こんにちは。
昨日まで軽井沢にいましたが、今日からはまた元気に労働しています。
軽井沢でも昼は本当に暑かったです・・・昔は本当に涼しかったのに。避暑地とは
言えなくなってきてるかも。。でも夜はさすがにクーラーいらずでした。
涼しい時間帯があるのはいいですね。東京は一瞬たりともないですからね。。

さて、今日は人民日報のとある記事に中国人がかみついてますので、その記事を
ご紹介したいと思います。
まずは記事から
「収入の低い人間や、中西部の人間にとって、大都市の人が月給が1万元を超えな
 ければ生活できない、と言っているのはへそ曲がりだ。」
 武漢大学の周教授は地価や不動産価格のために、大都市圏の生活費は比較的高
 く、また将来に渡って上昇する見込みであり、一方的に思い込んだりせず、発
 想の転換も必要だと述べている。」

という記事なんですが、1万元というのは、今の日本円にして15万円くらいでしょ
うか?中国の大都市の物価は交通費などの一部を除き、東京とたいして変わらな
いレベルにまで達しており、この15万円がいかに少ないかがわかるかと思います。
でも月給1万元は、当地では割と高給取りですが、、、

では中国人ネットユーザーの反応を訳します↓↓↓
「この新聞の記事はきっと笑い話だろう」

「今でも1万元では難しいのに、将来どうなっちゃうの?」

「お前らは童話の中ででも生きてるのか?」

「また人民日報がお前らを洗脳してるぞ!」

「官制メディアはますますおもしろくなっていってるな」

「また来たよ、発想の転換」

「生活のプレッシャーがこんなに高まっているのに、なぜ政府は何も対策をして
 くれないの?」

「発想の転換をすれば金のある暮らしが送れるのか?物価や家賃のアップを
 心配せずに暮らせるのか?まったく今の専門家ってのは、、、」

「何でも搾取されまくってて、まだ俺たちに発想の転換をしろと」

「おい、人民日報が教えてくれてるぞ、ポケットに金があるよりも、思想が豊か
 であることのほうが大切だってよ」

「官僚ってのは、庶民を畜生としか見てないんじゃないか?生きていければ
 それでよし、快適かどうかなんて関係ない」

「人民日報って言うのは昔から嘘のニュースは報道してない、ただし本当の
 ことも報道してないけど。はなから報道メディアではなく、単なる宣伝の手段
 なんだよ」

「大都市圏では食べるものはみんな高いのに、、、へそ曲がりでも何でもなく
 本当に生きていけない!」

「上海では1万元では独身でいるしかない。恋愛もできないし、両親の助けが
 なければ家も車も持てないだろう。家を持ち、妻子を持つことは人としての
 当然の欲求だろうに、実現などできはしない」

「比べるな、ほしがるな、人と同じ生活を望むな」

「北京だけど、自炊する分にはなんとかなる。でも外食しようってなったら絶対
 足りないかな」

「家を与えてくれるなら、月2000元でも俺はいいけどさ」

「確かに大都市の生活費はものすごい上がっているけど、月給1万元いかな
 ければ生きていけない、はさすがにへそ曲がりだと思う。自己の能力を大幅
 に超えてものをほしがっているってことだと思う」

と、このように、だいたいが不平不満ですね。
私は北京にいましたが、本当に家賃の上昇が恐ろしいほどで、一人暮らしなんて
ぜいたくができる人は少なく、みんなルームシェアをしています。
就職できない大卒の若者は、悔しくて国にも帰れず、地下の薄暗い部屋に月1000
元程度で暮らしながら就職活動をしています。
(本当に健康被害が出そうな部屋です)
そんな状況で物価だけが上がるわけだから、国民の不満もかなりのところまで
来ています。その内暴動でも本当に起きそうなほど、特に若者の不満はたまって
いますね。日本人に生まれてよかったな、と本当に思いました。

また書きます。
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

megumi1128

Author:megumi1128
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR