こんにちは。
今日は、今何かと話題の「アジア・インフラ投資銀行」について、表題のようなネタで中国で微博トピックスが立ち上がり、そこそこに盛り上がっていたので、今日はこちらをご紹介したいと思います。


では早速元ネタからご紹介します。
「イギリスのファイナンシャル・タイムズの報道によると、駐中国日本大使の木寺昌人氏は、彼や日本の経済界の上層部の人間は日本が6月に、中国が主導するアジア・インフラ投資銀行に参加するだろうと思っていると述べた。経済界からの呼びかけが多少遅かったものの、すでにアジア・インフラ投資銀行参加への宣伝は始まっており、有効であろうとも述べている」との内容ですね。なんだかいろいろとキナ臭いんですが、、、ではこれについて、中国人ネットユーザーのコメントをご紹介します。


「アメリカや日本がみんなアジア・インフラ投資銀行に参加したら、存在意義がなくなる」


「中国の上層部は日本の要求をのんだのか?日本は確か、彼らが提示する条件を満たせば加入するとか言ってたよね?」


「日本はいらないんだが」


「規則がどのように設定されているか見てみたいな。中国にとってメリットがあるならアジア・インフラ投資銀行も価値がある」


「日本が加わるなら大歓迎だろ」


「日本やアメリカが参加するしないは重要ではない。重要なのは、中国が発起して成立したということだ」


「ご主人のアメリカ様が怖くないのか?」


「日本の参加を望んでいる人間はいないぞ?」


「実際には日本はAIIBへの投資は望んでいないだろうが、アジアにおける金融の主導権を明け渡したくない、特に中国がアジアの金融におけるボスになることだけは避けたいんだろうね」


「遅い、もう十分集まってるからな。アメリカに寄り添ってろ」


「アメリカさえ参加しなければ、日本が参加しても特に波風は立たないだろ?」


「日本は安倍が退陣したら、AIIBへの加入を申請するかもしれないね」


「中国は日本のAIIBへの参加を阻止するべきだと思う」


「日本国内ではこのような報道は一切されていないんだが?」


「習主席はもうAIIBの門を閉めるべき。6月に入りたいって言ってももう遅い」


「本当だとしたら、誰にとってもいいことだと思うけど?」


「ついに投降したか。。。。」


「アメリカと日本以外の国はみんな参加してもらって構わない。そしてアメリカと日本の加入に反対の挙手を頼む」


「日本が加入したら、アメリカは怒り狂うだろうが、そこで安倍は決議の時に居眠りしてしまった、本心ではない、と言い訳できるだろ」
※安倍首相がシンガポールの国葬で居眠りっていうネタが微博のホットトピックスになってますので。。。


「国家間の関係は利益関係のみ、っていうのは本当にその通りだね。アメリカの同盟国が少しずつ参加を表明していって、ついにはアメリカも態度を変えてきてる」


「中国主導の世界銀行の誕生は誇らしい!」


「小日本の加入を阻止できないのか?小日本を国土と同じように孤立させればよい」


「今参加せず、創始国家の一員になる機会を失い、6月に加入じゃバイトみたいなもんだな」


「安倍は4月にアメリカ訪問だし、今参加を表明するのはまずいんだろう」


「アメリカや日本が参加したら意味がなくなるっていうのはどういうことだ?中国が主導する新たな世界金融システムの始まりじゃないか」


「来ても初期メンバーほどの処遇は受けられないだろうし、来なければアジアにおける発言権の一切を失う」


「日本は焦ってるだろうな。周辺国はすべて1つの機関でまとまっているのに、自分だけ蚊帳の外なのだから」


などなど、あまり歓迎されていないみたいですよ(笑)。中国の金融商品は本当に恐ろしいので、こういう国が主導する銀行に参加するというのは個人的にはあまり好感は持てないんですが、、、それに中国が主導しているということは、中国にメリットがあることは間違いないわけで(中国が他国のために、とか、そういうのは基本ありえませんので、あくまで自分に利益があるかどうか、それだけが大事なことです)、そこに加入することで、他国はいったいどのようなメリットがあるのか、これは私もあまり詳しくないのでわかりませんが、、、ただ、中国国内でこのような報道(しかも日本ではされていない)がされるということは、中國としては日本に参加してもらいた いのでしょうね。中国という国は割と報道から既成事実を作ったりしますので。


それと、国民に広くこのような報道をすることで、中国共産党としては、国際的な地位を高める努力をしているアピールを国民に対してしているようですね。実際のコメントからも、アメリカに代わり、中国が世界の金融秩序を構築していく、というようなコメントが見られましたので。しかしアメリカドルと中国人民元では、国際通貨としての地位にあまりにも開きがありすぎます。まだまだローカルカレンシーですし、信用もまだまだないですね。実際に中国に住んでいた人間としては、偽札も多いし、まだまだ全く信用ならん通貨ですね。しかし、中国政府は、国民に言わせれば、国際舞台では弱腰でだらしない、ってことになってますから(十分態度デカいと思うんだけど 、、、)、定期的にこうしたアピールを報道を通じてしている印象があります。今回は日本が参加か?みたいなことになってましたが、それに付随して「日本がついに降参した!」みたいな自画自賛ぽい論調になってて面白かったです。日本に勝った!みたいなおかしなアドレナリンが出てました。それに対して「入れてやってもいいけど?」的上から目線なコメントも続出で余計に面白かったです。まあ、とにかく中国は日本は加入するな!ってのと入れてやってもいいよ的なのと半分くらいずついました。。。。。


今日はこの辺で。
また書きます。
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

megumi1128

Author:megumi1128
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR