こんにちは!

昨日、体操の世界選手権のネタを書いたところ、異常にアクセスアップしました。

みなさんの興味あるネタなのかと思いましたので、もう1個ご紹介したいと思います。

ちなみに、これに関連して、たくさんの体操ネタを探しました。中国では内村選手はとっても人気なんですが(元来、中国人は強者が大好きですし、加えて女子の間で内村選手はイケメンとしての人気もあるようですね。確かに内村選手系の芸能人がいるかも)、それにもまして加藤選手が大変な人気です。これはもちろん、イケメンとしての人気です。読んでる感じではまだまだ実力が認められて、というわけではなさそうです。ご本人は不服かもですが。でもイケメンとしての人気はものすごいです。

そして、新星の白井選手については、まだまだ認知されてませんね。

日本ではひねり王子などというニックネームまでついちゃう始末ですが、中国ではまだ、彼絡みのトピックスはありません。これから認知されるかもですね。




それではまず、元ネタからご紹介します。

「2013年世界体操競技選手権において10月6日夜、男子種目別平行棒の決勝が行われ、中国の林超攀が15.666点を獲得して優勝、日本のエース内村航平選手と並んでの優勝を果たした。これは中国チームにとっては今大会2個目の金メダルとなる。もう1人の尤浩は15.500点で第4位だった。」




これについての中国人ネットユーザーのコメントがなかなかおもしろいです。




「林超攀、1995年生まれ、晋江の子供。中国男子体操チームのエースになりうるだろう、マジで頑張ってくれ、16年はお前を見てるぞ!」




「優勝が2人てさ、なんとかならなかったの?」




「今の中国体操には未成熟という感覚しかない・・」




「林超攀、すごいじゃないか!最初に出場した世界選手権で結果を出すなんてすごい!これからも頑張ってくれ!」




「同点優勝ってさ、国家はどうすんだろうね」




「小日本の今回の結果には、、、すごいとしか言い様がない」




「国のアルファベット順で行くと中国のCは日本のJより先なんだから、国家も中国が先だろう!」

韓国みたいなことを言い出し始めました。。。




「中国代表はまあ、今回はひどかったな」




「内村選手と同点優勝できる選手がいるぞ!すごい!」

・・内村選手の素晴らしさはそのオールラウンダーぶりなんですがね。。




「ダメだ!日本を2位にしろ!」




と、なかなか無理難題を言ったりしている様子が中国人民のちょっとした焦りを醸し出しています。

中国という国は日本よりはるかにスポーツに「国家の権勢」を見るお国柄です。なので、これまで中国が圧倒的に金メダルを獲得してきたこうした種目で外国(特に日本は一部の人には不満でしょう)に活躍されると一気にヘコミます。中国人は負けた時に勝った相手を罵るような真似や難癖つけるようなことはないです。ただ単純に「自分たちの力不足」だと捉えて、結果として思いっきりヘコミます。

今の中国は世代交代の真っ只中でしょうし、平行棒で金メダルをとった選手も実は白井選手とたいして変わらない年齢だと思います。

今回訳していた中にも、割と自虐ネタが多かったのも面白かったです。

ですが、中国人は世界一メンツを気にするお国柄です。失ったタイトルはメンツにかけて必ず取り返すつもりでやってくるはずです。中国にはそのノウハウもあります。

人材も豊富ですし。

なので、必ずまた中国にかなわない時も来ると思いますし、その時まで日本の選手にも頑張ってもらいたいと思います。

体操に関して言えば、一連の翻訳をしていて、中国と日本はいいライバル関係なんだろうと思います。アジアの2カ国がこのように世界トップレベルでライバル関係にあるというのはいいものだな、と思います。




ちなみにですが、体操関連の中国人ネットユーザーのコメントを翻訳していて、反日発言はほぼ皆無でした。1500件くらい見ましたけどね。

1番多かったのは「加藤選手、かっこいい」ってやつですね。

次に「内村選手が強すぎ」ってもの。

あと、おもしろいコメントを1個追加しときます。

「子供が体操やりたいって言いだしたら、俺は迷わず言う、内村に習えと」




また書きます☆彡
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

megumi1128

Author:megumi1128
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR