こんにちは。
今日はちょっと興味深いネタを見かけましたので、今日はこちらをご紹介します。お題は「大気汚染のせいで外国人が続々と中国から脱出しているらしい」です。


では早速元ネタをご紹介します。
「中国に滞在している外国人はこのスモッグを世紀末の天気と呼び、中国を離れる選択をする外国人は増加している。盲目的にGDPの発展を追求した結果であり、中国人は繰り返しこの言いようのない状況に身をおくしかない。富豪や中産階級は投資をして移民となり、卓越した人材は技術をもって移民をする。汚職官僚の移民も年々増加しており、現在の環境破壊は外国人に長く中国にとどまらせない。経済成長の速度は鈍化し、利益は縮小し、市場競争の激化は外資系企業の撤退を加速するだろう」
76ba774fjw1eey3h4uw1tj20b40dnjsl.jpg

との内容ですね。中国の末期的な現状を言い表していますね。最大の被害者は庶民となります。本来国をよくするはずの「先に富を得たもの」がこぞって国を脱出しているわけですので。ではこれについて中国人ネットユーザーのコメントをご紹介します。


「13億の庶民がこのスモッグを吸い取ってきれいにしちゃえばいいってことか?」


「悲惨なのは中国の庶民だよ」


「10数年前に東京の街中でも防毒マスクをつけてるのがいたな。大都市の空気汚染に抵抗してたんだろう」
※見たことないんですが、、、あったとしても一部マニアのファッションでは?


「富豪たちは空を奪い、汚染された環境を残した。このような苦難を受けるのはいつだって庶民なんだ」


「これって、このままいけば中国は無産階級だけの純粋な社会主義国家になるってことなんじゃないの?」


「脱出したいヤツはとっとと脱出すればいい」


「金も技術もない一般庶民だけが中国の吸引機になるってわけだな」
※呼吸で汚染された空気を浄化するって論法がわりとみられますので、その絡みのコメントですかね。


「GDPなんかのために環境を犠牲にするなんておかしい」


「もう中国は傷だらけですな」


「白人が去って、官僚どもが焦ってるんだな」


「行きたいやつは行けばいい、こんなところに残って何をするっていうんだ?」


「経済成長がもたらす害悪だね。同僚が言うには、日本も何十年か前はそんな感じだったって。でも今は青空も戻っているというし、大丈夫、きっと過ぎ去ること」
※そんな楽観視できる状況じゃないんですよ、中国は。。。日本みたいにガラッと変わって環境対策できるとは思えないですがね、中国の場合は。。。


「経済発展の速度が速すぎた」


「経済発展中の国家においてはスモッグなんてどこも似たり寄ったりだ。国家も管理を始めたというのにまだ微博では政府を逆恨みする連中が多い。。。経済発展の恩恵を受けておきながら、発展の代償について政府に責任を押し付ける、、、本当に毎日騒げるお前らはすごいよ、、、、」
※これは政府の工作員では?と思う書き込みですね。中国は確かに経済発展をしましたが、その恩恵を庶民はほとんど受けていません。環境は悪化し、物価ばかりが上昇の一途をたどっている割に庶民の給料は上がらないわけですからね。。得をしているのは一部の富豪と上層部だけですので。


「この国で生きていくうえで、安心感など感じることはできない」


「経済成長のせいじゃないだろう。お前たちは何十年前のつらい暮らしを思い出すことはないのか?もし経済成長が遅ければ、それはそれで文句をいうヤツが出てくるだろう。一部の人間は何においても満足しないんだ」
※これも工作員かもというくらい、庶民目線とはかけ離れた書き込みですね。


「中国を離れているのは別に外国人だけじゃないだろ」


「俺は貧しいから高校を卒業と同時にバイトに行くしかなかった。でも自分の息子には将来生活というものを楽しんでもらいたい。今の俺のような死の循環では人生を楽しむなんてことは望めないんだ。貧しければ多くのものは望めない。金はいくらあっても十分ということはないんだ。金を稼ぎまくって、一生そういう暮らしなんだよ」


「技術のある外国人をとどめることなんてできないだろう、彼らは金を稼ぎに来てる。でももうとどまる必要もないんじゃないかな。だって国内には技術のある中国人なんていくらでもいるんだから」


「清朝の頃に金のために国外に国宝を売り払ったが、今、何百倍、何千倍という金を出して買い戻している。この数十年、金のために環境を売り払い、将来、何千倍、何万倍という費用を出してまた買い戻すのだろう。今まで中国人の行ってきたことはなんと愚かなことだろう」


「まさか経済発展の時代に環境がいいままでいられると思ってる?50年~60年ごろの日本の大気汚染を調べてみなよ」


「中国で室内の空気浄化システムを開発したら億万長者になれるな」


「はは、みんないなくなれ!そして、、、行く時には俺を連れて行ってくれ!」


「中国経済がまだ成長中とか、誰が吹聴してるんだよ。目が腐ってるんじゃないか?政治と法律の体系改革がなければ、さらなる経済成長など夢でしかないよ。低層からの革命がないと難しいと思ってる」


「中国市場から外資が撤退するなんてありえない。日本はすでに中国に職員を派遣して環境対策を実施する企業も出てきているじゃないか」
※へ~、そんなことあったんですかね。でも戦時強制連行の例の案件の判決次第じゃわかりませんけどね。。


「中国各地では今、世紀末が演じられている」


などなど、外国人が中国から続々と帰国とのネタだったのですが、内容はほとんど外国人には触れられず、中国の大気汚染とあとは移民に励む富裕層への皮肉に満ち溢れていました。久々に環境ネタのトピックスを見たんですが、「日本も50年くらい前はひどかった、日本も通った道なんだから、中国もきっと大丈夫!」みたいな意味不明の楽観論がかなり増殖していて非常に心配になりました。どこぞかの工作員がネットでこのように吹聴しているのかもしれませんね。日本もこんなにひどかったけど、今は青空も戻ってきていて空気もきれいだ、とかなんとか。驚愕です。。。
日本と中国の最大の違いは国民性にあります。日本人は基本的に世界でも類を見ない「利他主義」な考え方をします。「他人に迷惑をかけてはならない」「人様のために努力しよう」、こういう中国人ではありえない発想をしますのでね、、環境がヤバイとなってからの日本がいかに努力したかを中国人は知りません。猛烈な「利己主義」の中国人にとって、中国がどうなろうと、移民してしまえばどうでもよいこと、と考える人間も多く、しかも移民できるのは先に豊かになった富豪と一部の特権階級のみとか、、なんか近現代みたいなことをいまだにやっている国ですのでね。。いったい誰が莫大な投資をして国の環境を改善しようとするんでしょうね。このあたりを中国人は見落としています。さらには50年前
の日本の環境汚染と今の中国の環境汚染ではレベルが違うらしいです。私は中国にいた最後の頃は咳が止まらず、このままでは死ぬ、と思いました。私は外国人なんで中国を離れればそれで解決しますが、中国人はそうは言ってられませんのでね、本当に悲惨です。あの環境汚染はちょっとヤバイです。体感でわかるってのは尋常ではないと思います。


それと、最後のほうに「中国市場を捨てられる外資なんてない。特に日本」とかいうコメントがありましたが、これも中国人が真面目に思っている事柄です。日本は金が大事だし、中国市場を捨てられるわけがない、と半ば舐められている感じです。いきなり撤退は中国では難しいはずですので(簡単には出してもらえないですからね)、縮小傾向ではあるようですが、気付かれずにそっと縮小しているかもしれませんね。経済成長がストップした時が中国の改革の時だと思いますが、それはそう遠くない将来にやってくるかもしれませんね。手遅れにならないうちに(特に環境面)やってもらいたいですね。


また書きます。
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

megumi1128

Author:megumi1128
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR