FC2ブログ
こんにちは。
今日は、中国人が好みそうなこちらのネタをご紹介したいと思います。


では早速、元ネタからご紹介します。
「日本人女性の田中さんは普通の会社員だったが、中国に旅行に赴いた際に食べた1杯のサンラータンが忘れられず、その後は月1回のペースで中国・重慶に行き毎回サンラータンを食べた。その後彼女はサンラータンを7年研究し続け、彼女は東京に自分の店をオープンさせた。名前は「辣上帝」と名づけたが、彼女は日本人は重慶の辛さは日本人には厳しいと話す」ということですが、ではこれについて、中国人ネットユーザーのコメントをご紹介します。


「中国で1杯数元のサンラータンが日本で50、60元とかで売れるのか、、、商売としてはいいかもね」


「で、今後、日本人がサンラータンは日本人が発明したって言い張るところまで見えた」


「↑韓国じゃないんだし、それはないだろ。。。」


「そうだね、こういう誰が発明した云々の話に関しては日本人はまともだね」


「韓国人には無理だろうなぁ。韓国に行くとどこに行ってもジャージャー麺ばっかりだし」


「すごい女性だね!でもサンラータンは食べ過ぎるとお肌に悪いので気をつけて」


「会社員なのに毎月中国に来れるほど稼いでいたということなのか?」


「中国にはもっとおいしいものがたくさんある。マーラータンはどうだろうか?日本人はおいしいと感じるかな?」


「こういう1つのことにこだわれる人はすごいな、と思う」


「50元で1杯だもんな~、日本は何でも高いわけだ」


「はは、重慶のサンラータン中毒になったんだね」


「それぞれのお店に各自独特の隠し味があるから、いくら研究しても好きなお店と同じ味にはならないんだよな」


「日本人は中華料理から離れることはできない」


「日本の飲食店で使われるのはいい水や素材なので少々高いのは仕方ない」


「日本人というのは侵略を認めない1点以外はすごくいい民族だといつも思う」


「この店の住所を載せるべき。東京に行ったら行ってみたい」


「日本人は人としてはたいしたことがないと思っているが、こういう努力の部分は本当に尊敬に値する」


「中華を好きになってくれてうれしいと思うし、このまじめな態度は素直に感動する」


「日本人のこの執着には恐れ入る」


「7年分のエアチケット代が早く回収できるといいね」


「文化を通じてこのように交流できると感じる」


「この店、こないだ日本で行ってきた!味はまさに王道という感じだった」


「サンラータンって日本人がそれほど好きになるほどおいしいものかな?」


「グルメもここまでの域に達するとすごいと思う」


「1杯60元で売れるなら俺がやりたい」


「四川がそこまで日本人に受け入れられて誇らしい」


ということで、この方は中華を好きになり努力した日本人ですので、こういう日本人たちを中国人は本当に大好きです。その点は中国人ってかわいいな、っていつも思います。日本人にとっては日本語ができる中国人は割りと当たり前にその辺にいますし、それが必ずしも日本を好きだとは限らないところもあって、なかなか素直に相手に好印象を持つことは難しいですが、中国人にとって中国語ができる日本人は珍しく、また中国語をあえて選んでマスターしてくれた、という意味でとても好感を得られます。この方はさらに1歩進んで中国の食べ物を何年もかけて学び、それをお店にするという徹底っぷりですので、多くの中国人が応援してました。旅行で東京に来れば行ってみたいという中国人もたく さんいる模様です。


ただ、私の近所もそうですが、中国人がたくさんいるところはサンラータンなんかも既に中国人が多くお店をやっている印象です。なので街中でサンラータンの香りが漂ってくる、なんてことも珍しくないです。ましてや、サンラータンは日本人にはなかなか独特の風味の食べ物ですので(ちなみに私はコメントにもありましたマーラータンは中国でめちゃくちゃ食べておりました。こちらのほうが日本人受けするかな、と個人的には思いますが、、、)、。それでも、このお店はネットで検索すると有名店として出てきますね。日本向けに多少はアレンジされている印象も受けます。本当の本当の中国人向け、とは少し違う気もします。やはりそこは日本人が経営されているので。でもそれは日本人にとっては安心感につながるかもです。いずれにせよ、中国人のコメントにもあったように自分でこれ!と思ったものに対してここまで情熱を注げる のはすごいな、と思いました。


今日はこの辺で。
また書きます。
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

megumi1128

Author:megumi1128
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR