こんにちは。
今日は、中国微博で大きな反響を呼んでおりますこちらのネタをご紹介したいと思います。


では元ネタからご紹介します。
「日本のとある会社では、仕事の緊張をときほぐすため、社員に猫同伴の出社を認めており、もし社員が野良猫を飼えば、5千円の手当も支給している。仕事で疲れた時に猫と触れ合えば癒され、今では職場の士気も高まっているという。もちろん、いきなり電話が切れたり、またコンセントが抜けたりするというが、、」ということですが、ではこれについて、中国人ネットユーザーのコメントをご紹介します。


「突然電話が切れて、客先に説明したら話が弾みそうだな!」


「仕事に疲れたら猫で癒される、、、完璧な会社だな」


「日本の会社で働けば、犬のように疲れるぞ」


「本当にうらやましい」


「俺は会社に猫なんていようものなら仕事どころじゃない」


「こういう会社があってもいいと思う」


「もし将来、会社を興すことになったら、俺はこんな社長になりたい」


「正直、この会社は自分にすごくあっていると思う」


「必死で働いてこそ、猫もご飯が食べられるということ」


「この会社はどこにあるんだ?今人材は募集していないのか?」


「会社の福利がすばらしい」


「自分も社長になって、こういうルールを作りたい。そして毎日猫に囲まれて仕事をしたいな」


「そうだよね、野良猫にまでお金が出るなんて。プレッシャーから解放されて気持ちよく仕事ができそう」


「中国にもこういう会社が必要だよ!」


「幸せというのは、こういうことなのかもしれない」


「これを見て、日系企業に就職したいと思うが、地元には日系企業がなかった、、、」


「でもこんな会社、猫アレルギーの人は働けないね」


「猫なんて好きじゃないから、、、こんな環境では落ち着いて仕事なんてできない」


「こんな会社、掃除のおばさんはさぞ大変だろうね」


「この会社、本当に入りたい!まずは日本に留学に行けばいいのか?」


「こんな会社だったらいくらでも残業できる」


「それでもこのオフィスは死ぬほど臭そうで無理」


「犬もOKならかなり素晴らしい」


「さ、早くこの会社に履歴書を送るんだ!」


「このニュースの感想は、日本人はやっぱり変わってる、ってことだけ」


「こんなんじゃ、毎日すすんで残業しそうで困る」


「うちの社長も真似してくれないかな」


ということで、集中力に欠ける中国人には大絶賛のシステムでしたよ。この会社、本当に存在するのかと思って日本のネットで確認しましたが、本当にありました。とてもいいと思います、、、が、私は猫があまり好きではありませんので、私なら絶対に行かないかな、と個人的に思います。猫好きの優秀な人材が集まってくれれば、というコメントを見かけましたが、個人的には猫嫌いの優秀な人材も多く逃しているのでは?と思いますが。それでも小さな会社であればいいシステムなのかもしれませんね。中国人が大量にこのネタには湧いてきていて、癒される素晴らしい会社、というようなコメントをしていましたが、それは間違いないかもですね。この会社が中国人を採用するのかどうかは知りませんが、中国人が大量に履歴書を発送する勢いでございます。。。


このネタは実にコメントがしづらいですので、中国の会社に働いていた時のことを書きますと、中国の会社のやり方は日本の会社にとても近いな、という印象を受けました。中国人は自分の仕事以外は死んでもやりませんので、基本的に助け合うということがありません。そして残業も嫌いですので、中国は祝日が日本より全然少ないですので(というか、祝日の代わりに土日に出勤が義務になったりします、、)、日本人よりも労働日は多いはずですが、日本人は真面目に(ある意味不要な場合でもの人がたくさんいますが)残業しますので、労働時間というのはあまり変わらない印象があります。もちろん残業ばかりの中国人もたくさんいますが。しかし、中国人はとてもとても打たれ弱いですので(日本人は本当に打たれ強いですし、またいざという時の本気度が違います)、こういう癒しが必要なのはむしろ中国人ですね。中国人は集中力にかなりかけますので、こんなことをすると仕事が手につかないかもですが(笑)


今日はこの辺で。
また書きます。
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

megumi1128

Author:megumi1128
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR