こんにちは。
今日は微博を徘徊していて、またも韓国ネタなんですが、浅田真央ちゃんに絡んだネタだったので、今日はこちらをご紹介したいと思います。
お題は「浅田真央選手が演技中の韓国の実況がひどい件」です。


といってもこれ、ひどいと言っているのは中国人ではありません。実はこの実況中継をみていた韓国人です。実況がなんと発言したかについて触れられていないんですが。


このトピックスはあまりたくさんのコメントがついているわけではないですが、日本ではなかなか見かけないニュースなので、ニュースのほうに興味を持ちこのトピックスを選びました。それではさっそく、元ネタをご紹介したいと思います。


「東亜日報のニュースより。日本の浅田真央選手がソチ冬季オリンピックのフィギュアスケート団体でSP滑走中、転倒し氷上に倒れたが、この実況中継中、韓国の視聴者がもっとも見るに堪えなかったのが韓国KBSテレビがこの試合を実況中、司会者およびゲストが大変不公平な発言を繰り返し、中立を保つべきメディア人としての職業的節操を失っていたことであり、多くの視聴者が「大変恥ずかしい」とコメントをしたようだ。中立であるべきメディアがこのように偏見をもって発言をすることがいかに恥ずかしいことかわかっているのか?という内容だ」
というものですね。


これは正直意外でした。韓国人は全員がキムヨナを愛するあまり、そのライバル(と韓国ではされている)浅田真央ちゃんのことは大嫌いと思っていたからです。ちなみに韓国人にとって浅田真央は1番有名な日本人かもしれません。韓国人に会うと必ず浅田真央ちゃんの名前が出てくるからです。
まあ、反対にキムヨナも日本では大変有名な韓国人ですね。最近の日本のテレビ局のキムヨナ特集は本当にムダだと思いますけども(キムヨナにあんなに時間を割くなら日本人選手の特集をしてほしいです)。
と、またまたそれましたので、中国人ネットユーザーのコメントを少しご紹介します(と言ってもあまりコメントはないですが)。


「棒子に節操なんてあるのか?字を書き間違えてないか???」


「本当に韓国は厚顔無恥だな。韓国人はこれ以上、人類の恥の上塗りをしないでくれ」


「いつもの韓国人じゃないか。WCGの中韓対決の時も、実況が中国の選手はとっとと帰れとかなんとか言ってたし。韓国は極度のゴミ」


「浅田真央には頑張ってほしい!」


「キムヨナと比べたら、浅田真央のほうがずっと好き」


「真央のほうがずっと上手だよ。今回は彼女に金メダルを!」


「ヤツらの欠陥が中国人にはないと言えるのか????」


「韓国、、、この小国はキムヨナしかいないからな、そりゃ持ち上げるよな」


「私も浅田真央のほうがずっと好き。韓国はキムヨナしかいないし。男子は?団体は?ペアは?国としてのレベルはまったくもって低いよね。キムヨナ以降、誰かいるのか?」


「いつもの韓国なんですが、、、」


「日本メディアと棒子メディアは本当、お似合いだよ」


「まあ、日本も棒子も似たり寄ったりだけどな」


「韓国人が周辺諸国に不快感をまき散らす才能は宇宙一だよ、ホント」


「こんな実況がオリンピックの解説するとか、、、そんな資格ないでしょ」


「棒子の一貫したスタイル」


「棒子の素質を語って何になるんだ?」


「真央ちゃん、がんばって!!!!」


などなど、真央ちゃんを応援するコメントが多かったです。
浅田真央ちゃんは中国では大変人気のアスリートです。中国のテレビを私はたまに見ていましたけど、キムヨナは本当によく登場します。でも浅田真央ちゃんを見かけることはほとんどありません。それでも彼女は中国では大変な人気です。ここでもたくさんの中国人が真央ちゃんがんばれ!と応援してくれています。真央ちゃんには最後のオリンピックになるそうですが、子供のころから日本中が注目してきたアスリートで、その努力や思いなども多くの日本人が見てきたので、日本でもぶっちぎりで女性アスリート人気No1だそうですが、どんな結果であれ、悔いのないよう頑張ってほしいなと思います。


反対に韓国に対しては「棒子」という蔑称がかなり出てきましたけど、中国も中韓対決の時なんかに散々こういうことがあったみたいで、「いつもの韓国」っていうコメントが非常に多かったです。ただ、日本も韓国もメディアのレベルは一緒、みたいなことを言っていた人もいたので心外でした。。。日本のメディアもアレですけど、韓国よりはマシな気がしていたんですが、、、同レベルなのかも。。
日本のメディアも進歩してほしいな、と思いました・・・・


また書きます!
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

megumi1128

Author:megumi1128
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR