こんにちは。
今日は、日本ネタがかなりダメでしたので、こちらのネタをお届けしたいと思います。


では早速元ネタからご紹介します。
「なぜ俺は年収10万元しかもらえないんだろうか、、俺の年収がたった10万元と知ったら彼女は将来性なしと思って別れたがるだろう、、、職場ではこんなため息まじりの口であふれていて、年収10万元は蔑視の対象になると思われている。しかし中国のネット人口は7.31億人で、このうち月収が8000元以上の人間はわずかに6.9%しかおらず、年収10万元は十分に中国の富裕層の部類に入るのである。こんなことを言っても当の本人には慰めにもならないかもしれないが」ということなんですが、ではこれについて中国人ネットユーザーのコメントをご紹介します。
※10万元=170万円程度になります。


「適当なことを書くんじゃない。ネットにも月収100万元の連中がよくいるだろ」


「2020年には貧困層をなくしたいそうだから、、お前ら、消される覚悟をしとけよ!」


「まず正規と不正規の給与格差をなくせ。同じ仕事をしても給料に差が出るのは納得がいかない」


「年収10万元に届く人間ですらそんなに少ないんじゃ、あの恐ろしく高い家は誰が買ってるんだ?」


「家が売れ残って空室も多いのに価格は上昇し続ける不思議」


「中国の人口は14億なんだから、10%と言っても1.4億人もいるんだ。たいした勝ち組でもない」


「年収10万元で富裕層とは、、年収100万元なら富豪にもなれるな」


「↑年収100万元なんて、数年もすれば他国の国籍を取得して中国人じゃなくなってるよ」


「年収20万元以上の人間なんてネットしないんじゃない?年収40万の友達は何も必要がないからって普段何も買わないよ」


「Huaweiのマネージャーで年収270万元の知り合いがいるが、ネットでコメントとかしないもんなぁ」


「北京で年収10万元以下なんて貧困層の部類に入ると思う」


「私なら、10万元稼ぐのに2年半かかる」


「俺の年収は10万元を超えるけど、数千元だったころと何も変わらないな。3食食べて仕事が終われば帰ってゲームをする。もちろん独身」


「中国人の平均年収が7万元に到達しようかってときに10万元は金がある方だとは、、、どんな統計の仕方をしてるんだ?」


「10万元なら、、親の支援があり、結婚して嫁も外で働いていればそこそこの暮らしができるだろうが、そうでなければ家計はかなり苦しい」


「月収8300元だが、毎日必死に働いて報告書を書いて得られるお金がこれだけ」


「毎日忙しく働き、それでも貧しい。最大の悲劇だと思う」


「年収10万元なら、地方都市ではそこそこの暮らしができるかもしれないが、大都市圏では1人で暮らしていくことすら厳しいだろうね」


「そんな年収じゃ1平米の家すら買えないよ」


「そりゃネットは学生が圧倒的に多いからな、年収も低いだろうよ、、、、」


「いつの時代の給料水準の統計で話をしてるんだ?」


「家も車もすでにあって、それで年10万元ならいいかもしれないが、そうでなければかなり苦しい」


「だからどうした?90%の人間より年収が高くてもまだ自分より年収が上の人間が1.4億人もいるって話なんだが」


「ということは、中国人の90%以上はあくせく働いても家も買えないってことだね」


「年収の高い人間はこんなところでお前たちとつまらないチャットなんてしてないだろ、この統計の正確性に問題があるな」


「そんなに多くの人間を負かしているとは自覚がなかった。なのになぜ、俺はこれほど貧しいと思ってしまうんだ?」


「多くの人間に優越感と幸福感をもたらそうと企んだ偽のニュースに違いない」


ということで、日本のネットみたいなノリですね。こういうネタになる時、日本も中国も関係ないかな、って思います。ただし、お国の事情みたいなものはよく出てます。年収10万元は中国の上位10%に入るかどうかはよくわかりませんが、入るかもしれませんね。私が中国から帰国して時間が経過していて、その間にも多くの変化が生じているはずですので、今はどうかわかりません。しかし中国という国はほんの一握りの支配者層が大多数の庶民を搾取して成り立つ国で、これは有史以来変わらず続く国のありようです。お金は特定の人間に集中するようになっており、この傾向はどこの国よりも強いと思います。ですので多くの人間が国の成長を実感できないまま、中国は経済発展を続けております。あ、実感はしてますね。不動産価格や株式市場、果ては物価に至るまであらゆるものが上昇しておりますので。しかしそれに見合う給与水準のUPがありませんから、庶民の暮らしは厳しくなる一方です。正確にはUPはしていますが、追いつかないレベルで中国のあらゆる価格の上昇がすさまじいです。


海外での爆買いなど、傍から見ている日本人にはにわかに信用ならないかもしれませんが、これも入ったお金はそのまま出て行ってしまう中国人の国民性も関係しています。彼らはそもそも老後などを心配して貯金をする、みたいな発想に乏しいところがあります。入ったものはそのまま使ったほうがいいという考え方をします。今使わなければなくなったり価値が薄れたり、そういったことのほうが彼らには心配なのです。これは長い歴史に育まれた、また彼らの社会的構造の影響でもありますが、私も給料を毎月全部使って豪遊できるなら、月1回は海外旅行だって行けますが、日本人はそんな真似はしません。なので、日本人が思うほどには、中国人はお金があるわけではありません。中国の物価は恐ろしく高いし、年収10万元ならもはや北京で暮らすのは1人でも厳しいという意見も同意です。このネタを翻訳していて、中国人の未来がとても心配になってしまいました。


今日はこの辺で。
また書きます。
スポンサーサイト

『入ったものはそのまま使ったほうがいいという考え方をします。』
ほう、そうなんですね。

 『今使わなければなくなったり価値が薄れたり、そういったことのほうが彼らには心配』
確かに過去の歴史や資本主義導入など、激しい変化を経たらそうなるかもですねぇ。
拝金主義だけど、お金のシステム自体は信じられない。
今日も面白かったです!
[2017/12/01 17:45] URL | eパンダ #e0lcbOy6 [ 編集 ]
Re: タイトルなし
eパンダさん、こんにちは!
そうなんですよね、中国人を語る時に、彼らの経験してきた歴史があまりにも日本と違いすぎるので、その辺が日本人には理解が難しい部分でもあるんですよね、これは逆もしかりですが。
常に異民族の侵略の恐怖にさらされ、自分の身は自分たちで守るしかなかった時代もあまりにも長かったですので、やはり他人を信用しないし、あとは共産主義の影響で他人よりあくせく働くのは損、という考え方もいまだに中国人の根底にあります。まだまだ資本主義経済に慣れ親しんでいないというのが実情のような気がします。でも経済だけは資本主義の形でどんどん変化しているので、この点は中国人にはかわいそうだな、とも思います。彼らは本当に老後とか、そういう問題が噴出した時に対処できないんじゃないかな、と個人的には思いますが、この問題が吹き出すのはもう少し先です。一人っ子世代の両親が超高齢者になってからと思いますが、これはもう少し先だと思います。でもそこまで先の話でもないので、とても心配ですね。彼らは全然深刻に考えていませんけども!
[2017/12/02 11:55] URL | megumi1128 #- [ 編集 ]














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

megumi1128

Author:megumi1128
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR