こんにちは。
今日は、中国で大変な話題になっておりますこちらのネタをご紹介したいと思います。私は中国通でありながら、あまりこの方をよく知りませんが、中国では大変な有名人ですね、、


では元ネタからご紹介します。
「孫向文、1983年杭州生まれ、今は日本在住で職業は漫画家である。彼は長い間、ひっそりと漫画を描いて暮らしていたが、ある日突然有名になる方法を発見、それは中国を罵り、日本国籍を取得したいと発信することである、しかし結果、彼の帰化申請は却下されたようである、、、、」ということですが、ではこれについて、中国人ネットユーザのコメントをご紹介します。


「これこそまさに、典型的な売国奴だろ」


「YouTubeに行ってみればわかるが、簡体字を使って中国を罵っている連中は本当にたくさんいる」


「日本人だって売国奴の中国人ならだれでも受け入れるってわけでもないだろ」


「日本よ、すまない、俺たちもこんなレベルの低い売国奴は不要だ」


「でも中国を貶めているとは思わないけどな、ただ事実を述べているというだけで」


「中国もいらない、日本もいらないじゃ、戸籍のない子供みたいだな」


「もう中国籍を奪っちゃえよ」


「中国人失格で鬼子になろうとしたらその鬼子にも断られたってこと?恥ずかしいヤツだな」


「これは悲劇と言えるが、自業自得ともいえる」


「中国には戻ってくるなよ、日本で死んでくれ」


「真面目に聞きたいんだけど、中国はこいつの中国籍をはく奪できるのか?」


「中国籍も奪って宇宙人として暮らしてくれ」


「良心のかけらもないヤツだな」


「国家侮辱罪で無期懲役にしろ」


「日本人だって愛国心にアツい民族だし、こいつみたいな裏切者は受け入れたくないだろうな」


「孫文を侮辱されたようでものすごく悔しい」


「国に対する謀反の罪で斬首が妥当」


「人格に問題がありすぎて鬼子もいらないとか、、、中国に返ってきて国を汚染しないでくれればそれでいい」


「日本人の私生児とかじゃないのか?中国に戻らなければいいのに」


「ロクな教育も受けていないのだろう、思いつくことが低俗すぎる」


「実際、日本人もこういうヤツが1番嫌いで軽蔑していると思う」


「他者からの尊敬を受けたいと思えば、まずは自分を省みるべきと教えてくれる事例」


「日本国籍をぜひとも取得してくれ、中国もこんなゴミは不要だからな」


「こんなゴミを欲しがる国なんてあるのか?」


「日本人は中国人が中国人を罵るのを見たいと思っているだろうから、需要もありそう」


「抗日ドラマも見ていないのか?抗日ドラマの中ですら、日本人は中国人売国奴を蔑視してるというのに」


「平気で祖国を売るようなヤツは日本国籍を与えても今後平気で日本を売るだろうからな」


ということで、この方の話題を日本のネットでも確認してみましたが、この方の漫画がアマゾンで売られていたような気がします。コメントにもありましたが、中国を貶めているというよりは中国の現状をありのままに述べているというほうが近いのかもしれませんが、この方の発言をネットで少し拝見しました。至極まともなことをおっしゃっている方だな、という印象です。中国に対してこれだけ客観的に見れるということは逆に言えば中国ではかなり暮らしにくいだろうと想像できます。こういう方が日本で永住権を取れればいいのに、と思いますが、彼は日本在留期間が足りていないのでまだとれない模様ですね。そして、日本に長くいたから、という理由だけで反日的な思想が抜けない中国人にまでバンバン永住権を出してしまう日本という国はこの孫さんの言う通り、本当におかしな国だと思っています。


中国に対して非常に客観的だし、またその視点から見る日本も非常に的を得た日本像だな、と思います。しかし中国の大部分の人にとっては国の恥とか売国奴とあそういう風に映るようですし、また日本がビザを付与しなかった(のかはわかりませんが)ために、この方が帰国となってしまうと本気で命の危険があります。ですので日本のネットでもこういう中国人にはビザを付与すべき、というコメントもありました。中国人にとってはまだまだこういう中国人は売国奴扱いだし、大部分の中国人の考え方がまだまだ共産党に支配されたものであることをよく理解できる事例ですが、本当に身の危険には敏感に対処してほしいと思いますし、拉致くらいなら平気でやられそうですので、可能であれば日本国内にとどまって、これからも日本人に対して意見を発信し続けてほしいな、と思います。


今日はこの辺で。
また書きます。
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

megumi1128

Author:megumi1128
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR