FC2ブログ
こんにちは。
今日は、日本観連のネタは本気でW杯しかありません。いくら探しても他のネタが出てきませんので、今日は日本関連のネタを諦め、こちらをご紹介します。


では元ネタからご紹介します。
「現地時間の6月15日、アメリカのマティス国防長官はアメリカ海軍兵学校の卒業式において講演を行い、彼はアメリカが現在、3つの挑戦をしていると提起、その3つ目がすなわち政治的願望という。そして、中国との間には潜在的な競争が存在しており、中国は長期的な一つの構想を抱いていて、それは現在の国際秩序を塗り替え、彼らのかつての明時代の国際秩序を目指している、と述べた」とのことですが、ではこれについて、中国人ネットユーザーのコメントをご紹介します。


「ならばアメリカは現代にファシズムを復活させようとしてるだろ」


「すごいな、マティスは随分と中国の歴史を理解してるじゃないか」


「被害妄想かよ、、、」


「明の時代にはアメリカなんて国すら存在していなかったのに、よく勉強したじゃないか」


「中国が世界の覇権を握るのが恐ろしくて世界中に中国を貶める宣伝をしているようにしか見えないな」


「アメリカはかつての清朝みたいだけどな」


「仮に中国が明時代の世界秩序を手に入れたとして、現代でいったい何が変わるというんだ?欧米をすべて植民地にでもするのか?」


「中国が本当に明時代に立ち戻ったら、お前らなんて手も足も出ないよ」


「そもそも世界中の人間がアメリカ主導の世界秩序の元、暮らしたいとでも言ったのかよ」


「アメリカは世界中を騙して抱き込めても、中国は自分たちのやり方で他国と平和的に結びつくことはできないって意味か?」


「いくら中国の歴史を必死に勉強しようとも、中国人の本質をお前たちが理解することはできないよ」


「略奪とか、そういう観点で話をするなら、お前ら以上に略奪した国があったか?」


「新たな国際秩序はすでに世界中で認識され始めている、アメリカにはもう止められないと思う」


「人権もないような国が中国にえらそうにそんなことを言える資格があるのか?」


「俺の心の中ではもうすでにアメリカは死んでるよ」


「TPPを抜け、ユニセフを脱退、パリ協定もイラン核合意も人権組織も脱退して、これでもまだ世界の主導権を握ってると考えているのかね」


「そもそも明時代のやり方ってどんなだよ。欧米を制圧するのか?」


「明時代ってところがな、、、唐や宋の時代が中国が最も栄えた時代だよ、もっと勉強してから出直してくれ」


「中国はいまだ、発展途上国なんだから世界の覇権を握るとか、そんな能力はまだないから安心してくれ」


「アメリカ人も焦って中国の歴史を研究してるのかね、でも明朝とは、、、全然ダメだな」


「世界で最も他国に対して民主的なのは中国だよ。アメリカは専制的な帝国主義にしか見えない」


「明時代と言ってもかなり長い期間だからな。いったい何を学んだのか、そこから教えてくれ」


「それでも現代で共産主義国家がどこまでできるかは疑問だな。世界のほとんどは資本主義国家で国民には選挙権も言論の自由も保障されているわけだし」


「アメリカは中国のことを新ファシズム国家とでも見てるのか?」


「アメリカが中国への敵対心をむき出しにしてきているのを感じる、心配だ」


「遅かれ早かれ戦争になるのかもね」


「強盗が他人にやり方を変えろとか、、、恥知らずも甚だしい」


ということで、他国から見れば中国は昔の世界の覇権を握っていた時代に戻りたいように見えますけどね。というか昔の思想が捨てきれず、現代とかみ合っていないために周辺諸国とのいざこざが絶えないようにも見えます。なので、マティスさんの言いたいことはとてもよくわかります。もしかすると中国でも上層部の人間はわかるのかもしれませんが、一般庶民には完全なる言いがかりに聞こえるようです。これが中国の恐ろしいところで、国民の一般的な認識と国際社会の認識が大きく異なっていることが多々ある点です。これは中国共産党による国民の洗脳の一環というか、報道を通じて国民に伝えていることに限りがあるのだろうと思います。あとは中国人自身が中華思想にある意味洗脳されていて、これは官製でないだけやっかいですが、DNAレベルで中国は周辺の蛮族どもを従える国であるという認識が今も根強いこともあり、彼らには息をするように自然なことなのでなぜ責められるのかが本気で理解できない、かのどちらかです。


中国が平和裏に他国と同盟関係を結ぶなどということはまず信用できません。中国は自分の利益にならない行動は絶対にしないからです。他国の平和のためとか、世界平和のためなどという理由で動くことは絶対にありません。耳障りのいい言葉を並べていても、実際には自分の利益になることしかしません。今は特に中国が異常な拝金主義の時代ですので、お金に結び付くことしかしないかもしれません。なので中国主導の世界秩序なんて考えただけでも憂鬱になりますが、コメントにもありましたが、世界の秩序の中心にアメリカがいることも取り立てて世界中が望んでいることでもないことはまあ確かに事実かもしれません。時代の流れの中で変わっていくのでしょうが、虎視眈々狙っている中国が世界を混乱に陥れることだけは阻止してほしいです。


今日はこの辺で。
また書きます。
スポンサーサイト














管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

megumi1128

Author:megumi1128
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR