こんにちは。
今日は、日本でも特に韓国相手に見かけるような論調のこちらのネタをご紹介したいと思います。


では元ネタからご紹介します。
「いわゆる低欲望社会とは、物価がいかに低下しようとも、また消費がいかに刺激されようとも、経済的に明らかな発展の兆しがなく、銀行の利率が下がり続ける、そんな状況の中、30歳前に家を購入する率は低下し続け、若者は車の購入に興味を示さず、ぜいたく品の消費とも無縁である。日本ではオタク文化が盛隆であり、3食ご飯が食べられればそれでいい、、、、」ということですが、ではこれについて、中国人ネットユーザーのコメントをご紹介します。


「中国の庶民は欲望はものすごいけど、それを満たす金がないよ」


「なんと言っていいか、、、これって少し未来の中国の姿なのでは?」


「これと同じことが間もなく、我らが共産主義社会にも発生するよ」


「俺は00後だが(00年以降生まれ)、結婚も家も車も興味なんてないよ、ただ平穏な生活ができればそれでいい」


「金がなければ自然と物欲もなくなるだろ」


「オタクだってそれなりに欲望もあるし、ぜいたくもしてるよ、家にある彼女人形はかなり値が張るのでは?」


「日本の若者の平均貯蓄額は10万元で中国人より多いとニュースで見たけど。消費スタイルの違いってだけでは?」


「中国の癌は欲望だよ、欲望の源はメンツと虚栄心だけどね」


「日本はある程度の発展を終えて欲望が薄まり、自然に回帰しているように見える。中国も同じ道を歩むかも」


「欲望がないのなら、なぜあれほど多くの日本の女優が中国に来て金を稼ごうとするんだ?」


「もしかすると低欲望こそが人類の幸せへの道なのかも」


「中国では、女が家がなければ結婚もしない、って言い張るんだからこういうことにはならないだろう」


「結婚も出産も家も買わない、俺が理想とする人生なんだが」


「こういう姿勢が環境保護には有効だろうね」


「先進国には多かれ少なかれこういう傾向があるよね、中国も同じようになるだろう」


「私は個人的には日本のほうが自分に合っているように思える」


「こんなだから、日本は希望のない国と言われる」


「それでも中国のほうがいい。家も恐ろしく高いから、頑張ろうというモチベーションにつながる」


「こういうほうがいいと思うのは俺だけ?いつも周りと比べてどうとか、そんなんばかりで本当に疲れるし」


「金を持ってるのは年寄りばかりで若者には金なんてないからな。これは仕方ない」


「これぞ先進国っていう現象だと思う」


「これってネットの弊害なのかな、と思うよ。今後はこういうのが増えていくだろうね」


「これぞ未来の中国って言うけど、俺は先走ってすでにこういう状態なんだが、、、」


「90後(90年代生まれ)はもう家も車も買わず、そういう重圧に縛られず自由に生きる世代」


「若者が結婚も出産もしなければ、数十年後の日本は老人だけの国になるのでは?」


「中国だって今では結婚も出産も家を買うのもものすごく難しいのだから同じようなものでは?」


「今の日本の国策は観光立国なんだから、これからは観光業の収入でやりくりしていくんだろうね」


というわけで、これを見ていて思い出したのは、日本でもこのところ、韓国の七放世代、みたいなネタが結構ヤフーに掲載されていて、それに日本人があれこれコメントしていたネタですね。韓国の七放世代は社会的な構造のせいで自らの意思とは関係なくいろいろなことを諦めなければならない若者のことですが、日本の場合は自らの意思で静かで平和な暮らしを望むということですので、大きな違いがありますよね。そして日本人はこのところ韓国関連のネタには容赦ないですので、あまり好ましくないコメントが見受けられますが、今回のこちらのネタは割と冷静に日本を見ている中国人という感じで、最も多いコメントは未来の中国の姿、というものですね。中国では日本のバブル崩壊などが詳細に研究されていると聞きますが、テレビなどでも結構やっていて、日本は中国より数十年先に発展をしましたので、同じ東アジアの国であるので、今の日本を中国の見本として見ている人がかなり多いような気もします。正直国民性があまりにも違うので参考にはならないかな、と思いますがね、今のままでは。


私も人のことは言えませんが、若者が結婚せず、子供も作りませんので、日本の少子高齢化はこれからますます顕著に表れてくると思いますし、政府の少子高齢化対策は正直方向が違うだろうと思います。出産する方たちは過酷な環境でもそれなりに出産を選択されるはずですが、問題は結婚や出産などをせずに自由に行きたいという若者なのでは?と思います。私もその手ですのでとやかく言う筋合いではないし、また個人の生き方だからそれは仕方ないと思うのですが、もっと別の方法をとるべきだろうな、と思います。そして同じことは中国でも発生していて、日本よりもはるかに深刻です。結婚、出産にまつわる費用がとても若者が負担できないほどに巨額であり、結果的に結婚を諦める若者が大量に発生しています。ですので中国の少子高齢化は日本の比ではないほどにこれから顕著な社会問題として現れてくるはずですが、それはもう少し先かもしれません。こういった意味で、中国人は日本人と同じような気持でいるし、コメントも非常に冷静でしたので、その点は興味深かったです。


今日はこの辺で。
また書きます。
こんにちは。
今日は、私も存じ上げなかった方ですが、日本のタレントが中国(台湾?)の富豪と結婚してその後、的なネタに大量のコメントがついておりますので、今日はこちらをご紹介したいと思います。


では元ネタからご紹介します。
「このほど、日本のタレント、佐藤麻衣が2年前に総資産30億元以上の大富豪、王泉仁と結婚して以降、セレブ生活に変化があったことを明かした。彼女には毎月、11万元の生活費が与えられるが、いつもは2歳の息子を連れて友達と会いに行くなとしていて、もう半年も夫に会っていないという。夫は家の近くを通っても家には立ち寄らないそうだ、こんな結婚生活って満足できますか?」ということですが、ではこれについて、中国人ネットユーザーのコメントをご紹介します。


「大満足なんですが、、、」


「夫に何を咎められることもなく、子供と豪遊三昧、いいことだらけじゃないか」


「独身主義ですが、これは素晴らしい!」


「個人的にはかなりツライと思ったけど、ここのコメントを見てると結局は金なんだな、と思わざるを得ない」


「どうりでダンナに会いたいと思ったわけだ、生活費が足りてないんだな」


「子供がいて、生活費も潤沢にある。これ以上に何を望むことが?」


「ここで大満足というコメントがあまりにも多くて逆に心配になる」


「私はダンナを愛しているので、会えないのは耐えられない」


「王麻衣に改名した日本人だっけ、この名前にして運がなくなったんだろう」


「金はあるけど夫には会わなくて済む、、、前世でどれほどの徳を積めばこのような素晴らしい状況に陥れるんだろう」


「こんな夫が私にも現れることを望む」


「金もない夫が家でのさばってるのを見るよりもはるかにいいけどね」


「月に2万元もあれば十分豪勢な暮らしができるのに、11万元とか、、、いったいどんな暮らしをしてるんだろう」


「逆にこんな生活が嫌だという人間がいるのなら見てみたいね」


「愛のある結婚をしようと決めていたけど、ここのコメントを見るとどうやら間違いだったようだ」


「結婚生活が幸せでない人というのはかなり多いんだとわかる」


「この女性はそれで幸せなんだろうか、何も望むことはないのかな?」


「私は軍人と結婚していて、今まさにこんな感じの生活をしてます」


「普通の家庭にある温かみが一切ないというのに、これほどうらやましがる人間がいるのが理解できない」


「俺は男だが、男でもいいというなら、いくらでもこんな暮らしできるよ」


「学生の頃、親は一切の仕送りをしてくれなかったけど、いつでも親のところに帰りたいと思っていた。これは違うのでは?」


「結婚生活は金がなければ目も当てられないけど、これは全然OKだね」


「でもお金では本当の幸せは得られない」


「ここでうらやましがってる女性はいったいどれほどダンナが嫌いなんだ?」


「こんな理想的な暮らしをしてる女性がこの世にいたとは、、、」


「ここのコメントがうらやましい、ばっかでウケる」


「ここで全然うらやましくない、とコメントした女性のダンナは幸せだね」


ということで、この方は日本人でしたので、日本に関するコメントを期待していましたが、まったく皆無で期待外れでした。でも中国人の結婚観みたいなものがわかってなかなかおもしろかったです。まず、この日本人の方、失礼ながら存じ上げませんでしたが、ちょっと調べて見ましたら、中華圏で活躍してきたタレントさんで、中国でもまずまずの人気を誇っていた模様です。中国(台湾かもです)に留学もされているようなので、中国語もできるでしょうし。そして中国人大富豪の王さんという方と結婚されて芸能活動はもうされてないようですが、、、こういう日本人の女性が結構増えてきたなぁ、という印象です。中華圏に活躍の場を広げる方は結構いて、長澤まさみさんなんかが台湾のテレビドラマに出演されていましたね。ほんの少し、彼女の中国語を聞いたことがありますが、ディーンフジオカさんのほうが100倍お上手かな、と思いますが、今はもう少し上達されたかもしれません。


中国人にとっての結婚というのは恐ろしいスピードで概念が変わってきています。中国は日本以上に儒教社会ですので、血脈を絶やすことはご先祖様への重篤な不敬にあたります。日本もその感覚はありますけど、中国のほうが強いですね。日本でも今の若い人は結婚などに無頓着な感じですが、日本なんて目じゃないほどに中国は急速にその方向に進んていってます。少子化なんかも心配されますが、コメントを見ていても一人が気楽、みたいな感覚が強いのかもしれませんね。食事も1人でできない中国人なのに、、あまりにも急速な変化は中国にも害を及ぼす可能性がありますので、完璧な第三者である私も心配ですが、、、正直これは中国の深刻な社会問題だと思っていますので、もう少し社会派なネタでも注意してみていきたいと思います。


今日はこの辺で。
また書きます。
こんにちは。
今日は、日本ネタを探していましたらなぜかこちらがヒットしましたので、今日はこちらをご紹介したいと思います。


では元ネタからご紹介します。
「ハリーポッターエリアの設計がすでに完成し、現在はホグワーツ魔法学校の建設が始まっている。そのほか、世界最先端の4Dを活用した乗騎設備、ジェットコースター、魔法体験などができるようになるようだ。北京のユニバーサルスタジオは日本の大阪の2倍以上の規模となり、シンガポールのユニバーサルスタジオの5倍近い面積となる。2020年、私たちはついに魔法の世界へと旅立てるようだ!」ということですが、ではこれについて、中国人ネットユーザーのコメントをご紹介します。


「東北人が北京に大量に押し寄せることがなければそれでいい」


「いいなぁ、ユニバーサルに遊びに行くよりも働きたい!」


「俺の家から徒歩10分のところにユニバーサルスタジオができるんだが、、、」


「嫌だな、、、夏休み期間の北京の混雑がこれからさらに倍増するのか、、」


「開園して2年は混雑がものすごそうだから、3年目に行きたい」


「大阪のユニバーサルに何度も行っているが正直あまりアトラクションはないのでもう飽きた。北京のユニバーサルスタジオにすごく期待している」


「北京は人が多すぎるし十分に発展したのだから、他の場所の発展のために場所を変えたほうがいい」


「子供もすぐに大きくなるし、こんなんで金を浪費していられない」


「上海ディズニーの時の熱狂ぶりを彷彿とさせる雰囲気だな」


「あと3年も先の話。生きているかどうかもわからないのに」


「中国ユニバーサルが1番大きいのだからもう外国に行かなくてもすむね」


「3年後に大好きな人がいて、一緒に行ければそれでいい」


「今までは中国人がユニバーサルのために日本やシンガポールに押し寄せていたが、これからは日本人やシンガポール人が押し寄せることになる!」


「俺の通州がまたまた多くの人でいっぱいになるのか」


「北京にユニバーサルができても人がものすごそうで嫌だから、やっぱり大阪に行きたいな」


「これで通州のタクシー代と飯代が跳ね上がるわけだな」


「これからは日本に行かなくてもハリーポッターに会えるとは、、、うれしい!」


「家からものすごく近いから、1日で遊びきれなくても次の日に行けるなんてすごいね!」


「上海にはディズニーがあって北京にはユニバーサル、中国すごいぞ!」


「大阪のユニバーサルのサービスもそのままにコピーしてくれるといいが、、、」


「ハリーポッターのエリアも大阪の2倍だとか、、、本当に楽しみ!」


「これで北京の家賃がさらに跳ね上がるな」


「3年後か、、、、一緒に行ける人がいるかどうかが大事」


「シンガポールと同じように経済効果が発生してくれればいいけど」


「上海ディズニーを反面教師にして、中国人のモラルが上がってくれることを期待してる。上海は不正がものすごく多かったから」


「去年、通州に家を見に行ったが結局買わなかった。とても残念」


「北京人以外の人間が増えて憂鬱とか言ってるヤツらは何代前から北京人なんだ?」


ということで、中国人は大いに期待しているようですね。これで大阪のUSJから少しは中国人がいなくなるのでしょうか。。。。私は関東在住ですが、大阪のUSJには1回行ったことがあります。もちろん大量の中国人が来ていました。そして、エクスプレスパスなるものが存在しますので、時間が惜しい方はお金を払ってくださいね、というシステムで私もお金が惜しい派ですので購入しました。商売人らしいシステムだなぁと思います。そして中国人がいなくなれば、USJも多少は混雑緩和になるでしょうか。この意味では、日本人にとっても大いに期待の持てるネタですね。ただ、、、ああいう系のテーマパークはサービス命なところもありますので、上海ディズニーも問題だらけのようですが、ここもそういう中国人特有の問題で客を呼べないとか、そういう事態になってもらいたくないですね。


日本人が押し寄せる、みたいなコメントがありましたが、中国語のできない日本人にはなかなかハードルが高いかもですね。私はロスのユニバーサルにも行ったことがありますが、結構言葉の壁があります。英語ならそこそこわかる日本人は多いですが、それが中国語となると、、、しかも深刻な大気汚染真っただ中の北京ですしね。加えて日本には大阪にUSJがありますし、日本人には大阪が1番です。なので日本人が北京に大量に押し寄せるのはまずないですね。まずは中国人はみんな北京に行っていただき、日本人は大阪で楽しむ、そんな風に棲み分けされればお互いハッピーですので、、、北京のユニバーサルに違った意味で期待します。※私は北京に住んでいましたので、私個人は1度は行ってみたいと思います。


今日はこの辺で。
また書きます。
こんにちは。
今日は、時事ネタというわけではないですが、こちらをご紹介したいと思います。ちなみに、日本関連ネタのトップはぶっちぎりで小林麻央さんです。中国でもたくさんの哀悼コメントが投稿されていました、すごいですね。。。


では元ネタからご紹介します。
「6月22日、中国残留孤児の101名の代表が2便に分かれて午後、黒竜江省ハルビンに到着し、近年の日本では最大規模の中国残留孤児団体の中国での感謝の旅が始まった。中国での抗日戦争が終結後、黒竜江省の方正県だけでも4500人の残留孤児を迎えたという」ということですが、ではこれについて、中国人ネットユーザーのコメントをご紹介します。


「そもそも日本が侵略などしなければ残留孤児なんてものも存在しなかった。残留孤児の存在は認めても侵略は認めないのが日本」


「方正県というのは、日本が開拓団なるものを立ち上げたところ、当然中国人にも売国奴が多い」


「↑お前は方正に行ったことがあって言ってるのか?」


「日本が歴史を認めないとか言ってるヤツらに聞きたいが、日本が認めたとして、いったい何が変わるんだ?」


「そもそも日本は謝罪しているし、安倍も謝罪の言葉を述べたんだよ、ただ国内で報道されないどころか、関連のネットもすべて削除されただけで」


「ここの愛国青年どもが騒いでいるだろうと思ってのぞきに来たが、思った通りだった」


「彼らも戦争の犠牲者で、中国に対するものは恨みではなく愛だろう」


「こういうヤツらを送り込んで日本が侵略を仕掛けるつもりとしか思えない」


「俺の隣のおばさんが残留孤児だった。日本に帰ったがある日たくさんのお土産をもって帰ってきて家族を探してた、こういうのいいな、って思ったよ」


「多くの残留孤児は日本語ができず、日本でも底辺の暮らしのようだ」


「もし中国を愛していて心から戻りたいと思うのなら、中国はいつでも歓迎する」


「中国人も日本人も同じく人である」


「生まれたときには同じく人だけど、育つ環境によって人間性が異なるものだ。世界中が同じ環境となることを望む」


「中国は難民を受け入れないと聞いたが、これも難民なのでは?」


「↑中国に難民としてきたわけではなく、家族を探しに来たと書いてあるだろ、、、よく読んでくれ」


「日本が侵略をしたにも関わらず中国人は日本人の残留孤児を引き取って育てた善良な国であることを理解してほしい」


「こんなに素晴らしいことを中国はしたのだから、日本は毎年中国人を3億人くらい無料旅行に招待すべき」


「日本人は中国人を侵略で大量に殺し、中国人はその子供を育てた。中国人が日本人を罵るのにも道理があると思う」


「歴史には善悪が共存するもの。養父母と子供の愛は素晴らしいね」


「残留孤児も感謝の旅とは素晴らしい行為だね」


「日本は戦時中に中国の子供を食べたが、中国は戦後に日本の子供を育てた。どちらが善良かは一目瞭然」


「日本人の血をひく中国人だね。日本人も彼らを中国人とみているし」


「日本は政府が恥知らずなだけだが、韓国は国全体が恥知らずだからなぁ」


「当時、中国人は日本の残留孤児を養ったりせず殺すべきだった」


「きっと残留孤児を偽った中国人もいるはず」


「政治の執行者でもない人間も日本人というだけで憎むのはおかしいと思う」


「日本人の中国血統は国民の95%に上るわけだから、1番いいのは日本を中国に吸収して1つの国になることだと思う」


私は中国残留孤児に詳しいわけではありませんが、残留孤児となられた方の全員が幸せではなかったはずですし、中には奴隷のように働かされて亡くなった方もいらっしゃるのでは?と思いますが、中国人養父母に育てられて立派に成長した方もたくさんいらっしゃると思います。全員とは言いませんが、中国人にはそういう度量がある方が結構いますので、そういう方に育てられた残留孤児の方は運がよかっただろうと思います。コメントにもありましたが、大地の子を思い出します。しかし、この残留孤児問題で最も気になるのは、残留孤児を偽って大量に押し寄せる中国人ですね。これは身分を偽っていますので、日本人の残留孤児待遇が受けられますから、中国から一刻も早く脱出したい中国人にとっては夢のようなお話でしょう。歴史の不幸を利用して日本に寄生する中国人には本当に腹が立ちます。また親族に残留孤児がいれば一家総出で日本に押し寄せるらしいですし。こういう今時点での現状を一切無視して中国は善良で日本は悪、と決めつけるコメントはどうなんだろうな、って思いますね。言ってみれば今現在では日本がそういう悪質な中国人を養っていると言えますので。


血は日本人だけど中国人というのが結構コメントにありましたが、これは間違ってないところもあります。私は中国でも暮らしていましたが、中国語ができても、田舎は危ないから行くな、とよく言われました。田舎は日本人に偏見を持つ高齢者が多く、日本人は少し危ないそうです。しかし残留孤児の方々が育ったのはそんな田舎です。大地の子でも日本人であることを隠す、みたいな感じだったと思いますが、そういう世界だったと思いますし、日本人が思う日本と、彼らが思う日本は少し違ったのではないかな?と思います。中国で育った人間にとっては暮らしやすいのは当然中国でしょうし、日本語ができないために日本での暮らしは過酷だと聞きます。中国残留孤児というのは、自分の力では運命を変えることができなかった歴史の犠牲者でありますので、今の時代をのうのうと生きている日本人や中国人があれこれコメントできるものではないと個人的には思っています。中国人はこの1件を大々的に取り上げて「中国は素晴らしいだろ、日本の連中!」みたいなコメントばかりしていますが。。。


今日はこの辺で。
また書きます。
こんにちは。
今日は、中国で大きな話題となっておりますこちらをご紹介したいと思います。


では元ネタからご紹介します。
「日本メディアによると、日本外務省はこのほど、中国在住及び旅行で中国に滞在する日本人に対して、スパイ活動を疑われるような行動を慎むよう呼びかけた。日本外務省は公式サイトにて、スパイ活動を疑われるような行動の防止方法に関する2万字に及ぶ文章を掲載し、軍事関連及び国境関連施設の写真撮影の禁止などを呼びかけた」ということですが、ではこれについて、中国人ネットユーザーのコメントをご紹介します。


「やりすぎだろ、、、一般旅行者の写真撮影まで気にしてられないのに」


「バカかよ、中国に限らず軍事施設の写真なんて撮影してお咎めなしの国がどこにあるんだ?」


「正常な旅行者が遺跡の写真撮るのとは違って、日本人は旅行者を装って旅行者が行くはずもない軍事施設とかに行くから捕まるんだよ」


「無実を装うとか、、、日本人は本当に退路が豊富だよな」


「まるで中国政府が無実の一般旅行者まで監視しているかのような言い草だな」


「ただの旅行で軍事機密地帯に行くとか、、、頭おかしいだろ」


「旅行者への警告なのか、スパイにしばらくは控えろという日本政府の指令なのかわからないな」


「YouTubeでよく外人が立ち入り禁止地域を撮影してこれが中国だ、自由のない国、というコメントをしてるが、外国にもこんなにたくさんのバカがいて逆に安心する」


「四川大地震の時も日本がレスキュー隊を派遣して結局あれもスパイだったんだっけ?」


「間接的に日本政府がスパイに与えている情報だと思う」


「普通に観光都市で隅々まで撮影していたとしても中国は何の干渉もしないぞ」


「中国が見境なく誰でも捕まえているという情報操作かも」


「本当に日本に関わるとろくなことがない」


「日本人の泥棒根性は治ることがないな、こういう姑息な真似をいつまでも繰り返す」


「日本も韓国みたいな嘘つき国家だな」


「日本のスパイ活動なんて今に始まったことじゃない、明清時代からの伝統じゃないか」


「スパイを見つけたら報奨金を与えるべき」


「日本人が中国国内で携帯や録音機の持ち運びを禁止したらいい」


「日本人は無実を装うのが本能なのか?」


「中国がまるで無実の旅行者もとらえているみたいな方向にもっていこうとする日本が本当に気持ち悪い」


「日本人は根っからのスパイ根性だからな、国民も中国に行けば必ず何らかの情報を持ち帰らなければならない」


「おかしなヤツらばっかりだな、反日精神もそこまでくると異常だよ」


「第二次大戦時に日本が行った蛮行を考えれば日本人は鬼畜と言わざるをえない」


「日本人はなぜ中国の軍事施設ばかり狙って欧米の軍事施設にはいかないのかを聞きたい」


「日本政府はこんな真似して頭おかしいのか?こんな呼びかけは墓穴を掘ってるとしか思えない」


「日本は最初、ビジネスを装って中国に入国し、その後侵略にまで達したわけだから、はなから信用なんてできるわけがない」


「中国がスパイ容疑で捕まえてるのは日本人に限ったことではないのに、、、日本は騒ぎすぎ」


ということで、中国人の思考回路というのは第二次大戦で止まっているのかもしれませんね。日本に侵略されたことがこたえているのかもしれません。正直、日本にもスパイ活動的なものが存在している可能性がゼロではないと思います。しかし少なくとも日本はネットで多くのネットユーザーがスパイ活動どうのこうの議論する国ではないかと思います。しかし現代中国はこういう部分に力を入れていますし、いわゆるロビー活動や、戦争によらない侵略など、なかなか中身はハードですよね。そういった国の国民ですので、どうしても他国に対しても偏見が入りますし、またにっくき日本ならなおさらです。というわけで、中国人にとっては日本はスパイ活動によってふたたび中国侵略を目論む悪魔の国、なわけです。今は平和ボケしておとなしく弱々しい日本人にそこまで躍起になるのはやはり第二次大戦時の思想から抜け切れていないというか、やはり中国は時間が止まっているように感じます。


私は中国に長く住んでいて日本人とも多く知り合いましたが、スパイ容疑で捕まったという人は見たことがありません。しかし中国人と裁判で争って何も悪くないのに身ぐるみはがされた人や、また飲食店経営者が突然逮捕されたとか、日本ではなかなか遭遇しない状況に陥った人は知っています。自由のない国とは全くその通りですが、中国は日本の隣国ではあってもまるで違う国です。日本人は平和ボケ真っ最中ですし(一時期よりはいいかもですが)、日本の感覚が世界で通用すると錯覚しがちですが、中国はまったく違う国です。ですので、十分注意が必要です。中国は世界的スタンダードとみているようですが、日本人はターゲットになりやすい国でもありますので、一人ひとりが十分に注意を払うべきかと思います。


今日はこの辺で。
また書きます。

プロフィール

megumi1128

Author:megumi1128
FC2ブログへようこそ!

フリーエリア

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR