FC2ブログ
こんにちは。
今日は、日本でも数日前にニュースになっておりましたこちらのネタが中国でも話題ですので、今日はこちらをご紹介したいと思います。


では早速元ネタからご紹介します。
「日本の環境省の3月の調査によると、日本の3割の自治体でゴミの数量が国家の基準値を超えており、去年の7月の調査時と比較して3倍に跳ね上がっている。中国がゴミの輸出を禁止して以降、日本のゴミ処理政策は苦境に陥っており、日本政府が各自治体へゴミ排出量の削減を呼び掛けている」ということですが、ではこれについて、中国人ネットユーザーのコメントをご紹介します。


「これまで、中国が資本主義国家のゴミを受け入れてきたからよい環境で生活できてた。これからもその環境が維持できるのかな?」


「↑他国の苦痛の上に成り立つ資本主義先進国だね」


「今は世界の多くの国がこの中国の政策の影響に直面しているようだね」


「日本のリサイクル事業はかなり進んでいると思っていたけど、実際には中国のゴミ受け入れで成り立ってたんだね、、」


「自分たちで作り出したゴミを自分たちで処理することもできないとは、、、」


「どうりで日本がキレイなわけだな、、、中国に頼っていたんじゃないか、、」


「もっと早くにこうすべきだった。外国のゴミを受け入れたところでいいことなんて1つもない」


「昔の発展途上の中国には外国のゴミも資源として必要だったけど、今は必要がなくなったというだけ」


「日本は何事も過剰包装なのがよくない」


「確かに日本は過剰包装だね。明らかに葡萄なのにプラスチックのパックにラップまでされてて驚いた」


「それでもすべて中国にまる投げだった韓国に比べれば自分たちで何とかしようという日本のほうがはるかにマシ」


「貧しさは反抗すら難しくなるということだな」


「物事が正しい方向に進み始めたというだけ」


「今、日本はゴミに溢れて国全体が汚くなっているということ?」


「日本のコンビニでも、いらないと言わない限り袋詰めされるし箸とかもついてきちゃう」


「中国だって自分のことを考えるべき。続けてたらプラスチックゴミまみれになってたよ」


「日本がキレイなのは中国の犠牲の上に成り立ってた?日本がいかに素晴らしいかと吹聴してる連中はよく考えてくれ」


「他国のために自国の環境を汚染するなんて愚かの極み」


「この件で思うのは、世界からアメリカや日本がなくなったら世界は好転するかもしれないけど、中国がなければ世界は滅ぶんじゃないか?ということ」


「中国はプラスチックゴミを削減する法律を制定すべきだし、リサイクルにも真剣に取り組むべき」


「アメリカで青空を見た時、中国では久しく見ていない青さだな~と思ってたのに、、、」


「プラスチックなんて資源の無駄遣いもいいところ。生活はもっとゴミを削減できると思う」


「これは中国人にはいいニュースだね」


「で、日本とか他のゴミに溢れちゃってる国は中国を名指しで批判したりしてるの?」


「中国がゴミ受け入れをやめた途端に世界では悪臭が立ち込め始めてるってところか」


「日本は地方自治体含めて自分たちで何とかしようとしてるだけ好感がもてる」


「日本は世界のためにもリサイクルを進化させてほしい、この点はすごく期待してる」


ということで、このネタは結構前にもニュースになっていたと思いますが、中国は基本的に他国の事情なんてものは考慮しませんので、いきなりゴミの輸入をやめたために世界中が大混乱しているようですね。私はこの手のネタは専門外ですのでよくわかりませんが、中国がゴミの輸入を停止することは別に構わないと思います。世界中からゴミが中国に集まってきて、発展途上の間はその資源を再利用して収入を得ていたということですし、今は十分豊かになり、国の生活レベルを高める段階に入ったということなのかとも思います。また、集まってきたゴミも日本はそうでもないでしょうが、分別がかなりいい加減で資源としては使い物にならないものも多く、そういったムダなゴミで中国の環境汚染も深刻度を増していたということですので、中国の事情も十分理解できます。しかし中国はこういったことを本当にいきなりやりますので、その辺はもう少し他国への配慮があってもいいのでは?とも思います。


中国人が輩出するゴミは日本の比ではないでしょうし、私は中国に住んでいたのでよく知っていますが、ペットボトル以外のゴミは分別すらされておりませんでした。今は改善しているかもしれません。しかしあの人口がたいした分別、リサイクルの意識もなくゴミを廃棄していきますので、これは世界的にも大問題なのでは?と思っていました。しかしペットボトルだけは徹底されていて、どこかにもっていけばお金になるようで、日本では見かけないような乞食のような風貌の人たちが誰かが捨てたペットボトルを争うように奪い合っている光景をよく見ました。したがって中国の街中でペットボトルだけは見かけませんでした。ですので、中国は日本よりもはるかに簡単にゴミ処理の徹底はできるのかもしれません。その気さえあればですが、、、ただコメントの中に日本のリサイクル技術向上に期待してる、みたいな何とも他人任せな意見があったので苦笑いでした。。。


今日はこの辺で。
また書きます。
スポンサーサイト
こんにちは。
今日は、日本でも大きく話題となっておりますこちらのネタをご紹介します。


では早速元ネタからご紹介します。
「このところ、多くの外資がアメリカのフアウェイに対する制限措置に追随してフアウェイとの取引を中止するという報道が続いている。しかし昨日は、多くの外資系企業が今後もフアウェイへの供給はやめないと表明をした。これに関連して、外交部の陳報道官はどの国の企業も他国の政治的な圧力で利益を損なうようなことがあってはならない。またかつてのフランス・アルストム社がアメリカの圧力に屈して市場から駆逐された例も忘れてはならず、市場に警鐘を鳴らしている。中国政府は諸外国に対して、今後も公平で安定したビジネス環境を中国企業に提供していただけることを期待している。などと述べた」ということですが、結構端折りました。ではこれについて中国人ネットユーザーのコメントをご紹介します。


「中国人はすでに蜂起した。もうアメリカは圧力で抑えることはできない」


「このような不平等に対しては怒りを覚えずにはいられない。フアウェイがどうあれ、自国のことは自国で守らないと」


「微博も多くの外国人スパイが監視してるのでは????」


「こんなことをしても無駄だ。中華はますます強大になる」


「国内の悪質なメディアのねつ造も一掃してほしい」


「中国はダメだとか言ってる連中は中国人がいかに安全で平和な環境で暮らしているか思い知るべき、世界では食料のための紛争が今も絶えないのだ」


「中国が倒れない限りフアウェイも倒れることはない。アメリカにヨーロッパを足したってまだ中国の人口には及ばない、中国には力強い内需がある」


「ここで抵抗をしなければ、永遠に立ち上がることはできなくなる!」


「もしここでフアウェイがつぶれるようなことがあれば、アメリカは最大の敵を倒したことを意味する。中国人にとっても生活と国家の未来がかかった戦いだ」


「国とフアウェイを信じよう、些細なことに動揺すべきではない」


「多くの企業が態度をはっきりさせた?パナソニック以外のニュースを見てないんだが、企業名をあげてくれ」


「中華5千年の歴史において、何度も荒波に飲まれてきたが中華はそれでも続いてきたではないか」


「中国人だからフアウェイのスマホを買えとは思わないけど、自国の企業が不公平な環境にさらされていたら中国人としては当然声を上げるべきだと思う」


「Googleはすごいな、何年か前に中国を撤退したのは今思えば賢いと思う」


「アメリカは国を挙げて一企業を徹底攻撃するとは、、、恥知らずもいいところだな」


「フアウェイはこんなことで精神的に追い込まれたりしないでほしい。中国人が支持してることを知ってさらに飛躍してほしいと願う」


「フアウェイは頑張ってほしい、後ろには世界で最も潜在能力の高い市場が控えてる。中国十数億の人口も」


「アメリカ人は何様のつもりなんだ?世界はお前たちのものじゃないんだぞ?」


「中国人の力で、最終的に最大の強者は誰なのか、思い知らせるべき」


「恐れていても仕方ない、他国の後塵を拝したこの100年で、頭を下げ続けても結局はこんな風にやられるのだから」


「フアウェイが核心的技術を開発したので意図的に潰されているんだろうね」


「こんな風に圧力をかければかけるほど、ヤツらが中国を恐れ入ているという証だ」


「中米貿易戦争の後には各国が独自に科学技術を開発する時代になるかもね」


「うちはフアウェイの部品を作ってる会社だけど、外資からの素材提供が途絶えて今は何もできずに仕事がストップしてるよ」


「世界における平等を維持することを目的として、核開発にも力を入れてほしい」


「世界一の大国が他国の一企業しかも非上場の企業を攻撃してるってのは今年最大の笑い話なんだが、、、」


「で、結局、日本から素材の提供が途絶えてるのは事実なのか?」


ということで、この件ではかなり中国人も憤っていて、戦争も辞さないくらいのイキオイではありますね。中国人はいざとなれば我先に逃げだすほうではありますが、こんな理不尽には立ち向かわなければならない、って感じみたいです。また中国国内での報道もかなりいい加減なのか、すべての報道はガセとかそんなコメントも多くて、実際には多くの外資はフアウェイとの取引をやめない、みたいな楽観論が主流みたいでした。アメリカがフアウェイを攻撃していることだけは事実だと思いますし、その理由は知る由もありませんが、情報漏えいだのなんだの、フアウェイにも怪しい部分が多々ありそうな気もします。日本ではそれほど見かけませんけど、今、中国人の多くがこのフアウェイのスマホを使っていますし、スマホっていうのは今、何でもかんでもスマホで済ます人が特に中国人には大変多いので、スマホの情報が筒抜けだと、ある程度いろいろな個人情報が漏えいするようにも思います。


コメントに1件、現場の方らしき人が操業停止中みたいなコメントをされていましたけど、それが実態に近いのではないかな~?と思います。正直中国は今、多くの現場で操業停止的な雰囲気だと思います。フアウェイに限ったことではないと思います。しかし中国にも落ち度はもちろんあるし、国際的なルールを守らない国が世界のトップになってしまうと世界的な秩序が大きく崩壊すると思われます。日本にとっても中国が世界の覇権を握るとしたら世界がどうなってしまうのか、、、不安しかないです。しかし最近の中国人はグローバルな感覚も少しずつ身に着けては来ていました。ですが変わらぬ中華思想を前面に押し出しての覇権争いは世界に不安しか与えませんし、その辺を中国はもう少し考えるべきだろうとは思います。この時代にトランプさんが大統領になったのは意味があったことと思いますが、それでもアメリカ大統領には任期がありますので、、、今後の世界がどうなるのかは、、、不安ですね。


今日はこの辺で。
また書きます。
こんにちは。
今日は、前にも似たようなネタをご紹介したかもしれませんが、今日はこちらをご紹介したいと思います。


では元ネタからご紹介します。
「国家統計局が発表した最新のデータによると、中国人の1日の平均労働時間は9.2時間だった。2017年には給与労働者の残業実態はあくまで一般的なものであり、42.2%の就労者の平均労働時間は8時間程度だった。報告によれば中国人1人あたりの有償労働平均時間5.44時間に延び、残業魔と言われる日本人より長くなった、、、、」ということですが、ではこれについて中国人ネットユーザーのコメントをご紹介します。


「今まさにサービス残業をしてます、、、」


「残業代なんて俺も出ないし、休暇を取ればその分給料から控除される、、、つらい」


「労働時間が長すぎて肝臓疾患を患う中国人が増えてるらしい」


「給料が平均値に達しないままに、労働時間だけが他国よりも増えていく一方だな、、、」


「労働節、、、、本当に休むことなく労働してしまったよ、、、」


「俺の平均労働時間は12時間だよ、、、」


「平均9.2時間の中にどれだけ4時間労働者が含まれているんだろう???」


「労働法なんてあってないようなものだな」


「1万元ちょっとの月収をもらっているが、残業代も出ないし実際には5千元程度の給料に感じる、、」


「なぜ中国がこれほどのスピードで発展しているかがわかるというもの」


「↑まさか国が出してる統計数値をそのまま信用してるのか?」


「プレッシャーが絶大、物価が高くなる一方、そして給料は安いという、、、、」


「↑中国人が多すぎるのがすべて」


「中国は労働力の安さで持っている、、、それがすべて」


「俺は平均11時間労働してるが、会社はそれでも少ないと言ってくる」


「ついに労働時間先進国の仲間入りをしたわけだ」


「毎日15時間働き、ろくに睡眠もとれない。。。本当に人生はつらい」


「うちの会社も残業代とか休日出勤代とかって存在しないよ」


「国の祝日と俺には何の関係もない」


「個人的には残業は仕方ないと思ってる、でも残業代は払ってほしい」


「俺はおとといとその前は18時間ずつ働いたよ」


「私は不動産業界にいるけど、この業界もこんな平均値よりずっと労働時間が長い」


「俺の場合は朝9時から夜は10時まで働き、昼飯を食べる時間もない」


「睡眠時間と通勤時間以外はすべて働いている気がする、、、」


「俺も、、、医者に行く時間もないほど忙しく働いてる、、、、」


「平均9.2時間ってどこから出てるんだ?正直、10時間でも少ないと感じる」


「自分と似たような境遇の人間がかなり多いと知り、少し癒されてる、、、」


ということで、いつの間に中国人の労働環境はこれほど苛烈になったんでしょうか??日本では少し前にはかなり存在したであろうブラック企業(今はたたかれまくるので多少は改善されているかと思いますが、、、)が普通にたくさんある状態なんでしょうね。。。少し中国人がかわいそうにも思えてきました。。私はバブルを経験していませんが、国が発展する時期というのは多くの国民がこのように馬車馬のように働かされる時代もあるのかもしれませんが、今の中国はまさにそれなのかな?とも思います。もう少し時間が進めば改善される可能性もあるのでしょうが、コメントにもありましたとおり、何しろ中国人は多すぎますので、そうなるにはハードルが高いかもしれません。


日本は働き方改革等々で有給は必ず取得すること、残業は何時間まで等々、様々な制約が課せられ、逆に日本の中小企業には厳しいものがあるかと思いますが、労働者としてはありがたい面もあります。中国がいつそのようになるかは知りませんが、人権がかなり軽い国である印象は多くの人が持っているとおりで、そんな日が来るようにはとても思えませんが、、、、物価が高く給料は安い、というのは事実ですので、過酷な条件が少しでも緩和されるよう、陰ながら祈りたいと思います、、、


今日はこの辺で。
また書きます。
こんにちは。
今日は、なぜかトピックスが乱立しております、こちらのネタをご紹介したいと思います。


では早速元ネタからご紹介します。
「報道によると、日本で犬を飼う人は、近年はチワワやプードルなど小型犬をより好む傾向にあるようである。柴犬や秋田犬、紀州犬や四国犬、北海道犬、甲斐犬の6種は日本の犬種であるが体が大きく、かわいらしさにも欠けてしまい、都市部で飼うには不都合が生じるなどの理由により、絶滅の危機に瀕しているという」ということですが、ではこれについて、中国人ネットユーザーのコメントをご紹介します。


「中国も同じことだよな、、、国産犬種は外来種に押されて空気のように撲殺される」


「日本の秋田犬といえば、純国産犬種である忠犬ハチ公を思い出して涙が出る」


「中国の都市部でも中国犬種の田園犬を飼うことは禁止されてるよ」


「人間によって絶滅を余儀なくされた種は数多いだろうね」


「中国の田園犬も同じような境遇だ。中国固有の犬種で本当にかわいらしいのになぜこんなことに、、、」


「日本人は忙しく働くし、家も小さいから大きい犬なんて飼いたくないだろうね」


「小型犬って暴れやすいし情緒不安定だし、あまり好きじゃない」


「秋田犬ってすごくいいと思うんだけど、、、ただ大型ってだけで、、、」


「経済的な側面で見れば、犬だって市場での人気に左右されるのは仕方ない」


「中国でどれほどの田園犬が殺されていると思ってるんだ?日本の犬云々言ってる場合じゃないだろ?」」


「個人的には日本の柴犬と秋田犬はめちゃくちゃかわいいと思う。本当に悲しい」


「価格が高くて買い手がいないってのもあるのかな?」


「どの犬種も公平に対応してほしい」


「どの犬種であれ、絶滅なんて話題が出れば悲しい気持ちになるけど、とりあえず中国の田園犬を気にするべき」


「絶滅してしまえば2度と目にすることができないのだから、自国の犬種くらいはきっちり保護すべき」


「中国と一緒だな、自国由来の犬種は大事にされない、、、」


「何年か前にプーチンに送られた犬が秋田犬だよな?あれが最後の秋田犬なのか?」


「みんな中国に来ればいい、大事にされるよ~」


「こういった統計を中国でも早く実施してほしいね」


「こんなにかわいい秋田犬ですら絶滅危惧種になるなんて、、、飼いきれないのなら始めから飼うべきではない」


「秋田犬がかわいくないなんて思ってる人間は眼科に行ったほうがいい」


「かわいさに欠ける、、、、こんなことを書くなんて審美眼を疑う」


「秋田犬みたいに大型犬に属するような犬種は都市部では飼いにくいことは確かだろうね」


「秋田犬が大型犬に属するってのがそもそもよくわからない、、、それほど大きくもないのにね」


「かわいい、かわいくないの問題というよりあまりにも高すぎて買えないのもあるんじゃないかな?」


「秋田犬が好きじゃないって人がいるなら私にください、めちゃくちゃ好きなので」


「日本は土地が狭すぎて犬が入り込む余地もないんだろう」


ということで、いろいろとコメントがされているんですが、なぜこれがホットトピックスなのかはよくわかりません。たくさんのトピックスが乱立しているし、多くの人が興味深々なネタみたいです、、、それにしても日本の秋田犬はプーチン大統領に送られたために大変有名になったし、最近はフィギュアスケートのザギトワ選手も送られていましたね。写真のとぼけた顔はたいして犬が好きでもなんでもない私でもかわいいな~と思うくらいですので、好きな人はたくさんいそうなものですが、、絶滅危惧種なんですね。知りませんでした。。。


そして何より、中国人が日本の犬について詳しすぎます、、、私は中国に何年か住んでいましたが、住んでみていくつか気づいたことがあります。中国人は本当に本当に犬が大好きです。街中で猫はあまり見かけなかったんですが、犬を連れた中国人には大量に出くわしました。彼らは犬が大好きのようです。猫は家に行けばいるのかもしれませんが、あまり見かけませんでした。今は状況が違うかもしれません。でも中国にも野良犬みたいなのが結構いて、本気で病気が怖いので日本みたいに気軽に犬に触ることはできません。なので日本とは趣が違いますが、日本人以上に犬が好きで、日本の犬のこともかなり気にかけている中国人の様子が垣間見れました。


今日はこの辺で。
また書きます。
こんにちは。
今日は、中国でも異常に関心を集めておりました日本の10連休に関連するネタとして、こちらをご紹介したいと思います。


では早速元ネタからご紹介します。
「日本では10連休が終わり、学生が自殺する事件が発生した。日本のテレビ局のインタビューに応じた学生の中には、学校でいじめを受けておりまた学校に行くときはとても怖いとコメントする学生もいた。専門家は、長期連休明けは子供の自殺が特に増える時期であり、教師も注意するべきだし、家庭でも子供の教育や意識などには注意を向けるべきであると述べている」ということですが、ではこれについて中国人ネットユーザーのコメントをご紹介します。


「いじめによる心理的重圧の問題は世界共通の問題だと思う。いつになったら解決できるのだろう?」


「悩んでいないで、暴力には暴力で対抗するのが1番だぞ」


「世界中の学校でいじめっていったい何件くらい存在してるんだろう?」


「いじめ問題から目を背けるために中国では10連休みたいな長期休暇は作らないんだろうか?」


「日本はプリンセスだっていじめを受ける国だ。日本社会に起因してるだろうね」


「日本人は心理的に脆すぎる、、、」


「どんなに徹底したって学校で管理するには限界がある。法律だって守り切れないしね」


「学校だって小さな社会だからな、人間がいるところには必ず悪が存在する」


「いじめと10連休にどんな関係があるのか、さっぱり理解できないな。要は休みが長すぎるってこと?」


「日本人は常に他人とは一定の距離感があるからね、遠慮してるというか、、学校でいじめを受けても家で話せないんだろうね」


「中国の学生の立場から言えば、10連休なんてめちゃくちゃ羨ましいんだけど、、、」


「自分の学校にはいじめというものがなかった。一般にはどの学校にもあるもの?」


「日本の高い自殺率も少子化の原因の1つなのかもね」


「心の健康にはもっと気を配るべき」


「日本の学校もいじめ問題がかなり深刻なんだね、今知った」


「心の健康に関する問題はもっと世界的に重視されるべき。更なる対策をするべき」


「日本は礼儀を重んじる国だと聞いてるのにこういう問題も発生するんだな、やはりどこにもバカはいるということか」


「もし俺なら、相手を殺すことはあっても自殺はないかな、、、」


「いじめがなくても長期休暇の後に学校や職場に戻るのにはかなりの絶望感を伴うのは確か」


「俺が父親なら何が何でも子供にいじめてる相手を聞き出して相手の家に乗り込むけどね」


「実際、学校のいじめが原因で自殺してるなら、10連休はあまり関係ない気が、、、、」


「日本の学校のいじめがひどくて悩んでいるなら中国の学校に転校すればいい」


「これが中国には10連休が存在しない理由なのか?とにかく休まず働けってことだな」


「自殺が多くなることを10連休のせいにしているようでは根本的解決などできるはずもない」


「現代は中国の学校でもかなりの割合でいじめの問題が存在してる。心の健康が維持できていないんだろう」


「自殺する勇気があるなら、なぜいじめと闘う勇気が持てないんだ?」


「日本の教育の素晴らしさばかりが強調されているから、日本の学校にいじめがあるなんて思いもしなかった」


ということで、中国の学校でいじめ云々って確かにあまり聞かないですが、最近は多いのでしょうか?さすがは中国人、私は10連休のネタのつもりでこのネタを選びましたが、中身は完全にいじめに関する社会問題のネタでした。。。予想通りのコメントはなかなかくれない中国人です、、そして、コメントもなんだか日本のヤフーニュースのコメントを見てるかのように、日本人と中国人の感覚が同じで面白いな~と思いますが、1つだけ、なぜ10連休明けでいじめが原因で自殺をするのか、意味がわからないというコメントが実に多かったので、この点は日本人と中国人で認識が違うのかもしれません、私には10連休明けで気が重くなる気持ちは実によく理解できますが、中国人にはよくわからないようです。コメントに、連休明けの出勤は絶望感しかない、というコメントがあったので個人差があるのかもしれませんが。


最近の日本では高齢者をはじめとする車の運転にともなう死亡事故が多発して社会問題化しているように見えますが、いじめ問題も昔から存在する社会問題かと思います。私が小さな頃からいじめは存在していたし、これを心の中では快く思っていなくても助けることもできないのが多くの子供の心理だろうと思います。いじめる側にもちろん非があるわけですが、いじめられている子供も自殺なんて最悪の決断をする前に周りの人に相談できるような環境も必要かもしれません。私は普段、それなりに走行距離の長い電車を使っており、朝はかなり遅れることが多いです。GW明けはかなり多くの急病人が出まして、GW明けしばらくはかなり電車の運行に遅延が生じていました。理解はできます。ですがこちらもGW明けで必死で通勤していますので、電車に迷惑をかけるのはできる限りやめていただきたく思いました、、、このような日本社会全体の殺伐とした空気感は長期休暇明けならではですので、これを中国人が理解するのは難しいかもですね。


今日はこの辺で。
また書きます。
こんにちは。
今日は、日本でも大きく影響を及ぼしている米中貿易摩擦に関するこちらのネタをご紹介します。もちろん、中国でも多くのトピックスが立ち上がる一大事件です。


では元ネタからご紹介します。
「アメリカはすでに、中国から輸入される2000億ドルの商品に対する関税を10%から25%へ引き上げを実施したが、中国側はこれについて深い遺憾の意を表明、必要な報復措置を取らざるを得ないとコメントした。閣僚級による第11回米中貿易協議がまだ進行中である中、アメリカと中国がともに発展できるよう、お互いに努力し、協力と話し合いを通じて問題を解決してほしいと願う」(人民日報)とのことですが、ではこれについて中国人ネットユーザーのコメントをご紹介します。


「貿易戦争なんてしたくないが、恐れることはないよ。俺は祖国に自信を持っているからな」


「お互いにやるだけやって消耗して、結局は勝者はいない、ってことになるだろうね」


「中国必勝!」


「お互いにダメージを受けるだけなのだから、こんなことはやめてほしい」


「他国からの侵略を受ける時にこそ、我々中華民族は団結によって素晴らしい力を発揮する」


「こうした国難の時にこそ、我々人民は一珍団結してことに当たるべき」


「自ら喧嘩をしかけることはないが、売られた喧嘩は買う、中国人のこうした気質は変化しないよ」


「いつまでもやられてばかりもいられないだろ、そろそろ攻撃に打って出るべき」


「この貿易戦争には中国の国運がかかっていると見るべき」


「何でもかんでも製品が高くなって世界中の経済に影響が出るだろう」


「中国の復権のためには避けては通れない道、中国は団結してこの難局を乗り切ろう!」


「中国人は何一つ恐れてはいないことをアメリカは知るべき」


「中国とアメリカにとって必要なのは強調であって抵抗ではないのに」


「覇権主義の打倒という目標に向かって、中国人が恐れるものは何1つない」


「徹底的に抗戦してほしい、俺は何をしようと中国を支持する」


「そうだ、徹底的にやってくれ!今まさに、中国の力量を見せつける時」


「中国人は少なくとも気概においてだけは絶対にアメリカに負けてはならない」


「俺は90後だが、正直この戦争で中国が後進国に落ちぶれたとしても国に貢献したい気持ちは変わらない」


「中国は人民が全面的に祖国を支持していることを忘れないでほしい」


「お互いを尊重し、利益を享受すべきではないのか?」


「どうせ協議の結果、それなりに妥協して終わるよ」


「これも白人至上主義なのかな?中国は一帯一路を推し進めるべき」


すみません、いつもよりコメントが少ないんですが、なぜだかわかりませんが、海外からアクセスしているからか、この米中貿易戦争に関する中国人のコメントを読み込むのがとても難しいです。見ようとすると消えたりします。何か操作されているのかもしれません。とにかく拾えたコメントを見る限り、中国はなんとなく戦前の日本みたいな雰囲気になっているみたいな印象を受けます。若い人がネットでコメントしている範囲なので、日本の戦前ほど深刻ではないでしょうが、それでも戦前の日本でもこんなコメントが多かったのではないかという気がしましたし、また共産主義の中国らしい祖国とか、徹底抗戦とか、打倒とか、そういうワードがかなり頻繁に登場するので中国が共産主義国家であることを久しぶりに思い出しました。経済が資本主義体制なのでなんとなく中国が共産主義国家であることを忘れがちなんですが、こういう時はやはりちょっと特殊な空気感になります。


アメリカは日本が躍進した時にも同じく日本に徹底的に圧力をかけて貿易摩擦が生じましたし、これはアメリカのやり方であって、今は覇権を中国と争っている状況なのかと思います。日本人は基本事なかれ主義ですので、アメリカの要求を概ね承諾したかと思いますが、中国人は日本人とはまったく異なる考え方をする民族ですし、日本人みたいな事なかれ主義とも違います。彼らにとっては何よりもメンツが重要ですし、そのメンツを損なうようなことがあれば、中国は日本と違って徹底抗戦をすることも考えられます。その前に中国経済がダメになってしまうかもしれず、この場合は中国とアメリカ以外の多くの国に影響を与えますし、世界恐慌が来るかもしれませんね。いずれにしても、中国もなかなか折れそうで折れないようですし、中国経済の失速も相まって、なかなか大変なことになるかもしれません。それにしても、コメントに「覇権主義に徹底的に抗戦する」みたいなのがあって笑えます。中国人は自国のことが見えているようで結構見えてません。。


今日はこの辺で。
また書きます。
こんにちは。
今日は、時事ネタでも何でもないんですが、私も知らなかったんですが中国人が異常に食いついておりますこちらのネタをご紹介したいと思います。


では早速元ネタからご紹介します。
「日本では果汁100%のジュースのみが外装にフルーツの切断面を掲載することができる。果汁5%から100%未満のフルーツジュースについては、果物の写真を載せることはできるが切断面を掲載するこはできない。また果汁5%未満のジュースについては果物の写真を利用することはできず、本物ではなく絵を使うことは可能である。これは公正な競争に基づく法律で定められた制度である。もし果汁100%のジュースを買いたいと思えば、外装に果物の断片が載っているジュースを選べばいい」ってことですが、ではこれについて中国人ネットユーザーのコメントをご紹介します。


「補足すると、これは果汁飲料に限った話であって、乳飲料や紅茶、アルコール飲料などには適用されない」


「中国国内でも採用したらどうだ?」


「中国国内では何でもかんでも本物の果物の画像が使われているから何が何だかわからない」


「中国人だがこれは認めざるを得ない、日本人はモラルも高いしこういうことは本当によくやってる」


「なら本物そっくりに絵を描けばいいだけなんじゃないか?」


「中国のカップ麺も表面には牛肉やら野菜やらが載ってるけど、実際は麺しか入ってないしな~」


「クレヨンしんちゃんが毎日果汁100%のジュースを飲んでるのを思い出した。。。」


「ジュース1つにもこんなにいろいろな規定があるとは、、、」


「もしその絵が実物以上に本物に見える絵ならどうなんだろうね?」


「中国も一刻も早く口にするものについては法整備をしてほしい」


「こういうニュースはもっと詳しく知りたい。こういうトピックスを立ち上げてくれると助かる」


「このネタを立ち上げる人はすごいと思う。こんな法律、日本人もほとんど知らないのでは?」


「これだから買い物は日本でしたくなる」


「そんなに100%にこだわりがあるなら家で本物の果物を絞って飲めばいいのに」


「日本のこういう法律は本当に細部にわたってきめ細やかで素晴らしいと思う。ホット飲料の蓋がオレンジとかね」


「これを見ていたら日本の果汁飲料が飲みたくなったよ。ジュースとかフルーツ酒とか」


「神日本。何でも細かく規定が存在してる」


「買い物をするにもパッと見て判断できるのだから素晴らしいね」


「日本の食品包装が何でもかんでもそういう規定だと思わないほうがいい。違うものもあるのだから判断を間違う」


「日本は食品安全に関しては本当に徹底している、素晴らしい態度」


「日本ではメイン売り場の食べ物に大きく国産!と書かれているのが中国と違うな、と思った。その国産が1番高いところもね」


「日本の果汁飲料の包装に関する法律は理解できたわ」


「日本人が見たら、中国の果汁飲料はどれもこれも果汁100%だな!」


「中国も見習ってもらいたい」


「で、中国国内の果汁飲料に関しては、こういう規定みたいなものがあるのか?」


「個人的には絵がうますぎてイマイチ区別がつかないんだが、、、、」


「そもそも果汁100%ってどういう意味?添加物は一切使ってません、ってことなのか?」


ということで、この法律、中国人がおっしゃるように日本人にはあまりなじみがないと思いますが、こんな決まりがあったんですね~。いずれにしても果汁飲料ってあまり買わないですが、買うとしても何%かは割とはっきりと記載されていますし、わざわざそんな区別の仕方をしなくてもいいのでは?とも個人的には思いました。中国人のコメントがとても面白くて、確かに中国の果汁飲料なんて何の規定もないですので、みんなかなりフレッシュな感じの果物の写真を使っていたような気もします、、、カップ麺のくだりがかなり面白くて、中国のカップ麺て確かにかなり外装の画像がいろいろと盛りだくさんなんですけど、まずそうだな、と思い食べたことはないですが、中は麺だけとか、、、かなり面白いです。


ただ、これは食の安全の問題というよりは公正な競争のための法律でありますので、食の安全とは無関係な気がしますが、、、中国人にとってはなぜか食の安全問題にすり替わっておりましたね。日本でも食品偽装などはたまにニュースで見かけますが、中国人にとっては日常茶飯事であり、食品メーカーが何をするかは信用ならないところも多々あります。なので、そういう食品メーカーを規制するような法律が細やかに規定されている日本を見習うべきと思っているみたいです。この辺は日本と中国ではかなり国の事情が異なりますし、中国人にとって中国国内の食の安全問題がそれだけ死活問題であるということだろうと思います。こんな食の安全とは別問題の日本の法律まで持ち出して自国の食の安全問題を云々している中国人が可哀想でもありますので、中国でもとにかく食の安全に関する問題は解決してほしいと思います。


今日はこの辺で。
また書きます。
こんにちは。
今日は、時事ネタでもなんでもないんですが、個人的に面白いな~と思ったので、今日はこちらをご紹介したいと思います。


では早速元ネタからご紹介します。
「1987年のとある同じ日に日本と中国で撮影された写真です、ご覧ください」とだけコメントされていて、以下2枚の写真が添付されておりました。
9647a31egy1g2kmcb8j7yj20f70p0jst.jpg

9647a31egy1g2kmcb8a47j20j60d7mz4.jpg

ではこれについて、中国人ネットユーザーのコメントをご紹介します。


「中国の写真に収められてる子供はその後元気に成長しただろうか、、、」


「↑きっと健やかに成長してる、1987年に自転車がある家庭は比較的裕福な家庭だろうからね」


「今時点での中国と北朝鮮の写真比較のほうが差が歴然としてるはずだが?」


「↑都市部はそうかもしれないが、中国でも都市部と農村の違いはかなり大きいよ」


「それでも個人的にはこの時代の中国人は心がとても豊かだったと思う」


「それでも日本は毎日のように人身事故で電車が止まるような国だよ。外側だけでは何もわからない、資本主義にも多くの問題が潜んでる」


「日本は昔から随分と開放的だったんだね、この時代ですでに随分と露出が激しい」


「この当時は確かに差が大きかったかもしれない、でも今はかなり差が縮まり、むしろ追い越してるとさえ思う、気にする必要はない」


「表面的なものや経済発展の差ばかりに目が行きがちだけど、実際日本との1番の差は伝承してきた文化的なモノなのでは?日本人はこんな短いスカートをはいていても和服に着替えることもできる文化がある。中国人にそんなものがあるだろうか?」


「何が言いたいんだ?今時点では中国は世界第2位の経済大国だが、日本はどうなんだ?」


「↑1人あたりのGDPを見てコメントしてくれ」


「本当に1987年か?70年代と言われてもおかしくないほどの垢抜けなさだな。。。」


「日本の行きつく先は将来中国の現実となる」


「確かに1987年は経済的に大きな差があったが、今は日本とたいして変わらないどころか、経済的には日本を追い抜いていると思うけど?」


「↑教育、社会制度、法律、文化、科学技術、どれが日本より優れているんだ?」


「中国人として、中国を誇らしく思うよ、経済発展のそのスピードにね」


「あの素晴らしい80年代をとても懐かしく思うよ」


「経済が発展するとともに、女性の露出が増えていくというのは何とも不思議な現象だな」


「この頃の日本はバブル経済真っただ中でブランド品がとても流行っていた時期だよね?何の不思議もない」


「1987年の人々の笑顔がとても素晴らしいのが何とも、、、、」


「この時代の中国人の目には希望しかないが、日本人はすでにかすんでいるように見えるんだよな」


「こんな昔からこんなにスカートが短いなんて、、、やはり資本主義は悪だな!」


「経済的な差が云々よりも、どちらがより幸せかが重要だと思う」


「この写真を見るとこの後の時代に、中国は大いに発展を遂げたが日本はたいして変化もなかったというのがよくわかる」


「当時の日本の若者は何をしても変わらない諦めがあったが、中国の若者はこれから国を発展させるんだという気概に溢れていた」


「87年の日本と今の中国がなぜか被る」


「こんな写真ではわからないが日本との最大の違いは日本より50年は遅れているであろう教育だよ」


ということで、中国人にもいろいろな意見があって面白いな~と思います。多くの中国人は今は日本よりもさらに経済が発展しているのだからこんな写真には意味がないということをコメントしていました。これは正しいと思います。約30年前でしょうか?その頃はまだ中国は発展前夜という感じでしたでしょうし、この時期の日本と中国を比べるのはなかなか悪意を感じますね。それに中国人が多くコメントしていますが、日本はバブル真っただ中の時期で、この時期の日本と今の中国は正直少し似たところがあるかもしれません。ただ日本人はこのバブルの時代に多くの国民がその恩恵を受けていたのに対して、中国でその恩恵を受けられている人間はかなり限られるというのが大きな違いではありますが。なので、この時代から大きく発展もしていない日本の現実にも彼らはかなり興味深々ではあるのです。まるで中国もそうなっていくと言われているように感じるようです。どうでしょうね~、日本と中国ではかなり国民性にも違いがあるので。。。


中国で多くの中国人が使う言葉として、今日の日本は明日の中国、という言葉があります。これはあながち間違ってもいないでしょうが、完全に正しいとも言えません。やはり国のシステムにかなり大きな違いがあるので、同じ道を進むかどうかは予測が難しいところがあります。また、中国人にとって日本のバブル崩壊は学ぶべき歴史のようですが、中国人も気付いていると思いますが、中国の経済の減速はかなり明らかとなってきています。私は中国関連の仕事をしていますので身をもって感じるところです。中国との仕事をしているだけでもこれほどわかりやすいので、当事者である中国人にはかなりよく見えているかな?と思います。米中貿易摩擦によるところも実際とても大きいので、中国人はアメリカのせいだ!とも思っているみたいですが。多くの国民がバブルの恩恵を受けることなくもしかしたら停滞期に入ったかもしれない中国経済を思うとなかなか中国人が心配ではありますが、頑張ってほしいと思います。


今日はこの辺で。
また書きます。
こんにちは。
今日はまたしても日本の会社に関するネタですが、最近中国人は日本の会社の特に働き方とかそういうトピックスに異常に食いついております。


では早速元ネタからご紹介します。
「日本の大手アニメ制作企業の社員の労働時間が1か月に393時間、家に帰る際には疲れ果てて道端に倒れ込み、残業代も支給されていないという。人を楽しませ、夢を与えてくれるアニメ業界の裏側には社畜の地と涙が隠されているのである」ということですが、ではこれについて中国人ネットユーザーのコメントをご紹介します。


「すさまじいな、、、996でも288時間だからな。これは897でないと行かない数字」


「アニメ業界に就職していった人間はめちゃくちゃ後悔してるだろうなぁ」


「アニメを学べば自然とたどり着く。自分はアニメを見るのが好きなだけであって仕事にしたいわけではないと」


「でもそんな業界でも下請けはほとんど今は中国なんでしょ?さらに賃金が安いからという理由で」


「↑今は韓国が中国と同じくらいかそれ以下の価格で受けるから中国からですら韓国に下請けに出すらしい」


「若者はこういう現実と戦ってこそだ!声を上げるべき」


「しかし日本の残業はえげつないな、、、、」


「日本社会は実に複雑で仕方ないとこもある。敗戦国であること、金融危機、少子高齢化、そして福利厚生に非常に金がかかる点など」


「20年前、日本はこういう国だと聞いたことがあるけど、残念ながら今は中国が同じ道をたどっているようにしか見えない」


「機械だって毎日13時間も働き続ければ壊れる。健康が1番大事だと気付いてほしい」


「俺は実は今、アニメ企業の面接が進んている、、、、その会社もそんなだろうか、、、」


「今日反抗しなければ、明日過労で死んでしまうかもしれない」


「俺は毎日夜中の2時-3時まで働いて次の日は9時に出勤だ。正直最近、友達から顔が土気色だと言われてる」


「こないだの日本マイクロソフトのニュースの後にこれって、、、、まさしく天と地だな」


「他の人には絶対にできない仕事なんてないけど、俺の人生は俺しか送れない、健康第一でいきたいね」


「やはり資本主義は恐ろしい」


「日本のアニメ産業は本当に過酷らしいよ、しかも給料も安いらしい」


「アニメ業界はこういう人間の血と涙でできているんだね」


「それほど給料がいいわけでもなさそうなのに、なぜ好き好んで社畜になろうとするんだろうか?」


「それでもそういう会社で働こうとする人間が後を絶たないのはやはりそれなりに理由があるのでは?」


「1か月の労働時間がせいぜい156時間の俺は本当に幸せなんだな。給料は死ぬほど低いけどね」


「東京ディズニーランドも社員が労働時間短縮を求めて訴えてたって見たよ。あんな夢の国も従業員には冷たいんだな」


「アニメ業界は社畜の宝庫だよなぁ。給料が低いのは意外だったけどね」


「個人的にはこういう業界には政府が介入して従業員への待遇を改善すべきだと思う」


「労働時間ですでに非人道的なのに残業代も出ないとは、、、日本の労働法もたかが知れてるな」


「医者はそもそもそんな感じで働いてるよな、、、」


「こういうのを見ると社畜の言葉の深い意味を理解できるよ・・・」


ということで、日本はマイクロソフトみたいな会社(これは外資ですが、、)もあればこういう会社もあるということですね。同時に似たような日本の会社ネタなのに、中身はまるで正反対であまりにも対照的で中国人も面喰ったみたいです。日本にブラック企業という言葉が定着して久しいですが、残業代なしの393時間労働は完全にブラック企業ですね。ですがアニメ制作会社とかそういう類というのはコメントにもあったんですが、自分の好きなことを仕事にするという夢を追いかけることができる会社なのかもしれません。待遇が悪くても自分の大好きなアニメに携わることができる仕事なのでやめられない、という感覚なのかもしれないな、と思いました。私だったら即刻辞めていますので。


あと、コメントにやたらと出てきた言葉に社畜があるんですが、これは中国でもそのまま社畜と書きます。おそらく日本から逆輸入された漢字だろうと思われます。同様の逆輸入単語には「宅男」なんてのもあります。これは「オタク」の意味です。ちょっと話が逸れましたが、日本の社畜という単語は中国人もかなり知っていて、これがいわゆる社畜なんだな~というようなコメントも結構ありました。しかし日本では働き方改革なんかでかなり労働者への待遇には厳しくあたる風潮もありますし、今後このような会社が摘発されていく可能性もあるかな、と思います。また中国はまさにこういう会社が増えてきている傾向も感じます。ですので、今後はこういう問題は中国がより深刻になる可能性も高いのかな、と思います。そういうわけで日本のこうした会社にまつわるネタは中国人も必死で探していますので、日本の会社もおかしなニュースが出回らないよう注意してほしいな、とも思います。


今日はこの辺で。
また書きます。

プロフィール

megumi1128

Author:megumi1128
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR