こんにちは。
今日は、中国でもかなり関心の高いサッカーに関連したこちらのネタをご紹介します。


では元ネタからご紹介します。
「日本がW杯本戦出場を決め、渋谷ではサポーターが大騒ぎで日本のW杯本戦を祝った。羨ましいと言わざるを得ない、、、中国でも中国vsカタール戦の後でこのような光景が見られることを願うのみだ」ということですが、渋谷の大騒ぎの動画が添付されております。ではこれについて、中国人ネットユーザーのコメントをご紹介します。


「カタール戦後にどんなによくたってプレーオフでオーストラリア、それに勝てたとしても中南米の3位だぞ、何がうれしいものか」


「↑そうなんだよな、、、事実上、中国は予選敗退したようなものなのに、みんなそれをわかってない」


「中国人はサッカーを見るのは好きでもやる人は少ない。毎週サッカーをやる人口は数客万で、ヨーロッパの小国にも及ばないありさまだし」


「サッカーは人数とグラウンドが必要だが、卓球は2人とテーブルがあればできるからな」


「ただのW杯じゃないか、別に出場できなくてもどうでもいいよ。国が強大になることより大事なことなんて何もない」


「ただ、日本代表には頑張ってもらいたい。黄色人種がヨーロッパのチームを蹴散らすのを見てみたい」


「北朝鮮がまたミサイルを撃ち込んできてもまだ喜んでいられるかな?」


「中国代表がW杯に出られなくても関係ないね。ただ金を稼ぎいい生活ができれば俺たちはそれでOKなんだから」


「中国が韓国に勝った時に長沙がこんな感じだったよ。W杯出場が決まればそれこそお祭り騒ぎだろうね」


「もしW杯出場なんてことになれば3日間は国民の祝日にすべき」


「中国人はこんなものじゃないだろうな、俺たちの期待に応えてくれないのだけど」


「アジアの希望は日本だよ。中国の分も頑張って勝って帰ってきてほしいね」


「中国は次のW杯に備える時間が多くできたと前向きにとらえたいね。次回は頑張ってほしい」


「中国ではW杯の予選敗退が決まって街中の中国人が暴徒化するかも」


「中国代表はいつになったらW杯に出場できるんだろう」


「もしアジアに日本がなかったら、W杯に対するアジアの熱気ももっと冷めていただろうね」


「こんな時が1番日本がうらやましい時だね」


「日本はこのところ、W杯に出場できなかったことがないだろ?もはやW杯に対しては麻痺してるんだろうね」


「羨ましい以外に言葉もない。生きているうちに中国代表がW杯に出場するのが見たいけど」


「98年から日本は連続してW杯に出場しているね。この差は本当に大きい」


「中国が勝ってもW杯には出場できず、韓国の出場をアシストするだけなんだから悲しいね」


「たとえW杯に出たとしても、本戦の試合を見て苦々しい思いをするだけとわかっているからなぁ」


「W杯に出場しても、虐殺されて帰ることになるだけだろ」


「中国にもできるよ!W杯の決勝で日本と対戦して勝って優勝する時代が来るかもしれない」


「中国代表はマジでゴミ」


「他人を羨むヤツが多すぎるようだが、他国を羨んで何になる?」


「随分と長いこと、中国代表のW杯出場を待っているが、いったいいつまで待てば出場できるんだ?」


ということで、中国代表が事実上予選敗退していますので、とても複雑な心理をよく表すコメントが多くて楽しいです、相変わらず。。。中国人はとてもサッカーが好きで、マドリッドダービー(レアルとバルサの国内リーグ戦で中国とは一切関係ないのに、、)の翌朝の中国男子の寝不足っぷりが面白いです。しかし街中でサッカーをする人をほとんど見かけないので、純粋にサッカー観戦は好きだけど、やるのはあまり、って感じの国です。そこは日本と違うな、と思います。中国人は子供の頃にサッカーをやりたいと親にいうと、サッカーで飯は食えないという理由で多くの親が反対するそうです。大事な息子にはサッカーなんてわけのわからないものに熱中するより堅実にいい大学、いい会社に入ってほしいという親の欲のせいなのですが、そのせいで多くの少年がサッカーを諦めると聞いたことがあります。正直、中国はあの人口ですから、メッシクラスの才能も埋もれているはずです。ですので、これは本当にもったいないな~とは思います。


日本代表がW杯出場を決めたオーストラリア戦はオンタイムで見ました。中国代表の試合は見たことがほとんどありませんが、やはり日本のほうが強いだろうとは思います。こないだの試合も若手が活躍して日本はW杯出場に加えて世代交代まで実現した、みたいな報道を韓国でされていたみたいですけど、そうかもしれませんね。層が厚くなるのはいいことだと思います。期待の若手が続々登場するのもいいですよね。その点はハリルさんがすごくいい監督だな、と思います。ちょっと中国とそれましたが、中国はFIFAの熱烈な希望にも関わらず、今回も出場を事実上逃しました。次への準備期間が長くなる、みたいな慰めコメントも見られましたが、その中国を出したくてたまらないFIFAがアジア枠を8に増やすそうですので、そしたらさすがの中国も出場できると思いますが、、、熱烈で自虐的な中国ファンのためにも、頑張ってほしいですね。第三者的にのんびりと眺めていたいと思います。


今日はこの辺で。
また書きます。
こんにちは。
今日は、いろいろと迷いましたがこちらのネタをご紹介したいと思います。


では早速、元ネタからご紹介します。
「このほど、米メディアが日本を不安にさせる未来予想図を掲載した。内容は東アジアの超大国は中国であり、日本はただの中流国家になるというもので、これは古来の東アジアの通常の状態と言える。日本の元首相、鳩山由紀夫氏も常に、日本は大日本帝国主義の幻想を捨て、自身の実力を知り、中等規模の国家であるという事実を認め、日本には何が必要かを考える必要がある、と述べている」というものですが、ではこれについて、中国人ネットユーザーのコメントをご紹介します。


「中国のメディアが速攻で食いつきそうなネタだな」


「こういうネタで必ず湧いてくる中国はダメだとか言うヤツらは何なんだ?中国がお前らに何かしたのかよ」


「↑中国がダメと言っているのではなく、中国政府が無能だと罵ってるだけ」


「日本だけではなく、世界が中国の復興に対応すべきだよ」


「日本を不安にさせるネタでもあり、中国への警鐘を投げかけているネタでもあると思う」


「日本は中国の8%程度の経済規模が妥当なところなのに、今はまだ40%もある。中国はまだまだ頑張らないといけない」


「↑日本の生活レベルを中国人が求めるなら、世界経済を独占したってまだ足りない」


「反日で国内の矛盾をごまかしている国なのに、日本が落ちぶれたら中国がヤバいだろ」


「中国が強国だろうが何だろうが、日本人は中国人の6-10倍の収入を得ているのは依然として事実だよ。意味がない」


「中国人は別に超大国になりたいなんて思ってないよ。ただより金を稼いで豊かに暮らしたいだけ」


「日本に行ったことのある人間は口をそろえて日本は礼儀正しい国と言うしな」


「日本は大国ではなかったが、明治維新以降、破竹の勢いで超一流強国の地位にのし上がった。中国は入り口を間違えているし、まだまだ先は長い」


「日本は先進国で中国は発展中の国なので違うよ。こんなネタがそもそも恥ずかしい」


「国の大小ではなく、モラルが最も大事だろ、この面で日本に追いつくにはあと何年かかるのかわかったものではない」


「まだまだ日本のほうが強国だよ、でも差は縮まってきている。中国は人口も多いし」


「だからと言って日本を軽視していいものか?もくもくと努力するようなライバルに対して?」


「現在の情勢から見て、アメリカを超える最有力候補は中国だろうね」


「↑30年前は日本も自分たちがアメリカを超える最有力だと思っていたよ」


「中国で暮らして、どこが復興しているのかさっぱりわからないな。逆に昔に逆戻りしている気がするが」


「大清帝国への復興なのか?」


「これで日本は未来に対する危機意識を持つだろうし、大和民族は必ず奮闘する」


「中国は古来よりずっと大国だ。ただ清朝の腐敗政治が200年以上もこの地を弱体化させただけ。中国の大国化は歴史の必然だよ」


「それでも日本が科学技術や文化、教育の面で発展している点は否定できないね。日本人の生活に党派や政治は存在しないし」


「これはアメリカが中国を骨抜きにする戦略に違いないから、中国人は注意して今後も奮闘すべき」


「人口の優越性以外に何が日本を上回っている?経済も科学技術も中国の30年は先を行っているのに」


「関心があるのは中国の環境問題、就業、老齢化にどう対応するか。日本は多くの経験があるのだから日本に学ぶべき」


「今の日本のすごいところは貧富の差が基本的にないところ。これは他国にはまねできないレベル」


ということで、中国が大好きそうなネタですが、意外にも中国人はいたって冷静ですね。最近の中国人は中国のメディアがあまりにもこのような中国は大国、強国!みたいな報道をするのに、自分たちの生活が一向に変わらないのを嘆いて、かなり皮肉めいたコメントをすることがとても多いですが、こういうのを見ていると、中国がついにメディアで人民を統制できなくなってきているのかな、と思います。コメントにもありましたが、確かに今の中国人にとっては国が世界的に見て大国になるかどうかより、中国の環境問題や高齢化問題、教育、福祉など、自分たちに直接かかわる問題にどう対応するかのほうがずっと重要です、当たり前の話ですが。ちなみに、数年前の中国人は国がいかに強大になるかが大事だったように記憶してます。そういう話をする中国人がたくさんおりましたので。


アメリカを超えうる唯一の国家というようなコメントもありましたが、中国の発展は政治体制が変わらなければこれ以上はなかなか難しいかと思います。一党独裁制で無理に進めてきた様々な政策のほころびが随所に見えてきている状況ですし、中国はいつバブルが崩壊してもおかしくないと言われていますね。これは実際にはすでに崩壊しているのかもしれませんが。それに国の習慣(賄賂など)も大きな悪影響を及ぼしているかと思います。中国が古来よりずっと大国であったという点は否定しませんし、清朝の弊害がその後の中国を混乱に陥れたのも事実でしょう。しかし決定的に異なる点は、中国は文革で多くの有能な人材を失った点ですね。今は事なかれ主義と言うか、従順な中国人の子孫ですので、革新的な人材が決定的に不足しているかと思います。これを改善するのには、あと何代かは人が入れ替わらないと難しいのでは?というのが個人的な感想です。人口が多い国ですし、もしかしたらもあるかもですが。


今日はこの辺で。
また書きます。
こんにちは。
今日は、中国でも大変な話題になっておりますこちらのネタをご紹介したいと思います。


では元ネタからご紹介します。
「8月20日、台州時報によれば、とある男性が東京の羽田空港から上海へ帰国する飛行機に乗っていた。しかし上海の悪天候の影響でこの飛行機の乗客は4時間以上も足止めをされた。航空会社は2案の代替案を客側に提案したものの、双方の合意が得られないままであった。この時、この男性は駐日中国大使館へ電話をかけた。3時間後、大使館の主管が彼らに直接大阪から上海へ帰国できる旨を伝えた。結局、130名以上の今回の乗客は当日の午後6時には無事に上海浦東空港へ到着した。とある女性はこの間、ウルフオブウォーを見たばかりだが、まさか自分の身に起こるとは思ってなかった。海外に出れば出るほど、祖国の強大さを感じる、と述べた」ということですが、、、、ではこれについて、中国人ネットユーザーのコメントをご紹介します。


「ちょっとわからないんだが、、、飛行機が飛ぶか飛ばないかと大使館に何の関係があるんだ?」


「こういうことを祖国の強大さととらえるとはね(笑)」


「悪天候にも関わらず、大使館の力で無理やり運航させたってこと?」


「ワシントンで財布を盗まれた時に中国大使館に行ったら100ドルくれたよ」


「落雷で上海側が着陸を拒否したのであって、航空会社が飛びたくないわけでもないだろうに、、、、」


「もし悪天候で無理やり飛んで事故でも起こった場合は誰の責任になるんだ?」


「雨が降って傘がないからママに電話したら3時間後に雨が止んだ。ママはすごい!って感じか?」


「最後は結局飛んだって部分と大使館に何の関係があるんだよ、影響してるのか?」


「それでも雷がおさまらなければ大使館が何をやっても帰ってこれないよ」


「日本は紛争地域か何かかよ、普通の旅客機で帰ってきたのをなぜそんなに偉そうに報道してるんだよ」


「強国になりたくてたまらないんだな、毎日毎日、、、」


「中国の航空会社と上海の管制の権限に関する話であって日本は一切関係ないな。JALやANAだって飛んでないよ」


「もし本当に目的地が雷なら、祖国が強大だろうが何だろうが命の保証はないんだが、、、、」


「悪天候で4-5時間遅れるなんて中国国内ではザラなのに大使館に電話とか、、、異常だな」


「なぜ何でもかんでも強大な祖国と解決を結び付けようとするんだ?」


「こんなアホなニュースを報道しないでくれ。。。。」


「ただ愛国であれば、何でも許される。まあそれもいいんじゃないか?」


「大使館が影響したかなんてわからないのに、まるで大使館のおかげで帰れたくらいの言い方だな」


「こんな悪天候で無理やり帰るとか、、、命を懸けた冗談か?」


「今後、大使館にはおかしなヤツらからの電話が急増して無駄な仕事が急増しそう」


「すごいな、中国は天気をコントロールできるまでに強大になったか」


「天気が悪いという理由で大使館に頼るとは、、、」


「他国の警察まで巻き込んで、、、、本当に恥ずかしいな」


「悪天候の中、無理やり帰ってきて、命があっただけ幸運だな。次に同じことをしても命があるかはわからないぞ」


「飛行機に乗ったこともないような連中があれこれ批判してる様子が悲しいな」


「帰りたいからって他の乗客の命まで危険にさらすなんてどうかしてる」


「ニュースになるくらいなんだから、めったに起こらないことなんだと思いたい」


ということで、こんなアホなことがあったんだな~と生暖かく見ておりました。実に中国人らしい出来事ですね。無知というか、感情だけで動くというか、日本でも結構このネタはすでに紹介されていて、日本人の反応としては大使館はこんなことで連絡をされてますます大変になるとか、そういうことですね。そして、悪天候で飛行機が遅延と言う内容で大使館に何かできたとはとても思えませんが、中国人にとっては偉大な祖国の大使館が動いてくれたおかげで帰れた!みたいになってる人がいてとても面白いです。ちょっと北朝鮮にも通じる無知加減のような気も。。。そして何より、この飛行機には日本人も乗っていたようですが、一緒に乗っていた日本人はいい迷惑ですね。悪天候を強硬で飛行したとは思えませんが、ちょっと笑えるこんなトラブルに巻き込まれて警察まで出動の事態ですので。。私なら喜んで見入ってしまいますが。


しかし救いは多くの中国人にとっては他国でこんな事件を巻き起こして恥ずかしい、っていう意見が主流な点ですね。日本人(外国人)から見れば失笑もののネタですが、それを同じような感覚で多くの中国人が見ているということですので。中国人は自分の思い通りにならなければとにかく騒いでみる、暴れてみる、と言ったような習性がありますが、それなりにまともな人なら無理だと思えばおとなしくなりますが、、今はいろいろな中国人が海外旅行を楽しんでいますので、日本人はおよそ知り合うこともないような田舎の中国人や昔ながらの中国人もたくさん海外に出ているということだと思います。こういう人たちの行動が中国という国を印象付けてしまうところもありますので、気を付けるべきだし、中国国内もそういう動きではありますが、なかなか消えないようですね。日本人に迷惑さえかけないでくれたら、これからも度肝を抜かれる奇抜な行動で私たちを楽しませてもらいたいものです。


今日はこの辺で。
また書きます。
こんにちは。
今日は、中国・微博上で乱立しております慰安婦ネタから1件、こちらをご紹介したいと思います。


では元ネタからご紹介します。
「羅善学は今年で70歳を超えるが、日本人の血筋であるために学校にも行けず、一生結婚することもなく、子供の頃から周囲の人間に日本人だと後ろ指をさされてきた。日本人という3文字は彼の一生に重くのしかかり、一生を台無しにしたのである。異父兄弟にはお前のような日本人は殺してやると言われて育ってきたという」ということですが、ではこれについて、中国人ネットユーザーのコメントをご紹介します。


「日本人に身体を強姦され、同胞の人間に精神を強姦されたようなもの」


「彼だって自分の出自を選択することはできなかっただろうに」


「彼に罪はないのに、なぜ自分の罪ではない罪を認めなければならないのか」


「可哀想なおじいさんだ。今の中国には日本の血統でもないのに日本人の心を持つ人間も多いというのに」


「反日教育の結果の一つと言えるだろうね」


「最も悲惨な人生だね。しかもこのような過酷な運命を受け入れざるを得ないとは」


「彼が学校に行ったり結婚するような頃は中国が最も日本を憎んでいた時代だっただろう。時代の犠牲者でもあるね」


「歴史の証人であるだけでなく、歴史の被害者だね。周囲が寛容に受け入れることもなかった」


「この異父兄弟という連中もひどいヤツらだな」


「最大の悪は敵ではなく、このように同じ中国人を傷つける親戚や同胞だと思う」


「もし日本政府が彼を受け入れれば、この異父兄弟とかいう連中も喜んで日本に行ったはずだがね」


「この人は何も悪いことをしていないのに、なぜこのようなひどいことをするんだろう」


「当時の日本人は女性1人の人生をめちゃくちゃにしただけでなく、1つの家庭を壊したと言える」


「しかし、この人の母親はもっと悲惨だったと思う。歴史の犠牲者だね」


「でも最も悪いのはこの母親では?強姦されて身ごもったのに堕胎することもなく生むとは」


「こういった人たちこそ助けるべきでは?彼らは被害者だよ」


「戸籍のない中国の黒子と何ら変わりのない生活だね」


「もし日本政府が彼の存在を知っていれば、この人の一生はまったく違ったものになっただろうに。可哀想だ」


「もし自分だったらとても故郷にはいられなかっただろうな」


「最も悲しいのは、自分の周囲の人間に精神的に強姦されることだろう。身体よりはるかにツライ」


「中国の教育が生み出した悲劇。中国の封建思想の犠牲になった人間はいったいどれほどいるんだろうか」


「今の中国の教育制度では、このような恨み憎しみの思想はあと数代は続くだろうね。悲しいことだが」


「本当に心が痛むよ。この人がせめて健康に暮らしてほしいと願う」


「生き残った慰安婦たちはのちに中国人にかなり罵られて生きてきたと聞いてる」


「抗日、この国の伝統的美徳を世界無形文化遺産にでもしてしまえよ」


「周囲の環境と人が日本鬼子よりもさらにたちが悪かったな」


「長年に渡る抗日の宣伝効果だろう、満足か?」


ということで、多くの中国人が憤るようなネタだったようですが、この方が本当に日本人の血筋であるかはわからないかと思います。ただ思い出したことは大地の子で日本人だとばれないように生きていくという話ですね。その時代には確かにそういうことはあったかと思います。中国は今でも公共の場で政府の悪口は言えない国です。悪口を大声で話そうものなら拘束されるとか、日本人は麻痺しているかもしれませんが、中国はいまだにそういう国です。中国人と接する機会も多く、今は日本にも多くの中国人がいますから、ある意味日本人にとって中国人は身近な存在になってきているところもあります。私個人もそうです。私はさらにほかの多くの日本人よりも中国人と接する機会も多いし、また政治的な話をする機会もあります。そんな私でも時々忘れがちなんですが、中国とはそういう国です。なので、この方が日本人の子供だったかの真偽はおいておいて、その苦労は相当だっただろうと想像がつきます。


この話が真実であると仮定すれば、もし日本政府によって救われたなら人生が大きく異なっていただろうし、また彼を蔑み続けた家族は彼に便乗してみんなで日本に来ただろうことは容易に想像できます。しかし実際にはそういうことは起きず、悲惨な一生を余儀なくされたこの方を私も大変悲しく思います。コメントにもありましたが、せめて健康な余生を過ごしてくれたらと思います。また、多くの中国人がそのようなコメントを残している点からもこの数十年で中国は大きく変化したんだろうとも思います。しかしまだまだ地域格差は大きいし、日本を憎み続ける人も田舎を中心にまだまだたくさんいます。都市部の中国人は日本と接する機会も多いし、独断で日本に対するイメージを変える方もたくさんいて、日本人でも受け入れる中国人がたくさんいますが、地方はまだまだそんな空気はありません。将来的には中国自身が反日教育を改め、国を前進させる方向に舵を取ることを望んでいますが、私が生きている間に見られるかどうか、、少しは期待して見守りたいと思います。


今日はこの辺で。
また書きます。
こんにちは。
今日は、中国で話題になっておりますこちらをご紹介したいと思います。


では元ネタからご紹介します。
「8月13日116時頃、広西チワン族自治区賓陽県の賓陽駅において、旧日本軍の軍服を着たパフォーマンスを行った。このうち1人は耳が聞こえなかった。公衆がこの2人のバイクを壊したが、事件後に2人はネットで注目を集めたかったと述べている。現在、この2名は公共秩序を乱したとして、公安当局により10日間の拘留措置を受けている」ということですが、ではこれについて、中国人ネットユーザーのコメントをご紹介します。


「どれだけ中国人が日本を恨んでいるかがうかがえる」


「もし俺がいれば、こいつらは病院送りだったよ」


「広西人としてこれほど恥ずかしいことはない」


「大胆すぎるな。麻痺が脳にまで達したのか?鬼子みたいにお前らを殴り殺してやるよ」


「中華民族全体の尊厳に挑んでいるとしか思えない」


「中国人はもう少し賢くなるべき。バイクに罪はないんだから、こいつらの足を直接壊してやればいいのに」


「ちょっと前に上海で日本軍に扮した4人組はその後殴られたりしたんだろうか?」


「もしこんなヤツらに遭遇したら、俺は八路軍に扮してこういうヤツらをぶん殴ってやるんだが」


「本物の日本人なら中国でこんなわざとらしい真似はしないだろうね」


「普通に生きるのがそんなに難しいのか?なぜわざわざ殴られるような真似をするんだろう」


「現場に行けないのが残念だが、ここで思いっきり罵ってやりたい」


「こんな恥ずかしい真似をしてまでネットの注目を集めたいという心理がわからない」


「まあそれでも、彼らはホットトピックスになるのには成功したね」


「こんな暴動まがいのことまで起こして、これっていったい誰の責任になるんだ?」


「ネットの注目を集めるためなら何でもやって、しかも1人は耳が聞こえないとか、かわいそうとしか思えない」


「頭のおかしなヤツは毎年湧いて出てくるが、今年は特に多いような気がする」


「まあ、日本を支持しているわけでもなく、ただのパフォーマンスなんだからそこまで怒らなくても、とも思うが」


「正常じゃないな。メンタルがやられているのでは?」


「こんなゴミどもは重罰に処してほしい」


「精神異常の上に身体まで壊されてもう治る見込みもないな」


「そのまま殴り殺されなかったのが残念だな」


「ネットで注目を集めたいというだけで恥知らずもいいところ」


「生まれつき知性を持たずに生まれてしまったんだろう」


「日本の投降記念日にこんなことをしでかすとは、いったいどういう精神構造なんだろう」


「こんなヤツらの拘留期間がたった10日とは、少なすぎるだろ」


「もし南京でやってたら、こいつらは今頃まず生きてない」


「確かにネットの注目を集めたは集めたが、拘留生活を送ってるんじゃ意味ないだろ、、、、」


ということで、このところは日本で言うところの終戦記念日、彼らにとっての戦勝記念日ですので、中国の微博上も毎年の傾向ですが、この時期は戦時中のネタがとても多く、日本を貶めたり罵ったりするようなネタにあふれるシーズンになります。今年もその例に漏れず、多くのネタが乱立していますが、最も多いのは慰安婦でしょうか。ちょっとそれますが、慰安婦問題は戦後ずっと話題にも上らなかった話題なのに、ここ何年か、韓国が異常に騒いでいて最近では徴用工問題なんてのも発生してきましたけど、戦後70年以上が経過して、もう戦争経験者も少ない時代になってからこのように問題をなんとしても掘り起こそうとする韓国には異常なものを感じずにはいられませんが(したがって、前は結構気軽に行っていましたソウルにももう5年も行ってません)、中国はこういう風に韓国で発生した話題に便乗するようなのが多い気がします。もちろん内容は日本を批判しておりますが、反日教育とも相まって、この辺は彼らの大大大嫌いな韓国人とも非常に気が合うようです。


中国は人が多いですので、中には何をはき違えたか、こういう輩も当然発生してきます。旧日本軍に扮するとは、日本人から見てもバカとしか思えませんが、良くも悪くも、ネットの注目を集めるのには成功したみたいですね。。。私の中での中国人像というのは、こういう日本人から見たら恥ずかしいほどに低俗なことも平気でやる連中もとても多いというものです。それを恥ずかしいと思う人間も当然多くいますが、結果的にこうやって自分たちで騒ぎを大きくして私みたいな日本人にかぎつけられて最終的にはこうして日本にも紹介されるという、、、、彼らの大好きな「民度」に最終的には落ち着くわけですが、こういうバカもある意味優しく反応しちゃうからダメな気もしますが、、あまり日本には関係ない気もしてしまいますが、こういったのは何とか国内で処理していただければ、と思います。。。


今日はこの辺で。
また書きます。

プロフィール

megumi1128

Author:megumi1128
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR