にこのような日本人女性は両国政府の同意のもと、国に帰ることが許されたが、中国人と日本人の価値観の違いから多くの夫婦が離婚したそうだ。時代のせいだね」


「孤独な一生を終え、残す子供もない。これはこのご老人にとっては死に際したときの唯一のよかった点なのかもしれない」


などなど、このトピックス、ものすごい乱立していて、コメントもものすごい数がついていますが、、、、1番に思ったこと。このように中国で大ごとになればきっとメディアとかいろいろな機関が日本に来てこの方を探すんじゃないかな~、ってこと。この女性も相当なご高齢でしょうから、生きているかどうかはわかりませんが、生きていたとして、すでに日本でご家庭などもあるでしょうし、この女性にとっていいことなのかはちょっと微妙でしょうね。ご高齢なので中国に行くのも難しいでしょうし。でも探しそうな気がする、、、、、中国国内で勝手に盛り上がっていますので、話題のためにメディアが取り上げそうですが、相手(日本のこの女性)の事情などは一切考慮しないのもまた中国らしさ全開なので、そうなる予感がします。。。。


しかし、このトピックスで圧倒的に多かったのは、このご老人の恋愛についてではなく、現在の生活状況についてです。命をかけて戦った老兵が90を過ぎていまだに廃品回収で生計を立てなければならない現実に多くの中国人が憤っています。中国では年金制度なんてあってないようなものですし、老人だって何をしても稼がなければ野垂れ死にます。なので老人の乞食も北京でも多く見かけますし、本当に中国の老後の暮らしというのは過酷なものです。抗日戦争(と中国では呼ばれます)を戦った、いわば国に命をささげた人々のこのような末路が悲しいという、痛切に政府を批判するようなコメントが多くみられました。日本の年金制度も怪しくなってきましたが、少なくとも戦争を戦った世代の方は中国に比べれば手厚い保護があるし、今後の日本人と比べれば老後は安定していると言っていいと思います。私個人は、若いころに戦争を経験した世代の方はそれくらいの保障を受けるのは賛成です、ただし今後私たちの世代にはこのような手厚い保障はないだろうことを考えると今年金を支払うのはバカバカしいという気持ちもあります。日本の年金制度について書くとキリがないのでやめますが、中国の老後生活の悲惨な現状を垣間見ることのできるトピックスでした。


今日はこの辺で。
また書きます。
こんにちは。
今日は微博上で中国人が勝手に盛り上がっている「日本に行ったら絶対に買うべき12種の薬」をご紹介します。


では早速画像から添付します。
af0d43ddgw1ejz5hmu5xcj20c764zwzp.jpg

コメントは日本に行ったら絶対に買うべき12種の薬!日本に行く人は絶対にチェックしてね~とだけ書かれています。上から目薬、アンメルツ、サカムケア、熱さまシート、イヴ、サロンパス、ニノキュア、ハイチオールC、ビューラック、口内炎パッチ(知らん、、、)、命の母(知らん、、、)、龍角散ダイレクトの順で紹介されています。効能なんかが中国語で記載されてますが割愛します、、、
こんなのが重宝してるんですね~。ではこれについて、中国人ネットユーザーのコメントをご紹介します。


「この中のいくつかは家に常備してる」
※すごいね、日本人の私だって常備してるのは1個もないんですが。。


「便秘がひどいし、美白もしたいから日本に行きたい!」


「もっと早くに教えてほしかった、、、、日本人のクラスメイトももう中国に戻ってきちゃったよ、、、」


「中国の薬だって少しも負けてないよ!」
※それは一部はあってますが、、、、この辺の分類の薬は中国全然でしょうに。。。


「日本の目薬は確かにすごくいいってみんな言ってるね」


「日本製品不買はどうしたんだよ、、、」


「日本の正露丸は神」


「アンメルツね、、、、俺は子供の頃から常用してる」


「日本の目薬が本当にほしい、誰か日本に行く人いない?」


「しかし、残念なことに、一生日本には行かないと思う」


「日本の美白薬は本当によく効く。タオバオでも売っていて、すごいたくさん売れているみたい。安いしね」


「私もアンメルツは常用していてすごくいい、お勧め!」


「日本にはダイエットの薬はないのかな」


「見る必要もない。日本に行く金がないから」


「中国の薬は毒入りの可能性があるからな、、、、服用すると命に関わる」


「何はともあれ、日本の製品は使わない」


「現時点で、製薬の方面で中国は日本とはかなりの差があることは事実。でも次の20年で中国も力を入れてくるだろうから、発展すると思う」


「日本製品は不買、いくらいいものが出てきたところで、なくても生きていけるだろう?日本がかつて中国に対して犯した罪をどうしたって許せない」


「日本のモノが悪いとは思わないけど、今日みたいな日に日本の話題を出さなくてもいいだろう?それで俺のことを愛国青年とか言うのもおかしい」
※今日というのはこのコメントがされた日で、どうやら日本が降伏文書に調印した日だそうです。1945年の話。


「日本に行って薬ばっか買ってどうするんだよ、おいしいものもいっぱいあるのに」


「日本に行く必要はない。タオバオにいくらでも売ってる」


「小林製薬の製品は良品が多い」


「どこに行ってもいいが、日本はだめだ。日本が先に中国を侵略してきたっていうのに、それでもまだ日本に金を落とすのか?」


「そうは言うが、日本製品は質がいいんだから仕方がない」


「まさか、、、日本に旅行に行く目的って薬買うため、って人が多いの?」


「日本には3億人の人がいて、みんな中国製品不買をやっているっていうのに、中国には13億人の人口がいて、日本製品不買って段になると10分の1もできない。情けない。。。」
※3億人というのは何なんですかね、、、


などなど、、、、日本製品不買ってコメントもちらほらありましたが、全体的には欲しい~とか、これはすごいいい薬だよ、とか、そういう意見交換みたいになってました。本当に中国は日本製品不買を叫んでいるのは一部の愛国主義者だけであって、一般の人はやっぱり日本のもの大好きなんですよね。で、コメントにもありましたが、中国ではタオバオ上に日本の薬とか専門に扱うショップもかなりあります、しかも売れている、私も常用していました。こういったショップは日本に頻繁に行くことがある人が帰国のたびに頑張って買って帰って、いわゆる転売しているわけですね。日本のこうした薬って本当に人気があるのでよく売れています。まあ、日本企業もそこらへんよくわかっ ていますので、中国版を出したりしてますので、日本のものでなくてもよくなってきていますけど。


中国の友人が一時帰国する私に買ってきてほしいとお願いしてきたものは(私も自分の荷物がたくさんありましたから、いい迷惑でしたが、、、)、目薬、ヘアカラー、化粧品、あと、意外なところで虫刺され薬(これ、中国ではあまり見かけません、昔ながらの的なのしかないです)、あと、日本の便秘薬とか下痢止めも人気みたいです。あと、日本の湿布には相当びっくりするらしいです。中国にもシップみたいなものは売っていますが、これがはがすときに強烈に痛いらしいです、私は日本から持っていきましたのでわかりませんが。
まあ、日本人が中国製品不買が難しいのは価格の問題ですが、中国人が日本製品不買が難しいのは質の問題です。これは中国人にとっては屈辱かもですね。。。価格の問題はお金を出せば解決できる問題ですが(日本人が多少の値上げを受け入れれば済むことです)、質の問題は解決が難しいでしょう。お金があれば質のいいものを使いたいのは当然の心理ですからね。愛国青年のいらいらは収まることがなさそうですね。。。。


今日はこの辺で。
また書きます。
こんにちは。
今日は、この微博で初めて知ったんですが、武田薬品の薬が発がん性があったとしてアメリカでものすごい金額の賠償金支払い命令を受けたとかいうニュースが中国で話題になってますので、今日はこちらをご紹介します。日本であまり報道されていませんね、されてるんでしょうか?


では早速元ネタからご紹介します。
「アメリカのルイジアナ州地方裁判所は、日本の武田薬品工業が製造する糖尿病治療薬アクトスに発がん性成分が含まれていることを隠ぺいしていたとして、60億米ドルの賠償金支払い命令を下した。同時に薬品を販売する企業に対しても30億米ドルの罰金を課した。世界の製薬裁判史上最大の罰金となった。薬を選ぶ際には注意しましょう!」ってものですね。そしてこのアクトス、中国でも中国バージョンが売られているようです。画像。
4e5b54d8jw1ek1bltud3fj20c907874j.jpg

ではこれについて、中国人ネットユーザーのコメントをご紹介します。


「こんな賠償金を支払わされるくらいなら、アメリカ市場から撤退したほうがいいんじゃない?」


「この巨額の賠償金は誰に支払われるんだ?」


「あほらしい、薬なんて毒を含むもんなのに。何が賠償金だよ。。。」


「不誠実だったことに対する代償」


「60億ドルだぞ!武田薬品は倒産するんじゃないか?」


「アメリカってのはヤクザ国家だわ」


「中国がアメリカと同じ基準だったら、国内の医療系の企業は今頃倒産しまくってる」


「ヤバイ、、、俺が飲んでるの、まさにこの薬だわ。。。。」


「これぞまさに法治社会だな」


「モラルを失うのはもっとも恐ろしいことだな」
※中国人にいわれたくないですがね・・・・・


「まあ、中国ではこの手の「笑い話」はよくあるな」


「国内のパクリ製品もこのくらいの基準で厳しく罰してくれたらいいのに」


「武田なんてどうでもいいから、アメリカには中国の製薬会社を厳しくチェックしてみてほしい!」


「罰金はどう取り扱われるんだ?中国のように途中で不明金になったりするなよ」


「中国もこのような社会になってもらいたい」


「どうりで中国の漢方がアメリカ市場に出回らないわけだ」


「中国もこのように厳罰にすれば、国内の劣悪な薬や食品もなくなるだろうに」


「糖尿病みたいな不治の病に長期服用するような薬は発がん性の副作用くらいはありそうなもの。薬効が大きければそれだけ副作用も強くなるのは正常だろ?アメリカの経済における排他性はますます厳しくなっているように思う」


「同じような状況で、中国なら罰金はいくらになるんだろうか」


「この薬は中国にもあるだろう?なぜ中国は発がん性物質を検知できなかったんだ?」


「なぜアメリカがこんな多額の賠償金を請求できるんだ?」


「この薬を服用したことのある人間はみんな賠償請求できるってこと?」


「こんなのはアメリカだけだよ。優しい中国は絶対にこんなことはしない」


「中国はこうした処罰の方式をアメリカに学ぶべき」


「中医は偉大な宝庫だ。努力して発掘し、高めていくことができる。私たちの宝は自分たちで少しずつ享受していけばいい。アメリカのようなバカな国に与えてやる必要はない」


「またヤクザの横行だな。どんな企業も同じようにやられる可能性はあるぞ」


「まったく、庶民がどうやって良薬を見分けられるっていうんだ?監督部門に頑張ってもらうしかないのに」


などなど、日本の企業がやられてうれしい~みたいな反日的コメントはほぼ皆無でした、意外なことに。圧倒的に多かったのは、中国もアメリカぐらい厳しくやってほしいってもの。うーん、これは切実ですね。中国の食の安全問題は広く知られるところですが、同じように薬なんてのもヤバいですし。なので、日本の製薬会社は結構中国にも進出しています。日本の食品メーカーも同様ですね。日本というだけで売れる時代は終わったとか言われていますが、それでも中国の企業がますますヤバイことになっていますので(いろいろな不正が次から次へと発覚しますのでね)、日本企業であるっていうだけで、多少価格が高くても売れています。この薬は中国にもあるようですが、これについて中国人はほとんど何も触れていません。むしろ、中国の製薬会社を片っ端から調べろ、みたいな意見のほうが多いです。それだけ中国人は中国企業に対してかなりの不信感を持っているということです。


あと、印象的なのが、この件については、中国人は結構な数の人が「薬なんて多少の毒は含むもの、それで罰金なんておかしい」みたいな意見を述べています。中国人は国内でそんなの目じゃないくらい衝撃的な案件が多いですので、そんなに騒ぐことでもない、みたいな発想のようです。これは中国の企業が賞味期限切れの鶏肉を日本企業に卸していた問題でも、賞味期限切れくらいで騒ぐなんて日本人は厳しい、みたいなコメントが散見されたのと同じような感じなんだと思います。それだけ中国人の感覚がマヒしてしまっているともいえるので、これはちょっとかわいそうですね。アメリカの60億ドルはおかしいと思いますけど、中国はもう少しこういった案件に対しては厳しくしていったほうがいいような気もしますが、、国内でこういった産業も共産党絡みなのでしょうから、それはなかなか難しいのかもですが。


今日はこの辺で。
また書きます。
こんにちは。
今日は日本でも大変うれしいニュース、錦織圭選手の準決勝進出に絡んで、中国の微博上でも大いに盛り上がっていますので、今日はこちらをご紹介したいと思います。錦織圭選手が準決勝に進出した関連のトピックスは実は乱立していて、コメントもたくさんついていますが、1番シンプルなニュースで行きたいと思います。


まずは元ネタからご紹介します。
「先ほど終了した全米オープン、男子シングルス準々決勝で、第10シードの錦織圭選手が3-6,7-6,7-5,6-7,6-4で第3シードのワウリンカ選手を破り、プロ人生初のグランドスラム4強入りを果たした。錦織圭選手は次戦で、マレーとジョコビッチの勝者と決勝進出をかけて対戦する」と、事実のみを淡々と紹介したニュースネタなのですが、ではこれについて、中国人ネットユーザーのコメントをご紹介します。


「アジア人でもここまで行けるんだな」


「ジョコビッチが次だろうから終わりだな」


「アジア1だな、錦織圭は。頑張ってほしい!」


「こいつはすごい!連続してフルセットを勝ち上がるとは。。。TOP5入りする日も近いんじゃないか?」


「まあ、日本人ではあるが、、、、アジアのために頑張ってほしい」


「男子シングルスでアジア人が4強進出するのは初めてじゃないか?」


「次がマレーであれジョコビッチであれ、錦織をやっつけてくれ」


「ライブでは見てないけど、きっと試合は素晴らしかったんだろう。錦織圭と彭帥(女子で4強進出の中国人選手)はアジアを盛り上げているな!」


「夜中の4時半に見始めて、3セット目が終了した後、錦織圭のすばらしいショットで眠気が一気に吹っ飛んだ」


「日本人は嫌いだが、彼は本当に素晴らしいテニスをする」


「ユニクロ兄弟の対戦だな、次は」


「体力とメンタルが素晴らしいな。次はテニスの巨頭との対戦だ。しかしジョコビッチにしてもマレーにしても、ワウリンカへのリベンジの機会を失ったな、、、」


「最近、日本のテニス界がすごくないか?」


「まあ、決勝は順当にジョコビッチとフェデラーだろう」


「すごい!錦織圭、おめでとう!!!しかし中国男子には耐えられないな、、、、」


「すごいな!アジア人が2人も4強進出とは。しかしワウリンカは最後のダブルフォルトが致命的だった」


「伊達公子も女子ダブルスで4強進出だ!」


「アジア人初のグランドスラム優勝も間近だな」


「マイケル・チャンの指導が素晴らしいのだろう」


「ワウリンカは何してんだ?しかし今回の全米オープンは男女ともにシングルスでアジア人が4強なのでサプライズの大会となっているな」


「さすがはアジアナンバー1だな!素晴らしい」


「すごい!アジアの誇り!連続フルセットを勝ち上がるとは。彼は前途有望だね」


「5セットまで行けば錦織圭は勝つ。恐るべき屈強さだ」


「錦織圭にはずっと注目していた。数日前に彼が8強に進出した時にもとっても嬉しかったが、今日また4強進出ができて、本当に心から優勝を祈ってる。日本のため、アジアのために頑張ってほしい」


「錦織圭の試合は見ててとってもおもしろい!」


「もし中国の男子選手がシングルスで4強なんて進出したら大騒ぎだろうな」


「ユニクロは錦織圭とジョコビッチを抱えてるんだもんな、ものすごい見る目あるわ」


などなど、まあ基本的に褒められていましたね。アジアの誇り!とかいろいろ。あとは彼の試合は見ていて面白い!って意見も多かったですね。今日のヤフーニュースで中国でも大絶賛みたいなニュースを見かけたので、そんなに褒められているのかとのぞいてみたんですが、まあ、中には反日コメントもちらほら見かけましたね。「小日本になんか負けやがって」とか「次のジョコビッチは必ず勝て」とか、そんな感じです。でもだいたいはアジア人として応援したいとかそういう意見が多かったです。


中国にはリ・ナというとっても有名なテニス選手(女子)がいます。彼女は日本の伊達公子以上の実勢を持つアジア歴代最高の選手かと思いますが、その影響で中国ではテニスも今は注目されています。しかし、男子はまったくだめなんですが、アジア人には特に男子は大変そうですね。錦織選手の試合などを見ていても、体力的にかなりアジア人というだけでビハインドな気がします。上位の選手たちはもう人間の域を超えているんじゃないか?っていうような体力ですし、、、、それを克服して2戦連続フルセットで勝ち上がるとは、、、すさまじいです。その点は「素晴らしいメンタルと屈強なフィジカル」みたいなコメントも多かったので中国人も同じように思っているみたいですね。若さに言及したコメントも多かったですが、まだ若いのでこれからもどんどん強くなって活躍してほしいな~と思います。錦織圭選手の活躍でテニスがもっと人気競技になる、ってなったらいいですね。


今日はこの辺で。
また書きます。
こんにちは。
今日はiphone6にまつわるトピックスをご紹介します。お題は「iphone6に搭載の地図で釣魚島が日本のものになってるぞ」です。


では早速元ネタからご紹介します。
「iphone6を買おうとしている人、要注意!iphone6に搭載の地図で釣魚島が日本のものになってるぞ!ケータイを使わざるを得ない人も、絶対にアメリカのiphone6はダメ!世界の中国人は一致団結して、売国奴になってはならない!もし買ったとしても絶対にiphone6を使っちゃいけない!もしもiphone6を買っちゃったとしたら俺に速達で送ってくれ。責任を持って中の地図を削除するから」だそうです、、、、、ではこれについて中国人ネットユーザーのコメントをご紹介します。


「、、、買えないから」


「だったら早く住所を公表しろ、長くは待てないぞ」


「なぜ早く言わないんだ?すでに3台予約済みだわ。早く住所を公開しろ」


「俺には必要ないわ、、、なぜなら俺はiphone5sユーザーだから」


「中国の芸能人だってみんなアップル使ってるのに、、、」


「これについてはともかく、、、なぜみんな国産のケータイにしないんだ?」


「ていうか、これってiphone4の頃からあった情報だよね。でも別に利用者は減らないというね」
※初耳です。そうなんですね、iphoneは中国では5くらいまでは大大人気でしたね。その後中国メーカーに押され気味ですが。


「じゃあ、韓流ドラマを見てる彼女がいるヤツは俺に速達で送れ。これも俺が責任を持って削除するわ」


「新手の詐欺かよ」


「こういうニュースを冗談のネタにするのはやめてほしい」


「最後の一言がなければ、俺はお前の発信したニュースを真剣に受け止めたのに」


「熱烈に支持する。ただし、お前にiphone6を送る前に、俺にiphone6を買う金を貸してくれ」


「こういうことを冗談にするヤツはレベルが低すぎる」


「中国の嘘をつく能力は50年前にはすでに米英を抜いて世界一だった。ただ、最近南朝鮮の猛追にあい、世界第2位になっちゃったけどね」


「ていうか、iphone5の時も同じニュース出てたけど、地図見たけどはっきりしてなかったよ」


「そもそもiphoneなんて使わないから、俺にはかかわりがない」


「釣魚島が戻ってきて、中国に土地が増えて、それで家の価格が10年前に戻るとでもいうのか?それとも石油の保存量が増えて、ガソリンの価格が下がるとでも?それとも海産品の価格が下がるのか?そうでないなら、なぜ釣魚島にそこまでこだわる必要があるんだ?」


「バカなコメントしてるヤツが多いが、要するにこのトピ主は自分がiphone6を欲しいだけだろ」


「このニュース、いつも出てるが、iphoneの後の数字がその都度変わってるだけじゃないか。俺はアップルが嫌いだし使うこともないが、こういう冗談はバカすぎる。中国人は騙されやすく、常識がないから、こういうニュースに対して自己判断もできない。もしかしたら、だからこそ、アップルが中国で大成功しているのかもしれない」


「ここのコメント見てると、本気で信じているヤツが結構いることに驚く」


「自分の国の領土問題を冗談のネタにするとは、、、度胸のあるヤツだな」


「使わない!人民元をアメリカドルにしてアメリカに献上したいのか?絶対に買っちゃダメだ!」


「俺も祖国の領土を守るために力になりたい、協力させてくれ!」


「何か突然iphone6を買いたくなってきたわ。本当のところはどうなのか、地図を見たい」


などなど、どんな内容かと思ってのぞいたら、冗談でした。。。アホですね、中国人は。ケータイと領土問題を絡めて冗談のネタにしてました。そして多くの中国人にバカにされていました。コメントもほとんどが「俺も手伝う」とか「住所よこせ」とか、そんなんでした。それと、結構な数の中国人が「中国にはこんなバカな冗談を言う人間がいる」とか「こんなんで本気でだまされる中国人が結構いるのもまた事実」とか、そういう悲観的なコメントも結構見られました。中国人にとっても「程度の低い冗談」と映っているようですね。しかし、こうした社会問題を冗談のネタにする人間も多いですが、中国にはシャレにならない社会問題も本当に山積みで、それについて、本気で討論す るようなトピックスもあるにはありますが、少ないですね。言論統制の一環、ていうか、公にそういう社会批判をすることは中国では大変危険なことという認識がありますので、あまり大きな声で言いたくないみたいですね。友達間ではものすごい政治批判しますけど。ここら辺はとっても共産主義を感じる部分です。


中国ではiphoneは大変な人気でした、私が中国にいたころは。大型のアップルストアが北京の超一等地に建ったりしましたし、そこはいつ行っても多くの中国人でにぎわっています。しかし、私が帰国する2012年末ごろにはちょっと雲行きが怪しくなりだしていました。このころから、中国メーカーが積極的に低価格スマホを打ち出して市場が激変したからです。iphoneは新しく出たころに正規価格で買うと日本円で10万円近くします。これは若者にしてみれば月給以上の額です。それが飛ぶように売れていましたが、中国メーカーのスマホは新品でも2万円くらい(もっと安いかも)で買えます。なので自国のメーカーを大事にしようという機運も相まって、当時国内メーカーが大躍進しだしてい たと記憶しています。大前提として、中国人は日本人の何倍もケータイ命です。どんな機種を使っているか、っていうのが一種のステータスになったりもします。iphoneなんて持ってたらとってもカッコいいんだと思います。でもあまりにも高いですから、国内メーカーが支持されるようになってきたのかな、と思います。まあ、iphoneを街中で使うことがステータスになる、ってあたりは、見栄っ張りで外面を気にする中国人らしさ全開だな、って思いますけどね。。。。スタバでコーヒー飲むかっこいい俺、現象と同じことですね、ちょっとカッコ悪い。。。。。。


今日はこの辺で。
また書きます。
こんにちは 。
今日は、インドのモディ首相という方が日本に滞在中に聖心女子大で講演して、その時に中国にまつわる質問を受けたときの返答、っていうトピックスが結構なホットトピックスになっていますので、今日はこちらをご紹介したいと思います。


早速元ネタからご紹介します。
「インドのモディ首相は9月2日午前、日本の聖心女子大学で講演を行った。講演後の質疑応答では、学生に中国の勃興にインドはどのように対応するのか?と問われ、笑いながら記者のような質問ですね、と言い、続けてインドは他国の状況は気にしていない、自国の発展に全力を注ぐのみです、と語った」との内容です。
ではこれについて、中国人ネットユーザーのコメントをご紹介します。


「ごもっともだな。他国云々より自国の発展に尽力すべき」


「小日本は平手打ちをくらった状態だな」


「どうやら真実を語っているようだ」


「インドのような小国は我々も眼中にない」


「早急にトイレをたくさん建設することをお勧めする」
※インドは中国人が行っても不潔な国だと思うようです。中国もアレなのに、、、日本人でインド行った人が2度と行きたくないって言う割合が高いのもちょっと納得、、、、


「政治家としての模範的な解答だな」


「この2国は英語でやりとりしてんのか?お互いに言ってること理解できているんだろうか?」
※日本とインドは中国では英語が相当ヤバイ国という認識があります。中国もたいがいなんですが、、、、なぜこんな上から目線?


「自分自身のことに尽力するのは1番重要なことだよ」


「ていうか、、インドだって勃興してるだろうに、、、、」


「インド人は実際、中国の包囲網をかなり恐れている。中国とインドはまさに競走中で、中国の専制と軍事力はかなり恐ろしく、中国はネットが封鎖されていて自由がないし、中国とインドは領土問題も抱えているから、中国がインドに侵攻してくると思ってる。まあ、これは欧米メディアの受け売りなだけなんだけどね」


「日本とだけ交流していればいい、ってわけないからな」


「これはつまり、日本の記者は学生レベル、そしてインドは日本みたいに毎日毎日他国のことばかり気にするような国じゃない、って意味?」


「インドの上層部の関心は欧米にあるし、下層の人間は生活に必死だ。それなのに中国の心配するヤツなんていないだろ」


「俺もかつては、中国は一部分では勃興しているって思ってた。でも結果はどうだ?ベトナムで多くの中国人が襲撃されてる現実、、、」
※根本的に論点がずれています、、、


「小日本よ、聞いたか?自国の発展に全力を注ぐから、他のつまらないことはどうでもいいってさ!」


「中国の庶民はいったいいつになったら勃興するんだ?」


「しかし、、、靖国神社に供奉した唯一の外国人はインド人という事実、、、」


「小日本の稚拙な戦略がまたも失敗、メンツ丸つぶれだな!」


「これでもまだ、日本の政治家と日本の国民は違うとか言ってるヤツ、目を覚ませ!」


「モディは中国を敵視してない。それどころか中国との良好な関係を望んでいるよ。小日本の離間工作は成功しないだろう」


「インドはそもそも焦る必要もない。中国は常に勃興しては衰退、そして勃興を繰り返す国」


「インドには優れたIT産業があり、人口も多く、またその人口構成も健全だ。今、インドを嘲笑している中国は高齢化が進み、高度産業はぜい弱、いわゆる中国ドリームにすがる労働者の血と汗に頼る以外にないという現実」


「中国とインドの同盟来るか???」


「インドはバカではないからな。日本がインドを対中国のために取り込もうとしても難しい」


「このように質問すること自体、日本人の複雑な心理をよく表している」


「日本の若者よ、どうしたんだ?お前らの心はお前らの国土と一緒で狭いのか?」


「中国の勃興を心配する必要などない、中国は有史以来、常に内戦を繰り返してきた国家なのだから」


などなど、、、、なかなかあほらしいですが、全体的には日本のメンツ丸つぶれ、ってことになってます。まずあほらしいのは、中国人は割と真面目に、日本はまた中国を侵略したいから、そのために中国包囲網を作りたくて必死、って思っていることです。日本は他国を侵略するなんてことは、少なくとも今の時代にはありえないのに、そしてむしろ現在進行形で侵略行為を多くの国に対して行っているのが当の中国であることは一切無視ですね。21世紀に侵略行為なんて、近現代的だな、という印象がありますが。しかしながら、クリミアの件もあるし、イスラム系の国々でもそういった話(侵略とはまた違うかもですが)あるし、侵略戦争とかっていうのは、昔のことって思っているのは実は日本人だけで、今も世界では現在進行形なのかもしれません。人間の欲というのは恐ろしい。そして中国は今の時代においても、中華思想全開で他国の領土を奪いに行っていますのでね、しかも「昔は俺たちのものだったから」とかわけのわからない理由で。なので根本的に日本人と中国人では同じ事柄に対しても、受け取り方が全く異なるのは仕方のないことかもしれません。


そして、中国にとっては日本とインドが結びつくのはかなりキツイでしょう。中国人はそこらへんをちょっと心配しているフシもあります。なので、インドの首相が表向きとはいえ、こういった発言をしたことに対して、なんていうか、、、ものすごい歓喜していますね。。。「インドはバカではないから日本となんて結託しない!」とか「インドはやっぱり素晴らしい国」とか、、なんかそんなコメントがとても多かったです。離間工作とか、日本の稚拙な戦略とか、いろいろと言ってますけど、中国みたいに「他人を陥れてナンボ」みたいな思想で育つとそういうものの見方になるのかもですけど、、、そもそも周辺のほとんどの国と領土問題を抱え、無理やりに奪おうとするその姿勢をやめたらどうかと思いますがね、、、そうすれば周辺諸国すべて敵、みたいな現状にはならないんでは?周辺諸国とうまくやっていこう、っていうより、力で黙らせよう、みたいな思想が中国人のネットユーザーからも見て取れるので、今後も中国と周辺諸国との摩擦は続きそうですね。とにかくその上から目線、国を強くして他国を圧倒しよう、みたいな発想をやめてもらいたいもんですが、、、、無理か。


今日はこの辺で。
また書きます。
こんにちは。
今日は、前にも部分的に取り上げたんですが、日中の国交回復の際に、中国が日本の賠償を断ったとのネタで中国人が大変憤慨していましたが(企業賠償のネタでご紹介した気がします)、田中角栄回顧録の中に、この当時のことについて記載があって、「大変驚いた」とあったのが今日なんでだかホットトピックスになっています。今日はこちらをご紹介したいと思います。


ではまず、元ネタをご紹介します。
「1972年、日本は中国との国交回復を求めた。当時の日本政府は、第2次世界大戦における中国への賠償金として500億米ドルを用意していたが、これは現在の物価で換算すると5000億米ドルに値する金額である。日本政府としては賠償をしないのは申し訳ないという感覚だったのだが、毛沢東は手を挙げてこういった。不要だ、日本の賠償は必要ない。日本人はこれに大変驚き、国交回復の署名が行われた夜、外務省は大変喜んだ」とのものです。
ではこれについて、中国人ネットユーザーのコメントをご紹介します。


「売国奴だな」


「それでも日本は様々な方法で中国を援助してきたし、援助額も最大だ」


「たとえ国に金があったとしても、庶民に金があるかどうかをまず考えろ」


「戦後の日本と中華民国の協議を確認してみろ」
※戦後、蒋介石の中華民国が戦後賠償請求権を放棄したことを指しています。


「毛沢東信者も少しは歴史を振り返ってみろ」


「小学生のころ、中国がいかに偉大かを示す例としてこの一件が取り上げられていた。でも、当時蒋介石が賠償を不要と言ったことについて、大陸がなぜそれを認めなければならない?」


「今まで不払いの賠償金を全中国人に2200元ずつ支給するっていうのはどうだ?日本政府に問いたい、今からでも賠償してくれない?」


「このような悪魔がいまだに人民に賞賛されているとは、、、」


「当時、賠償を受け取り、謝罪を受けていれば、現在の日本政府が侵略の歴史を認めないなんてことはなかった」


「受け取っても仕方ないだろう。どうせ賄賂としてどこかに消えていく金だ」


「当時は国民党も共産党も、国際的な日本の支持がどうしても必要だったから、賠償についてあれこれ踏み込むことはしなかった。これも利益のためだ。そして、日本は無償援助含め、様々な形で中国を援助してきた、その金額は世界一だ」


「過去のことをあれこれ議論して何の意味がある?今中国に必要なのは汚職官僚を減らすことじゃないのか?」


「49年以降、共産党は日本と国民党の間の条件については一切認めてきていない。だからこれは、当時の権力者が中国を売り渡したことに他ならない」


「1945年、蒋介石は日本の賠償を拒否した。彼は、今回の戦争を引き起こしたのは日本の軍閥である。日本国民に戦争の損失を賠償するよう要求するのは不公平である、と言った」
※蒋介石が中国を支配したらどうなっていただろう、と思います。まあ、あの大陸は中国共産党くらい毒がなければまとめられないでしょうが。


「しかし、賠償を拒否したおかげで、中国の軽重工業はすべて日本の技術から学ぶことができたともいえる」


「お前は不要と言っても日本は払うと言っていたのに」


「腹黒い小日本がいかにしてわれらの毛沢東主席をだましたのか、見てみろ」


「今の中国政府は12兆米ドルもの米国債を買ってるんだ。これは500億米ドルの20倍以上だぞ!」


「もし当時、中国がこの賠償を受け取っていたら、今の中国人はこんなに血気盛んに日本を罵っていただろうか?」


「毛沢東は中国最大の売国奴、世界最大の悪魔だ」


「実際、受け取らなかったのは正しかったと思う。その金は貸款に変わったし、改革開放ですべて回収したと思うよ。日本鬼子にも良心はあったし」


「それでも、国民のことを心から思う指導者だったらこんなことをしただろうか?しなかったはずだよ!」


「当時、中国政府が日本から500億ドルの金を受け取ったからって、いったい何になったって言うんだ?」


「まあ、日本がなければ毛沢東もいなかっただろうからな」


「毛沢東や周恩来は生粋の売国奴だな」


「もし本当に賠償金を受け取っていたら、中国が日本に対していつも責め立てている侵略や慰安婦問題などに対してもう賠償も済んでいるのに、いったいお前らは何がしたいんだ?って言い出すよな、たぶん」


ここは「売国奴!!!」とかそんな発言ばかりかな~と思っていたらそうでもなく、「これを受け取らなかったために日本からの無償援助や技術援助を受けられた、500億ドルのはした金よりよほど実利がある」とか、そういう現実的なコメントが実に多くて驚きました。あと面白かったのは、今からでも遅くない!日本政府よ、中国人民に当時賠償する気だった金を分配してくれ、みたいなコメントですね。もはや、ただ金が欲しいだけでした。。。。
日本の無償援助などは、ちょっと前までは国民に知らされてこなかったことです。日本からの援助などは、反日政策をとる中国政府にとっては都合が悪いことだからです。それが最近ではネットの普及によって国民に広く知れ渡るところとなっています。中国政府は国民の反共産党の団結を恐れて様々なネット規制を実施していますが、中国は人が多いですから、海外のサイトを翻訳して国民に紹介する人間が湧いて出てきたりしますので、今は若い人は特にいろいろな情報を自分で見つけて、自分の価値観に照らし合わせて正しいか正しくないか判断しているような感じです。この辺、盲目的に反日を続ける韓国とはちょっと違うかな、と思います。洗脳の度合いの問題か?


この手のネタで驚くのは、こうした公共の場で公然と毛沢東などを批判する人が多いことです。昔ではありえないことでした。毛沢東は中国共産党のカリスマですから、彼を批判するのは中国共産党を非難することですが、今は若い人を中心に共産党をよく思っていない人がそれを発言する時代になってきました。これは中国の変化ですね。私の中で1番北京らしい景色はやはり「毛沢東の肖像画が掲げられた天安門」なのですが(最初に見たときには中国に来たな~と感動した覚えがあります)、これが変わる日が近づいているかもしれませんね。


今日はこの辺で。
また書きます!
こんにちは。
今日は最近ヤフーでもニュースになっていましたが、このところ日本を訪れる中国人が増えているってことで、逆に中国に行く日本人は下降し続けていますので、それについて中国人が討論しています。今日はこちらをご紹介します。お題は「日本に旅行に行くのは愛国ではない、のか?」です。


では早速元ネタからご紹介します。
「中日関係が継続して低迷を続ける中、とあるデータが大きな注目を集めている。日本と中国の観光部門が公表したデータによれば、訪日する中国人旅行客は大幅な上昇をしているのに対して、中国に来る日本人旅行客は依然として下降を続けているのである。みんなは日本に旅行に行くっていうのは、政治と旅行は関係ない!と思うか、それとも中国人は愛国ではない、と思うか?」って内容ですね。ではこれについて、中国人ネットユーザーのコメントをご紹介します。


「どこの国にもバカはいるだろ」


「それほど日本を恨んでいるのなら、そもそも金のあるヤツは日本に行かないだろう」


「相手国のGDPに貢献するだけでなく、自国の資本を削るような行為」


「もちろん違うだろ。金のあるヤツは日本に行ってくればいい。日本はまだまだ学ぶべきところがたくさんある。日本人が来るのが少ないのは、経済的にキツイからだろ」
※日本人が来ない理由が適当過ぎ、、、、、一般的中国人と一般的日本人なら日本人の圧勝ですよ、経済状態ってことならね。


「中国人は中国政府を愛していないのであって、中国を愛していないわけではない」


「中国人が自由だからだ。日本に行く自由があるから行くんだ。もしいつの日か中日関係の緊張が極まって自由に行き来できなくなれば、その時は日本に行く中国人が減るとき」


「日本に行くということは日本の収入を増やして、結果的に自国の収入を減らすということ」


「政治とは関係ないだろ。そもそも日本に行くようなヤツはそういった問題を考えたことすらないだろう」


「日本人が中国に来るのを恐れるのは来たら中国人に襲われるからだろ。南京ユース五輪で日本人のコーチが注意を促してたのがいい例。日本は何よりアメリカに原爆落とされたのが影響して、中国人が日本に行ったところで絶対に襲われないから日本に行ってる」


「実はすごく日本に旅行に行ってみたい。でも日本の政治家は大嫌いだから、ぶらっと日本に旅行に行ったら靖国神社に放火とかしちゃうかも」


「これだから日本人に見下されるんだ。もっと覇気を持て!」


「そうだね、中日関係はそこまでひどいことにはまだなってない。なぜなら両国の協力はお互いの利益になるし、離別はお互いに害なだけという関係だから。政冷経熱はここ1,2年の話でもないだろう」


「つまり、日本人の中国人に対するわだかまりはさらに大きいということ」


「気付けよ、、、こんな環境の悪い国に誰が来たいっていうんだ?」
※これですね。これも大きい。


「日本人のモラルは高いから中国人が旅行に行ったところで何の危険もない。でも日本人が中国に旅行になんて来たら愛国分子に何されるかわからないからな」


「旅行に国境はないが、旅行者には祖国があるだろう。俺は中国人だから日本への旅行は徹底的に拒否する!」


「団結力がない。これが中国の現状だ。売国奴は絶対にいなくならないよ」


「中国人は大挙して日本に行き、日本経済を刺激し、日本の物価上昇を促し、最後に一気に日本に行くのをやめて消費をやめる。日本製品も買わない。こうすれば日本は中国がいかにすごいかわかるし中国と離れられないと気付く」


「人がどこに行くのか、どこに行きたいかとか、、そんなことに愛国主義者は口を出しすぎ。そんなに愛国なら、家中の金をすべて差し出して軍費として献上しろよ」


「バカばっかりだ。日本に行くな?日頃から平和を追求すべきとか言っといて、自ら努力もしない」


「日本に旅行に行けるようなのはエリート層だろ。ヤツらの価値観は一般人とは違う。ヤツらが中国人を代表するわけではない」


「愛国を騒いでいるのは貧しい人間ばかりだろ。日本に旅行に行きたくても高すぎていけない!金持ちはどこにでも行けるから、愛国である必要はないし、また愛国でもない。これが日本に行く中国人が多い原因だろう。あとはどの年齢層が行ってるかだな。紅衛兵だった人たちで、すでに引退して金と時間のある人間だろう」


「何も、中日関係が問題のある時にわざわざ行かなくても、とは思う」


「こんなもの愛国とかの問題ではなく、金があるかないか、それだけ」


「実際には中国の環境悪化が旅行客の下降を招いているんだろう。中国の昨年の外国人観光客数は昨年世界3位から4位に低下した。スペインに負けたのは理由がある。環境を改善し、観光資源を開発すべき。観光収支が赤字なのにそれでも努力しないとか、、」


「愛国って何だ?社会の公平性とか、環境汚染、汚職官僚等々について語ることもなく、日々日本人を罵り恨むことが愛国なのか?」
※なんというまともな意見、、、、こういう人が結構いるのが中国の空恐ろしいところです。


「みんながこんなに日本製品不買しているのに、それでも旅行に行くとは!旅行に行くってことは、旅先の国の経済発展に貢献するってことだ。なのになぜ、それほど多くの中国人が日本へ行くんだ?頭にくる!」


などなど、いろいろと議論されていますが、「日本に行くなんて日本の経済に貢献してる!」って意見と「旅行でも愛国とか、、、バカか?」みたいな意見がちょうど半分くらいの感じでした。あと、もっともな意見として、日本に行ける層なんてそれなりに金持ちだから、そもそも愛国になんて興味がない、ってのですね、これは正しいです。日本に旅行に来るには(今は知りませんが、私が中国にいたころには)、最低でも貯金が日本円にして数百万円はあることが条件、だった気がします。中国人が日本に来るにはビザが必要ですから、その際には財産を証明できるものを提出する義務があったはずです。日本人にはちょっと考えられない煩雑な手続きを経て、中国人は海外旅行をします。アメリカに旅行に行くのもビザの関係で半年がかりで計画して、ビザ申請などを行うそうです。これはかなり大変ですよね。そりゃやっとの思いで来た海外、買い物もするわ。。。。


あと、恐るべきまともな意見「日本に行かないのが愛国とかおかしい、その前に環境汚染や汚職官僚など、議論すべき内容が国内にこれほどあるのに」って意見ですね。まさにその通りです。中国政府(中共)は、こうした国内の深刻な問題から目をそらさせるために反日を利用しているわけですが、中国人もそのことには気づいています。この点、盲目的に反日する韓国人(私の個人的イメージです)とはかなり異なります。中国人は中国のことを割と客観的に自己分析できている人も多いのに、なぜそれを正そうという機運が生まれないのか、これは本当に不思議です。それだけ締め付けが厳しいのかもしれませんが。私個人は中国から拝金主義がなくなれば中国は真の意味で大国になると思っていますが、これはなかなか難しく、私が生きている間には無理かもしれませんね。この点は本当に残念です。中国人には頑張ってもらいたいですが、、、間もなくやってくる小皇帝たちの時代では難しいかな。。。


今日はこの辺で。
また書きます。

プロフィール

megumi1128

Author:megumi1128
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR