こんにちは。
今日は、またまたここで初めて知ったネタであるこちらが興味深かったので、今日はこちらをご紹介したいと思います。


では元ネタからご紹介します。
「3月28日夜、中国のビリビリ動画がアメリカ、ナスダックに上場を果たした。この現実を受け、日本のネット民が嘆いている。ビリビリ動画は中国版ニコニコ動画と言えるが、ユーザーは10倍だ。アメリカでの上場も成功させて、日本のお家芸が奪われた感じだ!内心、かなりツライ。。などとコメント。とあるネットユーザーも、みんな、目を覚ませ!これが現実だ!と呼びかけた」ということでしたけど、ではこれについて、中国人ネットユーザーのコメントをご紹介します。


「正直、ニコニコ動画はミスもかなり多かったように思えるね。コメント入れるにも会員になって金を取られるなんてダメだろ、、、」


「中国版ツイッター、中国版ライン、中国版ニコニコ動画、、、国内で規制がかかって見られないんだから、国内の独自版を作るしかないし、そうなれば人口が多いんだから本家を駆逐するのは当たり前だろ」


「日本人に言っておくが、ビリビリのアメリカ上場なんてまだまだ序の口だぞ?」


「ビリビリ動画は一切の広告が出ないのが気に入ってずっと見てる」


「息子が上場してしまって、親父が早々に倒産しそうな勢いだな。。。」


「我らのパクリ師は必ずパクればオリジナルを凌駕するものを作るな」


「なぜつらく思う必要があるんだ?中国と日本じゃ国のサイズが違うんだからこんな結果は当然だろうに」


「大丈夫だ、日本にはまだ匠の精神があるじゃないか」


「ニコニコ動画はいつまでたっても進歩しないあの画質の悪さがダメ」


「実際には日本文化の多くが中国起源であるのに、今では中国人でさえ、日本起源だと思っているものも多い」


「↑そうだよね、日本は文字ですら中国起源の漢字を使っているのだから、日本文化の源流は中国にある」


「それでもアメリカ市場でも稼ごうというビリビリの決定にはあまり同意できない」


「ニコニコ動画が自身で努力しなかったのが悪い。ニコニコとビリビリでは収入ルートも違うし」


「これまで長きにわたり、中国文化が日本によってパクられてきて、辛酸をなめてきた。現代にいたりやっと逆になったというだけだ」


「中国文化をパクってきたのは日本だけではないな、棒子だってかなりやってるし」


「どうってことはないが、日本人の顔をひっぱたいてやってるようでうれしい」


「海外で流行しているネットツールなんかも、中国では現地化できなければすたれていく印象だね」


「韓国が端午の節句を世界遺産申請して成功した時の中国人の感覚を今日本人が受けているのかな?」


「ユーザーの数で優劣が決まるのだから、中国が勝るのはどの分野においても仕方ない現実」


「俺のスマホにダウンロードしてる唯一のアプリ、ビリビリはマジですごい!」


「ビリビリのアメリカ上場が日本人と何の関係があるんだ?」


「日本が抱く感覚は中国が韓国に抱く感覚と同じなんだろうな」


「こんな内容でも日本人のモラルの高さには恐れ入る、相手が韓国だったら大変だったろうな」


「中国には人も多いが資産も多いからな、日本では太刀打ちできないだろうね」


「ビリビリの出現は日本文化が欧米同様中国でも庶民に受け入れられている証と言えるんでは?日本が悲観する内容かな?」


「ビリビリが好きなのも一種の精日と言えるのかな?」


「ビリビリはニコニコよりよく出来ているとは思うが、すべてをオリジナルというのはさすがに恥知らずというもの」


私はこのビリビリ動画を見たことがないですが、ニコニコ動画をマルパクリしたというのは中国人にも認識がある模様ですね。なのでそれをいかにして正当化しようかというのがコメントの主要なポイントのようでした(笑)。もっとも多かった正当化に関しては、日本はこれまでの歴史において多くの中国文化をパクッて今では日本文化として世界に共通して受け入れられているものもたくさんあるのだから、今現代になり少し中国がパクッてそれを世界に発信したとしても文句を言うのは筋違い、ってものですね。百歩譲ってそれが正しいとしてもです。今の現代の中国人はパクられる側からパクる側に落ちぶれたということですので、これは中国人全体として嘆くべきことだと思いますがね。。確かに歴史上、中国が日本のみならずアジア諸国に与えた影響は莫大ですし、文化面で多くの今でいうパクリ行為も受けたでしょう。その当時の中国には本気でそれだけの国力があったことは間違いないです。でも今はパクる側に落ちぶれたということですので、これは悲しいことだと一外国人として思います。


ニコニコ動画がどういう対策をしたのかなどは知りませんが、コメントから察するに多くの面でパクられていることは間違いないと思います。こういう文化って日本の特徴だと思いますし、世界中の若者に支持されている側面もある大事な文化の一つだと思いますが、中国にいいようにやられているみたいですね。今は中国で日本を食らい尽すような多くの悪だくみが進行していますけど(日本の医療保険制度の悪用のニュースを見たばかりなので、すみません、、)、日本は企業も国も本当に脇が甘いと思います。狡猾でずる賢い中国人の格好のカモだと思います。なので、自国や自分たちの会社を守るためにももっとしっかりしてもらいたいですね。今回の件ではあまりにもパクリが横行しすぎて感覚がマヒしている中国人は悪びれる様子もなく、でも心の中では一応パクリであることを少しだけ恥ずかしく思っている様子も見えて面白くもありました。


今日はこの辺で。
また書きます。
こんにちは。
今日は、中国人が大好きな日本の高齢化に関するこちらのネタをご紹介したいと思います。


では早速元ネタからご紹介します。
「一人暮らしの孤独と貧困に耐え切れず、日本の高齢者はついに、故意に犯罪を犯し始めている。彼らにとって、刑務所に入ることは刑罰ではなく孤独からの逃避なのである」ってことですが、ではこれについて、中国人ネットユーザーのコメントをご紹介します。


「高齢化社会の必然の結果のように見える」


「日本のように監獄の待遇もよければなおさらだろうね」


「高齢化社会の末路だね、中国だって他人ごとではない」


「中国だってすでに高齢化社会に突入している、政府が第2子を認めるのもその一環だ」


「重要なのは、こういう人たちに限って子供がいたりする。家族がいても決して孤独でないとは限らない」


「子供とは疎遠で、パートナーにも先立たれればいつだってこんな状況に陥るよ」


「刑務所が彼らにとっては無償の老人ホームみたいなものなんだろうな」


「基本的には窃盗で入ってるみたいだね。本当に刑務所に入ることが目的みたいで心が痛む」


「これ見て、自分も将来こんなことするかもしれないな、と思ってしまった」


「つまり、自立する能力を培わないとダメってことだな。日本のドラマに出てくる専業主婦なんてオススメできる生き方じゃない」


「窃盗ごときでこれほど長く刑務所に入る刑になるのがよく理解できない」


「日本なんて子育ての福利厚生も素晴らしいのになぜ生まないんだろう?5~6人も産まなきゃ楽勝な印象だけど」


「このまま結婚も出産もしなかったら、一人っ子なのに老後はどうなるんだろう?と考える。結論は安楽死を認めてほしい」


「日本は殺人も窃盗も同じく数年の刑務所送りになるという量刑のおかしな国だからね」


「日本の刑務所暮らしはかなり快適と聞いたことがある」


「つまり、子供を産んだとしても何ら保障にはならないということだね」


「夫に先立たれた元専業主婦の日本の老齢の女性たちは年金も限られるわけだしこうなるのは目に見えてる」


「要は金があればこんな境遇には陥らない、何事も経済力を身に着けるべき、ということだね」


「未来の中国はこんなもんでは済まされないように思うんだけど、、、」


「このニュースを見て、急に老後の生活に不安を覚え始めたんだが、、、」


「中国なんて将来年金がどうなってるか全く予想もつかない、人口構造もいびつなのだし、こんな軽い感じでは済まされないよ」


「中国の老人はこんな風になる前にあっさり自殺すると思うよ」


「高齢者にも仕事を与える仕組みを政府が作ってほしい、仕事と収入があれば生きていける」


「自分が高齢者と呼ばれる年齢になるころには安楽死が認められる世の中であってほしい」


「日本みたいな国ですら高齢者はこのありさまなんだ。急に未来が不安になってくる」


「老後に孤独になった連中がいたらみんな一緒に暮らせばいい」


「日本みたいに結婚して専業主婦になりたい!って女の子の末路はこんな感じなんだろう」


ということで、このネタは新聞に特集が組まれて紹介されていたようですが、特に日本のおばあさんが孤独から逃れるために小さな犯罪を犯して刑務所に入る、みたいなのを繰り返すというのが紹介されていました。でもこれって最近発生しだしたわけでもないような???そして、中国人が大いに誤解していることですが、日本人の女性はみんな、結婚して専業主婦になるのが夢、というふうに思っていると認識しているみたいですが、、日本人の女性がみんなそんなことを思ってるとしたら、日本は決して少子高齢化になどなっていません。日本が少子高齢化社会になっている理由は中国にも存在するものですし、よくわかっているはずですが、どうも中国人は日本の少し昔の傾向をいつまでも日本のステレオタイプだと考えているフシがあります。ただ、自分たちは日本の状況をあれこれ議論してる状況ではない、という認識はきちんと持っているみたいで、そこはまだよかったです。認識もなくいきなり社会的な大混乱状態に突入すると大変ですので。


中国では本当によく日本の少子高齢化が話題に上ります。日本のマイナス点を探してはそれを徹底的に報道するのは一種の中国メディアの特徴でもありますけど、これに関しては、日本のマイナス点ということにもなるんでしょうが、中国にとっても他人ごとではない重篤な問題である少子高齢化について、うれしくもないことに一歩先を行っている日本の現状及び対策などを真剣に学ぼうというような気配も感じます。日本でもこの問題は全然解消されていないし、解消のポイントが違うようにも感じます。また日本の政治ネタと言えば最近は森友問題ばかりでテレビでもこれしか報道されませんから、正直日本が抱える数々の問題が今どのように対策されているのかは知る由もありませんが、、(すみません、ネタとまったく関係のないことを書きました、でも最近のテレビは異常だな、と思うので思わず愚痴ってしまいました、、)。女性が自立した先進国社会では少子高齢化は避けて通れない問題と思いますが、日本でも特に孤独な高齢者に対する対策は検討してほしいな、と思います。私もそのうち他人ごとではなくなりますので。。。


今日はこの辺で。
また書きます。
こんにちは。
今日は、日本でも散々話題のこちらのネタについて、中国ではどんな感じかな?と微博を覗いてみましたが、恐ろしくホットトピックスになっております。そしてネタも乱立しています。日本の比ではなく相当な話題ですが(当事者なので当然ですが、、)なぜか、コメントを閲覧できません。唯一閲覧できたこちらをご紹介します。本当はコメント1万件強のトピックスも満載ですが、、


では元ネタからご紹介します。
「アメリカが中国に対して課税対象を宣告した分野は、医療機器、高速鉄道設備、医薬品、新材料、工業ロボット、情報技術などである。対して中国がアメリカへの減税措置を終了させると宣告している分野は、生鮮食品、果物、ドライフルーツ、ナッツ、ニンジン、豚肉などである。こうして眺めてみると、中国は工業国なのに対してアメリカって農業国なんだな~。貿易も外交もよくわからないけど、愛国精神にはあふれているよ。アメリカが中国に貿易戦争を仕掛けてくるなら、中国も受けて立つ。長くなって得をするのはどっちだろうな。頑張れ!中国!」ってことで個人の投稿でしょうか?これについて、中国人ネットユーザーのコメントをご紹介します。


「中国の傷の方がより深いと思うけどね」


「そりゃ誰だって貿易戦争なんてしたくない、でも相手がこういう態度なのだからやるしかない」


「外交部もやられた以上、お返ししなければ礼儀に反すると発言したしね」


「アメリカの製造業は確かに今は中国ほどの勢いはないが、本当に素晴らしいものは中国には売らない」


「アメリカ親分の意向に沿うよう、小日本が中国の鉄鋼に42%から69%の関税をかけると発表したぞ、本当に日本はアメリカの犬だな」


「それでもアメリカは日本にもこの関税の除外措置を出していないってところがポイントだな」


「アメリカは高度科学技術を中国に売り惜しみしていたくせに、今度は貿易赤字になればそれはすべて中国のせいとは、、、今の中国は制裁を加えるには大きすぎると思うけどね」


「それでもアメリカに輸出されるものの大半は他国でも賄えるけど、アメリカの高度科学技術については他国での換えが効かないのがキツイ」


「↑今は中国の科学技術も進歩して他国では替えの効かないモノも多いよ」


「そうだね、今の中国は90年代の中国とは違う、こういうやり方をすればアメリカも相当の痛手を被るはずだ」


「中国だって今では多くの食品をアメリカからの輸入に頼っているし、やはり価格の面でもなくてはならないものになってる」


「この戦いに勝者は生まれない」


「今のアメリカ人は中国人の安い労働力で作られた安い製品に頼って生きている。中国人がアメリカ人を養っているようなもの」


「中国におけるアメリカへの輸出は全体の19%に過ぎない、痛いのはアメリカのほうだよ」


「やはり食品を他国からの輸入に頼るとこういう時にカードにされてキツイんだな。自給自足が必要」


「そうかな?アメリカがだめなら他国から食品を輸入すればいいだけでは?そもそも高度科学技術は売ってくれないのだから」


「トランプの地盤は割と農業の盛んな地域だからトランプにとっても命取りになりかねない」


「中国が大豆を締め出すだけで、トランプは暗殺されるかもね」


「やれるものならやればいい、中国は何も恐れていないよ」


「誰も勝者がいない、そうかな?ロシアあたりが漁夫の利を得そうだが、、」


「現在の中国の工業に占める価値はアメリカ、ドイツ、日本を足したぐらいの価値がある、アメリカは勝算なんてないはずだ」


「中美戦争元年になりそうだね」


「庶民としてできることは噂に惑わされず、懸命に仕事することだけ」


「中国にはアメリカ国債という秘密兵器もある」


「中国は少子高齢化ではあるが今でも人口の優位性は健在だ、忍耐力はアメリカより高いはずだ」


「中国の躍進がすでにアメリカの覇権を脅かすところまで来ているという証だろう」


「アメリカが高度科学技術を売ってくれさえすれば対中貿易赤字なんて一瞬で解消されるのにね」


ということで、アメリカ(というかトランプさん)が中国を名指しで攻撃しておりますので、中国もあれやこれやで対抗措置を発表するなど、世界に不穏な空気が流れていますね。中国ではどんな風にとらえられているのかな?と思い興味深々で覗いてみましたが多くのトピックスがなぜか閲覧できなかったのであまりコメントを見れておりませんが、心配している人、自信に満ち溢れた人(の方が多いかもです、中国は大丈夫という根拠のない自信)、やる気満々の人など様々な意見があり面白いです。日本もかつてはこんな感じで名指しで様々な制裁を受けつつ、それに多くの日本企業が耐え忍び、今があります。中国もそういう時代に入ったということかな?と思います。ただ、日本はその後、多くの付加価値製品を生み出し、日本でしか作れないものも多く生み出しましたけど、中国もそれができるでしょうか?今時点では残念ながら中国人自身が書いているとおり、中国がダメならほかの国から輸入すればいいものが大半なので、なかなか難しいところもあります。資源系は下手に輸出制限するとレアアースみたいなことになりかねませんしね。。


それでも中国は即刻国のトップが対抗する意思を表明するなど、表向きは非常に強い政府なのでこれは少し羨ましいところもあります。日本はいつもの遺憾の意で終わってしまいそうですし。メディアなどでも鉄鋼云々で騒いでいたり、日米FTAを締結するための布石だのなんだの言われていますが、この辺は慎重に慎重にお願いしたいですね。アメリカと2国間協定を結んだお隣の国、韓国のFTAの中身はそれはものすごいと聞いたことがありますし、、、現代の不平等条約みたいなことにはなってほしくないです。日本と中国では置かれた状況が異なりますが、それぞれが自国のためだけにとどまらず、世界経済のことも踏まえて最善の選択をしてほしいですね。それにしてもアメリカ、というかトランプさんは何を考えているんでしょうか、、トランプさんのいわゆる暴走で何度も株価が乱高下しているのを見るたび、本当に不安になります。こういう人がアメリカのトップなのは中国にとっては決して不幸なことではないということは書いておきたいと思います。


今日はこの辺で。
また書きます。
こんにちは。
今日は、あまり日本は関係ないですが、こちらが気になったのでご紹介したいと思います。


では早速元ネタからご紹介します。
「女性は男性に比べて収入が劣る、これは暗黙の事実と言える。世界各国において、男女の収入格差は必ず存在している。デンマークでは女性の平均収入は男性の85%、アメリカは79%、日本は73%、、、多くの人が思うだろう、この差はどこから来てるのか?女性が男性より能力がないから?男女で選ぶ業界が違うから?それとも女性蔑視が原因?どれも決定的な原因とはいいがたいのが現実である。皆さんはどう思いますか?」ってことですが、ではこれについて、中国人ネットユーザーのコメントをご紹介します。


「女性のほうが消費しなければならないものが少ないことにはどうして触れないんだ?」


「↑そうかな?男が車を買う金で女は大量のバッグを買っているように見えるけど?」


「経済を語るうえで女性はどうしても男性には劣るし、そこから女性蔑視につながっていることは否めないね」


「女性にしか出産ができない現実が変わらない限り、この問題が解決することはないと思う」


「人工の子宮でもできなきゃ無理かもね。これの技術発展を妨げるのは人間のモラルかも」


「今の時代は女性の方が収入が高いことだって多々あるし、子供を持たないディンクスや同性愛も増えてるからな」


「子供ができれば女性は母性本能が働いて仕事よりも子育てをどうしても優先させる。これは本能だから仕方ないと思う」


「将来は女性が家庭に入るのも、男性が主夫になるのも全くの自由な雰囲気の社会になってくれていればいいと思う」


「これにまだ議論が必要かな?女性なら誰でもわかると思うけど、母親になることの代償なのでは?」


「女性の権利が子育てを拒否するレベルにまで到達してきているね、いつかはドイツみたいに大量の難民を受け入れざるを得ない国になるのかも」


「父母のどちらも子供を連れて仕事に行けない状況なら女性が仕事をやめる以外に選択肢がない」


「なんか、、、ここのコメント見てたら結婚したくなくなってきた」


「男性にも女性とまったく同じく出産や子育ての境遇に身を投じてみてほしい。果たして蔑視を受けずに済むかどうか」


「子供が生まれれば、男は家庭を養うため必死で働こうとするし、妻には家にいて子供の面倒を見てもらいたいと思うもの」


「どこの家庭でも必ずと言っていいほど、子供の面倒を見るのは女性の役目、という時点ですでに女性蔑視だと思う」


「子供がいる母親は仕事をするにしても子育てが第一でできる仕事でさえあればそれでいいという人が多い。子供がいなければいい仕事に就きたいけどね」


「つまり、子育てというのは犠牲の精神の上に成り立っているものなんだね」


「ここのコメント見てたら子供産むのがすごく嫌になったんだけど、、、」


「最大の原因は体力だと思うけどな。すべての仕事の基本だからね」


「男女平等の平等は結果が伴ってない、ただの権利だけ」


「子供のいない独身女性と男性で比較してみるべき、おそらく結果は違うと思うけどな」


「それでも会社というのは有能な女性には必ずきちんと高給を出してる。そういう女性に何人も会ったことがある」


「体外妊娠の技術の進歩を待つ以外方法がない」


「これほどのデータ社会の現代においても、女性の生理的な側面が男女格差を生まざるを得ないというのは変わらないんだな」


「今は保育施設の拡大や充実を待つしかないような気がする」


「じゃあ、高収入を得たい女性は子供を産まなければいいだけ?そうとも限らないと思うけど」


「女性が男性より稼いでいれば男性の自尊心を傷つけるのでは?そういう側面もあると思う」


ということで、正直中国は日本に比べてはるかに男女の差はありませんが、それでも出産や子育てといった側面の影響で男女差は確かに存在するという認識のようですね。甘いですねぇ。中国の女性は全然恵まれているし、仕事の質を落としても子育て第一に生活したいという選択をするのは当人の問題のように思いますがね。これに比べれば、日本では一部の会社、というか業界ですかね、確実に男女差別の存在する社会があると思います。私は男女差のほぼない業界と男尊女卑を地で行く業界を両方経験していますが、本当に正直な話、女性と男性が同じ仕事をすれば女性の方がいい仕事をするかな、という印象を持っています。ただし、中国人のコメントに全面的に賛成する箇所があります、それは体力の問題です。多少なりとも体力を必要とする場合はやはり男性のほうが有利だと思います。その点で女性は不利だというのは思います。そういった面も考慮しつつ、女性の能力をうまく取り入れている会社というか業界は男性も優秀な場合が多いような気もしています。女性には負けられない!と頑張るのかな?とも思いますが、とにかく男性も頑張りますのでいつのまにやら優秀な人材に成長しています。しかし男女差が最初から存在する業界にはそのような競争意識は最初からありませんので、全体的にぬるま湯みたいになります。すみません、、、中国関係なく語ってしまいましたが、私が個人的に思う現象です。感じ方には個人差がありますのでご了承ください。


トピックスとあまり関係ない語らいになってしまいましたが、上のコメントの数々はまるで日本でヤフーコメントを読んでいるかのように日本みたいでした。正確には少し前の日本でしょうか?中国も日本と同じような道をたどっているように見えますし、一人っ子政策のせいで社会構造もかなりいびつですので、日本以上に厳しいとは思いますが、男女格差のなさは一つ、中国の優れた点だと思いますので、これを維持、発展させていければいいのでは?と一外国人として思います。


今日はこの辺で。
また書きます。
こんにちは。
今日は、この「精日」というワードに関連したネタをご紹介したいと思います。


では早速、元ネタからご紹介します。
「精日とは精神的日本人の略である。日本の軍国主義を崇拝し、自国民を著しく恨み、精神的には軍国主義を崇拝する日本人と同じだと思っている日本国籍ではない人間のことを指す。第二次大戦時の日本軍の軍服を好み、日本軍の史跡で写真を撮ったり、抗日英雄を誹謗したりする。この集団は主に中国や韓国におり、低知識階層の若者に多く、日雑とも呼ばれる。中には、日本のアニメを見て、和食を食べ、日本の優れた文化を好む行為がなぜ精日と呼ばれなければならないのか?と問いただす人もいるかもいれない。しかしここで明確に言わなければならない、それは完全に精日ではないと。一部の精日が概念を混同させたいだけなのだ。アニメを見たり、和食を食べること自体は個人的な合法の嗜好と言える。正常な行動だし、我々が批判したいのはこういった行動ではない。精日とは、第二次大戦時の日本の軍国主義思想に熱狂し、自らの興味の対象が自国民への冒涜、侮辱の上に成り立っており、完全に趣味や興味の範疇を超えているものである。国外の優秀な文化を鑑賞することが自国への愛の妨げにはならないのと同時に、他国の文化への興味や嗜好が自国への侮辱や自国の尊厳を傷つける言い訳になってはならないし、国民の許容範囲を刺激した後で、顔面を取り繕うための名目にすることを許してはならない」という中国共産党関連機関のSNSの発表文書みたいです、ではこれについて、中国人ネットユーザーのコメントをご紹介します。


「精日、、日本を崇拝し自国を罵る。中国の恥みたいな連中だな」


「これについてはきちんと法で定めてほしい。精日なんているだけで気持ち悪い」


「日本のドラマやアニメも見るし日本の歌も聴くし、日本製品を使うし日本食も大好き。でも祖国を愛してるから精日じゃないぞ!」


「日本のドラマやアニメが大好きで日本文化をよく理解していると自覚してるけど、公式SNSのこの文書は本当にありがたいと感じた」


「日本の軍国主義を崇拝している連中であって日本文化を崇拝している人間とは違うよ」


「精日分子がもし存在するならとっとと中国から出て行ってほしい」


「本気で聞きたい、日本のアニメを見たことがない中国人なんているのか?実際」


「外国の優秀な文化を鑑賞することが自国への愛情を妨げる要因にはならない、ってすごいそう思う!」


「日本のアニメや和食が好きって程度ならいいと思うけど、日本文化に傾倒しているのは少し精日と言われても仕方ないかも」


「日本人だって精日なんて言葉を作ってまで日本を侮辱しないでくれと文句を言ってくるだろ、、」


「日本のアニメや和食が好きだって言っても、大事の際には最優先はやはり自国になるんだから問題ない」


「正直日本のアニメが好きでたまらない俺はちょっと安心したわ」


「これって、、、ついに日本のアニメを見ても誰からも文句言われない状態が来たのでは???」


「精日っていうのは、中国のみならず世界平和に大きな影響を及ぼす害悪なのでは?」


「でも正直、低知識階層ってのは抗日が多くて、日本を崇拝してるのは割と知識階級の連中のイメージだけどな」


「日本のドラマが好きでよく見るけど、逆に日本文化への知識も深まると同時に中国文化の独自性にも気付いて中国文化を誇りに思うようになった」


「友達の中にももしかして精日なんじゃないのか?と疑われるレベルのヤツらがけっこういる」


「日本人が全部悪人とは言わないが、教科書を改ざんしたりと狂人的な日本人も多く存在するのは事実」


「いろいろと並べ立てて説明しているが、要は売国奴ってことだろ?」


「つまり極端な行動は控えるべき、日本車を運転する中国人を襲うとかね」


「俺らみたいな二次元を愛する人間を理解してくれて感謝してる」


「軍国主義を崇拝さえしていなければ、極端に日本に傾倒していても精日ではないということ?」


「精日みたいな連中が中国の食物を食べ、空気を吸うことさえも許せない、国外追放してほしい」


「台湾はさしずめ、精日の総本部だろうな」


「精日分子なんてある意味テロ分子に近いと思うけどね」


「最近よく聞くこの精日ってのはこういう意味だったんだね」


「俺はフランスの文化とか映画とかがすごい好きなんだけど、こんな俺って精仏なのか?」


ということで、この精日というワード、初めて目にしましたので、いったい何だろうと思ったのですが、中国のよく出てくる王穀さん(外相だったでしょうか?)が述べたみたいですね。日本に関連した様々なワードを作り出すのは結構なんですが、こんな感じの言葉で日本を侮辱しているようにも思えますけど、日本には何をしてもOKってことでしょうかね?いつもながら実に不愉快です。正直なところ、中国において、日本のアニメが好きな若者には実によく出会います。私が日本人というのもあるかもしれませんけど、とにかくよく出会います。彼らは私より日本のアニメに詳しいです(笑)。日本のアニメ好きが高じて日本語を勉強している若者も実に多いですしね。日本のアイドルになりたいという中学生と会ったこともあります。彼女の場合は親が反日でしたので、親に反対されていて、今はどうしたかわかりませんが、もう20歳くらいにはなってるでしょう。実に気になります。


しかしこの精日とやらにはお目にかかったことがありません。共産党も唐突にこんなワードまで作って何がしたいのかはよくわかりません。第二次大戦時の日本軍の軍服とか見たこともないですし。そしてそんな思想の連中は精日だから中国の敵!とか、もはや20世紀の国みたいですね。もう21世紀になって結構経つのに、、、多くの中国人が日本にはいまだに当時の軍国主義を崇拝する連中が政治を取り仕切っていると思い込んでいますが、今の骨抜きにされた日本人にはそんな思想の持ち主はもはや存在せず、中国が勝手に盛り上がっているだけなのに、いったいいつまでこれを続けるんでしょうかね?日本は仮想敵国なのかもしれませんけど、戦後何十年も経過して、今の日本人は法律で戦争すら禁止されているというのに、中国人はいまだに日本人はまだ中国侵略の野望を諦めていないと思っています。中国人の認識と日本の実体がこれほどかけ離れているのも、ある意味共産党の実力なのかと思うと甚だ恐ろしいばかりです。とにかく、日本を巻き込んであれこれ騒がないでもらいたいものです。


今日はこの辺で。
また書きます。

プロフィール

megumi1128

Author:megumi1128
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR